アルダクトンA錠25mgを通販する前に確認したい効果・作用まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルダクトンA錠25mgについての情報を知りたい方のために効果・副作用・注意事項をまとめてご紹介します。

利尿薬としてむくみ防止やダイエット効果なども期待できるアルダクトンA錠25mgですが、他にもアルダクトンA錠50mgやアルダクトンA細粒10%、海外製のアルダクトンなどがあり、少しだけ違う部分もあるので、その点も含めてまとめようと思います。

アルダクトンを利用したい方やどんな作用があるのか気になる方はぜひご参照ください。

アルダクトンA錠25mgについて

アルダクトンA錠25mg

アルダクトンA錠25mgはファイザー株式会社が製造しているお薬で、有効成分にスピロノラクトンを25mg含んでいる利尿作用のある利尿薬です。

利尿作用にはむくみを取り除く効果や、ダイエット、生理前のむくみなどに効果的で、その他にも高血圧症やニキビ治療薬として人気があります。

海外製品の場合はアールピージーライフ社が「アルダクトン」という製品名で販売していて、用量は25mg、50mg、100mgの3種類となっています。

基本的な成分は国内製品も海外製品も同じで期待できる作用も一緒と考えておいて問題ないかと思います。異なる点としては、商品の販売名が少し違うというところです。

アルダクトンA錠50mgとの違いは?

アルダクトンA錠25mgとアルダクトンA錠50mgの違いは用量の部分です。

含まれている有効成分の分量が25mgか50mgかという部分なので、基本的な作用は同じですが、用量が違うということで治療できる症状や1回に服用できる用量が異なる場合もありますので、念のため知っておきましょう。

利尿作用といっても、アルダクトンの成分に含まれている用量で多少なり作用の強さが変わってきますので、ご自身の体に合わせて用量の調整をする必要があります。

アルダクトンA細粒10%との違いは?

アルダクトンA細粒10%との違いは

アルダクトンA錠25mgとアルダクトンA細粒10%との違いも用量です。

商品名の表記が少し異なるので、別の商品だと勘違いしやすいのですが、アルダクトンA細粒10%は有効成分であるスピロノラクトンを100mg含んでいるものとなります。

25mg、50mg同様に利尿作用を持ち、期待できる効果の強さも違いますが、基本的な部分は一緒となります。高血圧症の症状が少し重い、心不全に対して使用したいという方など、病気の症状によっては100mgという用量の多いものを病院で処方される場合もあるということです。

個人輸入で購入する場合には、アルダクトンという製品名で販売されているので、ご自身が購入する用量だけ注意してから買うようにしましょう。用量を多くした、服用する錠数を増やしたからといってむくみがよりとれる、ダイエットがより期待できるといったことは可能性として非常に少ないですし、用量を守らないと体調を崩す可能性もあるので、使用量にも注意してください。

アルダクトンA錠25mgの使用用途・効果

アルダクトンA錠25mgの使用用途としては、ダイエット・むくみ・生理前のむくみ・高血圧・血圧を下げたい・ニキビを治したいという方が主に使用されています。

当サイトで紹介している内容は個人輸入で販売しているアルダクトンをベースにまとめていますが、病院で診察してもらう場合には別の使用用途として、上記以外の症状に対して処方されることもあります。

通販で購入する方は、主にむくみを取り除きたい、利尿作用で体内の不要な水分を出したい、生理前のむくみが気になるという方やダイエット効果を期待して服用する方が多いです。通販で購入する場合は、できることなら一番用量の少ない25mgからはじめて、効果状況副作用などを見つつ用量を調整していくようにするのが最善策ですね。

アルダクトンA錠25mgの副作用

アルダクトンA錠25mgはあくまでも医薬品なので、考えられる副作用も知っておく必要があります。副作用を知らないまま服用すると、なにかしら体調に異常があった場合、気になってすぐに病院に行かなければなりません。ある程度、副作用を理解しておくことで、薬に対してはこんな症状が出るというのも準備ができますので、ぜひこの機会に覚えておきましょう。

