もし、抗生物質を通販で購入するなら?安全に手に入れる方法はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
抗生物質 通販 安全

抗生物質って通販で購入できる?日本国内では医薬品を通販で購入するのが現状は難しいです。なぜなら薬機法の関係や厚生労働省の認可がないと販売や処方ができないものが多いからです。

また、国内で医薬品を取り扱う場合は、病院で専門医に処方してもらうか、薬剤師の説明が必須になっていたりと規制や法律が厳しいので、気軽にネット通販では購入できません。

サプリメントなど医薬部外品などは販売されていることもありますが、サプリの場合は医学的根拠のある治療薬ではなく、あくまで健康補助食品・栄養補助食品などとして体の健康状態を改善し、体内の根本から健康を改善するというようなものが多いです。

しかし、海外では一般的に医薬品が販売されていて、通販でも購入する事ができます。これを利用したのが個人輸入通販です。個人で使用する分だけなら日本国内でも医薬品の通販サイトを利用して購入する事が可能なのです。

ということで、少し話がズレてしまいましたが、今回は抗生物質を通販で購入するときの安全性や注意しておくべき点などを踏まえて内容をまとめていきます。抗生物質についても基本情報を簡単にまとめていますので、参考にしてみてください。

抗生物質ってなに?

そもそも抗生物質とはどんなものなのでしょうか?抗生物質と聞くと少し強めの薬というイメージがありますが、実際にはどんなものかを少し紹介していきます。

抗生物質は一般的には「微生物が産生し、ほかの微生物の発育を阻害する物質」として定義されているようです。別名、抗ウイルス薬とも言われています。

抗生物質の中でも圧倒的な知名度を誇るのがペニシリンです。ペニシリンは1928年にアオカビから発見された世界初の抗生物質です。実際に発見されてから使用できるようになるまでには10年もの時間を要してしまいました。しかし、一度実用化されてしまってからは、他にもストレプマイシンなどの抗生物質を使用した抗菌薬などが次々に開発され、感染症や病気に悩む多くの方たちを救ってきました。

このような功績から、ペニシリンは20世紀でもっとも偉大な発見の1つとして「奇跡の薬」とも呼ばれています。余談ですが、男性用のED治療薬であるバイアグラも世界初のED治療薬として「夢の薬」などと呼ばれていました。

▶ 違いはある?抗生剤・抗菌薬・抗生物質について調査した情報まとめ

抗生物質の使用用途

以前は、抗生物質と言えばペニシリンでしたが、現代ではいろんなタイプの抗生物質が開発され、多くの症状に対して使用されています。

悪性腫瘍、性感染症、自己免疫疾患・移植医療など使用用途はさまざまです。一般的に知られていない病気に対しても使用されることがありますので、すべてを紹介するのは難しいですが、皆さんがご存知のところですとガンや性病などがあげられます。

ガン細胞に対しては抗がん剤として、性病に対しては感染症を死滅させる性病薬として使用されています。

▶ 性病が自然治癒で治るってホント?性病の種類と治療方法まとめ

抗生物質は通販で買える?

抗生物質は通販で買える?

抗生物質は通販サイトでも購入する事ができます。皆さんがイメージしている通販サイトとは少し異なり、海外の医薬品を取り扱っている個人輸入代行サイトです。

通常、日本の通販サイトだと楽天やアマゾンが一番主流で、いろんな商品を取り扱っていると思いますが、医薬品が販売されていないのをご存知でしょうか。基本的には日本国内で医薬品を通販で購入する事はできません

病院で診察を受けたうえで処方してもらうか、薬局などで薬剤師さんに調合してもらわなければいけません。なので、日本の通販サイトでは抗生物質は購入できないのです。

しかし、それに対して海外の通販サイトからは購入する事ができます。というよりも、医薬品の個人輸入を代行して行ってくれる個人輸入代行サービス業者が運営している通販サイトでなら購入する事ができます。

これであれば、基本的に医薬品そのものは海外のお薬で、運営しているのも海外の会社です。それを日本語にして日本人でも購入しやすくなっているのが個人輸入通販サイトです。知っている方はご存知かもしれませんが、抗生物質をはじめ、男性用のED治療薬、AGA治療薬、女性用のダイエットサプリ、ホルモン剤、避妊薬などいろんな医薬品を取り扱っていて、多くの日本人が購入して使用しています。

そもそも海外医薬品は安全?

