AGA治療効果は本当に出る?AGA治療の費用や治療の流れを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はAGA治療薬についてです。

男性型脱毛症と言われているAGAですが、皆さんはどの程度理解していますか?「そもそもAGAってなに?」と思っている方も少なくないと思います。

AGAにはいろんな治療方法がありますが、薄毛や抜け毛の専門クリニックに行くのって正直恥ずかしいですし、治療しても本当に効果があるのかも定かではありません。

ですが、そんなことよりも髪の毛が薄いままの方が恥ずかしくありませんか?

ここではAGA治療の具体的な流れやクリニックで通院した際の費用などの情報を紹介していますので、本気で薄毛・抜け毛に困っている男性には必見の情報となっています。ぜひご覧ください。

AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(男性型脱毛症)とは

薄毛や抜け毛という言葉に敏感な男性はほとんどの方が聞いたことがあるかもしれませんが、AGA(エージーエー)とは別名「男性型脱毛症」と言い、基本的には男性に起こりうる脱毛症の症状の一種です。

AGAは「Androgenetic Alopecia」を略したものの総称で、AGA=男性型脱毛症という認識で問題ないので、覚えておきましょう。

主な症状としてはこめかみ付近から徐々に髪の毛が薄くなってきて、俗に言うM字ハゲや若ハゲのような状態になっていきます。また、頭頂部からハゲてくる事もあり、薄毛の進行具合は人によって異なります。

このAGAという脱毛症は思春期を目途に発症する事が多く、進行するタイプの脱毛症で非常に厄介です。放置してしまうとその名の通り徐々に進行して髪の毛がなくなっていきます。

考えられる原因としては男性ホルモンの影響が強いとされ、ホルモンの1つであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに切り替わることで、この進行型脱毛症になっていきます。

また、女性の場合には女性男性型脱毛症と言われ「FAGA」などと略されています。

AGA治療と効果について

AGA治療と言ってもいくつかの方法があります。

そもそもいつからAGA治療などというワードが認知されていったのでしょうか。。

その背景にはAGAの治療に効果的な成分の発見が関わっていると思います。若ハゲに悩んでいる人なら1度は調べたことがあると思いますが「フィナステリド」「ミノキシジル」という2つの成分です。

最近のAGA専門クリニックではこの2つの成分を使って治療するパターンが多いようです。もちろん、クリニックによっては注射器やレーザーを使った治療や、植毛治療などもあります。

AGA治療にかかる費用

AGA治療にかかる費用

AGAの治療方法としていくつかのパターンがある事はご理解いただけたかと思いますが、では実際にAGAのクリニックに行ったとしてどれくらいの費用がかかるのでしょうか?これが一番気になるところです。

実際に薄毛や抜け毛専門の病院に行ったのに費用が高すぎて話にならない…。もちろん100%髪の毛が生える効果があるなら話は別ですが…。

後々後悔しないように事前に下調べしておきましょう。

クリニックによっても異なりますが、大まかな費用の目安としては下記の通りです。

【内服薬治療】

主にクリニックで扱っている薬はプロペシアなどのフィナステリド成分を含むお薬が多く、費用として4,000円台~10,000円台前後が目安となります。

【発毛注射】

発毛注射に関しては安いクリニックでおおよそ1万円程度、高いクリニックですと数万円~数十万円です。

【植毛メソセラピー】

こちらもクリニックや施術する方法によって費用は大幅に異なります。定期的な通院が必要な場合が多いので、費用としては数十万円程度は覚悟しておいたほうが良いかもしれません

少し手間も費用もかかりますが、できる事なら費用が高いクリニックと安いクリニックの両方に相談しに行って比較してみるのも良いかもしれません。

具体的な初期費用・施術費用・通院費用・薬代などをしっかりと聞いてみましょう。「本当に効果があるの?」なんて質問もしてみると良いですね。また、無料カウンセリング実施中などのクリニックには積極的に出向いてみるのがオススメです!

