梅毒に有効な治療法は?抗生物質は病院に行かなくても購入できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

性病にはいろんな病気がありますよね、性感染症と言われる梅毒・淋病・ヘルペス・クラミジアなどさまざまな症状があり、主な治療方法は抗生物質です。

今回はその中で梅毒に有効な治療方法や抗生物質について紹介したいと思います。

梅毒とはどんな病気で、原因、症状、感染経路、予防、治療などはどうすれば良いのか?性病に感染しないためには安全なセックスをして事前に予防するのが一番です。しかし、どうしても防げずに感染してしまうこともあるので、万が一のために、ここで紹介している梅毒情報や抗生物質についてしっかりと勉強しておきましょう。

梅毒とは

梅毒とは

梅毒(ばいどく)とは、スピロヘータの1種である梅毒トレポネーマが原因で起こる性感染症の1つです。

性病との括られることも多い病気ですが、女性の妊娠や出産のときに母子感染する可能性もある先天性の梅毒もあります。梅毒は過去に1200万人もの新規感染者がでたとしていて、感染国の90%以上が発展途上国のようです。

2000年以降もいろんな国で感染している患者が増えているようで、HIVと併発する可能性もあり、主な原因は性行為の中でも乱交・売春・バイセクシャル・コンドーム未使用などによって感染する可能性が高まります。梅毒の特徴として4段階の症状があり、できる限り早期発見・早期治療が必要です。

梅毒の原因と感染経路

梅毒の原因は前述している通り、梅毒トレポネーマという細菌です。

梅毒は、セックス・オーラルセックス・キス・生殖器・口・肛門などから感染する可能性があり、人と人とが触れ合うことで感染すると言われています。

不衛生なセックスなどはもちろん、唾液などから感染する可能性もありますので、感染が判明した時点で抗生物質などの治療を開始しましょう。

また、皮膚や粘膜の傷口から細菌が侵入して感染することもあり、輸血などから細菌が移ってくることも考えられます。

その他、日常生活による感染も気になるところですが、食器の共有、トイレ、お風呂などでは感染する可能性が極端に低いようです。梅毒の細菌は人に対して住みつく傾向があり、人の体外にでてしまうと勝手に死んでしまう可能性が高いためです。

梅毒の症状

梅毒の症状は4段階に分かれて、それぞれの状態で観察し、様子を見ていきます。皮膚に対する症状も多いですが、そのほかにも以下のような症状が報告されています。

頭痛、脳腫瘍の疑い・悪性リンパ腫の疑い・認知症・飛蚊症・霧視・ラムゼイハント症候群の疑い・難聴・大動脈瘤破裂・左側腹部痛・胃潰瘍の疑い・急性肝炎・ネフローゼ

梅毒は感染してから1週間~13週間で第1期、第2期の症状が現れます。だいたいの患者さんは抗生物質の投与によって1,2期まで進行する事は少ないので、死亡するケースまではほとんどないようです。

また、第1期の症状の場合は検査で反応が出ない可能性もあるので、知らぬ間に第2期になっているという可能性もありますが、なにかしらの症状が出てくる可能性があるので、性器などに異常が見つかった際にはすぐに病院に行くようにしましょう。

<梅毒の4段階の症状について>

【第1期の症状】
・梅毒に感染してから3週間~3ヶ月程度の期間です。細菌が侵入した場所に塊や潰瘍ができたり、消えたりする。リンパが腫れることもあり、6週間を過ぎたころには検査でも陽性反応がでる状態。
【第2期の症状】
・感染してから3ヶ月~3年程度の期間。リンパの腫れ以外にも倦怠感や関節痛などが出てくることがある、。赤くて目立つ発疹がでてきて、場合によっては全身に広がっていく。1ヶ月ほどで消えるのですが、梅毒の細菌は体内に残っているので抗生物質などでの治療が必要。
【第3期の症状】
・感染後3年~10年程度の期間。近年ではこの第3期の症状まで進行することは少ないとされていますが、症状としては皮膚・筋肉などに腫瘍がでてくる。
【第4期の症状】
・感染後10年以上の期間。身体のいろんなところに腫瘍ができ、細菌に脳や脊髄を侵されてしまい、麻痺性痴呆・脊髄瘻などを発症して死亡してしまうこともある。

