利尿剤のアルダクトンにはどんな効果がある?医薬品情報を徹底調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここではアルダクトン(利尿剤)についてご説明しています。

皆さんは利尿剤をどのような目的で使用していますか?また、正しい効果効能を理解して服用していますか?

利尿剤は医薬品ですので、正しく服用しなければ危険も伴いますし、体調を悪くしてしまう恐れもあります。ここでは通販でも購入出来る利尿剤で人気のアルダクトンに関する情報をご紹介していますので、もっと深く利尿剤について知りたい方はぜひご参照ください。

アルダクトンとは

そもそもアルダクトンとはどんなお薬か正しく理解していますか?

アルダクトンは利尿剤として、基本的には利尿作用を促すために服用する事が多い薬です。

利尿作用を促すには、体内の尿を増やす必要がありますが、このアルダクトンを服用する事で、尿の量を増やし、排尿感を促進させていく効果が期待できます。

通販で購入出来るアルダクトンはアールピージーライフ社が開発した海外医薬品ですが、臨床試験や医薬品としての承認を得ているものですので、効果効能は問題なく服用する事ができます。

アルダクトンの効果

アルダクトンの効果

アルダクトンは利尿剤としてどのような効果あるのでしょうか。

単なる利尿作用のあるお薬という認識の方がほとんどかと思いますので、ここで改めて情報をまとめておきましょう。

アルダクトンの主な効果は、身体の余分な水分を尿として排出することで、むくみを防止・取り除いたり、高血圧症に対して血圧を下げるなどの効果があります。

むくみ防止、高血圧症以外にも心不全に対して使用されることもあり、利尿剤は意外と幅広い症状に対して効果を発揮するのです。

このアルダクトンには利尿作用があるとお伝えしていますが、この利尿作用によって体の中の余分な水分を排出し、むくみがとれることによって血圧が下がっていくという一連の流れでいろんな効果が期待できます。

また、血圧が下がるのと同時に心臓への負担も軽減されるので、心不全などに対しても効果的ということがわかりますね。

結果、むくみは身体に残しておくとあまり良いとは言えませんので、むくみはできるだけ早めに改善しておきましょう。

▶ 通販で購入出来るアルダクトンの商品ページへ

アルダクトンの使用方法

アルダクトンの使用方法は、基本的に1日に1回の服用となります。

また、通販で購入できるアルダクトンは25mg、50mg、100mgとあるので、使用用途によって服用する用量を調整する必要があります。

普通は食前に服用し、1日に50~100mgを服用します。ただし、年齢や症状によっても服用量は変化する事があるので、予め確認しておきましょう。

飲み方を間違ってしまったり、多用・乱用すると利尿作用を強く感じてしまい、体内に必要なカリウムまで排出されてしまったり、逆にカリウムが増えすぎてしまったりする可能性があります。他にも副作用を強く感じたりする事もあるので、用量用法は事前に医師に確認して、医師の指示に従うことを推奨します。

アルダクトンの副作用

利尿剤「アルダクトン」を服用した際の副作用としては、

・乳房がふくらむ、乳首の腫れや痛み、生理不順、性欲減退、多毛、声が低くなる、だるい、めまい、頭痛、吐き気、食欲不振、疹、じん麻疹…etc

などがあり、女性と男性で少し症状の出方が違う場合もあります。

体内のカリウムはミネラルの一種として体には必要なものですが、このカリウムの調整がうまくいかなかったり、女性の場合は生理不順などの症状が出る事もあるので、できることなら定期的な血液検査などを行う事をオススメします。

乳房のふくらみや、だるさ、めまいなどの症状は一時的なものが多く、基本的には薬の服用を中止すれば症状も回復していくものがほとんどです。

副作用だけでもいくつか注意点があるので、アルダクトンに限らず利尿剤を服用する場合には事前に確認しておきましょう。

アルダクトンの注意事項

・なにかしらの持病を持っている方の服用。

・アルダクトンの成分「スピロノラクトン」に対してアレルギーのある方。

・妊娠中や授乳中の方が服用する場合。

・同系の利尿剤やその他飲み合わせの悪いお薬との併用。

・尿意を増加させる作用があるので、就寝前の服用。

・服用時のアルコール(お酒)の摂取。めまい・たちくらみが出やすくなる。

・脳動脈硬化症、腎障害を患っている方の服用。

・高カリウム血症の方の服用。

これらに該当する方は、自己判断でアルダクトンやその他利尿剤を服用せずに、事前にかかりつけの医師やお近くの病院で相談してから服用するようにしましょう。

ご自身が服用しても問題ないかという安全性を確認する事が一番大切です。

アルダクトンの成分

アルダクトンの成分

アルダクトンの成分は冒頭でも紹介している通り「スピロノラクトン」です。

英語表記では「spironolactone」と書きます。

このスピロノラクトン成分はカリウム保持性利尿薬に分類され、利尿剤の中でもカリウムを保持した状態で利尿作用があることでも人気があります。

スピロノラクトンの効果効能、副作用・注意事項に関しては、ここまでで紹介した内容がほとんどです。スピノラクトン成分を含んだお薬の商品名としてアルダクトンがあり、日本国内での病院で処方される場合には、ファイザー社が開発した「アルダクトンA細粒1%|アルダクトンA錠25mg|アルダクトンA錠50mg」などもあります。(商品名の違い)

▶ 通販で今すぐ利尿剤が欲しい方にはアルダクトン!

アルダクトンの使用目的

アルダクトンの使用目的としては、主に利尿作用がメインだと思います。

もちろん、利尿剤ですので利尿作用を目的としているのが一番だと思うのですが、その効果の先にはむくみ防止や血圧を下げるといった目的があると思います。

多くの方は利尿剤の利尿作用を活かして、むくみ防止や血圧低下のために服用しています。また、これらの作用によってダイエット効果が期待できるとも言われていますので、ダイエット目的として服用する方もいらっしゃいます。

使用目的は人それぞれですが、いずれにせよ、飲み方や副作用には気を付けて正しく服用するようにしましょう。

利尿剤と言えばラシックスも有名

利尿剤と言えばラシックス

さて、利用剤であるアルダクトンに関してはだいぶご理解いただけたのではないでしょうか?

ちなみに、利尿剤として日本でも人気があり、知名度としてもアルダクトンより高いラシックスをご存知でしょうか。

ラシックスも利尿剤としては、有名で人気があり、多くの方が利尿作用を期待して服用しています。

ただし、ラシックスあくまで医薬品です。使用方法や副作用、その他注意事項がありますので服用前には必ず確認するようにしましょう。当サイトでもラシックスを取り扱っているので、気になる方、又はアルダクトンよりラシックス派という方は利尿剤「ラシックス」の商品詳細ページより詳しい製品情報を確認してご購入頂けます。

痩せたい方にはダイエット薬

利尿剤とアルダクトン

利尿剤とアルダクトン

利尿剤であるアルダクトンについてはいかがでしたか?

当サイトは個人輸入通販サイトとして、アールピージーライフ社が開発しているアルダクトンを取り扱っていますが、多くの方はむくみ防止やダイエット目的として購入されています。血圧がやや高めの方も購入されていますが、ご自身の健康状態を知った上で服用している方が多いので、適当な感覚では服用しないように注意しましょう。

また、上記の項目で紹介している注意事項や副作用を確認して、正しく安全に服用する事が大切ですので、ぜひこれまでの情報を参考にしてくださいね。

▶ 利尿作用をいかしてむくみ防止やダイエット効果を期待したい方はこちら!

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加