【要確認】バリフを服用する前には必ず副作用や注意事項を確認しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外の医薬品を通販できるサービス「個人輸入通販サービス」で購入する事ができるED治療薬のバリフですが、今回はそのバリフの効果をはじめ、服用する前には必ず確認してこないといけない副作用・注意事項について詳しく紹介していきます。

バリフを服用する事で得られる効果に対して、服用した時の副作用はどのようなものがあるのでしょうか、また、服用時に気を付けなければいけない注意点や、併用してはいけない併用禁忌薬に関してもまとめていきますのでバリフを服用しようと思っている方は参考にしてみてください。

バリフの効果

バリフの効果

バリフの効果はED治療薬を服用したことがある方なら誰しもがご存知かもしれませんが、インポテンツや中折れなどのEDと言われている症状に対して効果があります。

なぜ、バリフを服用することで勃起不全を改善できるのかというと、それはバリフに含まれた成分に対して理由があります。バリフの成分にはバルデナフィル成分が含まれています。このバルデナフィル成分を服用する事で、薬の成分が体に浸透し、男性の陰茎に作用していきます。

そもそも男性の勃起が起こるメカニズムは性的な興奮を受けることで脳から陰茎に対して勃起するような命令が下ります。その命令によって陰茎へと血液が集まり、ペニスが膨張して勃起するという状態に至ります。

しかし、この課程のどこかにトラブルが起こることで勃起のメカニズムがうまく作用せずに、勃起不全の状態になってしまいます。そこに対して作用するのがバルデナフィル成分を含むバリフということなのです。

バルデナフィル成分以外にも、バイアグラに含まれているシルデナフィル、シアリスに含まれているタダラフィルも同じような効果が期待できます。

バリフはバイアグラともシアリスとも異なるレビトラのジェネリック医薬品なので、レビトラを服用する事でも同様の効果が期待できます。


販売中止で品薄状態の中、バリフを今すぐ購入できるのは?

バリフの副作用

バリフの副作用

バルデナフィル成分を含むバリフの主な副作用は頭痛やほてりなどがあります。どのED治療薬でも副作用は起こる可能性が高いので、バリフに限ったことではありません。

基本的に、バリフによる副作用はバルデナフィル成分の特徴である血管を拡張する作用によるものなので、ED治療薬の効果が治まるのと同じくらいに副作用の症状も治まってきます。

普通に服用して正しく使用すれば、そこまで重い副作用はないですが、用法を守らずに多用・乱用してしまうと副作用が強くなってしまうことや、体調を崩す可能性も十分にあり得ますので、注意が必要です。

【基本的な副作用】

・頭痛、ほてり、潮紅、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、視覚異常、彩視症、光視症..まぶしい、かすむ、青くみえる…etc

【重度の副作用】

・硝酸薬との併用による急激な血圧低下、持続勃起症(プリアピズム)、勃起が4時間以上続く場合には注意が必要。

バリフの注意事項

バリフの注意事項もいくつかあります。ED治療薬は勃起薬といってもあくまで医薬品なので、正しく服用しなければリスクを伴います。

以前のブログでもバリフの効果効能、注意点、副作用については紹介していますが、ここでバリフの注意事項についてより詳しく紹介していこうと思います。副作用含め、注意事項についても覚えておきましょう。

  • ・心臓病やその他持病のある方は他の薬との併用に注意する。(病院に行く場合には医師に伝える)
  • ・心臓病や脳卒中など、性行為そのものを行うことが難しい方の服用も控えてください。
  • ・「ニトロ系」に該当するお薬とは併用しないように注意してください。
  • ・バリフ服用後は薬の対価として視界がぼやけたり、めまいが起こることがあるので、車の運転を控えるようにしましょう。
  • ・病院での処方も可能ですが、保険の適用はありません。
  • ・多用、乱用は絶対におやめください。
  • ・服用後に極端に体調が悪くなった場合には、医師に相談するようにしましょう。

バリフの併用禁忌薬

バリフの併用禁忌薬

バリフには併用禁忌薬もあります。というよりもバルデナフィル成分に対して併用禁忌薬があります。薬の成分には相性が悪いものがあるので、その点を理解しておく事も大切です。

普段から服用している薬や持病によって常備している薬と併用する事によって副作用を強く感じてしまったり、体調が悪くなる可能性もありますので、以下にまとめている併用禁忌薬についても参考にしてみてください。