海外医薬品など抗生物質が通販で購入できることはご理解いただけたと思いますが、その安全性についてはどうなのでしょうか。

そもそも海外の医薬品という時点で安全性が少ないのではないか?成分も安全なのか?など疑問はたくさん出てくると思います。ですが、あくまでも製薬会社が開発している医薬品ということを忘れないでおきましょう。

海外にはいろんな製薬会社があり、誰しもがしっている製薬会社もあります。有名どころですと、シプラ社・バイエル社・ファイザー社などです。これらの製薬会社を含めた海外の製薬会社が開発した正規の医薬品やジェネリック品を販売しているので、安全性は高いです。

ただし、注意点として、この個人輸入サービスというものを悪用して医薬品の偽造品を販売している悪徳業者がいるのも事実です。その点には十分に注意して絶対に騙されないようにしましょう。

医薬品を安全に購入する方法

医薬品を安全に購入する方法

医薬品を安全に購入する方法としては、やはり一番は病院の先生の指示のもと、薬を処方してもらうという方法ですね。あとは、薬局やドラッグストアで薬剤師さんに確認しながら購入するという方法が日本人としては一番安心できて安全性が高いのではないでしょうか。

ただ、先ほども述べたように抗生物質やED治療薬などの海外医薬品は日本では気軽に購入する事もできません。そんな時には個人輸入代行サービスを利用するのがオススメですので、薬の安全性や製品の成分などの情報をしっかりと調査した上で、購入するようにしましょう。

通販サイトそのものの安全性を確かめるには、個人情報保護法、プライバシーポリシー、お問合せ窓口などなど、サービスそのものの質がしっかりしているかなどに注目してみると良いですね。しっかりと記載しているところは信憑性が高まりますので、ぜひ参考にしてみてください。

通販で購入できる抗生物質の安全性

同じように通販で購入できる抗生物質の安全性も海外の大手製薬会社が開発しているという点と、販売している通販サイトの信憑性によって安全かどうかを見分ける必要があります。

成分名をしっかりと記載していない抗生物質はもちろん危険ですし、販売元の記載がない製品も危険です。製品情報をしっかりと確認し、口コミ情報やレビューなどのリアルな意見も参考にしつつ購入する事をオススメします。また、クーリングオフは訪問販売法で定められた法律であり、インターネット販売では適応されませんのでその点も注意してから購入しましょう。

▶ 今すぐ性病治療!抗生物質の通販をするなら早い治療のほうが絶対安心

通販で購入できるオススメの抗生物質

抗生物質と通販情報まとめ

抗生物質と通販情報まとめ

さて、ここまで抗生物質についてや通販で抗生物質を購入する方法について紹介させて頂きましたが、その安全性購入方法についてはご理解頂けましたでしょうか。

通販で購入するには海外の医薬品を取り扱っている個人輸入代行サービスを利用する事、また、購入する時にはその通販サイトが安全かどうか、ニセモノを取り扱っていないかどうかを見分けるためにも成分名メーカーはしっかりと確認すること。

すでに購入して薬を使ったことがある方はあまり参考にならないかもしれませんが、初めて個人輸入を使用する、通販で気軽に薬を購入したいという方は、これらの点に十分注意しつつ購入するようにしてくださいね。

▶ 個人輸入通販で購入できる「性病薬(STD)/感染症/抗生物質」の商品一覧ページへ
By 
このエントリーをはてなブックマークに追加