フロモックスってなに?通販で購入できる抗生物質の安全性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フロモックス

皆さんは抗生物質「フロモックス」についてどれくらいご存知でしょうか。

そもそもフロモックスなんて普通に生活していたら聞く事の少ないワードだと思います。医薬品に詳し方はご存知の方もいるかもしれませんが、フロモックスを知らない方のために、抗生物質として使用されているフロモックスについて紹介していきます。

一般的に国内通販で抗生物質などの医薬品を購入する事はできませんが抗生物質を購入したい方、通販で入手したい方向けに通販でフロモックスに近しい抗生物質を入手する方法をご紹介します。

抗生物質フロモックスとは

そもそもフロモックスって?

フロモックスは簡単に言うと抗生物質で、細菌を殺菌する効果が期待できるお薬です。フロモックスとは商品名で有効成分はセフカペンピボキシル塩酸塩です。

細菌やウイルス、真菌(カビ)などによる感染症に対して作用し、グラム陰性菌を含む多くの細菌に対して有効です。セフカペン成分が細菌の細胞壁の合成を抑えることで、殺菌的に作用します。

フロモックスの効果・作用

フロモックスはセフェム系の第3世代の抗生物質として、多くの感染症に効果的です。成人小児の症状や使用用途によって用量・用法が異なります。

抗生物質としての役割を果たすフロモックスにどのような効果効能があるのか、一旦、箇条書きでまとめてみましたので、参照してみましょう。

【適応症(成人ver)】

表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、尿道炎、子宮頸管炎、胆嚢炎、胆管炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎…etc

【適応症(小児ver)】

表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、膀胱炎、腎盂腎炎、中耳炎、副鼻腔炎、猩紅熱…etc

このように成人のほうが適応症は多いようです。このフロモックスは前述している通り、いろんな症状に効果的なので、呼吸器耳鼻科領域を中心に各科で幅広く使用されているようです。

また、本来はインフルエンザなどの一般的なウイルス性のカゼには無効なのですが、細菌による二次感染時やその予防のためにも使用されることがあるそうです。のどの痛みや発熱をともなうカゼにも処方されます。

▶ フロモックスの代わりになる?抗生物質の商品一覧ページへをチェック

フロモックスの特徴

フロモックスの特徴

フロモックスはセフェム系の第3世代の抗生物質として、グラム陽性菌以外にも大腸菌やインフルエンザウイルスとは異なるインフルエンザ菌にも抗菌力を発揮するのが特徴です。

さらに、他の抗生物質が効きにくい耐性肺炎球菌(PRSP)耐性インフルエンザ菌(BLNAR)に対しても良い効果を発揮してくれるので、本当にさまざまな感染症や細菌に対して有効だと言えるでしょう。

また、抗生物質の中でも副作用が少なく安全性に優れている抗生物質です。ペニシリン系よりもアレルギー症状などが少ないので適応者も多いという特徴もあります。

フロモックスの飲み方

成人の方を対象にするとセフカペン成分1回100mgを1日に3回ほど服用します。服用のタイミングは食後で、水やぬるま湯で服用するようにしましょう。

また、ここでは成人と小児という項目で分けていますが、年齢によって服用する用量が異なる場合がありますので、詳しくは専門医に確認して服用しましょう。症状によっては1回に150mg服用する方もいます。

小児が服用する場合には細心の注意が必要です。年齢・体重によって使用量が事なり、小児が服用する場合でも錠剤をつぶしたりしないで服用しましょう。

フロモックスの副作用

フロモックスを服用した後に起こる主な副作用としては軟便、下痢、腹痛、吐き気などがあります。抗菌作用によって腸内細菌のバランスが乱れるために起こる症状です。小さい子供は便が柔らかくなるのが特徴ですが、下痢の症状が続いたり、血便になってしまうようでしたら、病院で診察してもらうことをオススメします。

