プレマリンを飲み忘れたらアウト?更年期障害に悩む女性は見逃すな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プレマリン

更年期障害に悩む女性必見の情報を紹介します!

40歳以降から徐々に出始めると言われている更年期障害。一体どんな症状なのか、更年期障害は治らないのか?40歳以降の男女なら一度は気にしたことのある更年期障害とその対策用のお薬として女性に人気のプレマリンについてまとめていきたいと思います。

今回は男性の更年期障害は一旦保留にして、女性向けの情報を紹介していきます。通販で人気の女性ホルモン剤やプレマリンを飲み忘れた場合の対処方法などを紹介しますので、ぜひご参照ください。


クスリグラは、更年期障害のお薬も局留め対応を行っております。

更年期障害であることが周りにバレたくないとお考えの方が、お届け先を局留めで選択されています。

また、中身の見えない梱包で、商品名の記載を行わずに医薬品をお届けしておりますので、家族にばれる心配はありません。

更年期障害を、周りにバレずに解消できるのは通販サイトクスリグラだけです。

更年期障害って?

そもそも更年期障害ってなんなの?どんな症状が出てくるの?と思う女性も少なくないと思います。先輩や上司からそういった話は聞くものの実際に年を重ねてみないとわかりませんよね。

更年期障害の症状を簡単お伝えしますと、年齢による体のガタといったところでしょうか。肩こりや息切れなどは特に年齢を重ねる事につれて症状として出やすくなってきます。他にも更年期障害の一例をまとめてみましょう。

  • ・自律神経失調症の部類に入る「動悸・血圧増減・腹痛・微熱・ほてり・多汗・耳鳴り・疲労感・息切れ・しびれ・生理不順」などがあります。
  • ・吐き気・嘔吐・下痢・便秘などの消化器系の症状。
  • ・肩こり・関節痛などの筋肉や運動器系の症状。
  • ・不眠・めまい・うつ状態などの精神的に起こる症状。
  • ・その他、ストレスを抱えやすい、燃え尽き症候群、五月病に類似している空の巣症候群(からのすしょうこうぐん)

主にこれらが更年期障害の女性に起こりやすい症状一覧です。

ここに記載している症状をみて当てはまるものはありましたか?少しでも思い当たる症状があるのであれば、アナタは更年期障害になっているかもしれません。

体の症状は気を付ければある程度緩和できると思いますが、精神的な部分は一度なってしまうとなかなか抜け出せない事もありますので、甘く見ないようにしましょう。

プレマリンを通販で購入

プレマリンを通販で購入

<プレマリン(premarin)1.25mg/0.625mg>

プレマリン(premarin)は女性ホルモンであるエストロゲンを補充するホルモン剤で、アメリカのファイザー社が開発しています。このホルモン剤で加齢により減少する女性ホルモンの補完を行い、更年期障害の予防を行います。女性ホルモン減少により起こる症状が(動悸やうつ、乳房の萎縮、排尿障害など)発症したときは一時的にでもプレマリンを服用しておきましょう。

★更年期障害に効果的なプレマリン 1.25mg/0.625mgを通販で購入する

女性ホルモン剤のプレマリンの効果

プレマリン(premarin)は、女性ホルモンの急速な低下などによる更年期障害に効果的なお薬です。

人によって症状はさまざまで、その症状の度合いも異なります。症状を強く受けてしまう女性には本当に辛い症状となります。

プレマリンは女性の卵胞ホルモンを補強するための薬で、結合型エストロゲンという成分が含まれています。

低下した女性ホルモンを補うことで肩こり、腰痛、不眠などの更年期障害における症状を緩和することが出来るのです。

卵胞ホルモンに働きかける薬はエストロゲン薬とも言われていて、女性ホルモン補充療法として使用される事も多く、骨量増加と骨折を予防する効果が世界的に認めらている唯一の女性ホルモン薬としても有名です。

プレマリンの飲み方・使用方法

プレマリンの飲み方は基本的に1日に1錠をタイミングをみて服用します。症状や場合によっては2錠を服用する事もありますが、基本的に摂取する量は成人で1日0.625~1.25mgとしていますが、機能性子宮出血又は腟炎に関しては、1日0.625~3.75mgを経口服用をするといった目安もあります。

このあたりの細かい服用方法に関しては、専門の医師に確認をしたうえでご利用頂くのが一番安全です。

プレマリンの副作用・注意事項

副作用・注意事項

副作用に関しても人によって受けやすい受けにくいがありますが、一般的に多い症例として報告されているのが、乳房痛、吐き気、むくみ、予定外の出血などです。

ただ、副作用に関しては徐々に治まってきますので、様子をみながら専門医と相談して薬を服用していきましょう。

また、閉経後の女性が長期間服用し続けた場合、子宮内膜癌や乳がん・血栓症のリスクが高まる可能性もあるとされています。

その他妊娠中の女性や肝障害を患っている方は、原則使用しないでください。プレマリンの使用可否は必ずかかりつけの医師に確認してください。

プレマリンを飲み忘れたら

さて、ここで本題のプレマリンを飲み忘れたらどうする?という疑問に関してですが、結論を申しますと飲み忘れてもそこまで問題はありません。

ただ、基本的には継続して服用する事で毎日安定した女性ホルモンを摂取し、体調を整えていきますので、できる限り飲み忘れはないようにしましょう。

もしも、プレマリンを飲み忘れてしまった場合には、焦らずに気づいたタイミングで服用しましょう。次に服用するタイミングと近い時には、1回分は飛ばしましょう。

飲み忘れたからと言って短時間に連続で服用したり、焦って飲み忘れた分を取り戻そうと1回に2錠服用するなどは絶対にやめましょう。

もし、飲み忘れたことで不安に思う事があるようでしたら、勝手に薬の量を調整する前に専門医に相談する事をオススメします。

プレマリンとデュファストン

プレマリンとデュファストン

プレマリンは卵胞ホルモンを補う女性ホルモン剤ですが、これに対してデュファストンという黄体ホルモンを補う女性ホルモン剤もあります。

生理不順や妊娠を希望している女性などは基本的な女性ホルモンが足りていない可能性もあります。

その場合、今回紹介させて頂いたプレマリンの服用に加え、デュファストンも併用して服用する事で、ホルモンのバランスを整えていきます。これを「カウマン療法」と言います。

排卵を直接誘発させる作用ではありませんが、不妊治療をしている女性の多くが実施している療法で、規則的な月経周期、排卵周期を取り戻すことや、卵巣機能不全の長期化によるホルモン欠落症状の改善等を目的としているお薬です。

デュファストン(duphaston)とは

デュファストン(duphaston)は、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンを補強する薬です。

ジドロゲステロン成分を含んでいるのが特徴で、主に生理不順の調整や流産・早産の予防をする時に使用されています。

副作用には乳房が張る、乳房痛、予定外の出血などの症状に加え、むくみ、体重増加などの報告例もあります。

少量短期間の使用であれば、赤ちゃんへの影響も基本的にはないとされています。

更年期障害にオススメの薬

ここまでプレマリンという女性ホルモン剤について紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?更年期障害に悩む女性のためになりましたか?

更年期障害にはプレマリンをオススメさせて頂きましたが、薬ばかりに頼らず、自分の体調管理や生活習慣なども一緒に見直すと良いでしょう。

また、現在プレマリンを服用中の方は飲み忘れても焦らず落ち着いて対処しましょう。飲み忘れたからと言ってすぐにどうこうなるという事でもないですが、その誤った対処法として多用し過ぎると危険ですのでご注意ください。

更年期障害に悩む女性の1人だけでもこの情報が役に立っていることを願っています。

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加