AGA治療の流れ

AGA治療の流れに関してはだいたいのクリニックが同じように感じます。だいたいの流れをまとめてみましたので、参考程度に見てみましょう。

【1】受付や問診表の記入
基本的に事前予約をすることをオススメします。当日は問診表の記入やその他、薄毛や抜け毛の悩みを相談してみましょう。
【2】専門医による問診
記入した問診表を元に専門の先生が髪の毛の状態や薄毛の進行状況など頭皮全体の状態含め健康状態などの問診を行います。この時にできる限り細かく伝えましょう。
【3】カウンセリング&頭皮チェック
問診でお話しした内容を元に頭皮・毛根などのチェックを行い、今後の治療方法や費用などの説明をし、治療に向けて具体的に進めていきます。
【4】AGA治療開始
現状の頭部の写真や血液検査など一通りの検査を行い、内服薬や外用薬の処方と説明などがあります。
【5】通院と処方
1,2か月に1回程度のペースで通院し、薄毛や抜け毛の進行具合、改善具合、効果などを確認していきます。また、AGA治療薬の追加処方もあると思います。

具体的なAGA治療の流れは把握できましたでしょうか?あくまで上記は一例ですので、クリニックによって治療までの流れが違かったり、植毛メソセラピーで治療する場合にも上記とは違う流れになる可能性もあります。AGA治療の参考例として確認してみてください。

AGA治療薬を使った治療

俗にいう若ハゲ…。専門クリニックでの治療方法はある程度ご理解いただけたのではないでしょうか。

次に薬を使った治療方法のご紹介です。

AGA治療薬にはいろんな種類があります。よく勘違いされがちなのが、AGA治療薬と育毛剤・発毛剤などを同じ部類のものだという勘違いです。

市販で売っている育毛剤や発毛剤って試されたことありますか?実際にいろんな方が試していると思うのですが、正直良い話は聞きませんし凄い効果があったなんて話も聞きません。想像にお任せしますが恐らくほとんど効果がないのでしょう。

ですが、AGA治療薬は違います!しっかりとした男性型脱毛症の原因を理解した上で製造された医薬品ですので、どのようなメカニズムで髪の毛を促進していくかが判明しています。

少し薬についても詳しく説明していきましょう。

AGA治療に必要な成分がコレ

AGA治療薬に欠かせない成分として、主に「フィナステリ」「ミノキシジル」があります。

どちらもAGAの治療薬としては適している成分で、しっかりと発毛促進に対する結果も出ているのです。これら2つの成分は男性型脱毛症の進行を抑止し、また髪の毛を促進する働きが十分に期待でき、AGA治療の効果も期待できます。

フィナステリド成分について

フィナステリド(finasteride)成分はジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぐ効果が期待できる成分で、多くのAGA治療薬で使用されています。日本国内ではプロペシアの名称で認知されていますが、他にも海外ではフィンペシア・フィナストなどの名称で知られています。

ミノキシジル成分について

ミノキシジル(Minoxidil)成分は日本で有名な製薬会社の大正製薬からリアップという商品名で販売されていますが、ロニタブ・ツゲインなどの商品名で販売されています。元々は血管拡張のための薬として開発された成分ですが、後に脱毛症を回復させる作用が見つかりAGA治療薬として広まっていったという経緯があります。

これら2つの成分を含むAGA治療薬を継続的に服用する事で改善効果が期待できると言われていますので、この成分名はしっかりと覚えておきましょう。

AGA治療まとめ

AGA治療まとめ

さて、AGA治療に関する費用、流れ、効果について、ここで説明している内容を見る前に比べてだいぶ知識が身についたのではないでしょうか。

薄毛や抜け毛の悩みは本当に深刻です。育毛剤を何回も試したけど全く効果がないという話はよく聞きますが、男性型脱毛症の場合は正しい治療方法や治療薬を使えばきっと効果がでるはずです。

ただ1つ言えることは1,2か月ですぐに生えるなんて事は期待しないほうが良いです。

そんな簡単に髪の毛が生えるなら誰も苦労しません。根気強く6ヶ月程度は継続して治療する事できっと効果が現れてきます。ぜひ、ここでの情報をフルに活用してみてください。

通販でバカ売れ中!人気のAGA治療薬や安価なジェネリック品を見る。

関連BLOG

By 
このエントリーをはてなブックマークに追加