シアリスの併用禁忌薬に注意!薬の成分には悪い組み合わせがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シアリス併用禁忌

シアリスには併用禁忌薬が存在します。皆さんは併用禁忌薬をご存知でしょうか。

普段から風邪薬や鼻炎の薬などを服用しているかと思いますが、薬の多くには併用すると危険な薬や成分が存在します。

風邪を引いたら風邪薬、頭痛が起きたら頭痛薬など、日常的に軽い感覚で薬を服用していると思いますが、併用禁忌薬や副作用などを気にしたことは少ないと思います。

勃起薬であるシアリス錠も医薬品ですので、副作用や併用禁忌薬のような注意点があります。

知らないうちに併用していると更に体調を崩してしまったり、別の症状がでてくる恐れもありますので、日常的に服用する薬に関しては正しい知識を覚えておく必要があります。

今回は、シアリス錠の併用禁忌についてまとめてみたいと思いますので、シアリスを服用中、またはこれからシアリスを購入しようと思っている方はこの点にも目を向けてチェックしておきましょう。

併用禁忌薬について

そもそも併用禁忌薬ってなんでしょうか。

併用禁忌薬とは、いくつかの薬を併用して服用した場合に、副作用が強まったり、薬の作用が弱まったりなど体に良くない影響がでる事で、簡単にまとめると「飲み合わせの良くない薬」の事を言います。

それぞれ薬には何かしらの成分が含まれて構成されていますが、それらの成分にも相性があり、バッティングしてしまうと体に影響がでてしまうのです。

なにも知らないで複数の薬を服用していたり、2つの病気を患っている時にそれぞれの専門科から薬を処方してもらう場合に起こる可能性があります。

持病などで日常的に薬を服用している方は、新しく発症した病気に対する薬を処方してもらう際に、事前に医師に確認をしましょう。

医者や薬専門の薬剤師の方に判断してもらうことによってこれらの併用禁忌薬は避ける事ができます。

シアリスの併用禁忌薬

シアリスにも併用禁忌薬があります。

シアリスの場合には、有効成分にタダラフィルを含んでいますので、タダラフィルの成分と相性が悪い薬を服用してしまうと体調が悪くなったり、副作用を強く感じてしまうことがあります。

シアリスの併用禁忌薬は一般的な情報として硝酸剤があげられています。万が一にも併用してしまうと血圧が極端に下がってしまう恐れがあり、危険性が高まりますので、注意が必要です。

また、ここではシアリスの併用禁忌薬を紹介していますが、バイアグラやレビトラなど他のED治療薬にも併用禁忌薬は存在していますので、シアリスだけが該当するわけではありません。

勃起薬を購入しようと思っている方は、効果効能のみでなく副作用や併用禁忌に関しても覚えておいたほうが良いでしょう。

▶ 飲み合わせに注意!シアリスと一緒に服用していはいけない薬について

シアリスを通販で購入

シアリスを通販で購入

シアリスは当サイトのような個人輸入代行サービスにて購入する事ができます。

シアリスのような勃起薬を購入する前には必ず効果効能や副作用・注意点を確認頂くと思いますが、前述している通り併用禁忌薬も侮れません。

現在薬を服用していない方はそこまで気にする必要ありませんが、なにかしらの病気で薬を服用している方は安易に通販で購入するのはリスクもあります。

事前に医師に確認を取っている、シアリスを以前から購入していて副作用も特にないという方は問題ありませんので、正規ルートで配送されるシアリスを購入して効果を実感しましょう。

★併用禁忌薬を理解した上で、シアリスの正規品を購入する。 ★薬を侮るな!シアリスを服用した後に覚えておきたい副作用のすべて

併用禁忌薬一覧

アイトロール錠 亜硝酸アミル アンタップテープ イソコロナールRカプセル
イソピットテープ 一硝酸イソソルビド錠 カリアントSRカプセル ジアセラL錠
シグマート錠 ニトロール錠 ニトロールスプレー ニトログリセリン舌下錠
ニトロダームTTS ニトロペン舌下錠 ハイパジールコーワ錠 バソレーターテープ
ジドレンテープ 硝酸イソソルビド錠 硝酸イソソルビドテープ ソプレロール錠
タイシロール錠 ニコランジル錠 ニコランマート錠 ニトラステープ
ニトロールRカプセル フランドル錠 フランドルテープ ミオコールスプレー
ミニトロテープ ミリステープ メディトランステープ リファタックテープ

