効果のある禁煙補助薬の種類は?タバコを止めたい方必見の禁煙方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
禁煙補助薬

さて、今回は禁煙補助薬についてです。

タバコを吸っている方にしかわからないと思いますが、毎日タバコを吸っているニコチン依存症の方が禁煙するのって本当に難しいです。

ヘビースモーカーの方なんかは、よほどのことが無いとやめられないと思います。

正直1日でもタバコをストップするとソワソワしたり、落ち着きがなくなったりもしてきます。それほどタバコへの依存症って怖いのです。

体にも悪影響ですし、無駄にタバコの種類も多いし…。できる事なら吸わなければ良かった…。なんて思っても後の祭り。それなら今後どうやって禁煙していくかを考えるべきです。

禁煙外来、禁煙補助薬などいくつかの禁煙方法がありますので、ここでは禁煙方法からオススメの禁煙補助薬まで紹介したいと思います。

禁煙補助薬とは

タバコを吸っている方が禁煙するのを手助けする薬の事を言います。

禁煙補助薬は、習慣づいた喫煙をやめるために使用され、ニコチンを含んでいるガムやパッチ、飲み薬などがあります。

ニコチンを含んでいるガムなどを唾液から摂取したり、パッチを体に貼り付けてニコチンを摂取する事でタバコの本数を減らしたり、ニコチンが欲しいと思う欲求を徐々に減らしていきます。

禁煙方法の種類

上記で少しご説明していますが、禁煙方法も人によって異なります。実際にどんな禁煙方法があるのか、さらに細かく禁煙方法の種類や方法をまとめてみましたので参考にしてみてください。

<禁煙外来でタバコをやめる>

・まずは禁煙外来に相談。一番期待できる禁煙方法かもしれません。なんせ専門家に禁煙方法を教えてもらうのですから。正式な禁煙外来は保険も適用され、医師による身体や精神的な面のサポート、禁煙補助薬の処方などタバコをやめる手伝いをしてくれます。
<ニコチンガム>

・ニコチンガムも比較的有名な禁煙方法だと思います。単にニコチンが含まれているガムを食べてタバコへの欲求を緩和し、徐々に禁煙していこうというものです。唾液からニコチンを摂取しているので、ある程度緩和されるかもしれません。ニコチンガムでも種類があります。実際にニコチンガムで禁煙に成功している方もいますので一度試してみるのも良いですね。
<ハーブタバコを使う>

・ハーブタバコ(ハーブシガレット)を知らない方って意外と多いです。ニコチンを含まないタバコで原料がハーブになっています。違法ドラッグなどではありません。ニコチンによる依存性がないというだけで害はあります。依存を減らすためには役立つかもしれませんね。少々お値段が高いのであまりオススメできる禁煙方法ではないです。
<ニコチンパッチで禁煙>

・ニコチンパッチにも種類がありますが、パッチタイプは身体に直接貼ってニコチンを摂取するようなイメージです。口からタバコを咥えずに皮膚から体内に摂取、ニコチンが摂取できない禁断症状は回避できる可能性が高く、パッチで禁煙に成功した方もいます。
<禁煙ワクチンを接種する>

・あまり認知されていない禁煙方法ですが、禁煙用のワクチンを接種します。この禁煙ワクチンを接種するとタバコを吸ったとしてもニコチンが脳まで達しないようです。なので、タバコを吸ったとしても特に満足しないで、タバコを吸う必要性がなくなるのだとか…。これは実際に試してみないとわかりませんね。
<電子タバコ・パイポ>

・ニコチンやタールを含んでいない電子タバコです。電子タバコお一時期ブームがあり、いろんな種類の電子タバコが販売されていましたが、実際はそこまで効果がない?とか…。タバコに比べると味もまずが煙は出るという事で多少気分を紛らわす事はできますが、結局タバコに戻る人も多いようです。禁煙にほとんど成功していてお口が寂しい方くらいにオススメですね。
<IQOS(アイコス)でタバコをやめる>

