レビトラが効かない時の対処法。絶対に失敗しない勃起薬の飲み方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

即効性のあるED治療薬として通販でも大人気のレビトラですが、レビトラを飲んでも効かないという意見や口コミ情報をチラホラ見たことがあります。

なぜ、勃起不全・勃起障害に効果的と言われているレビトラが効かないのでしょうか。ここでは、改めて人気のED治療薬「レビトラ」の効果・飲み方・副作用を復習しつつ、レビトラが効かない時の原因や対処法について紹介していきたいと思います、

この方法を試せば、7~9割の方がレビトラの効果を十分に発揮できるとはずですので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

レビトラについて

ED治療薬のレビトラは、海外の大手製薬会社バイエル社が製造・販売しているお薬で、男性の勃起不全・勃起障害の治療に使用されています。

バイアグラをはじめ、レビトラ・シアリスとED治療薬にもいろんな種類が増え、それらのジェネリック医薬品(後発品)も多く販売されています。

これらED治療薬には男性の陰茎に作用するメカニズムが秘められていることによって勃起作用を促すというものです。レビトラはその中でも薬の成分が溶けやすく体に浸透しやすい性質があるので、バイアグラやシアリスと比較すると即効性に優れている勃起薬です。

レビトラの効果・作用

レビトラの効果・作用

レビトラの効果は上記で少し紹介している通りで、男性の勃起不全・勃起障害・中折れ・インポテンツなどに有効です。呼び方は人それぞれですが、症状としては性的な興奮を受けているのにも関わらずペニスが起たない・硬くない・勃起が持続しないといった症状に効果的です。

レビトラに含まれているバルデナフィル成分が身体に浸透する事で、男性の陰茎に作用し勃起を促進します。ペニスの血管を拡張してペニスに流れる血液を促進することで、ペニスが膨張し、勃起に至ります。

バルデナフィル成分にはしっかりと勃起を促進させる効果が期待できるので、正しく服用すれば薬の効果が効かないなんてことはほとんど皆無に近いと言えるでしょう。

▶ 今すぐED治療薬「レビトラ」を通販で購入する!

レビトラの飲み方

レビトラの飲み方は性行為のおおよそ1時間前を目安としていますが、即効性に優れているのでだいたいの男性は15分~30分ほどで効果を実感できるとしています。

なので、余裕をもって1時間前に服用するのがベストではありますが、その時の状況によっても異なると思うので、最悪の場合でも性行為の15分前には服用するようにしましょう。

また、レビトラの服用は1日に1回までです。2錠目を服用する時には24時間以上の間隔を空ける必要がありますので、その点はご注意ください。服用時は水やぬるま湯で飲むと体にしっかりと薬の成分が吸収されるので、お酒やジュースなどでは飲まないようにしましょう。

レビトラの副作用・注意事項

レビトラの副作用・注意事項

副作用注意事項に関してですが、これはレビトラに限らず他のED治療薬にも置き換えられることなので、勃起薬を使用する予定のある方は参考にしてみてください。

主な副作用としては、頭痛やほてりです。頭痛は頭が少しフラフラしたり、ガンガンしたりする事があり、ほてりに関しては身体が熱くなり、運動後のような感覚になり体が高潮しています。

実際に性行為が始まればそこまで気にならないかと思いますが、副作用の症状が強く出てしまい、数時間経っても治まらない場合には、一度病院で受診する事をオススメします。

その他、勃起が4時間以上続く場合には、持続勃起症になる可能性もあるので、副作用同様に早めの診断が必要です。人によって薬の浸透具合は異なりますので、飲んでもあまり効かないという人もいれば効きすぎてしまう人もいるのです。

レビトラが効かない

レビトラが効かないなんてことありましたか?

これはレビトラに限ったことではありませんが、ED治療薬を飲んでも効かないという意見を口コミやレビューサイトでチラホラ見かけたことがあります。

では、なぜこのようなことが起きるのでしょうか?

