力強い勃起力を誇る、おすすめのバイアグラジェネリックランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年に登場したED治療薬ですが、その先駆けとなったのがバイアグラです。

アメリカのファイザー社が開発をし発売したことで、医薬品業界に『ED治療薬』という新しいカテゴリーを作り出し、今も尚「夢の薬」と言われ続けています。

その後、レビトラやシアリスが発売される中、バイアグラと同じ有効成分であるバイアグラジェネリックも登場しました。今回はそんなバイアグラジェネリックの人気売れ筋ランキングをご紹介します。


ED治療薬と言えばバイアグラですよね。他にもシアリスやレビトラ、ジェネリック医薬品など多くのED治療薬がありますが、どの種類が自分にあっているのか悩んだ際は、セット商品がおすすめです。大変お得にご購入いただけますのでこの機会にぜひお買い求めください。

ED治療薬を購入したことが周りにバレたくないとお考えの方に、郵便局留めにも喜んで対応致します

発送の際に、商品名の記載はせずに、発送者名を英語表記で記載いたしますので、お受け取りの際も安心です。もちろん、商品は中身が見えないような梱包となっております。

家族にバレずに医薬品を受け取れるのは即日発送・徹底配送を行っているクスリグラだけです。

【人気ED治療薬】バイアグラジェネリックとは?

originalpixta_12456743_XL (1)

バイアグラジェネリックとは、バイアグラと同じ有効成分である「シルデナフィル」を使用しているため理論上は同じ効果、副作用、持続効果などを起こします。有効成分のシルデナフィルは勃起を抑制するPDE5を阻害することで血流を促進させるcGMPを活発化させ勃起を促す効果があり、7割以上の改善率があると言われております。

日本では、2014年5月にバイアグラの特許が満了となったため、日本製バイアグラジェネリックを10社以上の製薬会社が製造を行っており販売しております。しかし、世界に目を向けてみると、それ以前からバイアグラジェネリックは存在しており、製造販売されております。

バイアグラジェネリックの特長としては、

・バイアグラジェネリックの錠剤の形

pill-1884775_640

バイアグラの錠剤の形は青いひし形の錠剤となっており、水またはぬるま湯で服用します。

しかし、バイアグラジェネリックの場合は丸や白色など違うカタチの錠剤ではなく、セリー状やトローチ、フィルム状など水なしで服用できるようなものもあり、服用がし易く改善されているものもあります。

また、早漏改善薬の成分を配合したものもあります。

・バイアグラジェネリックは薬剤価格が安い

pixta_19871926_M (1)

薬剤価格も新薬であるバイアグラよりも安いのも特長です。

開発コストが安く済むため、ジェネリック医薬品は安くなります。

バイアグラジェネリックも病院で1錠1,500円程になっていますが、海外品だと1,000円以下のバイアグラジェネリックが数多くあります。

財布に優しければ、奥さんや彼女も喜ぶ結果となるのでは?

・バイアグラジェネリックは勃起有効成分の含量が高いものが多い

pixta_22959372_M

日本で認可されているバイアグラやバイアグラジェネリックの含量は25mg50mgとなります。

しかし、海外では100mgまで認可されているので、より含量の高いバイアグラやバイアグラジェネリックを購入することができます。

含量が高いほど強く作用するため50mgでは効果の弱い方だけではなく、100mgの錠剤を半分に割ることで含量を50mgなどにすることでよりコストパフォーマンスを上げることもできるのでピルカッターと合わせて使用する方も多いです。

勃起薬の王道!viagra100mgで無くした自信を取り戻そう
ED治療薬(勃起薬)と言えばバイアグラ(viagra)!これは日本の男性なら誰しもが思うところだと思います。実際に友人や知人と勃起薬の話をした時に、バイアグラが真っ先に...

では、実際にどのバイアグラジェネリックが人気で売れ筋なのかランキングをしてみました。

【ED治療薬】バイアグラジェネリック人気売れ筋おすすめランキング

売れ筋ランキング

pics3670 【人気バイアグラジェネリック】カマグラゴールド100mg/50mg

kamagra-gold-300x274

インドのムンバイに本社があるアジャンタファーマ社が製造・販売する「カマグラゴールド」がバイアグラジェネリックランキングで1位となりました。

バイアグラジェネリックの中では古くから販売されていたこともあり、人気、知名度ともに知れ渡っていることが1位の要因だと思います。また、有効成分シルデナフィルの含量が100mgのものもあり、割って使用することでコスト削減になることも人気のひとつだとも言えます。

見た目はバイアグラと同じひし形ですが、若干緑がかった色をしております。

価格は病院で処方される場合ですと1錠あたり50mgが1,500円ほどするバイアグラに対し、カマグラゴールド50mgは800円前後で、100mgの場合1,000円前後ですが、半分に割ると500円となるのでかなりお得となります。 (クスリグラの販売価格はさらにお買い得です!