~よくある副作用一覧~

女性型乳房、乳房腫脹、性欲減退、陰萎、多毛、月経不順、無月経、閉経後の出血、音声低音化、発疹、蕁麻疹、食欲不振、悪心・嘔吐、口渇、下痢、便秘、倦怠感、心悸亢進、発熱、肝斑…etc

~発症頻度不明の副作用一覧~

乳房腫瘤、乳房痛、そう痒、眩暈、頭痛、四肢しびれ感、神経過敏、うつ状態、不安感、精神錯乱、運動失調、傾眠、筋痙攣、脱毛…etc

アルダクトンA錠25mgの副作用

などの副作用がこれまでの報告例などであげられていますが、必ずしもこのような症状を発症するわけではありませんし、頻度不明なものは本当にごく稀で考えられる症状の1つとしてまとめています。

また、医薬品に副作用はつきものですので、他の利尿薬だからといって副作用が全くないということもありませんので、副作用そのものについての理解度を深める事も大切です。

どうしても副作用について不安があるという方は、アルダクトンA錠25mgについて専門医に相談したり、薬剤師に相談したりすると良いでしょう。

アルダクトンA錠25mgの併用禁忌

下記に該当する医薬品は、併用禁忌薬や併用注意なお薬(成分)ですので、基本的に併用しないようにしましょう。どうしても併用が必要な方はかかりつけの医師に確認してください。

~併用禁忌~

タクロリムス(プログラフ)、エプレレノン(セララ)、ミトタン(オペプリム)

~併用注意(一部)~

降圧剤、ACE阻害剤、カルシウム拮抗剤、β-遮断剤、利尿降圧剤、カリウム製剤、塩化カリウム、グルコン酸カリウム、アスパラギン酸カリウム、ACE阻害剤、カプトプリル、エナラプリル、リシノプリル、アンジオテンシンII受容体拮抗剤、カリウム保持性利尿剤、トリアムテレン、カンレノ酸カリウム、シクロスポリン、ドロスピレノン、ノルエピネフリン、乳酸ナトリウム、塩化アンモニウム、メチルジゴキシン、ジギトキシン、リチウム製剤、炭酸リチウム、非ステロイド性消炎鎮痛剤、インドメタシン…etc

アルダクトンA錠25mgを通販で購入

ファイザー社が開発しているアルダクトンA錠25mgは通販で購入する事ができません

国内の病院で処方してもらう必要があります。

なので、アルダクトンを通販で購入する場合には、海外医薬品を取り扱っている個人輸入代行サイトで購入する必要があり、その場合のアルダクトンはアールピージーライフ社が開発したスピロノラクトン成分を含んだものとなります。

特に、作用・効果として劣っているということもなく、販売元が違うという点なので、安心してご利用頂けます。

▶ 個人輸入で購入出来るアルダクトンの商品ページへ

通販で購入出来る他の利尿薬

通販で購入出来る他の利尿薬としては、アルダクトンよりも知名度が高いラシックスがあります。

ラシックスはアベンティスファーマ社が開発した利尿薬でフロセミド成分を含んでおり、通販サイトでもたくさんの方が購入している利尿薬です。

個人輸入通販でも人気のあるお薬で、むくみ防止を目的としている女性などからも人気があり、通販では貴重な利尿薬の1つです。

▶ 通販でも人気の利尿薬「ラシックス」の商品ページへ

ダイエット目的な方にはコチラの薬

アルダクトンA錠25mg情報まとめ

アルダクトン情報

医薬品を通販で購入するのは薬事法の関係もあり、少し難しいというのが正直なところですが、個人輸入通販であれば、海外医薬品を購入する事ができて、日本でも使用可能となっています。

海外製品の場合は、医薬品の種類によっては外国人向けに製造されていることもありますが、基本的な成分は同じなので、日本でもそれら医薬品を多くの方が個人輸入通販サイトを利用している現状があります。

また、アルダクトンA錠25mgは購入できませんが、アルダクトンは海外でも製造されているので、個人輸入通販を利用してご購入頂けます。用量も25mg、50mg、100mgとあるので、ご自身の使用用途に合わせて購入するようにしましょう。

いずれにせよ、利尿薬は医薬品という事は忘れずに正しく安全に服用してくださいね。

▶ 通販できる利尿薬の商品一覧ページはコチラ

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加