避妊薬は通販で購入するのが主流!?誰にもバレずに避妊薬を買おう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通販で避妊薬が売れている事をご存知でしょうか?

だいたいの方が病院で処方してもらっていると思うのですが、数年前からネット通販の規模も拡大し、最近では通販サイトや個人輸入で避妊薬を購入する女性が増えています。

「え?避妊薬って通販で購入できるの?」と思う女性も多いと思うのですが、通販では病院で処方されていない避妊薬など多くの医薬品を取り扱っているのです。

今回は通販で購入できる避妊薬(低用量ピル)について紹介します。

 

通販できる避妊薬

通販できる避妊薬についてですが、そのほとんどが海外医薬品です。海外では日本の病院で処方できない医薬品やサプリメントなどが一般的に販売されています。

日本で厚生労働省の認可をもらいにくい薬でも海外ではごく普通に市販・薬局等で販売されているのです。

通販サイトによって取り扱っている避妊薬の種類は多少異なる部分もありますが、だいたいが同じような避妊薬を販売しているので、少し紹介していきましょう。

通販サイトおすすめ!避妊薬ベスト3(低用量ピル)

トリキュラー(triquilar)

【トリキュラー(triquilar)】

トリキュラー(triquilar)は毎日継続して服用する低用量ピルです。正しく服用すればほぼ100%妊娠を回避することができる避妊薬で医療機関でも処方されることが多いため、通販でも人気です。生理痛・貧血・生理不順の改善、更年期障害予防・子宮がん予防などの改善にも大いに期待が持てる治療薬なのです。

★トリキュラー(triquilar)を通販で購入する


ジネット35(ginette)

【ジネット35(ginette)】

ジネット35(ginette)は継続的に服用することで避妊効果のある低用量ピルで、ダイアン35のジェネリック医薬品です。男性ホルモンの抑制と女性ホルモンの増加を行うことでホルモンバランスを調整させ、それにより避妊効果があるだけでなく生理不順や重い生理痛を改善し、女性特有のガンや更年期症状の予防にも効果があります。

★ジネット35(ginette)を通販で購入する


オブラルL(ovrall)0.15mg+0.03mg

【オブラルL(ovrall)0.15mg+0.03mg】

オブラルL(ovralL)は2つの有効成分が配合された経口避妊薬で、ホルモン量を抑えた低用量ピルです。低用量ピルであるオブラルL(ovrajL)を生理周期に合わせて服用することで、女性ホルモン増加させ作用をコントロールする役割もあります。

★オブラルL(ovrall)0.15mg+0.03mgを通販で購入する

通販できる避妊薬

通販で購入できる避妊薬にもいくつかの種類があります。

まず、意外と知らない女性も多いのですが、ピルと言っても複数の種類があります。

高用量ピル・中用量ピル・低用量ピル・アフターピルに分けられ、それぞれ多少の用途が違ってきます。

高用量ピルは言ってしまえば一昔前の避妊薬で、副作用が少し強めのピルです。それが徐々に改善されていき、副作用も少なく安定して服用できるようになったものが中用量ピル、低用量ピルなのです。

最近は低用量ピルが主流ですが、避妊目的ではなく生理不順の安定などを目的としている女性は中用量ピルを服用している事もあります。

アイピル(i-pill)

また、アフターピルに関しては、緊急避妊薬と言い性行為の後に服用するタイプの避妊薬です。

万が一、性行為の避妊に失敗しても性行為による膣内射精から最大で72時間以内に服用する事で妊娠のリスクを大幅に軽減する事ができる避妊薬です。

★通販で人気のアフターピル「アイピル(i-pill)1.5mg」の詳細を見る

避妊薬の買い方

避妊薬の買い方

避妊薬の買い方に関しては、上記である程度紹介していますが、主流は通販サイトでの購入と病院での処方です。

大きな違いとしては販売価格(費用)・待ち時間・検診料などがあげられます。販売価格に関してはそこまで極端に違うわけではありませんが、通販サイトのほうが安く取り扱っている印象があります。どの避妊薬もだいたいは2,000~3,000円台で購入できます。

