利尿剤について。効果や副作用を理解して正しく安全に服用しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

利尿剤ってどんな時に使用するか知っていますか?

また、利尿剤を服用する事で得られる効果や考えられる副作用についてはしっかりと確認していますか?

今回は、利尿剤を購入しようと悩んでいる方、利尿剤について少し詳しく知りたい方のために薬の効果、使用用途、副作用、注意点などの基本的な情報についてまとめていますので、ぜひ、参考にしてみてください。

利尿剤とは

利尿剤とは

そもそも利尿剤って?

利尿剤は利尿薬などとも言いますが、主に尿(オシッコ)の量を増やすためのお薬です。

尿は身体の中の水分や電解質(酸、塩基または塩のような物質)を体外へと排出する効果的な手段として人や動物に対して重要な役割を担っています。

尿は膀胱で造られるのではなく、腎臓でつくられています。腎臓でつくられ、体調や体内の調子に合わせて尿の出る量や濃度を調整して、体中の体液を一定に維持するように抑えているのです。

しかし、腎臓の機能がこのように機能しない場合や、病気によってうまく作用しない場合に利尿剤を用いて、尿意を促進させます。

尿が体内に溜まると顔や体がむくんだり、症状が悪化すると尿が逆流して腎臓へと影響を与えてしまう可能性もありますので、注意が必要です。基本的には医師の判断のもと、処方されてから服用し、用量・用法を守って正しく服用していきます。

利尿剤の効果

利尿剤の効果はさまざまです。

一概に利尿剤といってもいろんな働きがあり、その人の症状や病状によって使用用途も異なります

いずれにせよ、利尿剤を服用する事で、尿を出すようにする効果が期待でき、体にたまった余分な水分を排出してくれる効果が期待できるものです。

一般的な効果としては、利尿剤を服用して尿を排出する事で、身体の浮腫みがとれたり、血圧を下げたりすることができます。

利尿剤と聞いてもあまりイメージが沸かないと思いますが、むくみをとりたいという方が服用する事で、むくみ防止などにつながっていき、女性の場合では生理前のむくみなどの治療をする時にも使用したりすることがあります。

利尿剤の薬理としては、腎臓の尿細管での塩分と水分の再吸収を抑える事で、尿の量を増やし、血液の不要な水分を減らしたり、血管壁のナトリウムを減らすことによって血圧を低下させるというものです。

利尿剤を使う用途

利尿剤の効果についてはご理解頂けましたでしょうか?

また、利尿剤はちゃんとした医薬品ですので、服用するだけで効果が得られるのはもちろん、少なからず副作用もありますので、服用前には必ず確認しておきましょう。

また、いまいち利尿剤を使用する用途はよくわからないという方のために、簡単に使用用途をまとめてみましたので、こちらも参考にしてご自身が当てはまっていないか確認してみてくださいね。

▶ 今すぐ利尿剤を購入しに行く!

【利尿剤の使用用途まとめ】

・むくみを防止したい。

・生理前のむくみを防止したい。

・高血圧なので血圧を下げたい。

・利尿作用を利用してダイエットしたい。

利尿剤の副作用

利尿剤の副作用

利尿剤の効果や使用用途についてはある程度ご理解頂けましたでしょうか?

利尿剤の主な作用は身体の余分な水分を排出することで、むくみを防止、血圧を下げるなどの効果があり、ボクシングの計量前の体重調整や、モテル・女優さんも撮影前などに服用しているという話も聞いたことがあります。

ただし、利尿効果に伴って副作用もありますので、得られる効果に対して起こる副作用についてもしっかりと理解しておく必要があります。

副作用を放置してしまったり、人によっては副作用が通常の方より続いてしまう恐れもありますので、その場合には専門医に早めに相談する事をオススメします。まずは、薬を服用する上で知っておきたい基本的な副作用について覚えておきましょう。

