シアリスに含まれているタダラフィル成分の正しい用量と偽造品の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんご存知のED治療薬で有名なシアリス錠。シアリスと聞くと勃起の持ち時間が長い、効果時間が長いというイメージをお持ちの方も多いと思います。

いろんな情報サイトにも最大で36時間の持続力と紹介していますし、当ブログでも一部で同じような記載をしています。

ですが、シアリスの正規品といっても用量に違いがあるのをご存知でしょうか。

シアリスの正規品は1種類のみではありませんし、ジェネリック品を含めるとシアリス系のED治療薬もかなりの数になります。そこで、今回はシアリスの用量やジェネリック品の用量、また、偽造品を間違って購入しないための対策を含めてシアリス情報を紹介していきたいと思います。

シアリスを通販で購入する際に確認しておきたいポイントもまとめていますので、通販で騙されないためにも用量を含め、シアリスの基本的な情報をしっかりとキャッチしておきましょう。

シアリスを通販で購入

シアリスを通販で購入

まず、シアリス通販で購入する際ですが、間違っても偽物を購入してはいけません。正規品ですら正しい用量・用法で使用しても副作用がでる恐れがありますが、偽物を服用した時の危険性は更に計り知れません。

シアリスは有効成分にタダラフィル成分を含んでいるのが特徴で、成分の用量は5mg/10mg/20mgの3段階です。

一部のジェネリック品ではダポキセチンという早漏防止効果のある成分を一緒に含んでいる商品もありますが、基本的にはタダラフィル成分のみです。

仮に、これ以外の成分を含んでいると怪しいという事になりますので、注意しておきましょう。

★個人輸入通販でシアリスの正規品を安心・安全に購入する。

タダラフィル成分について

タダラフィル成分について

タダラフィル成分はシアリスという名称の販売されいているED治療薬で、勃起不全を解消するために使用されています。

ED患者の方たちはシアリス錠をご存知の方も多いと思いますが、タダラフィル成分が陰茎の海綿体平滑筋の緊張を緩める事によってペニスへ流れる血流を改善し満足できる勃起状態に近づけてくれます。

タダラフィル成分は正しい用量・用法で使用しなければ危険です。あくまで医薬品という事をお忘れなく、心臓病や高血圧の方が服用する際には注意が必要です。

なにかしら持病を持っている方は個人の判断で服用するとリスクを伴いますので、かかりつけの医師に確認してから安全にご利用ください。

また、タダラフィル成分そのものにアレルギー反応がある方も服用できません。主な副作用としては頭痛やほてりが多く、稀に視覚異常が現れる事があるようなので、その際には車の運転などは絶対にやめておきましょう。

タダラフィル成分のシアリスに限ったことではありませんが、ED治療薬を服用して、あまりにも体調が優れない場合には、すぐに病院で検査してもらうようにしましょう。

シアリスの正しい用量・用法

シアリスの正しい用量・用法・効果・作用の基本例を以下にまとめてみましたので、ご参照ください。

依存症などはないと思いますが、医薬品ですので、安易に多用・乱用すると体に良くありません。まずは基本的な用量・用法を理解してから服用しましょう。

  • ・5mgを服用した場合、16時間の持続が期待できます。
  • ・10mgを服用した場合、24時間の持続が期待できます。
  • ・20mgを服用した場合、36時間の持続が期待できます。
  • ・腎障害、肝障害の症状によっては10mg以上は服用できません。
  • ・シアリスには血管拡張作用があるため、高血圧・低血圧の方は要注意です。
  • ・1回の服用で1錠までとします。
  • ・2錠目を服用する際には、必ず24時間以上の間隔を空けてください。
  • ▶ シアリス10mgと20mgの違いは?用量で効果・作用も変わる?

シアリスジェネリックの用量

上記で基本的なシアリスの用量について紹介しましたが、ジェネリックの用量って違うのでしょうか?という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

シアリスのジェネリック品は、商品によって成分の用量が異なります。正規品同様にタダラフィル成分のみを含んでいる場合には、だいたいのジェネリックが20mgです。なかなか5mgや10mgのジェネリックは少ないと思います。

また、タダラフィル成分以外にもダポキセチン成分を含むジェネリックもあります。これは元々あるタダラフィル成分のED治療効果に+してダポキセチンの早漏改善効果も期待できるというものです。

比較的新しいタイプのジェネリックで、一部ではハイブリッド薬とも言われています。

いずれにせよ、正しい用量・用法で服用すれば危険性はかなり軽減できますので、正規品同様に安全に服用するようにしましょう。

人気のシアリスジェネリック

シアリスの偽造品に注意

ここまでシアリス正規品の用量やジェネリック品の用量について紹介してきましたが、シアリスの偽造品も同じ成分量を記載している場合があるので注意が必要です。

よくある偽物だと、パッケージが違う、錠剤の形状が違う、色合いが違う、成分量が違う、成分名が違うなどわかりやすい見分けるポイントがあるのですが、巧妙に製造されている偽造品もあります。

一見、まったくわからないのですが、水に溶かしたりするとわかりやすいのが特徴です。これを素人の目で判断するのは正直難しいので、怪しいと思ったら専門のクリニックにもっていって見てもらうのが良いかもしれません。

偽造品だと思ったら不用意に飲まないように注意しておきましょう。

▶ シアリス5mgを通販で購入するのは安全?気になる効果と口コミ情報

シアリス使用上の注意

シアリス使用上の注意

シアリスを服用する上での注意事項としては、少し上記でもまとめていますが、まず、心臓病や腎臓病、高血圧の方などは安易に服用しないようにしたほうが良いです。

また、「ニトロ」と呼ばれている薬との併用も注意が必要です。ニトロ系のおくすりはシアリスの併用禁忌薬に該当する可能性が非常に高いです。

基本的なシアリスの服用方法としては、5mgからはじめて、効果が薄ければ10mg、20mgと調整していきますので、いきなり20mgでも効果は十分に実感できると思いますが、副作用を強く感じてしまったり、体調が優れなくなる可能性も無きにしも非ずですので、覚えておきましょう。

ごくまれにですが、勃起が治まらないという方もいらっしゃいます。「持続勃起症」といって、12~24時間以上継続して勃起している状態は逆に危険ですので、早急に専門の病院・クリニックで診察してもらいましょう。

その他の副作用は商品詳細ページより確認して頂き、シアリスを開封してからはできる限り早いうちに使い切って、高温・湿気の多い場所での保管はしないようにご注意ください。

シアリスはED治療薬という医薬品ですので、注意事項やリスクもありますが、正しく服用すれば、しっかりとその効果を実感できるはずですので、これらの情報を参考にしてから購入して実践してみてください。

まとめ

シアリスに含まれているタダラフィル成分について、服用する際の正しい用量・用法、シアリスの偽造品についていろんなシアリスの情報を紹介させて頂きました。

シアリスについて他のブログでもいろいろと書いて紹介していますが、当サイトで紹介している情報はこれまでED治療薬を服用した方の参考意見や通販での購入データをもとに人気のジェネリック品などを紹介しています。

また、当サイトで取り扱っているシアリスの正規品・シアリスジェネリックは偽造品ではなく、正規のルートから直送していますので、ご安心ください。

ED(勃起不全・インポ)に悩むED患者のために参考になれば幸いです。

▶ 驚異の勃起力!シアリス(cialis)20mgで勃起不全や中折れを改善しよう
By 
このエントリーをはてなブックマークに追加