利尿薬ってなに?効果・副作用など知りたい事全部まとめ!人気薬も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

利尿薬の効果副作用について皆さんはどれくらいの知識がありますか?

今回は利尿薬についてですが、これを読んでいる方や少なからず利尿薬に関して興味を持っている方や健康上の問題として利尿薬を服用したい方が多いと思います。

いくつか他のブログでも利尿薬についてまとめていますが、ここでは利尿薬の基礎知識からオススメの利尿薬、利尿薬の成分、体内カリウムとの関係などの情報を発信していきますので、利尿薬について少し詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

利尿薬とは

利尿薬とは

利尿薬を簡単に表現すると尿の量を増やす作用を持っているお薬の総称です。

オシッコは水分や電解質を体の外へ排出する際に一番効果的な方法です。オシッコは腎臓で造られるのはある程度の方もご存知だと思いますが、腎臓は身体の調子や状況によってオシッコの排出量や濃度を調整していきます。

体全体の体液を一定に保つようにしたりする役割がありますが、このような腎臓の機能がうまく働かない場合や病気によって機能が衰えている場合などに利尿薬を服用し、尿意を促していきます。

利尿薬といっても部類があり、「浸透圧利尿薬」「ループ利尿薬」「チアジド系利尿薬」「カリウム保持性利尿薬」やその他の利尿薬など細かく分かれています。

これらの利尿薬は、その人の症状や病状によって異なる利尿薬の種類を服用する必要があるため、細かく分かれています。病気の症状によっては強い作用の利尿薬を服用することもあるので、一概に利尿薬といっても違うという事です。

利尿薬の効果

利尿薬の効果は少し前項で紹介していますが、主に尿意を促すために服用します。その尿意を促すという体への作用によって期待できる効果としては、ダイエット・むくみ防止・血圧低下・生理前のむくみ解消などです。

一般的な利尿薬を服用する場合には、上記のような効果が期待できるので、痩せたい女性や男性がこれらを目的として服用しているケースも多いです。

また、前項でも紹介しているのですが、利尿薬は症状によって服用する種類も異なり、浸透圧利尿薬では脳圧亢進(のうあつこうしん)、ループ利尿薬では心不全や高血圧の治療、チアジド系利尿薬では高血圧や食塩感受性高血圧治療、カリウム保持性利尿薬では肝硬変、鬱血性心不全の治療などに対して使用されています。

細かく調べていくと重度の病気などに対しても使用されていますが、一般的に通販で販売しているものに関しては、むくみ防止やダイエット目的のものが多いとされています。

▶ 個人輸入通販サイトで今すぐ購入出来る「利尿剤」一覧ページへ

利尿薬の副作用

利尿薬の副作用

利尿薬の副作用は低カリウム血症・低ナトリウム血症・高尿酸血症などがあるとしていますが、利尿薬の量を減らしたり、他のお薬と併用する事で副作用を緩和する方法もあります。これらの副作用は少し強い作用の利尿薬を服用した場合ですので、なにかしらの病気が原因で病院に受診した際に医師から説明があるでしょう。

当サイトなどで取り組扱っている利尿薬の主な副作用としては、脱水・脱力感・めまいなどが多いです。

なぜ、病院で処方される利尿薬や通販で購入出来る利尿薬によって副作用が異なるかと言いますと、それは利尿薬に含まれている有効成分に違いがあるからです。

病院での処方の場合には、前項でも紹介している通り心不全や肝硬変などの比較的重度の病気に対して処方されているお薬なので、それなりに利尿作用も強く、副作用もります。

それに対して、通販で購入出来る利尿薬に関しては、フロセミド・スピロノラクトン成分などの軽い利尿作用を促すためのお薬なので、考えられる副作用も軽度のものなのです。

いずれにせよ、服用してから体調が優れなかったり、服用する事が怖いという方は事前に専門医に相談してから正しい服用方法で実践して利尿作用を促すようにしましょう。勝手な判断で多用・乱用してしまうことが一番怖いので、絶対におやめください。