梅毒の治療

梅毒の治療

梅毒の治療は抗生物質が一般的に知られていますが、かつては蒸気の吸入や軟膏の塗抹などによる水銀療法などが行われていましたが、水銀中毒になるため、それに対する解毒で解消などもしていたようです。

現代では、保健所などで匿名で検査もできるようになり、万が一、感染してしまった場合でも男性は泌尿器科・性病科・皮膚科、女性は産婦人科・皮膚科・性病科を受診することで症状の判別が可能です。

基本的な治療方法としては、ペニシリン系の抗菌薬(抗生物質)で治療をしつつ、様子を見ていきます。病院での診察や進行状況を確認しつつ治療していきます。薬によっては副作用などの症状が出る可能性もある。

梅毒の予防

梅毒を予防するために一番最適な方法は、性行為に関する行為を一切しないことです。しかし、なかなか難しいことなので、性行為をする際にはコンドームの着用によって病原菌が移動するのを少しでも防いでおく必要がある。

ただし、コンドームを使用しても100%予防できるとも限らず、キスやオーラルセックスでも感染することがあるので、その点は予防することができません。

不特定多数の方とセックスしている時には、できる限り早期発見に向けて定期的な検診を受けたり、抗生物質で病原菌を対処していく事をオススメします。

人気の抗生物質

個人輸入通販でも人気があり、海外では一般的に使用されている抗生物質を紹介します。いろんな性病に効果的な抗生物質ですので、もし性病で悩んでいる場合には商品詳細ページより詳しい効果や飲み方を確認してみましょう。

抗生物質について

抗生物質について

抗生物質はいろんな病原体に使用されている治療薬で、ガンや性病などに多く使用されています。

抗生物質とはもともとは微生物です。微生物を改良して抗生物質として使用する事で、病原体や細菌などの増殖や働きを阻害していきます。

海外通販でも比較的有名な抗生物質にクラビットがありますが、他にも上記で紹介しているバルトレックスやレボフロックスなどのお薬が使用されています。日本国内では病院での診断や治療によって抗生物質を処方されたり、治療を進めていく事が多いので、自分で判断して抗生物質を服用するのが不安な方は専門医に相談して治療を進めていきましょう。

性病には要注意

梅毒の原因・症状・感染経路から抗生物質について紹介してきましたが、基本的には感染しないのが一番です。危険な性行為は避けるようにして、できる限り清潔感のある場所を選んだリ、コンドームの着用など最低限のマナーを守って行うようにしましょう。

梅毒以外にも、HIVをはじめ淋病・ヘルペス・クラミジアなど多くの性病があります。抗生物質で治療できるものもあれば、症状によっては治療が難しい場合もありますので、何事も早期発見・早期治療が重要となります。

性病の多くは潜伏期間があるので、症状として現れていなくてもできる事なら定期的な検査には行くようにしましょう。

梅毒と抗生物質まとめ

梅毒と抗生物質まとめ

今回は梅毒をメインにおすすめの抗生物質についてまとめてきました。梅毒の危険性については十分にご理解頂けましたでしょうか。

一時の感情で気軽にセックスをするのも良いですが、しっかりと予防しておくことが大切です。また、発見が遅くなったとしても性病は放置せずにしっかりと治療をしていきましょう。薬局や通販などで性病検査キットのようなものが販売されていることもあるので、1つは常備しておくのも良いかもしれませんね。

▶ 通販で購入できる性病薬(STD)/感染症/抗生物質の商品一覧ページ
By 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です