バイアグラ正規品、バイアグラジェネリックが即日発送の通販で購入可能!!海外医薬品個人輸入サイトで発送が遅く困った事はありませんか!?メーカー正規品保証付き100%本物のバイヤグラを限界最安値の即日発送でお届け中。偽物は一切販売していません。

バイアグラ・バイアグラジェネリックの商品一覧

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)のお薬の医薬品ランキング

 

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)というジャンルに分類される医薬品の特徴

当サイトで販売しているバイアグラ(viagra)はメーカー保証付きの正規品100%です。当サイトとは違う有名な個人輸入代行サイトは余りにも価格が安くなっており、偽物という事が価格を見ただけで分かってしまいますが、当サイトは一切偽物の販売は行っておりませんのでご安心下さいませ。また、当サイトではご注文を受けた際に即日発送を心掛けております。他の海外医薬品個人輸入代行サイトは発送が遅い所が多く、お客様からは何度も他のサイトの発送の件でお問合せがあり、当サイトだけは即日発送を行うと宣言させて頂いております。当サイトでお取り扱いがあるバイアグラは25mg、50mg、100mgの3種類が御座いますが、実際に業界でも限界ラインの価格で通販を行っております。(余りにも価格が安い個人輸入代行サイトにはくれぐれもご注意下さい)また、バイアグラはクエン酸シルデナフィルという主成分を含んでおり、この成分が男性器に勃起を促す効果を持っています。持続力のシアリスや即効性のレビトラとは違い、バイアグラはとても力強い勃起を促してくれるED治療薬です。そして、バイアグラの正式名称は『バイアグラ(viagra)』ですが、有名であるのに良く呼び名を間違えられてしまいます。多いのは「バイヤグラ」「バイアクラ」「バイアクグラ」などがあり、その他にも良く違う呼び名で呼ばれています。バイアグラはジェネリック医薬品も有名なものが多いので是非チェックをしてみて下さい。バイアグラジェネリックも限界ラインの格安価格で通販購入が可能です。

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)のお薬をお探しの方がよく検索するキーワード

バイアグラ(viagra)正規品やバイアグラジェネリック(シルデナフィル錠)のキーワードを検索する方は様々な目的で検索を行っています。 バイアグラの効果や副作用を知りたい方は『バイアグラ 効果』『バイアグラ 副作用』などのキーワードを入れて検索を行い、バイアグラの使用方法や飲み方が知りたいという方は『バイアグラ 使用方法』『バイアグラ 飲み方』で検索します。バイアグラはジェネリックの種類も多いED改善治療薬なので、やはり有名処の『カマグラ(kamagra)』『ペネグラ(penegra)』『スハグラ(suhagra)』『アウログラ(aurogra)』『ゼネグラ(zenegra)』『エリアクタ(eriacta)』『インタグラ(intagra)』など医薬品名と英語の複合ワードで検索される方が多いです。 その他にバイヤグラジェネリックで人気のある『カマグラゴールド』『スーパーPフォース』を購入したい場合は『カマグラゴールド 通販』『スーパーPフォース 通販』などと検索されます。その中でも他の個人輸入代行サイトよりも安く通販購入したい場合は、比較や最安値、格安などというワードをバイアグラジェネリックと一緒に検索される方がとても多いです。 amazon(アマゾン)や楽天といったワードを使ってバイヤグラを探す方もいますが、amazonや楽天ではバイアグラ(viagra)やバイヤグラジェネリックは通販購入できないので注意が必要です。国内通販ではバイアグラは販売していませんので、もしそのようなサイトを発見した場合は偽物のバイアグラを販売している可能性があります。(薬局で市販もされていません。)バイアクグラを通販で販売しているのは当サイトのような海外医薬品個人輸入代行サイトのみですのでくれぐれもご注意ください。 バイアグラは有効成分にシルデナフィルクエン酸が含まれておりますのでバイアクグラを『シルデナフィル錠』と検索される方もおり、バイアクラを実際に服用した方の意見を聞きたい方は『バイアグラ 体験談』『バイアグラ 口コミ』と調べる方も最近では多くなっています。また、購入したいバイアクラのmg数の検索も多く『バイアグラ 50mg』や『バイアグラ 100mg』と検索して通販購入に至るパターンも見受けられます。 バイアグラ(viagra)の値段が気になる方は『バイアグラ 値段』や『バイアグラ 価格』を調べ、バイアグラを一度も服用した事がない方は『バイアグラ とは』など、バイアクグラそのものの情報を調べる方が多いです。

