うつ病を薬なしで克服する事は可能?抗うつ剤を使わない治療法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

精神疾患のひとつである”うつ病”はここ10年~20年ほどでよく耳にする病気のひとつだと思います。

ストレス社会と呼ばれる現代では羅漢率も多く、うつ病の有病者数は世界で3.5億人ほどとも言われております。また、先進国であっても適切に治療ができているとはいえず、うつ病として自ら治療を受けていない方も多くおられる病気でもあります。

日本のうつ病の治療では薬物療法による治療が一般的でこれは昔から変わりはありません。ただし、新しい抗うつ剤の成分の発見などにより、より副作用の少ない有効なお薬が登場してきたことで、患者さんの負担は少しずつではありますが減ってきております。しかし、薬物療法だけではなかなか治らない人が多く、依存してしまう方もおられます。他方、海外ではうつ病に対し新しい治療を模索していることもあり、薬物治療以外の方法も増えてきております。

今回はうつ病の治療について、抗うつ剤などの薬物療法やそれ以外の療法について考えてみました。

どんな時にうつ病の薬(抗うつ剤)が必要?

薬を飲む女性

うつ病はこころに影響を与えるだけでなく身体的にも影響を与える症状であります。

気分が落ち込んだり悲しい気持ちになる、憂鬱などの抑うつ症状や集中力の低下や決断不足、注意力の散漫などの思考力の低下や趣味の低減や友達付き合いの減少、焦燥感などの意欲の低下などがこころの影響を与える症状となります。

身体的な影響では、眠れないなどの睡眠障害や食欲の低下、疲労感、その他ホルモン異常や頭痛、動悸、発汗などの身体的な症状をあらわします。

こういったこころと身体的な症状は誰にしも起こり得ることであります。好きな人に告白するときに「胸がドキドキする」や重要な会議の「前日に眠れない」などもこころと体が密接していることで起こります。うつ病を受診した人の半数以上が精神科ではなく内科を受診することも体にも影響を与えていることがわかります。

症状がひどくなることで病院を受診し、うつ病と診断されることで抗うつ剤を処方されることとなります。

目的としては、こころの症状であるものを緩和するために脳内の神経伝達系に働きかけて脳内環境を調整することとなります。直ぐに効果を発揮するものではなく、服用開始から1週間~2週間ぐらいかけて効果を発揮していくこととなります。

デパスの代わりになる薬やデパスの代替薬・効果が似ているお薬一覧
デパスは様々な治療に効果のある万能薬として使用されておりますが、2016年10月よりデパス並びにデパスジェネリックは個人輸入が禁止となり病院での処方のみとなりまし...

【依存性の少ない抗不安薬】バスパージェネリック5mg

バスパージェネリック(BUSPON)5mg

バスパージェネリックは、新薬であるバスパーのジェネリック医薬品で抗不安薬のひとつとなります。

有効成分のブスピロンは日本ではあまり使用されない成分ですが、海外では依存性の少なさから利用頻度が高い成分となります。

日本で有名な抗不安薬であるデパスが個人輸入できなくなったため、現在人気となっている製品となります。

薬なしでうつ病を克服できる治療法とは?

最適な方法

病院でうつ病と診断されることで抗うつ剤を処方されることとなりますが、こういった薬物療法以外にもうつ病を克服するための治療法があります。

特にヨーロッパでは薬物療法以外の方法による治療が盛んに行われております。

薬なしで克服するには【精神療法】

s_pm-0216-med-img_0255-648

こころの体に症状を引き起こすうつ病に対し、こころのケアを行っていくのが精神療法です。

認知行動療法対人関係療法などがあり、考え方や気持ちを整理しなおすことで改善していくことを目的としております。アメリカでもよく行われる方法であり、有効な治療方法として認められております。

認知行動療法では考え方のくせを修正することで行動に起こせるように変えていく治療法で、対人関係療法ではストレスなどの影響が大きい人間関係の改善をはかるためにコミュニケーションの取り方などを身に付けていきます。

薬なしで克服するには【電気けいれん療法】

電気機器

電気けいれん療法とは、うつ病の方の頭部に電極を取り付けて電流を流し、けいれん発作を起こすことで刺激を与えるものです。

治療には麻酔を使うため、眠った状態で行います。そのため、痛みなどを伴ったり、怪我をするようなことはありません。1回の施術には1時間ほどとなっており、何回か日数を空けて行います。

うつの治療といえば、抗うつ剤を使うことが主流ですが、抗うつ剤に抵抗がある方などは使用することができません。そのため、重度のうつ病や抗うつ剤が使用できない方が行います。

改善率は高いですが、再発率や副作用も高い治療方法であるといえます。

薬なしで克服するには【磁気刺激療法】

病室

円形コイルなどで磁気を脳内の神経細胞に照射することで活性化させる方法で治療を行うのが磁気刺激療法です。

アメリカでは2008年に認可された新しいうつに対する治療ですが、日本ではまだ認可されておりません。

そのため、保険適用外で効果には時間が掛かる方法ですが副作用が少ないのが特徴です。抗うつ剤を使用できない方や、電気療法での効果があまりよくなかった、長年うつに悩まされている方などが行う治療法となります。