pics3669 【売れ筋バイアグラジェネリック】スーパーPフォース100mg+60mg

スーパーPフォース(superpforce)100mg+60mg

第2位となったのがサンライズレメディ社が製造・販売する「スーパーPフォース」となりました。見た目はひし形の水色のような錠剤となっております。

EDになった方の1/3が早漏も併発すると言われており、ED治療薬に合わせ早漏改善薬も処方される事が多いです。

しかしそうなるとED治療薬と早漏改善薬の2つを購入することになるため、薬剤価格が2倍になり経済的負担が大きくなってしまいます。

しかし、このスーパーPフォースではバイアグラジェネリックの勃起効果と早漏改善薬の有効成分であるダポキセチンの両方を配合しているため、1錠でEDと早漏を改善することができる治療薬となっております。

価格も安いので人気の治療薬となっています。100mgしかない為、半分に割って使用する事をお勧めしています。

pics3666 【おすすめバイアグラジェネリック】エリアクタ100mg

エリアクタ(eriacta)100mg

第3位となったのがインドのランバクシー社が製造・販売する「エリアクタ」となりました。錠剤はバイアグラと同じくひし形の青い色をしております。

ランバクシー社は第一三共社の子会社でしたが2014年にインドの大手製薬会社のサンファーマ社と合併したことによって世界第5位のジェネリック製薬企業、インド最大の製薬企業となりました。

魅力は価格の安さとなっており、100mgしかありませんが、1錠あたり600円ほどとなっており50mgにすると1錠あたり300円と非常にお買い得となっております。

 

バイアグラジェネリックには他にもチューブタイプや水に溶かすタイプなどさまざまありますが、バイアグラジェネリックランキングでは錠剤タイプが上位を独占する結果となりました。

やはり、薬剤価格を安くするために割って使用することができるタイプが人気のようです。

バイアグラジェネリックの服用方法と注意点は?

pixta_17392913_M

ED(インポテンツ)を治すお薬として広まっているED治療薬のバイアグラ。

サプリメントとは違い、医療成分を配合した医薬品ですので、もちろん副作用も報告されていますし、併用禁忌薬など飲み方によっては身体に重篤な症状を引き起こしてしまうことだってあります。

折角購入したED治療薬、効果を無駄にせずに、しっかりとEDへの作用を実感したいですよね。

ここでは、バイアグラジェネリックの服用方法や、注意するべき点についてご紹介します。

☞ED・インポの原因や対策とは?

・バイアグラジェネリックを割って服用する

ピルカッター(pillcutter)

バイアグラジェネリックは新薬であるバイアグラと同じ有効成分となるため、作用機序はほとんど同じです。

しかし、服用方法は商品毎に違います。バイアグラジェネリック人気売れ筋おすすめランキングの上位である錠剤タイプは、通常のバイアグラと同じく水やぬるま湯などで服用する事になりますが、100mgタイプが人気であるため含量が高いものとなります。

そのため、できるだけ錠剤を割って1回に服用する含量を調整して服用するようにしましょう。

服用回数は1日1回まで、24時間以内に連続で服用出来ません。

・バイアグラジェネリックの効果時間

icon_115930_256

バイアグラの持続時間はおよそ5時間~となり、含量が多いほど持続時間は長くなります。これはバイアグラジェネリックも同じとなります。

服用後30分ほどで効果を発現し始めるため、性行為の1時間ほど前に服用することがオススメです。バイアグラジェネリックで、錠剤タイプではない、水に溶かすものやゼリー状のものなどは体内に吸収されるのが速く、効果の発現までがよりスピーディになることもあります。

効果を発現すると、副作用により顔のほてりや目の充血などお酒を飲んだときのような感覚になりやすいため、それを発現の合図だと思っていただくとわかりやすいと思います。(副作用が起きない方もおられます。)

・バイアグラジェネリックの副作用

pixta_22230043_M

バイアグラジェネリックもバイアグラと同じく副作用があります。主な副作用は顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、視覚障害などがあります。

これは有効成分のシルデナフィルのPDEを阻害する働きによって起こる副作用で、勃起抑制酵素であるPDE5以外のPDEも阻害することで起こります。

ちなみにPDE1は脳や心臓、血管、筋肉に発現するものですので、頭痛や目の充血、顔のほてり、動悸などはこれにあたります。

PDE6は網膜にある酵素であるため阻害されると光がまぶしく感じたりすることもあります。

しかし、勃起の持続時間が一定の時間で作用効果が弱まるように、副作用も同じく弱くなりますので安心してください。もし、副作用が長く感じた場合は医師の受診を受けるようにしてください。

 

・バイアグラジェネリックの併用禁忌薬

pixta_29480779_M

バイアグラジェネリックも併用禁忌薬があります。併用禁忌薬もバイアグラと同じになります。併用禁忌薬は「硝酸剤」「塩酸アミオダロン製剤」「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」などがあります。硝酸剤は種類が豊富で注射やスプレー、舌下錠などカタチが色々とありますので注意しましょう。

これらの薬剤は血圧や血流を変える働きがあるため、同じく血流を変えるシルデナフィルと併用すると副作用が強く働くなど重篤な症状を時期起こす可能性があるため併用禁忌薬となります。

他の薬剤を使用している方や、重篤な症状の病歴がある方などは、安全を考え必ず医師に相談してから使用しましょう。

バイアグラやバイアグラジェネリックは危険なお薬だと思われますがどんな薬もリスクはあります。

正しく使用することで安心に服用できるお薬ですので、使用方法や用量を守って服用をしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加