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)のお薬に関する歴史や称号(呼び名の由来)

バイアグラはもともと狭心症に治療薬としてファイザー社が1990年代前半に研究・開発が開始されました。臨床試験のときに狭心症の治療に対する結果が思わしくなかったため、試験の中止を求め治験者にバイアグラの回収を行おうと思ったが、治験者が薬剤の回収を拒むため理由を聞いたところ勃起をする作用が認められたためその後初めてのED治療薬として研究が進められ1998年にアメリカで認可を受け発売されました。当時は世の中にED治療薬がなかったため「夢の薬」などと言われ瞬く間に世界に広がりました。日本でも翌年の1999年に認可をされたことで登場し医療機関でのEDの治療方法も劇的に変化することになりました。2014年には日本製のバイアグラジェネリックも発売され「シルデナフィル錠」として各社登場しております。

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)のお薬を使用される方の年齢や性別

バイアグラ・バイアグラジェネティック(オリジナルのバイアグラと同じ有効成分と同じ効果を持つ後発の医薬品)共に年齢制限は殆どありません。10代(18歳以上から服用OK)でも90代からでも服用は可能になっています。バイアグラを服用しても良い歳はバイアグラの効果や副作用に耐える事が可能な年齢を指しており、服用することで効果を最も感じる事ができる年齢層は30代、40代、50代と言われていますが、個人差もあって肥満の人や高血圧症の方は効果が薄く感じられるようです。性別については、男女ともに服用が可能です。ただし、男性用のバイアグラを女性が飲んでも何の効果もなく、女性用のバイアグラは女性専用で男性用のバイヤグラは男性専用に有効成分が配合されているので、性別に合ったバイヤグラを使用する事が定められております。

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)のお薬の効果効能・効き目接続時間等

バイアグラやバイアグラジェネリック(シルデナフィル錠)はお水と一緒に服用してから効果が出始めるまでに約30分程度かかります。また、接続時間(効き目がある時間)は約6時間~10時間で、空腹の状態にしておいた方が効力も感じやすくなり、バイアグラは食事(特に高脂肪)をした後すぐに飲んでしまうと成分の吸収が上手く行われず、期待した効果が得られにくくなってしまいます。アルコールも過剰な摂取は避けるようにする方が良いでしょう。アルコールを飲んでしまうと効果が弱まってしまう恐れがあり、性的な快感が弱まってしまう事につながります。また、一度服用した後は一定期間(24時間程度)は服用感覚を空けるようにして下さい。尚、薬の効き目について、接続時間はずっと勃起し続けるイメージを持たれる方もいますが、性的な刺激が無い限りはそのような効果は出ませんのでご安心ください。バイアグラという医薬品は自然に勃起を誘発させる効果があるのではなく、あくまで勃起を助ける働きをするお薬です。

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)のお薬に含まれる主成分や主な有効成分

バイアグラやバイアグラジェネリックの有効成分はシルデナフィルとなっております。1990年代前半に狭心症の治療として開発が開始されましたが思うような効果が得られず開発の中止を行おうとしたところ、勃起を促進する作用があることがわかりEDの開発へと変更した経緯があります。現在ではED治療薬以外にも肺動脈性肺高血圧症の治療薬としても使用されております。シルデナフィルは勃起の邪魔をする酵素PDE5を阻害することで血管を拡張させ勃起に必要な血流を促進させることが可能となります。正規品はクエン酸塩として経口服用するものとなっておりますが、バイアグラジェネリックの場合は水に溶かす発砲錠や水なしで服用できるゼリー状やトローチタイプのものなどさまざまな種類があります。一般的な有効成分の含量は「20mg」「25mg」「50mg」「100mg」などとなっており含量が高いほど強く作用します。日本では「50mg」までの認可となっております。