レビトラやその他ED治療薬が効かない時の原因や対処法についても少しまとめていきますので、参考にしてみてください。

レビトラが効かない原因

レビトラが効かない原因として、飲むタイミングと飲み方があげられます。

飲むタイミングとして一番ベストなのが空腹時です。レビトラの成分であるバルデナフィルを含めED治療薬の成分は空腹時が一番体に浸透しやすいとされています。

なので、満腹状態で服用しても薬の成分が体にうまく吸収されずに、結果、イマイチな効果となってしまうのでしょう。また、満腹状態以外にも脂っこいものを多く摂取していると脂質が成分の邪魔をして同じように薬の成分が浸透しない可能性がありますので、こちらも一緒に注意しておきましょう。

レビトラが効かない時の対処法

レビトラが効かない時の対処法

上記のことから、レビトラが効かない時の対処法としては、空腹時に服用するのがベストだと言えます。空腹時であれば、身体に余分なものが溜まらず、ダイレクトに成分を吸収できる可能性が高まります。

レビトラを含め、ED治療薬を服用するときは空腹時を狙って飲むのが良いです。世界初のED治療薬であるバイアグラに関しては、その食事の影響が一番強いと言われていますので、満腹状態の場合はかなりの確率で効果を発揮できない可能性があります。

比較的後発品のレビトラやシアリスはバイアグラに比べると食事の影響が少ないとも言われていますが、やはり空腹時に飲んで成分を体に吸収させることが一番効果的なので、この点を忘れずに服用しましょう。

失敗しない飲み方

バイアグラ、レビトラ、シアリスを服用しても効かないと言っていた方、食事のタイミングは間違っていませんでしたか?

失敗しない飲み方としてはここまでの情報を参考にすれば問題なく実践できると思いますが、改めて一旦まとめてみますので参考にしてみてくださいね。

<レビトラはこうやって飲む>

  • ・満腹状態ではなく、できる限り空腹時に飲む。
  • ・お酒(アルコール)を飲み過ぎない。泥酔状態は禁物。
  • ・薬を服用する前には脂っこい食べ物を避けるようにする。
  • ・余裕をもって1時間前を目安に服用する。
  • ・水やぬるま湯など成分がしっかりと溶けて浸透するもので飲む。

人気のレビトラジェネリック

個人輸入通販サイトで人気のレビトラジェネリックです。レビトラと同じバルデナフィル成分を含んでいるのが特徴で、それぞれ異なる製薬会社から販売されています。

基本的にはレビトラと同じ効果が期待できるもので、ジェネリックだからといって効果が劣るという事はありませんし、後発品でも薬の安全性が保障されているので、問題なく服用する事ができます。

レビトラ正規品には10mg、20mgと用量違いがありますが、ジェネリック品はだいたいが20mgの成分量を含んでいるので、効き目が強いと感じた方は錠剤を半分にして服用してみましょう。※薬の多用は禁物です

レビトラが効かない時の情報まとめ

レビトラが効かない時の情報まとめ

さて、ここまでレビトラの商品情報や薬を飲んでも効かない原因・対処法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

レビトラは世界的にも知名度が高く、日本国内ではバイアグラと比較するとネームバリューが劣っているようにも感じますが、海外では多くの男性が使用していますし、正しく服用すればその効果も十分に実感できると言われています。

間違った飲み方や、服用するタイミングなど、ED治療薬はあくまで医薬品だという事を忘れずに正しい用量・用法にてご利用ください。レビトラは病院や専門のクリニックで処方することも可能ですので、通販での購入が不安な方は専門医のお話を聞いた上で処方してもらい、購入するのも1つの手ですよ。

当サイトでは個人輸入通販サイトとして、レビトラをはじめバイアグラ・シアリス、またそれらのジェネリック品を含め多くの医薬品を販売していますので、これを期に個人輸入通販デビューしてみてはいかがでしょうか。

▶ 個人輸入通販で購入できるED改善治療薬(勃起薬)/早漏改善の商品一覧をチェック。

▶ 人気のレビトラ&レビトラジェネリックの商品紹介ページへ。

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加