低用量ピル(低容量ピル)を即日発送の通販で購入可能!!様々な種類のピルを通販中で、確実に避妊効果のある正規品しか販売しておりません。低用量ピルの中でも大人気のトリキュラーは2000円以下の値段で購入でき、効果や副作用も細かく明記しています。

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬の商品一覧

triquilar

トリキュラー

¥2,000(税込)

loette

ロエッテ 0.10mg+0.02mg

¥3,330(税込)

yasmin

ヤスミン 3mg+0.03mg

¥3,610(税込)

novelon

ノベロン 0.15mg+0.03mg

¥2,970(税込)

diane35

ダイアン35 2mg+0.035mg

¥2,750(税込)

ginette35

ジネット35 2mg

¥3,420(税込)

ovrall

オブラルL 0.15mg+0.03mg

¥3,130(税込)

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬のお薬の医薬品ランキング

 

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬というジャンルに分類される医薬品の特徴

こちらは楽天やamazon、薬局などでは市販されていない低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬の商品一覧ページです。低容量ピルは産婦人科やレディースクリニックで処方をしてもらえますが、経口避妊薬という飲むタイプのお薬は毎日飲み続けないといけないので、受診を頻繁にするのが煩わしいと感じる女性も少なくありません。病気ではないのに通院するのが嫌な方、忙しくて通院する事が出来ない方、誰にもバレずに妊娠を避けたい方、診察で避妊の話や生理の話をするのが嫌な方。そんな輝く女性のお役に立つために、当サイトは安心して服用出来る安全な低容量ピルを個人輸入するお手伝いをしています。先ほど挙げた様々な理由によって、個人輸入代行サイトを介して通販で低用量ピルをご購入する女性はとても多く増えているのが現状になっています。経口避妊薬は避妊だけに効果がある訳ではなく、女性ホルモンの量を安定させる効果もあり、生理を軽くしてくれる効能もあります。当サイトで販売している低容量ピル・避妊薬は平均して3000円以下の価格で通販にてご購入して頂く事が出来るので、少しでも安く低容量ピルを購入したい女性に有り難い事に良くご活用して頂いております。また、低容量ピルの避妊成功率はアフターピルの99%とは違い、ほぼ避妊成功率100%と言われているので、安心してお使い頂きたいです。

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬のお薬をお探しの方がよく検索するキーワード

低用量ピル(低容量ピル)や避妊薬は様々な種類が販売されています。 低用量ピルを通販などで購入される際によく検索されているキーワードは『低用量ピル 通販』や『低用量ピル 値段』『低用量ピル 価格』などで、中には『低用量ピル 通販 危険』と調べる方もいらっしゃいます。確かに通販サイトの中には詐欺サイトや偽物のピルを送り付けてくる個人輸入代行サイトもありますので注意が必要で、正規品の本物しか販売していない個人輸入代行サイトを見極めないといけません。当サイトはメーカー保証付きの正規品しか扱っておりませんので安心して通販購入をして頂けますが、極端に安かったり、激安の低用量ピルを販売しているサイトにはくれぐれもご注意下さい。 低用量ピルは効果についてもよく検索されていて『低用量ピル 効果』や『低用量ピル 効果 いつから』『低用量ピル 避妊効果 いつから』など避妊効果というワードを複合してよく検索されている傾向にあります。また、低用量ピルの副作用を詳しく検索する方も多く『低容量ピル 副作用』や『低用量ピル デメリット』『低用量ピル 不正出血』などのキーワードでよく検索されています。 その他でも『低用量ピル 生理 ずらす』や『低用量ピル 生理こない』に始まり、太る、痩せる、生理痛、吐き気、にきび、消退出血、子宮筋腫、眠気、肌荒れ、おりものの変化、むくみ、イライラ感などのワードと一緒に低用量ピルという言葉を検索する方も多くなっている傾向にあります。副作用が出るのは個人差もありますのでこちらで紹介している全ての副作用が出るという訳ではありませんのでご安心下さい。 低用量ピルの通販や購入方法、効果、副作用以外でよく検索されているキーワードは飲み方や使い方などが挙げられます。『低用量ピル 飲み方』や『低用量ピル 飲み忘れ』『低用量ピル 飲み始め』など、低用量ピルを初めて飲む方は飲み方などが複雑で分からない事から検索されている傾向にあるといえます。主に性行為を行い、中だしをされないと妊娠する事はありませんが、低用量ピルは飲み方さえ間違えなければ避妊効果は高いと言われています。 低容量ピルの種類も様々あり、特徴もピルによって違いますが、その中でも体験談や口コミ、ランキングでいつも上位になってる『トリキュラー』や『ヤーズ』が有名で、個人輸入代行サイトの中でも当サイトは最安値の価格で通販購入が可能になっています。