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)に関するお薬の説明

バイアグラはアメリカのファイザーという会社が開発した勃起不全(ED)治療薬です。世界で一番最初に開発されたED治療薬で、アメリカでは1998年に販売が始まりました。日本でも翌年の1999年に販売が開始されているとても認知度の高い勃起不全薬です。現在では全世界110以上の国々で発売されており、日本においても消費量が多く、とても人気の高い医薬品となっております。青色をしたひし形の錠剤で、服用後一定時間(約30分~1時間程度)経ってから性的な刺激を与える事でED治療薬としての効果が得られます。EDに対するバイアグラの効果は高く、今では個人輸入の通販などで購入されている方も多くいらっしゃいます。また、使用を繰り返しても耐性が生じてしまい、効果が減弱する事はないので、充実したセックスを行う為に何度でもご利用頂けるのも魅力のひとつとなっています。

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)に関するお薬の一般的な飲み方や服用方法

バイアグラやバイアグラジェネリックは性行為の前(約30分~1時間前)にはお水と一緒に飲むようにして下さい。お水がない場合にはお茶や清涼飲料水などでも問題はありません。ただし、アルコールと同時に服用しますと、バイアグラの効果が十分に得られない可能性があったり、副作用が強く出てしまう事もあるのでアルコールと一緒に服用する事はお控え下さい。錠剤の飲み方に関しては、mg数が多い場合や効き目が強いと感じた事があった場合、1錠をピルカッターなどで分割して服用する事も可能ですので、半分の錠剤で十分な効果が得られるという方や、小さい方が飲みやすいという方は、ピルカッターなどで分割してお飲みいただいても結構です。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)のお薬の注意点・報告されている副作用等

血管拡張作用により頭痛やほてり、潮紅、などのお酒を飲んだときのような感じになります。その他、めまい、動悸、視覚異常などがあります。頭痛やほてりはほとんどの方に感じる副作用となります。頻度は低いですが重篤な副作用として、硝酸剤と併用による急激な血圧低下や持続勃起症などがあります。持続勃起症とは、勃起が4時間以上継続し痛みを伴うことで陰茎の組織を損傷してしまう可能性があります。ニトログリセリンなどの硝酸剤は併用禁忌薬となっております。重篤な副作用の原因となりますのでお薬を処方されている方は併用禁忌薬ではないかの確認を行いましょう。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な副作用や注意点をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)のお薬が効かない、効果がないと感じた方

バイアグラやバイアグラジェネリックは正しい使用方法や有効成分の効果を最大限発揮する方法で、勃起しない、効かないなどを抑制することが可能です。バイアグラやバイアグラジェネリックは食事に含まれる油分に弱いです。食べたものが胃や腸に残っていると、有効成分が体内へ吸収することができずにそのまま体外へ排出されてしまいます。そのため、服用するタイミングとしては空腹時、食後であれば最低でも2時間以上は空けるようにしましょう。バイアグラやバイアグラジェネリックが効かないという方に8割がこの食後に服用していることが原因とされておりますので一番の注意が必要です。また、バイアグラやバイアグラジェネリックの勃起効果時間も注意が必要です、服用後30分~1時間ほどで効果を発揮し5時間~10時間ほど成分量によって差はありますが持続します。性行為前に服用することで問題はありませんが、早すぎる服用は効果が切れてしまい効かないことにもなります。また、翌朝も2回戦などは効果が切れているかもしれないので、朝立ちなどの感じにより挑戦するかどうか判断してみましょう。

