100%正規品のプロペシア、プロペシアジェネリックを医薬品個人輸入サイトの中でも最安値価格で通販購入可能!!プロペシアはミノキシジルとの併用(気になる副作用も明記)で効果が倍増します。即日発送でメーカー保証付きのプロペシアを迅速にお届け中。

プロペシア・プロペシアジェネリックの商品一覧

finpecia

フィンペシア 1mg

¥1,640(税込)

propecia

プロペシア 1mg

¥8,600(税込)

proscar

プロスカー 5mg

¥4,390(税込)

finsava

フィンサバ 1mg

¥2,340(税込)

fincar

フィンカー 5mg

¥1,930(税込)

finax

フィナックス 1mg

¥2,520(税込)

finast

フィナスト 5mg

¥3,880(税込)

propestride

プロペストライド 1mg

¥1,720(税込)

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックのお薬の医薬品ランキング

 

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックというジャンルに分類される医薬品の特徴

こちらはプロペシア正規品・プロペシアジェネリックの商品一覧ページです。当サイトで販売しているプロペシア(propecia)やプロペシアジェネリックは全てメーカー保証付きの正規品100%の商品で、一切偽物の販売は行っていませんのでご安心下さいませ。プロペシアの一般名はフィナステリド(finasteride)と呼ばれており、プロペシアとフィナステリドは別物のAGA治療薬と考えてしまう方も多くなっていますが、基本的には同じ成分の医薬品となっています。プロペシアは頭皮の血管を拡張させることにより発毛を促進させ、薄毛を抑える効果があり、国内でもAGA治療のクリニックなどで処方されているほど世界的にも有名なAGA治療薬となっています。このプロペシアを継続的に使用していく事で髪の毛の成長期というものが長くなり、細くなってしまった髪の毛にコシが出てきたり、休止期になっていた毛穴から髪の毛が成長を始め、AGAの改善に期待する事が可能になります。当サイトで販売している正規品のプロペシア1mgは28錠入りで9000円で通販購入する事が出来ますが、それぞれプロペシアのジェネリックは2000円を下回る価格で販売しておりますので圧倒的にプロペシアのジェネリックを購入する方が多くなっているのも現状です。また、当サイトは個人輸入代行サイトという事もありますので誰からもバレずにAGA治療を簡単にスタートさせる事が出来ます。自分には敷居が高いと思っていたAGA治療。当サイトの業界最安値の価格を見てから、もう一度AGA治療の検討をしてみても良いかもしれません。

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックのお薬をお探しの方がよく検索するキーワード

プロペシア(propecia)正規品やプロペシアジェネリックを検索される方は主にAGA治療を希望している男性が多く、薄毛や育毛、発毛の事で悩んでいる方が殆どです。 AGAに悩んでいる男性はどの様な検索キーワードで男性型脱毛症治療薬(プロペシア)の事を検索するのでしょうか?プロペシアの値段が気になる方はやはり『プロペシア 価格』『プロペシア 値段』などで検索をしており、プロペシアやプロペシアジェネリックを購入や通販希望の場合は『プロペシア 通販』『プロペシア 購入』『プロペシア 個人輸入』などのキーワードでよく検索されています。その他にプロペシアの効果や副作用が気になる方は『プロペシア 副作用』や『プロペシア 効果』その他に『プロペシア 効かない』『プロペシア 効果なし』『プロペシア 耐性』などの言葉を入れて、本当に効果があるのかどうか、他の方の感想や体験談、口コミを調べる事もあります。 また、プロペシア(propecia)は注意点もあるので『プロペシア 飲み方』などのキーワードで正しい服用方法、使用方法を調べる方もいます。ミノキシジルは女性でも使用できる場合がありますが、プロペシアは女性が使用する事はできないのでプロペシアの添付文章などを調べて細かい使用方法を検索する方もいます。 プロペシアのランキングや体験談、口コミなどを見て納得がいかない場合は2ch(2ちゃんねる)やブログなどからプロペシアやプロペシアジェネリックの情報を集める方も多いと聞きます。AGA専門のクリニックや病院、外来でプロペシアは処方されますが、他人にバレずにAGAを治療したい男性もいますので、今は個人輸入代行サイトの通販から購入を行う方は多い傾向にあります。プロペシア(propecia)の中でもプロペシアジェネリックのフィンペシアは価格も約1/10程度で通販購入が可能なのでとても人気の商品になっています。 また、フィンペシアとミノキシジルを併用する事により、効果も倍増すると言われていますが、副作用の事も注意をしなければならず、プロペシアには初期脱毛という副作用もあるので『プロペシア 初期脱毛』と調べる方も多く存在しています。初期脱毛は副作用を調べていない方からしたら驚く症状になるでしょう。ですが、初期脱毛はプロぺシアを服用していたら誰にでも起こる副作用なので安心して頂き、薬が効き始めたという証拠と考えるべきでしょう。

