インポは年齢も関係ある?歳をとっても元気でいたい男性向け情報。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はインポと年齢の関係や、勃起のメカニズムについてまとめていきます。

インポは年齢による原因が大きいと思っている方も多いと思いますが、実は年齢だけでなくいろんな原因があります。

ご存知の方もいるかもしれませんが、ここでは気になるインポの原因や男性の勃起がどのようなメカニズムで起こるのかに関してを紹介しています。

また、すでにインポで悩んでいる男性のためにインポに効果的なED治療薬も紹介していますので、原因や症状をしっかりと把握した上で、正しく薬を服用し性行為ができるようにして自信をつけていきましょう。

インポとは

インポとは、他の記事でも紹介していますが、男性に起こるペニスの障害です。

インポになってしまうとセックスが満足にできなくなり、自信喪失やパートナーの不満などいろんなことが絡み合って悪循環に陥る事もあります。パートナーとの別れの原因となったり、セックスに対してトラウマを抱えてしまう可能性もありますので、できる限り根本からの改善や薬を服用してでもセックスはできる状態にしておきましょう。

インポの原因

インポの原因

インポの主な原因は機能性(心因性)勃起障害と言われる心理的要因などにより満足な勃起ができない状態や、器質性勃起障害と言われる各神経、組織、血管系、陰茎自体の異常などの解剖学的な問題、内分泌障害によって満足な勃起を得られない状態から起こります。

また、これらが混在している混合性勃起障害や、陰茎折症や脊髄損傷などの外傷や手術などの後遺症によって起こることが考えられます。

他にも年齢を重ねることによる加齢が原因で勃起機能が低下してしまうこともあり、インポになる原因はさまざまで人によって発症する理由もいくつか考えられるのです。

インポの症状

インポになったときの症状としては、基本的には性行為ができない状態となります。

勃起できない、勃起が続かない、勃起しにくい、射精まで達しない、硬さ不十分などインポによる症状もさまざまです。これも個人差があったり症状も人によって異なります。

総合的にみると結論としては性行為をする上で不十分なペニスの状態と言えます。インポの症状は実際にセックスするまでわかりにくいです。自慰行為は問題なく勃起して射精までできるが、性行為となるとうまく勃起が機能しないということもありますので、その点も把握しておきましょう。

インポの治療

インポの治療には主にED治療薬を使用します。その他にも中折れトレーニングで下半身を鍛えたり、食生活の改善で血液をサラサラにするなどの改善方法がありますが、一般的に知られているのがED治療薬です。

ED治療薬を服用する事によってインポの方でも勃起作用を促し、性行為ができるようになります。もちろん、100%とは言い切れませんが薬を服用した方のほとんどがその効果を実感してセックスに成功しているという結果があります。

▶ インポ改善に効果的!通販で気軽に購入できるED治療薬一覧。

勃起とは

勃起とは男性のペニスや女性の陰核(クリトリス)などに対して起こる生理現象です。主に性的な興奮が関係していて、心理、神経、血管系、内分泌系などの要因の相互作用によって勃起は起こります。

必ずしも性的な興奮が関与しているというわけでもありませんが、一般的なイメージとしてはセックスの際に起こる現象として認知されていると思います。

人によっては無意識に勃起することがあったり、。尿が膀胱にたまったときにも勃起する事があります。

勃起のメカニズム

勃起のメカニズム

勃起のメカニズムは意外と複雑に成り立っています。

勃起する要因としては前項で紹介していることから、性的な興奮で引き起こされることが多い印象です。

勃起のメカニズムとして、まず初めに脳が性的な興奮や刺激を感じ取ります。その後勃起に関わる神経を伝達して陰茎(ペニス)へと伝わっていき勃起が起こるのです。

勃起まで命令が下ると男性器にある海綿体という部分に血液が吸収されペニスが硬くなり勃起という状態が出来上がります。少し難しいように感じるかもしれませんが、このように普段なにげないことで勃起したり、セックスするときに勃起に至るにはこれらの神経陰茎がしっかりと機能していることが前提でなければならないのです。

なので、このいずれかの器官や神経に問題があると、うまく勃起できなかったり途中で勃起力が衰えたり、射精に達するほどの勃起力がなかったりと、いわゆるインポテンツという問題が出てくるのです。

朝立ちと勃起

朝立ちは別名「夜間陰茎勃起現象(やかんいんけいぼっきげんしょう)」と言います。

多くの方は性的な興奮を得ている状態で勃起する事が多いですが、この朝立ちに関しては性的興奮や自分自身の意識とは関係なく勃起するという現象です。

寝ている間にも勃起していることがありますが、これは自分自身ではなかなか気づくことができません。夜立ちとも言います。この夜立ちの状態が朝起きた時まで維持されている状態が朝立ちとなり、レム睡眠やノンレム睡眠など睡眠のメカニズムが関係しています。

この朝立ちは男性に起こるイメージが強いですが、女性の陰核に対しても起こりうる現象もあるようです。

インポと年齢(加齢)の関係

インポと年齢(加齢)の関係

インポテンツと年齢の関係は十分に考えられます。

やはり年齢を重ねていくことによってセックスをする機会も減り、テストステロンの合成も減少していきます。精巣にも若干の萎縮が認められ、海綿体平滑筋の充分な弛緩も困難になるためインポが起こる可能性があるのです。

ただ、60歳以上の男性を対象にした性欲の調査ではおおよそ90%前後の方が性欲を持っているとして、その中でも性行為を望む方が半数近くいるとのデータがあります。

しかし、データとしては性欲そのものは高齢者の男性にあるものの、性器の衰えが原因で満足のいく勃起力が得られずにセックスが失敗に終わることも大いに考えられます。

結論としては、インポは年齢による原因も十分に考えられますが、身体的な機能や男性ホルモンの状態によっては十分にセックスができる余地があると言えます。また、セックスが出来る状態にする効果があるED治療薬を服用している方も多いようです。

生涯現役でいたい男性のために

インポと年齢の関係についてはある程度のご理解を頂けたのではないでしょうか。

また、多くの男性が夢見る生涯現役に関してですが、ここで紹介していることをしっかりと覚えておくことで日常的な意識の違いから年齢を重ねても元気で入れる事はあると思います。

もしも、生涯現役でセックスをしていたいのであれば、簡単に言えばED治療薬を飲み続けていればできる可能性は十分にあります。

しかし、体調を崩してしまったり、持病があったり、生活習慣病にかかってしまうとED治療薬を服用できなくなる可能性も高まるので、やはり健康的な身体を高齢者になってもキープしておくことが大切です。

インポに効果的な勃起薬

インポと勃起情報まとめ

インポと勃起情報まとめ

さて、今回はインポ・年齢・勃起の3点について少し細かく紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

勃起減少は男性に限らず女性にもあるという事をここで初めて知った方もいるのではないでしょうか。勃起という表現そのものは女性の陰核や乳首にも当てはまりますので、男性に限った生理現象ではありません。

また、勃起のメカニズムを知ることで体の内面から改善しようとする意志が出ると思いますので、インポだからといってすべてをED治療薬に頼るのではなく、自分自身の健康も気にするようにしていきましょう。

▶ インポで悩んだらED治療薬!通販でも大人気の商品をチェック!
By 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です