薬なしで克服するには【光療法】

電球と光

光療法は、冬に発症しやすい季節性うつ病の患者に特に有効で、一定時間光を照射することで改善を行う方法です。

体調の変化やホルモン分泌などは太陽光線にあたる時間も大きく関係していることもあるので冬場の日照時間減少は季節性うつ病に羅漢しやすいときでもあります。

睡眠障害がある方も、光を浴びることで生体リズムを整えたりも行います。

薬なしで克服するには【自然療法】

リラックス

病院でうつ病を診断された場合に薬物療法と同時に行われるものがこの自然療法です。

長期的な休暇を取ったり、食事の改善、読書を行ったり、マッサージを行うなど、こころと体をリラックスしやすい環境をつくることも非常に重要となります。

一緒にうつ病の克服の手助けを行ってくれるパートナーがいれば、とても力強くなり、長期休暇中に一緒に旅行したりすることもよいと思います。

【依存性の少ない抗不安薬】バスピン 10mg/5mg

バスピン(BUSPIN)10mg/5mg

抗不安薬であるバスパーのジェネリックであるバスピンは、抗不安薬として人気の製品となっております。

従来の抗不安薬に比べ依存性などの副作用が少ないものとなっており、分類として 5-HT1A-受容体作動薬になります。

人気のデパスが個人輸入できなくなったことで現在注目を集めている抗不安薬となります。

薬物療法とそれ以外の治療法の違いとは?

s_good-better-best-signpost-representing-ratings-and-improvements_MkQ5w7w_

うつ病の発症は、脳が働き過ぎたことによりパワー不足が起こったことが要因となっているため、脳をできるだけリラックスできる状態を作り出し、エネルギーを補充することが重要となります。

薬物療法や電気けいれん療法などはこのエネルギー不足を外部から補給することで脳内を強制的に調整を行う方法といえるでしょう。それに対しそれ以外の精神療法や自然療法などは、脳内の調整を自身の力で行うための休養や助言を取り入れる方法であると言えます。

どちらが良い悪いということではなく、うつ病を治療する方法はひとつではなく、さまざまな方法で治療を行うことが可能であり、ひとつの方法に依存することなく多方面からのアクションを起こすこともひとつの方法であるのではないでしょうか。

【第一世代三環系抗うつ剤】アナフラニール SR75mg/25mg

アナフラニール(ANAFRANIL)SR75mg/25mg

古くからある三環系抗うつ薬の第一世代のアナフラニールとなります。

主成分のクロミプラミンは作用がとても強く効果がありますが、口の渇きや便秘などの副作用を発症しやすいのが難点です。

抗不安作用もり、パニック障害や強迫性障害にも効果があり、その他、遺尿症や夜尿症にも効果があります。

うつ病は再発率が高い病気と言われています。

頭を抱える男性

うつ病は薬物治療だけではなく、さまざまな治療方法があることがわかりました。

また、治療方法の有効性により、うつ病の改善がみられることになりますが、うつ病で注意することは再発率が高い病気ということです。厚生労働省の統計データでも初めてうつ病になった方の再発率は60%ですが、2回目の人の再発率は75%、4回目の再発率は90%と再発を繰り返すことが分かっております。

そのため、うつ病の治療で一番注意することは再発を繰り返さないようにすることとなります。

抗うつ薬(抗うつ剤)の離脱症状の期間や症状を緩和する方法とは?
抗うつ薬には離脱症状(りだつしょうじょう)というものが存在するのをご存知でしょうか?離脱症状は一般的には全く聞かない言葉だと思いますが、抗うつ薬を飲んでいる方...

薬物療法などで注意することは依存性と離脱症状です。薬物療法でしか治療方法がないと思われている方は薬がないとダメだと思いがちです。また、病院でお薬を処方されることだけだった場合もよりそういった気持ちになってしまいます。こういった依存性はただ、うつ病の症状を抑えているだけで根本の治療を行っているわけではありません

逆に薬物療法で改善された方の場合も安易に断薬してしまうと離脱症状が起きてしまい再発する可能性が高いので医師の指導のもと少しずつ減薬していくことが重要となります。

うつ病の治療では根本の治療を行わないと繰り返し再発するリスクがあります。根本の治療には薬物療法だけではなく、その他ある方法も行い、うつの症状に陥った原因を突き止め対策を行うことが必要です。薬物治療以外の方法を行う意識こそが改善に向かうあなたの意思表示ではないでしょうか。

【おすすめの抗うつ剤】フルニル 20mg/10mg

フルニル(FLUNIL)20mg/10mg

フルニルは日本で最も利用される抗うつ剤の種類であるSSRIに属する抗うつ剤のひとつです。

有効成分のフルオキセチンはWHOの必須医薬品の一覧に掲載されております。

フルニルは新薬であるプロザックのジェネリック医薬品となるため、価格も安く購入することが可能となっております。

このエントリーをはてなブックマークに追加