これで解決!ピラセタムの正しい飲み方をマスターして集中力アップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは集中力記憶力を上げる方法としてなにかやっていることはありますか?

最近、スマートドラッグというキーワードを良く聞きます。スマートドラッグは略してスマドラと言い、集中力や記憶力をアップさせる効果があるとかないとか…。

もし人間の集中力や記憶力を上げることができたら皆頭が良くなるのではないか、そんな疑問を抱きつつ、今回はスマドラについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

★今すぐピラセタム成分を含むスマートドラッグの商品詳細を知りたい。

スマートドラッグって?

スマートドラッグって?

そもそもスマドラってなに?

スマドラとは人の脳の機能や能力を高めたり、認知能力や記憶力を高める薬品や物質の総称の事を言い、正式名称はスマートドラッグ(smart drugs)です。

ドラッグというといイケナイ薬物のような印象もありますが、このスマドラに関してはそのような危険性はなく、基本的には医薬品のみを指しているのですが栄養素やサプリメントや健康食品を含めて総称する事もあるようです。

また、これらの定義と同じ意味でヌートロピックという呼称が多く使用され、海外で販売されているスマドラの商品名にもなっています。

スマドラを日本語訳すると「頭が良くなる薬」「頭をよくする薬」と言い、以下の作用が期待できます。

  • ・脳の神経伝達物質や、酵素・ホルモンなどの神経化学物質の供給を増やす
  • ・酸素供給量を向上させる
  • ・神経の成長を促進させる

また、ヌートロピックは栄養素植物成分(ハーブ、根、豆、樹皮etc)で、一般用医薬品としてドラッグストアで購入可能する事もでき、栄養補助食品として利用されています。

他にもスマドラの一部は認知学習障害、アルツハイマー病、パーキンソン病、酸素欠乏による低酸素症を防ぐ事を目的として処方箋医薬品に分類されるものもあるようです。

ピラセタムの効果とコリン作用

上記でご説明させて頂きましたスマドラの中に、コリン作用性のスマートドラッグというものがあります。

コリン作動薬とは、副交感神経や運動神経の末端から放出され、神経刺激を伝える神経伝達物質であるアセチルコリンやアセチルコリンを使用する神経系の構成要素に影響を与える物質です。

アセチルコリンには、記憶・集中・高等な思考を助ける役割や、アセチルコリンの使用効率を高めることによって、これらの機能を向上させたり、機能がストップすることなく持続時間を延ばしたりできる可能性があるようです。

また、スマドラの元祖と言われているピラセタム(ヌートロピル)は一番多く使用されているスマートドラッグでもあります。

ピラセタムはコリン様作動体でDMAE、セントロフェノキシン、コリン、ヒデルギンと相乗効果があるとしています。脳細胞の代謝とエネルギーレベルを増大させることによって、左右両脳半球間の連絡を活性化させ、覚醒度を増して集中力を高め、記憶力を改善していく効果が期待できます。

神経の再生を引き起こしたり、高齢者に心理的に前向きになるよう手助けしたりする作用も期待できるのがピラセタムです。

ピラセタムとコリン、アセチルコリンについては少し難しいお話しになってしまいましたが、このような作用が期待できるという事を頭の片隅にでも覚えておくと良いかもれませんね。

ピラセタムを購入

ピラセタムを購入

ピラセタムは商品名ヌートロピルとして海外のユーシービー社が製造しています。内容量はヌートロピル1200mg10錠/ヌートロピル800mg30錠の2つのパターンで販売されていて、今現在日本で使用するには個人輸入処方箋で入手するしか方法がありません。

日本国内で処方される場合にも海外の医薬品に比べると値段が高くなってしまうので、主な入手ルートは個人輸入となっています。

ピラセタム成分を含むヌートロピルの主な作用は上記説明してきた通りで、簡単にまとめますと集中力低下・記憶障害・情緒不安定・学習能力低下などに効果を発揮するとしています。