主な副作用としては、脱力感やめまい、だるさなどが一般的に多い副作用です。また、薬が効きすぎてしまうと脱水になる可能性もありますので、その点には注意が必要です。

その他の副作用としては、喉が渇いたりすることがあり、血液への影響もありますので、継続して服用している方は定期的に血液検査に行く事をオススメします。

また、稀に尿酸値が上がったり、一時的に耳が聞こえにくくなるという副作用の症状もあるようです。正しく服用していれば重度の副作用はないと思いますが、多用・乱用してしまうとこれらの副作用以外にもいろんな症状がおこったり、体調を悪くする可能性ありますので、服用前には副作用やその他注意事項をしっかりと確認しておきましょう。

▶ 通販で購入できる利尿剤の副作用を確認してから購入!

副作用以外の注意点

利尿剤の副作用以外の注意点としては、まず薬の成分に対してアレルギーを持っている方は服用しないようにしてください。病院で処方される場合には事前に説明があると思いますが、海外医薬品を個人輸入する場合にはご自身で確認する必要がありますので、服用前に成分に対するアレルギーについて確認しておきましょう。

また、腎臓に病気を患っている方、肝臓病の方など、服用することに注意が必要な方、高齢者の服用も十分な注意が必要ですので、個人輸入で利尿剤を購入しても不安な方は事前に医師に飲み方などを確認しておくことが大切です。

その他にも飲み合わせの悪い併用禁忌薬食生活なども気を付けておく事が大切ですので、安易にダイエットしたい、むくみをとりたいからと言って用量を適当に服用しないように十分に注意してください。

オススメの利尿剤2選

当サイト、個人輸入通販サイトで人気のある利尿剤です。

利尿剤はネットでもいろんな通販サイトで販売していますが、国内製品のものは日本の薬機法違反で販売できない事が多いので、基本的には海外医薬品で利尿作用のあるお薬を個人輸入して服用する方が多いです。

以下に紹介している利尿剤は海外では一般的に販売されていて、ラシックスなど日本国内でも利尿剤を使用している方ならほとんどの方が知っているお薬ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アルダクトン 100mg/50mg/25mg

アルダクトン 100mg/50mg/25mg

アルダクトンは利尿剤の経口薬としてアールピージーライフ社が開発したお薬です。有効成分にはスピロノラクトンを含んでいて、取り扱っている用量は25mg、50mg、100mgの3種類です。人によって成分量の異なるものを購入しています。

このアルダクトンを服用する事で、ダイット・むくみ・生理前のむくみ・高血圧・血圧を下げたい・ニキビを治したいなどの症状に効果を発揮してくれます。

もちろん、ここまでで説明している注意事項や副作用もありますので、服用する前には必ずチェックするようにしてください。アルダクトンの効果はおおよそ24時間~48時間程度です。

▶ 個人輸入通販で人気のアルダクトンをもっと詳しく理解してから購入する!

ラシックス 40mg

ラシックス 40mg

ラシックスはアベンティスファーマ社が開発した利尿剤で、メジャーな利尿剤の1つとして多くの方が服用しています。

利尿剤に含まれている成分はフロセミドで、この成分にはダイット・むくみ・生理前のむくみ・高血圧を解消する役割が期待できます。

ラシックスの作用時間はおおよそ24時間~48時間程度で、1日1回最大80mg真での服用としていますので、不要な多用・乱用はせずに正しく服用して利尿作用を実感しましょう。

▶ 利尿剤でも大人気!ラシックスの商品詳細をもっと詳しく知りたい!

利尿剤情報まとめ

利尿剤についてはいかがでしたでしょうか?

今までに利尿剤を使ったことのない方からすれば、尿増量して尿意を促す薬というのは抵抗があったかと思いますが、正しく服用すればむくみを防止したり、ダイエットにも使用する事ができます。

ただし、薬を服用する上での注意事項や副作用もありますので、安易に服用するのではなく使用用途をハッキリさせてから正しく服用するようにしましょう。

▶ 通販で人気のある利尿剤一覧ページへ
By 
このエントリーをはてなブックマークに追加