利尿薬の注意事項

利尿薬の副作用についてはある程度ご理解いただけたかと思いますが、ここでその他の注意点をご紹介します。

個人輸入通販で購入できる利尿薬は正しく安全に服用すれば、むくみ防止やダイエット効果も十分に期待できますが、正しく服用したことを前提にしています。

あくまでも医薬品なので、服用時の注意事項はしっかりと確認しておきましょう。

利尿薬の注意事項まとめ

・持病を持っている、アレルギー体質の方は服用前に医師に確認する事。

・重度の腎臓病・肝臓病の方は糖尿病や通風などの症状を悪化させる可能性もある。

・体液中のナトリウム・カリウムの量が明らかに少ない、減少している方の服用。

・併用禁忌薬があるので、持病などで薬を服用中の方は血圧が下がり過ぎないなどの注意が必要のため、医師に事前確認。

・定期的に服用している方は、ナトリウム・カリウム・尿酸値などの数値を定期的に検査したほうが良い。

・カリウムが減少し過ぎないように、果物や野菜でカリウムを補充するようにしましょう。

▶ 副作用・注意事項を理解した上で利尿薬を見に行く!

利尿薬の成分

利尿薬の成分も薬の種類によって異なり、その人の利尿薬を服用する原因となる病状や持病によっても変わります。

上記の項目で利尿薬にもいろんな部類がある事を述べていますが、それらの種類によって異なります。使用されている成分の代表的なものを以下に簡単にまとめてみましたのでご参照ください。

【浸透圧利尿薬】
・D-マンニトール、イソソルビド、濃グリセリン…etc

【ループ利尿薬】
・フロセミド、トラセミド、アゾセミド、ピレタニド…etc

【チアジド系利尿薬】
・ヒドロクロロチアジド、トリクロルメチアジド、インダパミド、トリパミド、クロルタリドン…etc

【カリウム保持性利尿薬】
・トリアムテレン、スピロノラクトン、カンレノ酸カリウム、エプレレノン…etc

ダイエット・むくみ防止にオススメの薬

利尿薬の主な作用と使用用途

利尿薬についてはここまでの内容である程度ご理解頂けているかと思います。

少し難しい内容もまとめていますので、利尿薬に対して抵抗を持ってしまった方もいると思いますが、一般的に当サイトのような個人輸入通販サイトで販売している利尿薬を使用する方は、ダイエットやむくみ防止を目的として服用している方が多いです。

いわば本来皆さんがイメージしているダイエットとは違う方法で、体の水分を減らしたり、尿から老廃物を排出するという方法で、実践する方も多いです。

あくまでも正しい分量、用法で持病などがない方が服用した場合なので、持病等を患っている場合には、自己判断ではなくかかりつけの医師に相談してから服用するようにしましょう。

利尿薬とカリウムの関係

利尿薬とカリウムの関係

体にあるカリウムは細胞内液の中に存在しているミネラルの1種です。

カリウムを含んでいる食材・野菜・果物などもたくさんあり、これらにもミネラルが含まれているのですが、食べ物によって摂取したカリウムの9割は尿として排出されてしまいます。

なので、利尿薬を服用する事で少なからず体内のカリウムを排出している状態となるため、できる限りカリウム不足にならないようにカリウムを含んでいる食べものを摂る事をオススメします。

また、カリウムには血圧の調整をする役割や老廃物を排出する手助け、筋肉の意収縮を促す作用などがあり、人には欠かせない役割となっていることを覚えておきましょう。

利尿薬情報まとめ

利尿薬に関してはいかがでしたでしょうか?

利尿薬と聞くと抵抗があったかもしれませんが、意外とダイエットやむくみ防止などの簡易的な理由で服用している方も多いです。

むしろ、それを目的として服用している方も多く、利尿作用を促すことで体の仲の余分な水分や老廃物を排出して、健康的な身体をキープしている美容家さんもいるみたいです。

どちらにせよ利尿薬は医薬品として尿意を促す作用がありますので、用量・用法を守って安全にご利用ください。

▶ 個人輸入通販サイトで購入出来る利尿薬を今すぐチェック!

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加