また、待ち時間に関しては病院で処方してもらう場合です。ピルを取り扱てっていない病院(産婦人科)もありますので、どうしても取り扱っている病院は込み合っています。数時間待たされることもありますので、忙しい女性は面倒かもしれません。検診料もかかるので、総合的な費用で見ても通販の方が安く購入できるメリットがあります。

価格・早さで見ると通販サイトが圧倒的にオススメですが、どうしても安心感が欲しい・説明が欲しいという女性は病院に行くことをオススメします。

低用量ピルとアフターピルの違い

低用量ピルとアフターピルの違いは簡単です。どちらも避妊薬には変わりないのですが、少し使用用途が異なるという事です。

低用量ピルは毎日継続的に服用する事で妊娠を避け、その他にも生理不順やホルモンバランスの調整などの役割があるのに対して、アフターピルは緊急避妊薬ですので、日常的に避妊をしていない女性が性行為時に避妊に失敗した場合、緊急用として服用します。

コンドームが破けてしまったり、強制的に膣内射精されてしまったりと、女性として望んでいない妊娠の可能性がある場合には、アフターピルを服用します。

アフターピルに関しては、緊急時に備えてバッグの中に1錠常備しておいても良いかもしれませんね。

避妊薬の意外な効果

避妊薬の意外な効果

避妊薬を妊娠を防ぐためだけのお薬だと思っている女性は多いと思います。

生理が落ち着かない(生理不順)女性は産婦人科で相談して避妊薬を処方してもらったりもするのですが、一般的なイメージとしては妊娠防止薬という印象だと思います。

ですが、避妊薬にはいろんな効果が期待できます。特に低用量ピルに対してですが、生理不順・貧血・生理痛・更年期障害防止・子宮がん防止・ホルモンバランスの調整など、100%防げるというものでもないのですが、避妊薬を毎日定期的に飲み続ける事で女性ホルモンを体内に摂取し、体が安定しやすくなります。

生理不順や貧血が多い女性は市販の薬で対処するのも良いですが、1回は産婦人科の先生に相談してみると良いでしょう。

避妊薬の個人輸入について

冒頭でも記載していますが、通販サイトで取り扱っている避妊薬はだいたいが海外医薬品です。

海外医薬品という事は輸入して個人宅へ配送しています。通常、海外の医薬品を購入する場合は自分自身で海外のお薬を購入し、税関を通して自宅に配送されてきます。

でも、正直個人輸入って手間ですよね?個人間のやりとりですし、海外の医薬品なんて少し不安と思う方も少なくないと思います。

そんなときに便利なのが個人輸入代行サービスです。個人でやり取りする手間が省けますし、輸入代行業者がすべての手続きを代行してくれるので、安心できます。ネットショッピング感覚で商品を選んでから購入。あとは自宅に到着するのを待つだけです。海外からの配送なので早くて1週間程度見ておけばよいでしょう。

ただ、稀に輸入代行サービスを装った悪質なサイトもありますので、十分にご注意ください。そのようなサイトを見かけたら自分の為、他の人が騙されない為に通報してあげましょう。

最後に

避妊薬を通販で購入する際のポイントや買い方などはご理解頂けましたでしょうか?

もちろん、ここでの情報がすべてではありませんが、生理不順でお困りの女性、妊娠を望んでいない女性には多少なり役立つ情報をお届けできていると思います。

男性との性行為は2人の気持ちがしっかりとマッチして充実したものにしたいですよね?わざわざ男性に避妊薬の使用を打ち明ける必要はありません。女性は自分の体を守ることが第一です。ぜひ、これらの情報を参考にしてみてください。

<当通販サイトで取り扱っている避妊薬をご紹介>

loette

ロエッテ 0.10mg+0.02mg

\3,330(税込)

yasmin

ヤスミン 3mg+0.03mg

\3,610(税込)


femilon

フェミロン 0.02mg+0.15mg

\3,450(税込)

novelon

ノベロン 0.15mg+0.03mg

\2,970(税込)

triquilar

トリキュラー

\2,040(税込)

diane35

ダイアン35 2mg+0.035mg

\2,750(税込)


ginette35

ジネット35 2mg

\3,420(税込)

ovrall

オブラルL 0.15mg+0.03mg

\3,130(税込)

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加