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)のお薬を使用する方の症状

EDとは満足に性行為を行えない状態のことであり、「勃起障害」や「勃起不全」などと訳すことが可能です。途中で萎えてしまう中折れや満足いく性行為が行えない状態であるためEDとなります。EDの原因は、加齢や生活習慣病など体の機能に障害があることで起こる「器質性ED」やストレスやトラウマなどこころの病が原因の「心因性ED」、この2つが併用した「混合型」、他の病気の治療に使用している薬剤が原因の「薬剤性ED」などがあります。EDはこのように他に何かしら原因があることが多いため、EDを完治させるにはこの原因となる疾病を完治させることが重要となっていきます。バイアグラやバイアグラジェネリックは即効性のある治療薬ですが完治を目的にしている治療薬ではありません。

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)のお薬を使用する方の病名

ED治療薬を服用されている方の主な病名は「ED」や「勃起不全」「勃起障害」「インポ」「インポテンツ」などと呼ばれており、日本国内にはED患者が約180万人もいると言われています。早漏改善のお薬を服用されている方の病名は「早漏」「早漏症」「PE」や「射精障害」と呼ばれており、日本人男性の約8割の方が早漏だという現実もあります。ED患者については約45%の方が60代~70代の高齢者で、日本の高齢化がどれだけEDの患者を増やしているのかが良く分かります。しかし、現代では高齢者だけではなく、若者世代にも一般的な病気として認識されており、10代から20代でもED改善治療薬を服用されている方は少なくありません。

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)のお薬を製造しているメーカーや製薬会社の特徴

バイアグラの正規品は『ファイザー(Pfizer)』という製薬会社が開発したED治療薬です。バイアグラのジェネリックについては様々な製薬会社(メーカー)から作られており、その中でも『アジャンタファーマ(Ajantha Pharma)』や『シプラ(Cipla)』『ランバクシー(Ranbaxy)』『アウロケム(aurochem)』『アルケム(Alkem Laboratories Ltd.)』『センチュリアン(Centulian)』『ザイダスキャディラ(Zydus Cadila)』などの製薬会社からバイアグラジェネリックが開発・製造されています。特徴としては後発医薬品となるジェネリックの製造を行っています。

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)のお薬を使用した方の口コミや体験談、評判、感想等

48歳のおっさんですが、2年位前から立ちが悪くなってきたと感じていて妻とセックスもできていませんでした。バイアグラという物は昔から名前だけは知っていたのですが、病院に行ってわざわざ処方されて使いたくないと思っていたんです。でも個人輸入のサイトから通販で簡単に購入できる事を知ってからというもの、早く使いたくて我慢ができず、とうとう購入。いざ使ってみると20代の頃を思い出しましたよ。自分はまだこんなにも勃起する事ができるのかと思った位、驚くような勃起力を得る事ができました。副作用の事も勿論心配でしたが、思っていた様な副作用は出なかったです。少し顔に火照りがあったり、物が眩しく見えたくらいの軽い副作用でした。ちなみにバイアグラの100mgでした。

バイアグラ正規品・ジェネリック(シルデナフィル)のお薬を購入予定の方から寄せられるよくある質問

Q1. バイアグラやバイアグラジェネリックの安全性を教えて下さい。

バイアグラやバイアグラジェネリックをはじめとするED治療薬はPDE5阻害薬と言われております。PDE5を阻害することで性器周辺の血管を拡張させることで勃起に必要な血液を性器へ促す働きがあります。そのため服用することで過度に身体に負担をかけるものではありませんので健康体の方であれば問題はありません。しかし、同じ血管を拡張させるような薬剤や心臓病などに使用されるニトログリセリンなどの硝酸剤は同時服用すると危険な併用禁忌薬となっております。また、血圧をコントロールできていない方なども服用できない可能性があります。そのため、何かしらお薬を使用している方や病気を治療中の方など、健康に不安のある方などは必ず医師に相談することが必要です。

Q2. 50mgのバイヤグラを同時に2錠飲んでも平気ですか?

