飲み合わせに注意!シアリスと一緒に服用していはいけない薬について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シアリス飲み合わせ

ED治療薬のシアリスと飲み合わせてはいけない薬があるのをご存知ですか?

ED治療薬のイメージとして、単純にペニスの勃起力が増す勃起薬程度にしか考えていない方も多いかと思います。

ですが、ED治療薬は正規の医薬品ですので、安易な気持で服用すると後々危険が伴う事があるという事を覚えておきましょう。

ED治療薬はこちらで紹介しているシアリス錠をはじめ、世界初のバイアグラ、2番目に開発されたレビトラ、それらのジェネリック品など数多く存在しています。

どんなED治療薬でも少なからず勃起力は得られると思いますが、服用時には飲み合わせが悪い薬がある事を覚えておきましょう。

ネット上でシアリスの情報を調べると、いろんな情報が飛び交っていると思いますが、その中にも併用禁忌薬や飲み合わせの悪い薬という情報があるかと思います。

ここでも、ある程度飲み合わせ・併用禁忌薬の情報を記載していますが、少しでも該当している可能性のある方は専門医やかかりつけの医師に確認してから服用するようにしてください。

シアリスと飲み合わせ

シアリスと飲み合わせ

そもそも飲み合わせって?という疑問をお持ちの方も多いと思いますが、飲み合わせとは単純にシアリスと同じタイミングで飲むという事です。

違う種類の薬を同時に飲むことはあまりないかと思いますが、持病や病気にかかっている方は可能性としてゼロではありません。

また、風邪薬や鼻炎薬などの市販で売っている薬にも危険があるかもしれませんので、成分名などをしっかりとお読みになってから服用するようにしましょう。

どうしても自分が飲んでいる薬とシアリスの飲み合わせが問題ないのか不明な方は、病院でしっかり確認してから併用するようにしてください。

飲み合わせが悪い薬の事を併用禁忌薬とも言い、シアリスの商品説明ページなどにも記載があります。

下記に併用禁忌薬について少し紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてできる限り飲み合わせのリスクを軽減しましょう。