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックのお薬に関する歴史や称号(呼び名の由来)

プロペシアは1991年に成分とするフィナステリドの開発が開始され1992年に前立腺肥大に治療薬として「プロスカー」がアメリカで承認されました。その後低用量タイプでは薄毛治療に効果的とされたため1997年にAGA治療薬として認可されました。「プロペシア」の商品名で一般的に発売されており、日本では2005年に認可され現在でも使用されております。プロペシアの日本の特許は2015年で満了されたため、日本製のプロペシアジェネリックも登場し始めております。プロペシアの名前の由来はポジティブという意味の「Pro and Con」と脱毛症という意味の「Alopecia」を掛け合わせた造語となっておりプロペシアを使用して前向きに薄毛治療に取り組もうという意味が込められております。

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックのお薬を使用される方の年齢や性別

プロペシアやプロペシアジェネリックを使用する場合は年齢や性別に注意が必要です。プロペシアに含まれている成分は男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きあり、その作用により薄毛の治療を行います。DHTの作用は成人男性には薄毛やニキビ、体毛の増加などに影響を与えますが、胎児や乳幼児、思春期には男性器の形成に大きく必要なホルモンとなります。そのため、体の発達がまだ終わっていない未成年には使用しないようにしましょう。また、女性の場合は妊娠や授乳中の方は子どもに影響を与える可能性があるため使用しないようにしましょう。また、プロペシアの成分は皮膚からも吸収するため、薬剤を触れることも控えるようにしましょう。

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックのお薬の効果効能・効き目接続時間等

プロペシアやプロペシアジェネリックは毎日服用していくことになります。だいたい同じ時間帯に服用することで体内のプロペシア成分が一定に保たれやすくなります。最初に効果を感じやすくなる時期は3か月以上経過したあたりで、半年ほど服用するとより効果を実感することができます。効果を発揮したからといって服用を中止してしまうと薄毛が進行してしまうので服用を続けていきましょう。国内の試験では半年間服用することで48%、1年間服用をすることで58%、2年間服用することで68%、3年間服用することで78%の方に髪が増毛する結果が出ており、また元あった毛髪もより長く太く改善したという結果が出ております。薄毛が進行した方は2%ほどとなっており、98%の人が現状維持以上の結果になっております。しかし、全ての薄毛の治療に効果があるわけではなく、円形脱毛症や急な原因不明の脱毛には効果がなく、あくまで男性型脱毛症にのみ効果があります。

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックのお薬に含まれる主成分や主な有効成分

プロペシアやプロペシアジェネリックの有効成分はフィナステリドという物質となっております。フィナステリドの開発は1991年に開始され、翌年の1992年に前立腺肥大の治療薬としてアメリカで認可されました。その後、低用量として研究が進み薄毛治療薬として1997年に認可されました。すでに世界60か国以上で承認されているフィナステリドですが、日本では2005年に厚生労働省により認可されました。フィナストリドの作用機序はDHTの生成に必要な物質5-α還元酵素を阻害することとなります。DHTは男性ホルモン受容体と結びつくことで体に影響を与えます。前立腺の受容体と結びつくと前立腺を成長させ肥大や癌の原因となります。頭にある受容体と結びつくと皮脂の過剰分泌や毛母細胞を異常させ薄毛の原因を作ります。DHTは男性ホルモンであり、男性ホルモンであるテストステロンが生成に必要となりますが、フィナステリドはこのテストステロンに影響を与えることなく5-α還元酵素だけ阻害することで副作用を抑制した治療薬となります。