これらがED治療薬シアリス錠における併用禁忌薬の参考例一覧です。

これらの情報は信憑性のある情報サイトから収集して紹介していますので、こちらの情報の限りではありません。

これら以外にも併用禁忌薬に該当する可能性あるお薬もありますので、一番確実なのはかかりつけの医師に服用中の薬の成分を確認したり、シアリスの成分の併用禁忌に該当していないかを確認したほうが良いでしょう。

要注意な薬をご紹介

併用禁忌についてやシアリスの併用禁忌薬についてご説明させて頂きましたが、ある程度参考にはなっていますでしょうか。

また、前述している項目以外にも注意が必要な薬の一例を紹介しておきますので、こちらも併せて確認しておきましょう。

  • 【降圧剤】
    ・エナラプリル、カンデサルタン、アムロジピン、メトプロロールなど。
  • 【CYP3A4誘導剤】
    ・フェニトイン、フェノバルビタール、リファンピシンなど。
  • 【CYP3A4阻害剤】
    ・テラプレビル、グレープフルーツジュース、ケトコナゾール、イトラコナゾール、クラリスロマイシンなど。
  • 【α遮断薬】
    ・ドキサゾシン、テラゾシンなど。
  • 【HIVプロテアーゼ阻害剤】
    ・サキナビル、ダルナビル、リトナビル、インジナビルなど。

以上が注意したほうが良い薬の一例です。この中でも少し気になるのがグレープフルーツジュースですね。

意外にもグレープフルーツジュースが入っているのですが、実はグレープフルーツにはED治療薬と相性の悪いフラノクマリンという成分が含まれています。

なので、シアリスを含むED治療薬とグレープフルーツは併用しない方が良いという事だけ覚えておきましょう。

お酒を飲んでいる方は、酔っぱらってもその事だけは忘れずに、間違っても生グレープフルーツサワーなど頼まないように注意してください。

オススメのシアリスジェネリック

当通販サイトでも人気のあるシアリスジェネリック一覧です。

ジェネリックも基本的にはシアリスと同じタダラフィル成分を使用していますので、併用禁忌薬も同じものが考えられます。

ED治療薬のジェネリック品は海外製のものがほとんどですので、細かい併用禁忌までは確認が難しいので、購入したあとにどうしても不安なった場合には専門医に相談してみると良いでしょう。

シアリスジェネリックでもタダラフィル成分と他の成分を併せて製造されているものもありますので、商品詳細の有効成分欄をしっかりと確認しましょう。

まとめ

併用禁忌薬まとめ

ここまでシアリスの併用禁忌薬について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

併用禁忌薬を甘く見ていると、実際に自分が間違って併用してしまった際に、症状が悪化したりして体調を崩すことがあります。

ED治療薬を服用している方、これから服用する予定のある方は他人事と思わずにこれらの危険性をしっかりと把握した上で、ED治療薬を服用するようにしましょう。

少し難しい話やわかりにくい部分もあり、シアリスなどの勃起薬に対して抵抗が出てしまったかもしれませんが、基本的には正しく服用していれば問題ありませんので、専門医に相談しながら服用するか、自分自身で問題ないという確証がある方はぜひ、勃起薬の効果を実感してほしいと思います。

シアリスの主成分「タダラフィル」は他のED治療薬とどう違うのか?
第三のED治療薬として認知されているシアリス錠。男性の夢の薬として一番最初に開発されたED治療薬のバイアグラに比べて、食べものによる薬の効き目が弱まるという影響...
By 
このエントリーをはてなブックマークに追加