【危険?】利尿薬を服用する前に知っておきたい副作用と注意点まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

利尿薬は正しく服用しないと危険性もあります。

薬そのものに対しての危険性という事ではなく、飲み方や作用を理解しないで適当な用量・用法で服用した場合や注意事項を無視して服用した場合の危険性です。

利尿薬といってもただ単に尿意を促すものではなく、それなりに体にしっかりと体に作用していくことで効果を実感できます。なので、勝手な判断で多用・乱用してしまうと注意事項に反してしまったり、そもそもの用量・用法とは異なる飲み方となってしまうので危険です。

まずは、服用前に正しい飲み方や注意事項、起こりうる副作用を理解する必要があります。副作用を事前に把握しておけば、薬を服用した際にもある程度の覚悟はできると思うので、こちらで紹介している情報を参考にしてみてくださいね。

利尿薬について

利尿薬について

利尿薬についてですが、皆さんは利尿薬に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

利尿薬は尿の量を増加させて不要な水分を排出する効果が期待できるものです。正しい用量・用法で服用することで、身体の余分な水分を排出し、むくみを取り除いたり、ダイエット効果も期待できます。

また、他にも血圧を下げる効果があるので、高血圧の際に利尿薬を服用するケースもあり、一概に利尿薬といってもその薬の作用や成分の用量で効き目も変わってくるのです。

一般的な利尿薬の効果としてはむくみ防止やダイエット効果、血圧低下などが期待できるものですが、病状によっては利尿薬の量を増やして使用する場合もあります。ただし、その場合には医師の指示に従って服用する必要がありますので、自己判断で用量を増やさないように注意してください。

利尿薬の種類

利尿薬にも細かく分けるといくつかの部類に分かれます。

当サイトでも紹介している利尿薬はむくみ防止やダイエット効果が期待できるものですが、他にも高血圧症や心不全などに使用されている利尿薬もあります。

ここで、少し利尿薬の種類を細かい部類で紹介していきましょう。

【浸透圧利尿薬】
・浸透圧利尿薬は、尿細管内の浸透圧を高く保つことで水分の再吸収を抑え、尿の量を増やすためのお薬です。浸透圧利尿薬にはマンニトール、グリセリン、イソソルビドなどの成分があり、腎不全の予防、脳浮腫・脳圧、眼圧の亢進を治療する際に使用されるタイプの利尿薬です。
【ループ利尿薬】
・ループ利尿薬は主に心不全に対して使用されている利尿薬で、腎機能に悪い影響を与えないため、利尿薬の第一選択として使用されることが多いです。むくみ防止のラシックスもこの種類に該当し、他にも高血圧の治療薬として使用されています。
【チアジド系利尿薬】
・チアジド系利尿薬は、遠位尿細管においてNa+とCl−の再吸収を阻害したり、降圧剤としても使用されることがある利尿薬です。現在の高血圧治療薬でも代表的なお薬で、自由水の再吸収が生じてナトリウムが希釈されやすく、「ナトリウム排泄薬」の側面を持ち、食塩感受性高血圧の治療にも使用しているようです。
【カリウム保持性利尿薬】
・カリウム保持性利尿薬は、利尿薬としても使用されていますが、抗アルドステロン薬とも言います。ループ利尿薬などと一緒に、肝硬変・鬱血性心不全などに対しても使用する事がある利尿薬です。トリアムテレン、スピロノラクトンなどが該当します。

利尿薬の飲み方・用法

利尿薬の飲み方・用法

利尿薬の飲み方は、基本的に1日1錠までとして症状によって40mg~80mgで調整していきます。

もちろん、利尿薬の成分によって異なるので、こちらで紹介しているのは利尿薬の中でも一般的に知名度の高いラシックスに含まれているフロセミド成分に対しての飲み方で紹介しています。