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬のお薬に関する歴史や称号(呼び名の由来)

1950年代に世界的に経口避妊薬の研究が盛んになり、経口避妊薬の承認前に月経異常や子宮内膜症の治療薬としての承認が最初でした。1960年に高用量配合剤が経口避妊薬として初めてアメリカで認可されましたが、日本では先述のような生理困難症治療薬として使用され避妊薬ではまだ認可されておりませんでした。このころは高用量ピルであったため副作用のリスクが高かったことから1973年に低用量ピルが開発され現在まで第4世代まで開発が進んでおりそれぞれの代で成分が異なっております。日本で低用量ピルが認可されたのは1999年と国連加盟国では一番遅い承認でした。その後2008年には低用量ピルが月経困難症の治療薬として認可されております。

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬のお薬を使用される方の年齢や性別

低用量ピルを使用することで女性ホルモンのバランスを調整することで避妊の効果を発揮します。そのため男性には使用できない医薬品となります。女性では初潮が始まった頃から閉経までの妊娠の可能性のある方が使用します。医療機関では未成年の使用に際しては親の承諾書が必要な場合があり、また、月経の安定していない15歳未満の方には処方が難しくなっております。年齢が高い方で煙草を吸われている方は副作用のリスクが高くなります。そのため、35歳以上の方で煙草を1日に15本以上吸われる方などは使用に際し十分に注意しできれば禁煙を行ってから使用するようにしましょう。また、妊娠中や授乳中、妊娠の疑いのある方は使用を控えるようにしましょう。

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬のお薬の効果効能・効き目接続時間等

低用量ピルは1回に服用する女性ホルモンの量を減らすことによって副作用を抑制したホルモン剤となります。そのため避妊効果を持続するためには毎日継続して服用することが必要となります。できるだけ同じ時間で服用することが望ましく、12時間以内のずれならば問題がないでしょう。遅くなりすぎると不正出血を起こす可能性があります。24時間以内の服用忘れであれば忘れた分をその時に服用し、次にいつもの時間にもう1錠服用すればその後も継続することが可能ですが、24時間以上服用を忘れてしまった場合は避妊の効果が薄れてしまうので一度服用を中止し、次の月経開始から新しいシートで再開したほうがよいでしょう。開始時は基本、生理初日に合わせて服用することになります。飲み忘れ防止などで日曜日からなど月経初日以外から服用を開始したりすることもあります。月経初日以外に服用を開始した場合、開始1週間は避妊の効果が得られないためコンドームなどを併用するなど避妊を行う必要があります。

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬のお薬に含まれる主成分や主な有効成分

低用量ピルは販売開始時期や使用する成分によって第一世代~第四世代まであります。世代が進むにつれて新しい成分が開発され、女性ホルモンの量もより少ない超低用量ピルなどが開発、販売されております。しかし、世代が新しいから良いというものでもなく、世代が古いものの方が販売実績も長いことが人気があったりとご自身にあった成分を選ぶことが重要です。第一世代は1960年代から使用されており、黄体ホルモンである「ノルエチステロン」を使用しております。黄体ホルモン量が多めですが男性化症状が少ないためアメリカでは主流となっております。第二世代は「レボノルゲストレル」という新しい黄体ホルモンと「エチニルエストラジオール」という卵胞ホルモンを使用したものです。副作用を抑えるため、第二世代から低用量化が始まりました。男性化症状があるため、それを抑えるために2相性や3相性などホルモン量を変化して服用するタイプが多いです。販売実績もあることから日本では人気の世代となっております。第三世代は男性化症状を抑えた「デソゲストレル」や「ゲストデン」という黄体ホルモンを使用しており、過去世代の弱点を克服したものとなります。第四世代は「ドロスピレノン」という黄体ホルモンを使用しております。ホルモン量をさらに超低用量化し副作用を抑えた新しい世代となっております。