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックに関するお薬の説明

プロペシアはアメリカのメルク社が開発した治療薬でフィナステリドという物質を使用したAGA治療薬となっております。フィナステリドの開発は1991年に開始され、翌年の1992年に前立腺肥大の治療薬としてアメリカで認可されました。その後、低用量として研究が進み薄毛治療薬として1997年に認可されました。すでに世界60か国以上で承認されているフィナステリドですが、日本では2005年に厚生労働省により認可されました。服用タイプのAGA治療薬としては日本で最初の治療薬となっており、現在では同じような作用機序であるデュタステリドが2015年に認可されましたがまだまだ服用タイプのAGA治療薬は少ないのが現状です。海外製品では多数のプロペシアジェネリックがあり、個人輸入で購入することが可能となっております。

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックに関するお薬の一般的な飲み方や服用方法

プロペシアやプロペシアジェネリックは1日1回1錠を服用していきます。含量が「0.2mg」「1mg」などがあり、プロペシアジェネリックには「5mg」などがあります。一概に含量が多いほど作用効果が強くなるというわけではなく、症状に合わせて使用することが重要で、1日1mgを上限として使用することが一般的です。含量が高いものは錠剤をピルカッターなどで割って使用することでコストパフォーマンスを上げることが可能となりますが、割ったときの薬剤が子供や女性に触れないように注意しましょう。毎日継続的に服用し、6か月ほどは継続するようにしましょう。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックのお薬の注意点・報告されている副作用等

5%未満の頻度の副作用として性欲減退があります。頻度不明の副作用で発疹やめまい、重篤な副作用として肝機能障害などがあります。肝機能障害がある方や高齢者の方の使用は医師に相談してから行うようにしてください。指定されている併用禁忌薬はありませんが、医薬品を使用している方も医師に相談してかた使用するようにしましょう。また、プロペシアやプロペシアジェネリックを使用中は献血ができません。最低でも1か月以上は服用を中止することで献血を行うことが可能となります。あくまで男性型薄毛症であるAGAにしか効果を発揮しないので、女性や未成年の使用。円形脱毛症などには効果はありません。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な副作用や注意点をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックのお薬が効かない、効果がないと感じた方

AGA治療薬であるプロペシアやプロペシアジェネリックを使用しても効果を感じない方の場合はもう一度プロペシアの効果を確認してみましょう。プロペシアの成分であるフィナステリドは男性ホルモンも一種であるDHTの生成を抑制することで髪の毛の成長サイクルを改善させることで薄毛に効果を発揮します。プロペシアの成分は女性には禁忌となりますので女性のFAGAには効果はありません。また、男性でも発毛効果はないので、そもそもの毛母細胞が弱っている場合は効果が弱いと感じてしまいます。AGAが進行状態がかなり進行していて髪が全くないなどの方は発毛効果のあるミノキシジルと併用することで薄毛治療の効果を上げることが可能となります。プロペシアの臨床結果ではAGAの進行抑制の効果のあった方は98%とほとんどの方が効果があります。しかし、半年以上使用したことでの結果で、髪が増えたり長さや太さが改善された方は半年の使用で48%、1年での使用で58%と目に見える効果が現れるのは長期間使用してからとなります。AGAは進行する症状ですので長期的に使用することを前提に効果が徐々に発揮されていきます。