・アイコスは正直タバコのようなものですが、本来のタバコに比べると有害物質が9割も軽減されているようです。また、充電なども必要になるので、連続で何本も吸うことがなく本数を減らすにも有効です。種類は少なく販売当初から人気がありネットでしか購入できない状況が続いています。
<自力で禁煙>
・正直、一番難しいと思います。これはどこまで自分の身体に気を使っているか、気合と根性が試されます。禁煙すると言ってできていない人を何人も知っています。よほど強い意志がないとまず無理でしょう。自力で禁煙に成功した方は尊敬に値いしますね。

禁煙補助薬の種類

禁煙補助薬の種類

禁煙補助薬の種類は主に3つです。

メインが3つの種類ですが、その中でも禁煙補助薬の種類は細かく分かれていきます。簡単いうと商品名称が違うなどです。

3つの種類に関しては、主にニコチンパッチ・ニコチンガム・飲み薬があります。

禁煙補助薬についてもそれぞれの特徴、方法、メリット、副作用などを簡単に紹介していきましょう。

◆ニコチンパッチ

ニコチンを皮膚から摂取するタイプの禁煙補助薬で医療機関や薬局などの市販でも購入できます。毎日1枚を体に貼るだけの簡単使用が一般的で、副作用としては皮膚が赤くなってしまうこともあります。毎日ハードな運動をする方にはオススメできません。

◆ニコチンガム

ニコチンを口の中から摂取するタイプの禁煙補助薬です。薬局や市販での販売や通販bでも購入できます。タバコが吸いたくなった時に嚙むことでxタバコへの欲求を軽減し口の寂しさもなくなります。副作用は口が少しピリピリするなどがあります。

◆バレニクリン(飲み薬)

保険適用の禁煙外来で処方される飲み薬です。処方箋が必要となり、自分で禁煙に失敗した方が最終手段として禁煙外来に行きます。服用するだけで禁断症状の緩和やタバコの満足感なども感じる事ができるようです。副作用は便秘や頭痛などが報告されています。

オススメの禁煙補助薬

ニコチン依存症とは

ニコチンとはタバコに含まれている依存性の物質で、ニコチン依存症になってしまう事=薬物依存症の1つにかかっているという事です。

ニコチンは依存性の強い薬物で、それを接収しやすいように商品化されたのがタバコです。ニコチン依存症は精神疾患であり、精神医学でも依存症と認められています。

タバコを吸う人がリラックスできたり、ストレスの緩和に必要としているのはニコチンの作用が効いていて、タバコを吸うことにより一時的に離脱症状を緩和している状態ともいえるのです。

ニコチン中毒・タバコ中毒・喫煙中毒などを総称してニコチン依存症です。

禁煙による禁断症状

禁煙による禁断症状

禁煙をするとしばらくしてから必ずと言っていいほど禁断症状がでてきます。

イライラする、寝付けない、ソワソワする、集中できないなどの症状です。もちろん人によってことなりますが、これを緩和するためにタバコを吸ってしまうのです。

ですが、禁煙に成功することで得られるメリットもあります。

皆さんがどこまで自分を抑えて我慢できるかで今後の体調にも大きく影響してきますので、改めて禁煙する事により得られるメリットを知っておきましょう。

禁煙する事のメリット

  • ・目覚めがよくなる
  • ・肌の調整がよくなる
  • ・歯にヤニがつかなくなる
  • ・口臭(タバコの臭い)が改善される
  • ・イライラやソワソワがなくなる
  • ・タバコ代が節約できる

おわりに

ここまで禁煙補助薬の種類や禁煙方法の種類についてメインで紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

将来の事を考えると禁煙はとても大切なことです。タバコを吸う人より吸わない人のほうが圧倒的に体は健康と言えます。

ただ、進んでタバコを吸っている方、健康面を気にせずタバコを吸い続けたい方は無理してやめる必要はないと思います。

ここでは、禁煙をしたい方向けの情報を紹介させて頂きましたので、禁煙する事のメリットを思い出して、少しでも禁煙に向けて出発してもらえたら幸いです。

★通販で人気のチャンピックス錠/禁煙薬/禁煙サプリの商品一覧ページへ
By 
このエントリーをはてなブックマークに追加