【硝酸剤系の併用禁忌】

・アイスラール錠、アイロクール錠、アパティアテープ、イソコロナールRカプセル、イソピットテープ、L-オーネスゲン錠、冠動注用ミリスロール、サワドールL錠、ジアセラL錠、シグマート注、硝酸イソソルビドテープ、シルビノール錠、ニコランジル錠、ニコランジル点滴静注用、ニトラステープ、ニトロールスプレー、ニトログリセリン舌下錠、ハイパジールコーワ錠、ニトロール錠、ニトログリセリン注、ミリステープ、メディトランステープ、硝酸イソソルビド徐放錠、サワドールテープ、イソニトール錠…etc

【抗ウイルス薬系の併用禁忌】

・インビラーゼカプセル、カレトラ錠、レクシヴァ、ノービア・リキッド、ブリジスタ錠、テラビック錠、フォートベイスカプセル、クリキシバンカプセル、インビラーゼ錠…etc

【内服の抗真菌薬系の併用禁忌】

・イコナゾンカプセル、イトラートカプセル、イトラコネート錠、イデノラートカプセル、イトラコナゾール錠、ケトコナゾール、イトリゾールカプセル、イトリゾール注、イトリゾール内服液、トラコナ錠、イトラコンカプセル…etc

【抗不整脈薬系の併用禁忌】

・アジマリン錠、アミオダロン塩酸塩錠、アミサリン錠、ジソピラR錠、ジソピランカプセル、シベンゾリンコハク酸塩錠、シンビット静注用、タイリンダーカプセル、ピメノールカプセル、リスラミドR錠、硫酸キニジン錠、アジマリン錠、アミオダロン塩酸塩錠、アンカロン注、シベノール注射液、ソタコール錠、ノルペースCR錠、リスピンR錠、リゾラミドR錠、硫酸キニジン…etc

バリフを安全に服用する

バリフを安全に服用する

安全にバリフを服用するためには、ここまでに紹介していきた、副作用や注意事項を守って服用する事が大切です。

基本的には1日1回までの服用で、2錠目を服用する時には24時間以上の間隔を空けなければなりません。

また、バリフを購入するには個人輸入通販サイトを利用して入手する必要がありますが、最近ではその通販サイトを悪用して偽造品を販売しようとする悪徳業者がいらっしゃいますので、その点にもご注意ください。パッケージ、成分名、製造元などの商品情報をしっかりと確認しましょう。

バリフを効果的に飲む

バリフを効果的に飲むには空腹時がポイントです。食後の満腹状態ですとバルデナフィル成分がうまく吸収されないことがありますので、お腹が空いている状態で服用する事で成分を体に早い段階で浸透させ、性行為の際には満足のいく勃起力を得ることが期待できます。

また、アルコールもほどほどにしておきましょう、泥酔状態でバリフを服用しても効果がでなかったという口コミ情報などが多いので、緊張をほぐすためとは言え、飲み過ぎには注意が必要です。

ということでバリフを効果的に飲むには、空腹時とアルコールを抑えるということがポイントとなります。

バリフの口コミ体験。これがリアルな服用者の意見!気になる効果は?
ED治療薬のバリフ体験談まとめです。勃起薬として人気のあるバリフですが、実際に使ったことのない方も多いと思います。日本ではバイアグラ、レビトラ、シアリスなどの...

バリフの代わりになる勃起薬

バリフの持続時間で満足する?レビトラ系以外にもこんな勃起薬がある
ED治療薬の服用を考えている皆さんへ、今回はバリフの持続時間やその他有名なED治療薬の持続時間をメインに、オススメのED治療薬や参考になる口コミ情報を紹介していき...

バリフ情報まとめ

バリフの果効能、副作用、注意事項についてはいかがでしたでしょうか。

また、併用禁忌薬に関しても少し詳しく紹介させて頂きましたが、ここで紹介している情報がすべてではありません。やはりバリフの使用に対して不安を抱えている方もいらっしゃると思いますので、飲むことに不安を感じている方は専門医に相談してみるのも1つの手ですね。

いずれにせよバリフを含むED治療薬は副作用や注意事項がありますので、その点を事前確認しつつ用量・用法を守って服用するようにしましょう。

▶ 通販で人気のED治療薬「バリフ」を購入する。
バリフはレビトラのジェネリック医薬品です。後発品の効果とメリット
今回はED治療薬のバリフについて少し違った視点で情報をまとめていこうと思います。これまでにもバリフについての記事をいくつか紹介していますが、ここでは、バリフそ...

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加