併用禁忌薬について

併用禁忌薬とは上記でも説明している通りで薬同士の飲み合わせがNGなものです。

該当する併用禁忌薬を同時に飲んでしまうと薬の成分同士が合わずに、体調を悪くしたり、副作用を強く感じてしまったりと少なからず薬を服用することのリスクが高まります。

なにげなく飲んでいる市販薬などにもこの併用禁忌薬が該当している可能性があるかもしれませんので、安易に複数の薬を併用しないようにしましょう。

病院でも初診の際に、飲んでいる薬の事や薬に対するアレルギーのヒアリング項目があると思いますが、恐らくこれら併用禁忌薬(飲み合わせ)を気にしての事だと思います。

ED治療薬は医薬品であり、シアリス錠も同様となるのでなんでもかんでも薬を服用してはいけません。

副作用による頭痛や腹痛が強まったとしても市販の薬や過去に病院から処方してもらった薬を勝手な判断で飲まないようにしましょう。

▶ シアリスの併用禁忌薬に注意!薬の成分には悪い組み合わせがある

シアリスと飲み合わせが悪い薬

シアリスと飲み合わせが悪い薬の代表的なものとして、一酸化窒素供与・青酸アミオダロン製剤・硝酸剤各種などがあります。

現在くすりを服用中の方でこれらに該当する薬を飲んでいる方は必ずかかりつけの医師に確認をしてからシアリスを服用するようにしましょう。

また、併用禁忌薬については上記の通りですが、他にも飲み合わせの悪い意外なものがあります。

それがグレープフルーツです。グレープフルーツがいけないのかというと、本当は成分に含まれているフラノクマリンがシアリスと相性が悪いのです。

もちろん、グレープフルーツ以外にもフラノクマリン成分を含んでいる食べものがあるかもしれませんので、十分にご注意ください。

以下に併用禁忌薬・飲み合わせについての情報をまとめてみましょう、

  • ・併用禁忌薬とは飲み合わせの悪い薬のこと。
  • ・シアリスにも併用禁忌薬が存在している。
  • ・併用すると病状の悪化、副作用を強く感じることがある。
  • ・市販薬なども飲み合わせが悪い可能性がある。
  • ・持病を抱えている場合にはED治療薬の服用を専門医に確認する必要がある。
  • ・グレープフルーツに含まれているフラノクマリンも飲み合わせが悪い。
  • ・一酸化窒素供与・青酸アミオダロン製剤・硝酸剤各種も併用NG。
  • ▶ 血圧に異常があるとシアリスは服用できない?ED治療と高血圧まとめ

と、簡単ではありますが、併用禁忌薬・飲み合わせについてまとめてみましたので、これからシアリスなどED治療薬の購入を検討している方は、こちらの情報もぜひ参考にしてみてください。

処方できない人もいる

処方できない人 ▶ 知ってる?クリニックでもシアリスを処方できる人とできない人がいる

ここまででシアリスと併用禁忌薬についての危険性は十分にご理解いただけたのではないでしょうか。

上記のことから、病院でEDの診察をしてもらい薬を処方する際にも処方できない方が出てくる可能性があります。

今かかっている病院や持病の治療にシアリスの併用禁忌薬に該当する薬を扱っていて、そちらの治療が優先となる場合には、専門のクリニックでも処方されない可能性があります。

EDを専門としているクリニックだからといって100%の確率でED治療薬を処方してもらえるかというとそうではありませんので、事前に覚えておきましょう。

病院に行った際に処方できない方の一例として、心筋梗塞・脳梗塞などの治療を直近3ヶ月~6ヶ月以内に実施している方、高血圧・低血圧の方、などは自己判断で併用しないようにしましょう。

勃起不全を解消するには欠かせないED治療薬ですが、体に負担をかけてまで服用しても意味がありませんし、今まで以上に体調を悪くする可能性があります。まずは、自分の体調をしっかりと管理した上でシアリスなど勃起薬を服用し、充実した性行為を行えるようにすることをオススメします。

シアリスを安全に購入

シアリスを病院で処方してもらうには上記の併用禁忌薬に該当していないか、処方するに値する状況の患者であるかという事を踏まえて判断されます。

誰にでも「はい、ED治療薬です。」と処方されるわけではありませんので、ご注意ください。

また、通販サイトでは処方箋や病院のような診断がありませんのでこれらの情報をご自身で知っておく必要があります。知っておかなければ危ないのです。

本来は病院で併用禁忌薬について確認してから服用するのがベストなのですが、人によっては事情により病院に行けない人もいると思います。ネット上の情報がすべて正しいとは言い難いですが、できる限りの情報を手に入れ、安心・安全にシアリスを購入して服用するようにしましょう。

★飲み合わせに該当なし!今すぐシアリスの正規品をチェックする。

オススメジェネリック3選

通販でオススメのシアリスジェネリックです。基本的にシアリスと同じ成分のタダラフィルを含んでいます。

ジェネリックはその効果や安全性を確認された上で販売されていますので、ある程度の安心感はありますが、ネット通販や個人輸入代行サービスを使った通販での購入には危ないサイトもありますので、しっかりと見極めて、できる事なら誰かに確認してもらうようにしましょう。

おわりに

ここまでED治療薬の中でも人気の高いシアリス錠の飲み合わせや併用禁忌薬について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

シアリス錠はED治療薬の中でも、世界的なシェアを誇るほど人気があり、多くのジェネリック品が存在しています。

ネットが普及している現在では偽造してネットで販売している悪徳業者もいますので、ED治療薬を通販で購入しようと思っている方は十分に注意して、正しく安全に勃起薬を購入しましょう。

ED患者様が専用の治療薬であるシアリス錠を服用して、本来の勃起力を取り戻せる事を祈っています。

ペニスが立たない時の対処法は?☞インポの原因と対策

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加