日本で認可されているバイヤグラやバイヤグラジェネリックの有効成分の含量は50mgまでとなっております。しかし、欧米などの海外では100mgまで認可されているのが一般的となっております。含量が高いほど勃起に対し強く効果を作用することになりますが、その分副作用も強く作用する可能性があります。日本人は欧米や海外の人に比べて体格が小さいこともあり、体質的に50mgで十分な効果を発揮するということで50mgまでの認可となっております。しかし、バイヤグラ50mgでは十分な効果を発揮しない人もおられます。そういった方はまずはバイアアクグラ50mgの服用方法に間違いがないか確認しましょう。特にバイヤグラの成分は食べ物に含まれる油分に弱いため、食後にバイアグクラを服用すると効果が半減してしまいますので注意が必要です。それでも効果が弱い方は医師に確認のもと服用するようにしましょう。

Q3. 持病の薬を飲んでいますが、バイアグラと併用して飲めますか?

バイアグラには一緒に服用すると思わぬ副作用を発症してしまう併用禁忌薬があります。ニトログリセリンなどの各種硝酸剤、不整脈薬である塩酸アミオダロン製剤、肺高血圧症の治療薬などが主に該当します。それ以外であれば大丈夫と自身で判断を行うのではなく、必ず医師に服用の可否を確認をするようにしてください。EDを発症している方は他の病気を併発している方が多く、特に糖尿病や高脂血症、高血圧症などの生活習慣病を発症している方はEDの併発率がとても高いです。これらの病気の治療に使用している薬剤の中でもバイヤグラと併用可能な治療薬は多く同時に治療を行う方は多いですが、EDの治療には同時に併発する生活習慣病などの改善をさせることが一番の治療方法となりますので、しっかりと病気に立ち向かって改善をしていきましょう。

Q4. バイアグラを飲んで効果が薄れたら、続けて服用しても良いですか?

最低でも24時間の間隔を空けましょう。バイアグラを服用することで血管を拡張させるcGMPを分解してしまうPDE5酵素を阻害することでcGMPを活性化させ血管を拡張させ勃起を促します。その作用持続時間は5時間ほどで、バイヤグラに含まれる有効成分の含量によって前後します。最大血中濃度は服用後1時間ほどで最大となりますが、効果が薄れても体内に影響する成分は24時間ほど残っているため、効果が弱くなったからと連続服用してしまうと思わぬ効果を発揮してしまい、副作用を強く発症して危険な場合があります。また、性的刺激がないと勃起しないのもバイヤグラをはじめとするED治療薬の特長でもあります。そのため、勃起していない方といって効果があらわれていないわけではなく、性的刺激を受けて脳が興奮し勃起指令を出すことで勃起します。初めての場合は感覚がわからなく勃起力を感じにくい方もおられますので、連続服用せず、後日挑戦することで勃起力が向上することもよくあります。

Q5. バイアクグラと一緒にアルコールを飲んでも大丈夫ですか?

アルコールにはリラックス作用があるため、お酒を飲むことで脳内の伝達物質の不安や興奮を抑制する効果があります。心因性のEDなどは精神的なことでEDを発症していることもあり、ほどよいお酒の量であればバイアグラの効果を引き出すことが可能ではあります。しかし、多量にお酒を飲んでしまうと脳の機能が低下してしまい勃起の欲求もなくなってしまいせっかくバイアグラを服用しても勃起に至らない可能性が出てしまいます。また、バイアグクラの血管拡張作用により、アルコールが全身へ行き渡るのがよりスピーディーとなり急性アルコール中毒などの危険を増加してしまう可能性もあります。あなた自身のお酒の強さを考え、通常の控えめなお酒よりもうひとつ少ない量に抑えておくことが良いでしょう。