正しい飲み方でないと十分な効果を発揮しません。効き目が薄いからと言って飲み過ぎは禁物です。飲み方使い方は説明書をしっかりとお読みになってからご利用ください。

★個人輸入通販で話題のスマドラ「ヌートロピル」を購入する。

ピラセタムの飲み方

ピラセタムやスマドラ、コリンについては少し難し話もありましたが、すべてのスマドラにおいて言える事は飲み方を間違えるなという事です。

どんな医薬品でもそうですが、飲み方は重要です。間違った飲み方や過剰摂取は体に悪影響を及ぼす可能性が高いです。スマドラも同様で、サプリメントなどとは少し異なるので、医薬品として服用する場合、副作用にも気を付けなければいけませんし、併用してはいけない併用禁忌薬も存在しています。

飲み方だけでなく副作用や併用禁忌にも注意しておく必要がありますので、購入前には注意事項も確認しておくことをオススメします。

集中力を上げる方法

ここまでスマドラを使った集中力アップの方法を紹介させて頂きましたが、もちろん薬だけに頼って集中力をアップさせるのにも限界はあります。

医薬品を使った集中力頭脳アップよりも根本的に習慣づけしたほうが良いことがありますので、こちらも一緒に紹介していきたいと思います。

  • ・1つの事に集中して取り組む
  • ・余計な音を耳に入れないようにする
  • ・時間を区切って行動する
  • ・オリジナルの習慣を決める
  • ・集中できる姿勢や体力づくり

これらの事を意識するだけでも集中力は変わります。また、自分独自の集中力アップ方法を見つける事も大切です。

医薬品にたよって集中力をアップさせる方法もありますが、できる限り自分自身で集中できるような姿勢環境を整える事をオススメします。上記で紹介したピラセタムも予備で購入して飲み方や使い方だけ覚えておく最終兵器的な存在にしておいても良いかもしれませんね。

記憶力を上げる方法

次に記憶力を高める方法も紹介していきましょう。今回はピラセタムの飲み方をメインで紹介していますが、集中力同様に記憶力も自分なりに高める必要があります。

前述していますが、ピラセタム成分ばかりに頼らずに独自の記憶力向上方法を考えておきましょう。

  • ・脳は動かしつつ体を休める
  • ・十分な睡眠をとるようにする
  • ・忘れないように1ヶ月以内には同じことを繰り返す
  • ・寝る前にしっかりとインプットする
  • ・覚えるときに口と手を動かす

ここで紹介している記憶力向上方法はあくまで一例です。これを実践したからと言って100%記憶力が向上する保証はありませんが、1つでも積み重ねる事で記憶力をアップさせることに繋がっていきます。

集中力・記憶力の向上にはそれぞれ自分自身の努力が大切で、ピラセタムなどの医薬品はあくまで補助薬として考えておきましょう。お薬に頼りすぎるのはオススメできませんので、まずは、自分自分の力を最大限に発揮できるように頑張りましょう。

ピラセタムまとめ

ピラセタムまと

さて、ここまでピラセタム成分を含むヌートロピルの飲み方や基本情報、スマートドラッグについて、記憶力・集中力の向上方法など色んな情報を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

勉強や試験、資格、研修など人生のいろんな場面で頭を使うことはあります。これらは何回も繰り返すことで自分なりの学習方法を身につけたり、集中力・記憶力を身につけたりします。

ただ、人によっては医薬品に頼らなければいけない場合や、頼ったほうが効率的にできることもありますので、今回紹介させて頂きましたピラセタムやスマドラについても、今まで知らなかった方は参考情報として覚えておくとためになるかもしれません。

ただし、ご自身の判断で医薬品を使うのは少なからず危険を伴いますので、不安な方は飲み方や使用方法をしっかりと理解し、わからない場合には医者に相談するなどの対策をとるようにしましょう。

★ヌートロピルの使用方法(服用方法)・副作用・注意点をもっと詳しく知りたい。
By 
このエントリーをはてなブックマークに追加