汚い肌は絶対イヤ!ニキビ跡の治し方をマスターして美肌を目指す!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

困ったニキビの跡…。特に顔にできたニキビって目立ちますし性の美を邪魔する天敵でもあります。もちろん、女性のみでなく男性にもニキビはできますし、最近では美意識の高い男性も増えていますので、ニキビ跡は何とかして治したいですよね。

今回はニキビ跡の治し方というお題の元、ニキビ跡はどのようにすれば消すことができるのか?その治し方に迫りたいと思います。

ニキビ跡で悩んでいる女性、男性の皆さん、ぜひ一度チェックしてみてください。

ニキビ跡に関してはいろんな情報が飛び交っていて、改善方法・治療法・消す方法・治し方など表現もさまざまです。ここでは総称して「治し方」という表現をさせて頂きます。

通販で人気のニキビ治療薬

ニキビ跡について

ニキビ跡は肌にできた傷・炎症・シミなどの総称です。少し回りくどい言い方ですが、ニキビが原因で残る傷跡のようなイメージです。

ニキビに限らず、体のどこかしらを怪我した跡って残りますよね?これと同じ現象がお肌にも起こっているんです。

ニキビは思春期から徐々に出始めて人によってニキビの種類が異なり、お肌が落ちついた後でも跡が残ってしまったり、大人になっても治らない人もいます。

ですが、最近ではニキビ跡を消す美容技術も発達してきましたので、今まで諦めていたニキビ跡を改善する事もできます。

もちろん、どんなニキビ跡でも100%消すことが可能と言うわけではありません。ニキビ跡の種類によっても異なりますので、まずはニキビ跡の種類について覚えましょう。

ニキビ跡の種類

ニキビ跡の種類

ニキビ跡にはどんな種類のものがあるのか、ニキビを経験したことのある方なら一度は調べたことがあるかもしれません。

ニキビが出ている時にはニキビを緩和する事に悩み…。ニキビが治ったと思ったらニキビ跡が気になったり…。なかなか肌に関する悩みは絶えません。

ここでは、ニキビ跡の種類をまとめていますので、1つずつしっかり確認してみてください。

赤みのあるニキビ跡

赤みのあるニキビに関しては、一番メジャーかもしれません。

ニキビが発症した段階は赤みが合って膨らんでいる状態ですが、これが少し落ち着き平らになって赤みが残ってしまいます。

ニキビ跡に関しては肌の奥にある真皮層付近に炎症が残って、炎症が酷すぎてうっ血が残っている状態です。早い段階で治療しないとシミなっていく可能性もあります。

茶色い色素沈着のニキビ跡(シミ状態)

ニキビの跡が茶色くシミのような状態になっている場合です。

ニキビが潰れたことによる原因が多いですが、ニキビしている状態で外出し、ニキビが日焼けしてしまうことによってもシミが残る原因となります。

紫外線はニキビには関係ないと思っている方はご注意ください。

凹凸が残るタイプのクレーター状ニキビ跡

このタイプのニキビ跡が一番厄介です。

通常の赤みやシミなどのニキビ跡と違い、皮膚の奥のほうまでダメージがある状態です。

この状態になってしまうと、なかなか自宅で1人で改善するのが難しくなってきま。

その場合には早めに皮膚科に相談して治療を進める事をオススメします。

ニキビ跡の治し方

ニキビ跡の治し方

ニキビ跡の治し方についてですが、いくつかの方法があります。

また、これらの方法で100%消えるとは言い切れませんので、あくまでニキビ跡の治し方の1つとして覚えておきましょう。

まず、ニキビの種類として大人ニキビ・思春期のニキビに分かれます。

大人ニキビに関しては、お肌のバリア機能が低下してしまうことによるニキビの多発によりお肌の治癒能力が低下し、なかなか治しにくい状態になってしまいます。この場合は早期治療をすることが大切です。

思春期のニキビに関しては、まだ発達していない毛穴に角質が詰まることでできてしまいます。

この思春期のニキビに関しては、思春期に起きる現象の1つですが、ここでの正しいケアや治療ば後々大切になってきます。

赤みが残るニキビの改善・治し方

一般的に一番多い印象のある赤みが残るタイプのニキビですが、これの治し方は正しいスキンケアをしっかりと継続する事が一番有効と言えます。ただしどんな美容液でも良いというわけではなく、ビタミンC配合の化粧水を使用すると良いでしょう。

ビタミンCは高い抗酸化(こうさんか)作用を持ち、酸化されたメラニンを還元して肌の色をもとに戻す効果が期待できるのです。

茶色い色素沈着のニキビ改善・治し方

このタイプのニキビ跡に有効なのが角質ケアです。ハイドロキノンという成分を含む美容液・軟膏を使用します。

また、色素沈着のニキビ跡に関しては肌のターンオーバーが正常であれば、メラニンは徐々に排出されます。数年かかることもありますが、なにもしなくても徐々にニキビ跡やシミがなくなった記憶もあるのではないでしょうか。

1点注意が必要なポイントとしては、シミやニキビ跡が消える前に日焼けをしてしまうとニキビ跡も消えにくくなります。若いころはあまり気にしなかった日焼けですが、歳を重ねる事によって肌の入れ替わりも鈍くなりますので、早いうちからケアしておくことをオススメします。

病院でニキビ跡を治療

病院でニキビ跡を治療

ここまではニキビ跡の種類や基本的なニキビ跡の治し方を紹介してきましたが、病院でニキビやニキビ跡を治療する場合にはどのような方法があるのか?

気になる方もいると思いますので、簡単に紹介してみましょう。

病院やニキビ専門のクリニックで治療する場合には、ピーリングケア・レーザー治療・LED治療・イオン導入・ヒアルロン酸注入などの方法があります。

もちろんこれらの治療方法もニキビ跡の原因や症状によって使い分けていきます。

いかがでしたか?スキンケア商品を使った治し方なら自宅でも簡単にできそなイメージがありますよね、まずはできる事から始めてそれでも改善しない場合には専門クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

ニキビ跡になる前に治療薬でニキビを治す

ニキビ跡を消す方法に関してはだいぶご理解いただけたのではないでしょうか。

ですが、そもそもニキビ跡を気にするくらいならニキビの時点でしっかりケアして治したほうが良いと思います。

最近は通販サイトでもニキビ治療薬の人気が高まり、ダイエット薬で有名なゼニカルに加えて、ニキビ治療薬を通販で購入する女性が増えています。

通販で人気のニキビ治療薬を厳選してまとめてみましたので、ぜひチェックしてみてください。

ニキビ跡に関するまとめ

ニキビ跡の治し方やニキビにオススメの治療薬に関していかがでしたでしょうか。

今まではニキビをあまり意識していない方もいたかと思いますが、放置してしまうとニキビ跡は後々お肌に影響が出てきます。

せっかく若いころは綺麗なお肌をキープしていたのに、歳を重ねたことで汚くなるのは嫌ですよね?どうせなら死ぬまで綺麗でいたいと思います。

ニキビは治療薬で徐々に治していって、ニキビ跡に関しては上記で紹介している治し方、毎日のセルフケア、予防、その他お肌のお手入れでしっかりと綺麗にしておきましょう。

自分のお肌は自分で守るしかないので、今現在ニキビで悩んでいる方は生活習慣や睡眠時間など基本的な事も見直してみると良いでしょう。

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です