【必見】利尿作用のある飲み物ってなに?コレで体調管理もバッチリ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは利尿作用についての内容をまとめています。

利尿作用はその名の通りで、尿を出す作用の事で、オシッコを出すようにする働きのある薬や飲み物、食べ物などを総称して呼んだりもしています。

今回はその中でも利尿作用のある飲み物について少し詳しく紹介していこうと思います。頻尿で悩んでいる方やダイエットやむくみ防止のために利尿作用を促進させたいという方にはタメになる情報となっていますので、ぜひご参照ください。

利尿作用について

利尿作用について

そもそも利尿作用とは、排尿量を増加させる作用の事で、前述している通り、利尿作用を促すことで得られる効果としては、ダイエットや浮腫み防止、血圧を下げる効果などがあります。

しかし、一方で日常的に利尿作用が多く、頻尿に困っているという方もいます。知らぬ間に利尿作用のある飲み物を飲んでいたりするとオシッコが頻繁に出てしまうこともありますので、頻尿の方はこれからご紹介する利尿作用のある飲み物などはできる限り飲む回数や飲む量を減らしていく事を考えてみましょう。

程よい利尿作用にはデトックス効果として代謝がアップしたり、身体に健康的なこともありますが、排出し過ぎてしまうと本来体に必要な栄養までも排出してしまう可能性もありますので、むやみに尿を出せば良いという事でもありませんので、その点は注意しておきましょう。

▶ 今すぐ利尿薬を購入する!

利尿作用はダイエットに良い?

適度な利尿作用はダイエットにも効果的です。

前項でも述べていますが、しっかりと水分をとって尿を排出することで代謝もアップしたり、身体のむくみを防止できるので、健康的な身体や美しいスタイルを維持するために利尿作用のある薬を飲んでいる方もいます。

もちろん、薬に頼らずに利尿作用のある飲み物や食べ物を日常的に摂取することで、健康的な身体を維持している方もいます。サプリメントなどでも利尿作用のある栄養分が含まれているものを摂取したり、あまりにも利尿作用がない方、むくみがひどい方などは利尿薬を服用している方もいます。

いずれにせよ、利尿作用は身体にはとても重要な役割を果たしていますので、これからダイエットをしようと思っている方ならぜひ知っておきたい知識の1つでもあります。

ということで、利尿作用にはただ単にオシッコを排出するだけでなく、ダイエットやむくみを防止するための効果も十分に期待できるという事をまずは覚えておきましょう。

サプリより利尿薬がオススメ?

サプリより利尿薬がオススメ

利尿作用を促すにはサプリメントや利尿薬を服用する事もあります。

体重を減らしたいスポーツをしている選手の方や、スタイルを維持する必要のある職業の方など幅広い使用用途で使用されています。

利尿作用のあるサプリメントには天然成分やカフェインなど利尿作用のある成分を含まれています。一方で利尿薬に関しては医学的に確認できている利尿作用のある成分が含まれています。サプリメントでは効果がないという方やもう少し利尿作用が欲しいという方には利尿薬の方がオススメです。

サプリメントでも効果が出る事もありますのが、サプリはあくまでも健康補助食品なので、身体の体調を整えたり、足りない栄養を補ったりする役割が適しています。

利尿薬などの医薬品に関しては、症状や場合によっては医者から処方されるものもあるので、医学的根拠があり、その効果もサプリメントより効果的という意見もあります。

▶ 利尿作用で効率よくダイエットやむくみを防止する!

利尿作用のある飲み物

利尿作用のある飲み物にもいろんな種類があります。

ここでは利尿作用があると考えられる飲み物をまとめて紹介していますので、以下の飲み物を参考にして、頻尿の方は摂取し過ぎていないか、利尿作用を促したい方はあえて摂取するようにしてみてはいかがでしょうか。

【利尿作用のある飲み物一覧】

はと麦茶・黒豆茶・とうもろこし茶・よもぎ茶・ごぼう茶・杜仲茶・どくだみ茶・どくだみ茶・ルイボスティー・ジンジャーティー・トマトジュース・クランベリージュース・白湯・レモン水・豆乳・コーヒー・ウーロン茶・ココア…etc

これらにはカフェインを含んでいたりカリウムが豊富であったり、血行促進作用の期待できる成分が含まれていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

利尿作用が強い飲み物

利尿作用のあるお薬の中でも作用が強い飲み物もあります。

主にカフェイン・砂糖・甘味料が含まれている飲み物には強い利尿作用があります。カフェインが強い飲み物としては、玉露のお茶、強強打破、缶コーヒー、眠眠打破、レッドブル、リポビタンDなどがあり、カフェイン=コーヒーというイメージも強いと思いますが、以外にも他の飲み物の方がカフェインが強いようですね。

強強打破は眠気覚ましなどに飲む方がほとんどだと思いますが、これにもカフェインが含まれていますので、長時間のドライブ中に寝ないように飲んだとしても尿意を感じてしまうと途中でトイレに立ち寄ったりする必要がでてきそうですね。

利尿作用が弱い飲み物

利尿作用のある飲み物の中でも作用が強いものと弱いものがありますので、尿意を気にしている方は普段から飲むドリンクの種類も気にしておくようにしましょう。

利尿作用が弱い飲み物としては麦茶などがあります。また、麦茶以外にも飲み物の種類によってはゼロカフェインなどと記載されているものがあったりしますし、面倒ではありますが、そもそも飲み物を購入する前に成分にカフェインなどが含まれているかを確認しておくのも1つの方法ではありますよね。

ということで、利尿作用のある飲み物でも強い・弱いがあるので、尿意を気にしている方は参考情報の1つとして覚えておくと良いでしょう。

利尿作用とアルコール

利尿作用とアルコール

よく高血圧腎臓・肝臓が悪い方はアルコールに対してドクターストップがかかりますよね。

その理由の1つとして、アルコールには抗利尿ホルモンの働きを抑えてしまう効果があり、その作用によって体内の水分を排出する働きが高まってしまったり、カリウムなどを摂取しないようにする意味などもあります。

アルコールを摂取することで、トイレも近くなりますし、摂取したお酒の量よりも多くの水分を排出してしまう事もあるので、人によっては病気を患っている場合、このような作用が体に悪影響になってしまったりする可能性があります。

お酒にもいろんな種類がありますが、カリウムが含まれいてるビールやその他カフェインなどの成分が含まれているチューハイなども注意が必要ですので、利尿作用を気にしている方はお酒を飲む際にも注意しておきましょう。

ダイエットならこの薬

利尿作用まとめ

利尿作用まとめ

利尿作用のある飲み物に関してはいかがでしたでしょうか?

利尿作用のある飲み物にもジュースやお酒などいろんな種類があります。普段からなにげなく飲んでいる飲み物でもカリウムやカフェインが含まれている事は多いので、いつもよりトイレが近いと思ったら自然とそのような飲み物を飲んでいると考えられます。

頻尿の方は、これらの飲み物をできる限り控えるようにして、利尿作用などでダイエットしたい、浮腫みを解消したいという方は、程よく利尿作用のある飲み物を飲むようにしたり、利尿作用のある利尿薬を飲んで、効率よくダイエットを目指してみましょう。

個人輸入通販サイトでは利尿作用のある利尿薬がダイエットを目標としている方や、血圧を下げたい方に人気です。もちろん過剰摂取は危険ですし、高血圧の方が服用する際には血圧を下げ過ぎないように注意する必要がありますので、薬を服用する場合には正しい用量・用法で安全に服用しましょう。

▶ 利尿作用のある利尿薬の一覧ページへ

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加