飲み方や用法が異なるパターンとしては、年齢によってや症状、病状により使用する用量などを調整する必要があります。

むくみ防止や、ダイエット効果としては基本通りに服用すれば問題ないと思いますが、症状の悪化やむくみ以外の用途で服用する場合には、専門医の指示に従って服用する事を推奨します。

▶ 安心・安全に利尿薬を購入するならコチラ

利尿薬のよくある副作用

利尿薬の種類や飲み方をある程度ご理解いただいたところで、本題である利尿薬の副作用についてです。

利尿薬で尿意を促すといってもあくまでも医薬品です。薬の効果に対して副作用が起こることは十分に考えられます。

副作用とは薬の効果に反して起きてしまう意図しない別の作用のことで、利尿薬に限らずどんなお薬にも起こりうる可能性がありますので、薬を服用する際には注意しておくべきポイントの1つです。

利尿薬の主な副作用としては、こちらもフロセミド成分をベースに考えた際に、脱水・めまい・脱力感・血圧低下などがあり、他にも排尿を促す事によって体内のカリウムナトリウムが減ってしまう電解質失調を起こす可能性も考えられます。

副作用はある程度時間が経つと治まる症状なのですが、あまりにも長時間続くようでしたら医者で詳しくみてもらうことをオススメします。

【一般的な副作用】

だるい、脱力感、めまい、ふらつき、低カリウム血症(だるい、筋力低下、動悸、便秘)、低ナトリウム血症(だるい、のどが渇く、意識もうろう)、酸値の上昇、吐き気、頭痛、耳鳴り、聞こえにくい…etc

利尿薬の重い副作用

利尿薬の重い副作用に関しては、基本的に起こる可能性は非常に少なくです。

しかし、万が一という事も考えて念のためこのような症状があるという事だけは覚えておきましょう。

これは、利尿薬に限ったことではありませんので、今後、薬を服用するときに確認しておくべきこととして覚えておくと良いでしょう。

【稀に起こる重い副作用の例】

・冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、血圧低下、発熱、喉の痛み、口内炎、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血、発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感、動悸、脈の乱れ、尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、吐き気、側腹部痛、腰痛、から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ…etc

オススメの利尿薬

【ラシックス 40mg】

lasix-blog

ラシックスは利尿薬の中でも人気のあるお薬で、通販では一番人気と言っても過言ではないほど、購入している方が多いです。

フロセミド成分を含んでいる利尿薬で、主な効果はダイット・むくみ・生理前のむくみ・高血圧などです。

個人輸入通販サイトでも一般的に、むくみ防止やダイエットを目的とした方が購入しています。前述した通り副作用注意事項は事前に確認が必要です。

▶ 通販で購入出来るラシックスの商品詳細を今すぐチェック!

【アルダクトン 100mg/50mg/25mg】

Aldactone-blog

アルダクトンは有効成分にスピロノラクトンを含んでいる利尿薬です。

ラシックスとは使用方法も異なり、50~100mgを目安に1日1回服用するのが目安です。

主な作用としてはダイット・むくみ・生理前のむくみ・高血圧・血圧を下げたい・ニキビを治したいなどの効果があり、通販でも人気のある新しいタイプの利尿薬です。副作用なども確認しておきましょう。

▶ 通販で購入出来るアルダクトンの商品詳細を今すぐチェック!

利尿薬の副作用&基本情報まとめ

利尿薬の副作用&基本情報

利尿薬の副作用や種類などについてはいかがでしたか?

今まで知らなかった利尿薬の作用や効果についてもある程度理解が深まったのではないでしょうか。

利尿薬以外にも当サイトのような個人輸入通販サイトではいろんな医薬品を取り扱っていますが、いずれも効果だけではなく副作用や注意事項などの情報も確認する事を推奨しています。

海外では一般的に販売されている医薬品を取り扱っていますが、正しく安全に服用するには飲み方や用量・用法などを守る必要がありますので、医薬品を取り扱う際にはそれらの事にも気を付けてくださいね。

▶ 個人輸入通販で購入出来る利尿薬一覧ページへ

通販で人気のダイエット薬

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加