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックのお薬を使用する方の症状

男性型薄毛症の症状は急激な脱毛や円形脱毛症などではなく、遺伝や男性ホルモン、頭皮の環境の悪化、生活習慣などによって引き起こされます。症状の初期症状では髪の毛が徐々に細く柔らかくなり、脱毛が目立つようになります。額の生え際や反りこみ部、頭頂部などから脱毛が進行し頭皮が目立つようになります。頭皮の薄くなる箇所によりA型やM型、O型などとタイプ別に分かれます。毛母細胞が生きていれば発毛することが可能となり、プロペシアなどを使用することで発毛効果をさらに上げることが可能となります。男性型脱毛症は進行する症状ですので継続的に治療を行うことが必要となります。治療時期が早ければ早いほど発毛効果の期待が持てるため早期治療が重要となります。

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックのお薬を使用する方の病名

AGAは男性型薄毛症のことを言い、Androgenetic Alopeciaの略になります。主な原因として挙げられているのが男性ホルモンです。男性ホルモンのほとんどはテストステロンと呼ばれるホルモンで男性らしい体つきになるために必要なものですが、このテストステロンが5-α還元酵素と結びつくとDHTと呼ばれる強力な男性ホルモンへと変換されます。このDHTは薄毛の原因とされているだけでなく前立腺の肥大にも影響を与えるため、このDHTの生成を抑えることができれば発毛できる環境に改善できることとなります。また、男性ホルモンは女性にもわずかながら存在しており、それにより、女性男性型脱毛症と呼ばれるFAGAという女性の薄毛症にも影響を与えております。

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックのお薬を製造しているメーカーや製薬会社の特徴

プロペシアの正規品やプロペシアのジェネリックが製造されている主な製薬会社(メーカー)は有名処からフィンペシアやフィンカー、エフペシアが製造されている『シプラ(Cipla)』やフィナステリドの『アルムス(ALUMS)』、モールエフの『インタスファーマ(Intas Pharma)』などがあります。主にAGA治療薬を製造・販売しており、脱毛症やハゲに悩んでいる方、薄毛改善を目的としている男性に求められるメーカーとなります。その他にも『ドクターレディ(DrReddy)』や『サバメディカ(Sava Medica)』『メルク(MERK)』などのメーカーもプロペシアジェネリックの製造メーカーとして活躍しています。

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックのお薬を使用した方の口コミや体験談、評判、感想等

小生は60代後半ですが男はいつになっても自分の髪の事は気になってしまいます。(孫にハゲなんて言われたくありません)世の中ではハゲという言葉が定着していますが男性型薄毛症というのがハゲの本当の呼び名です。薄毛治療をしようと思って色々と調べてみたらプロペシアという商品を見つけました。このジェネリックと迷いましたが、金額が高い先発医薬品の方が効果が高いと勝手に解釈し、プロペシア1mgを通販で買いました。髪に塗る液体もありましたが飲む方が楽ですし続けられそうと思ったんです。私もそんなに早く髪の毛に変化があるとは思っていなかったので、3ヵ月~4ヵ月服用しました。3ヶ月目くらいにプロペシアからジェネリックのフィンペシアに乗り換えてしまいましたが、4ヵ月を過ぎた頃から明らかに髪が無い所から髪の毛が生えてきました。(今までではあり得ない事です)抜け毛も減ったので満足していて、今ではミノキシジルタブレットと一緒にフィンペシアを使っています。ジェネリックの方が安いですし、継続使用するのなら経済的ですね。

プロペシア正規品・プロペシアジェネリックのお薬を購入予定の方から寄せられるよくある質問

Q1. プロペシアを服用し、効果が現れ始めたら使用を中断しても良いですか?

男性型脱毛症であるAGAの原因として男性ホルモンが影響しております。プロペシアはAGAの原因となる男性ホルモンDHAの生成を抑制することで薄毛を抑制し発毛を促します。発毛を実感するには毎日継続して6か月くらい使用しないと効果はあらわれません。しかし、効果があらわれ始めたからといって服用を中止してしまうとAGAは進行するものですので再びDHAは生成され薄毛が進行してしまいます。そのため、プロペシアを始めAGA治療薬は発毛効果が感じられる間は継続的に服用していくことが必要となります。

Q2. プロペシアやプロペシアジェネリックをたくさん飲めば早く効果が現れますか?