その他にも発疹やアレルギーの症状がでる可能性や、重度の副作用として腎不全、血液障害、大腸炎、皮膚障害、肝障害などの報告もありますので、抗生物質は軽い気持ちで服用せずに、医師の指示に従って用量・用法を守って服用するのが最善です。

【重度の副作用(症状例)】

【アナフィラキシー】
・気持ち悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷えやしびれ、蕁麻疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼーする息苦しさ、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れたり遠のく。
【急性腎不全】
・むくみ、尿の濁り、血尿、尿が少ない・出ない、だるい、吐き気、頭痛、のどが渇く、けいれん、血圧上昇。
【大腸炎】
・激しい腹痛、下痢、発熱、血液便、下血。
【皮膚・粘膜障害】
・発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。
【間質性肺炎】
・から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。
【肝臓の重い症状】
・だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。
【横紋筋融解症】
・手足のしびれ・けいれん、力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿。
【低カルニチン血症に伴う低血糖】
・元気がない、吐く、冷や汗、異常な言動、ふるえ、ぴくつき、けいれん、意識がうすれる。
【その他】
・発疹、菌交代症(口内炎、カンジダ症)、ビタミンK欠乏症(出血傾向)

フロモックスの注意事項

フロモックスの注意事項

フロモックスを服用する上での注意事項は、セフェム系の抗生物質でアレルギー症状などのある方や腎臓に病を抱えている方、高齢者の方などの服用は安易に使用できないため、専門医の指示に従いましょう。

個人輸入痛はサイトでは普通に抗生物質などの医薬品を購入する事ができますが、誰しもが服用できるとは限りません。

病院で処方されているのであれば、医師の指示に従っていると思いますが、医薬品の 通販サイトで購入した場合には、ご自身で説明をしっかりとお読みになってから購入するようにしましょう。

フロモックスの通販は安全?

フロモックスの国内通販は基本的にありません。事実、「フロモックス 通販」などで検索しても通販サイトはでてこないのです。

基本的に日本国内では医薬品の通販は薬機法の規定などからNGとなり、楽天やアマゾンでも販売されていないのが現状です。市販ドラッグストアで医薬品を購入するときにも薬剤師の説明が必須になっていたりと、最近ではより一層厳しくなっているような印象もあります。

なので、フロモックスを国内の通販サイトで取り扱っている場合は安全とは言えませんので注意するようにしましょう。同じような抗生物質は海外医薬品を取り扱っている当サイトのような個人輸入代行サービスで海外から仕入れる必要がありますので、その点注意しながら購入する事を推奨します。

▶ 個人輸入通販サイトで購入できる「性病薬(STD)/感染症/抗生物質」の商品一覧。

▶ クラビットの通販は危険!?抗生物質をネットで買う注意点と人気の薬

▶ ジスロマックの通販は危険?抗生物質をネットで買う時の注意点まとめ

フロモックス通販情報まとめ

フロモックス通販情報まとめ

さて、ここまで抗生物質であるフロモックスについて紹介してきましたが、フロモックス(セフカペン ピボキシル塩酸塩)の効果や作用、特徴、副作用についてはご理解頂けましたでしょうか。

通販で抗生物質を購入する時にはこちらで紹介している内容を思い出し、十分に注意して購入するようにしましょう。国内の通販サイトで取り扱っている場合には偽造品やレプリカ品などの可能性があるので要注意、海外医薬品の抗生物質を購入する際には、説明書きをしっかりと読んでから購入する事をお忘れないようにして下さい。

▶ 抗生物質をお探しの方はこちらのページより商品をご覧ください。
抗生物質の人気薬ランキング!薬の強さ・弱さや効果を比較してみる
ここで性病などに効果的な抗生物質について紹介します。性病にはいろんな症状や病状があり、放置してしまうと大変危険です。症状が悪化し過ぎてしまうと、最悪死に至る...
By 
このエントリーをはてなブックマークに追加