プロペシアやプロペシアジェネリックは毎日できるだけ同じ時間に1錠服用(含量が高い場合は調整)していくことが必要です。毎日継続して服用することで体内の有効濃度をできるだけ均一にし徐々に発毛効果を発揮します。一度に多量に服用をしても体内で処理しきれずに効果を発揮することなく体外へ排出されてしまうので効果はありません。逆に一時的な体内の高濃度状態が副作用を強く発症する可能性があります。プロペシアを始めAGA治療薬やED治療薬、女性用ピルなどは病気の治療を根治させるものではなく、体内環境を一時的に改善させるものになる生活改善薬です。そのため、服用をやめてしまうと再び薬剤の効果がない身体になります。ちなみにこのような理由から治療を根治させない改善薬のほとんどは、健康保険が適用できい自由診療となります。

Q3. プロペシヤやプロペシアジェネリックを使用した際にお酒を飲んでも平気ですか?

プロペシアやプロペシヤジェネリックの有効成分フィナステリドはアルコールとの相互作用は確認されておりません。しかし、フィナステリドを服用したときの副作用の中の重篤な副作用として肝機能障害の報告があります。そのため、フィナステリドの慎重投与の方として肝機能障害の患者が含まれております。アルコールを体内で分解する臓器は肝臓となります。そしてプロペシヤの有効成分であるフィナステリドを分解するのも肝臓となります。そのためアルコールを分解することに肝臓を使い過ぎてしまうとプロペシアを服用したちきに正常に分解されないおそれがあります。お酒が大好きで毎日飲まれている方には毎日服用することが必要なプロペシアとはそういった面では相性がよくないので、それぞれ時間帯をずらしてお酒を飲む、プロペシアを服用するなど工夫して服用しましょう。

Q4. キリンイエローの発がん性物質について、プロペシアの安全性は大丈夫ですか?

キリンイエローとは添加物の一種で食品や医薬品などの着色料として使用されるタール色素となります。日本では外用医薬品や化粧品などへの使用は認められていますが、食品への添加物としての利用はできないこととなっております。ちなみにヨーロッパでは1日の摂取量を0.5mg/kgまでとされております。しかし、キリンイエローが発がん性物質だという報告はなく証明されておりません。おそらくタール色素ということでダバコに含まれるタールと関連して発がん性物質だと噂が広まったものでしょう。キリンイエローの使用で有名になったのがプロペシアのジェネリック医薬品である「フィンペシア」で使用されていたことでした。フィンペシアはプロペシアより価格が非常に安く通販で一番の人気でした。しかし、このキリンイエローの噂により一気に下落し他のプロペシアジェネリックにポジションを奪われてしまいました。実際にフィンペシアに含まれるキリンイエローの量であれば問題ないとは思いますが現在はキリンイエローを使用していないフィンペシアも出始めたことで問題は収束されていきました。ちなみにプロペシアには使用されておりませんので特に心配することはないでしょう。

Q5. プロペシアとミノキシジルを併用しても平気ですか?

プロペシアもミノキシジル製剤もどちらも薄毛治療に効果のあるAGA治療薬です。ほとんどの医薬品は同じ効果のあるものを同時に使用することは作用が強くなってしまい副作用の心配があるためできないことが多いのですが、プロペシアとミノキシジルは作用機序が違うため併用しても問題はかく、逆に相乗効果によって発毛効果がさらに発揮される可能性が高いです。プロペシアは薄毛の原因であるDHAの生成を抑制させることが薄毛を改善させるものですが、ミノキシジルは血管拡張作用により毛母細胞を活性化させるものですので特に作用が重なることはありません。しかし、ミノキシジルの場合は外用タイプと錠剤タイプがあり、錠剤タイプはそもそもの副作用が強いため、初めて併用される場合は外用薬のミノキシジルから使用し、症状を確認してミノキシジルの錠剤に変更されることをお勧めします。