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬に関するお薬の説明

低用量ピルは各世代によって黄体ホルモンの種類や配合量が異なっているため、自信にあったものを選ぶことが重要です。また、各世代ジェネリック医薬品も多数選ぶこともできます。第一世代は「オーソ」「ルナベル」などが代表格でしょう。販売実績の長さと喫煙者でも服用しやすい点があります。第二世代も販売実績が長く人気も高いです。「トリキュラー」は特に有名で「ロエッテ」なども第二世代となります。第三世代では全ての世代で人気の高い「マーベロン」「ダイアン」などが有名です。またそれに合わせてジェネリックも多数存在しております。第四世代では「ヤーズ」「ヤスミン」などが有名な商品名として販売されております。低用量ピルは世代ごとに使用する黄体ホルモンが異なりますが、その他、2相性や3相性など1錠のホルモン量が異なっており飲む期間が違うタイプのものもあります。

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬に関するお薬の一般的な飲み方や服用方法

一般的な服用方法は21日間毎日服用するタイプが多いです。21日間服用しその後7日間薬を服用しない休薬期間を設けその後新たに新しいシートを服用していきます。休薬期間後に服用を忘れることがあるため、7日間成分が入っていない偽薬を服用することで毎日服用する28日間タイプもあります。また、2相性、3相性タイプの場合は薬剤に含まれるホルモン成分が異なることで副作用を抑えたものとなりますが、服用時期が決まっているため必ず順番通りに服用することが必要となりますので、シートに書かれている順番に服用し間違えないようにしましょう。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬のお薬の注意点・報告されている副作用等

体内のホルモンバランスを整うまでは吐き気やおう吐、頭痛などの副作用があります。服用を継続していくことで徐々に副作用は治まっていきます。重篤な副作用として血栓症があります。喫煙を行っていると血栓症のリスクが高まりますのでできるだけ禁煙を意識しましょう。健康的な体重以上の場合も血栓症のリスクは上がります。体調不良が強い場合は医師に相談をするようにしてください。また、他のお薬を使用している場合、ピルの作用を弱めたり逆に強く働くことで副作用が強くなる場合もあるため、飲み合わせには注意し医師に確認を行うことなどをしましょう。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な副作用や注意点をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬のお薬を使用する方の症状

低用量ピルは主に妊娠を回避するために使用する医薬品となります。排卵が起こる時期に性行為によって精子と卵子が受精し子宮内膜に着床することで妊娠します。そのため1回の生理周期には妊娠しやすい時期としにくい時期があります。低用量ピルを使用することで体は疑似妊娠状態となります。そのため妊娠しにくくなり、妊娠を回避します。低用量ピルは避妊薬以外にも効果があり、生理痛の緩和などにも効果があります。これはピルに含まれる女性ホルモンが子宮内膜の増殖を抑えるため子宮の収縮なども抑制されます。経血量も減りまれに出血が起こらないこともあります。低用量ピルを服用したからといって不妊症にはならないので安心してください。

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬のお薬を使用する方の病名

避妊目的以外にも低用量ピルを使用されます。月経困難症はひどい生理痛で日常生活が困難となってしまいます。子宮内膜のプロスタグランジンという物質が子宮の収縮と痛みに作用します。低用量ピルは子宮内膜の増殖を抑えるためこのプロスタグランジンの生成も抑制され痛みが軽減することに効果があります。また不妊症を合併しやすい子宮内膜症の予防にも繋がります。不妊症の方は子宮内膜症を併発している場合が多く、低用量ピルを服用している間は妊娠はできませんが、子宮内膜症を治療し服用を中止すれば妊娠を行うことが可能となります。低用量ピルは保険適用外になるため自由診療となりますが、月経困難症や子宮内膜症の治療に用いる場合は保険が適用されることとなります。

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬のお薬を製造しているメーカーや製薬会社の特徴

低用量ピル(低容量ピル)や避妊薬を主に製造している製薬会社(メーカー)は国内でも海外でもたくさん存在しています。例えば低用量ピルの中でも有名なトリキュラーは『シェリング(Schering)』という製薬会社で製造販売されています。シェリング(Schering)はトリキュラーの他にもダイアン35やヤスミンなどの低用量ピルも販売しています。その他には『オルガノン(Organon)』という製薬会社も有名です。オルガノン(Organon)はノベロンやフェミロンといった低用量ピルも販売しています。『ワイス(Wyeth)』はオブラルLやロエッテという低用量ピルを製造販売している製薬会社で、ここで紹介した殆どの会社は避妊薬の製造販売に力を入れています。

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬のお薬を使用した方の口コミや体験談、評判、感想等

低用量ピルって本当に便利ですよね。生理の周期もコントロールできるし、生理痛も痛くなくなるしずっとピル使ってます。長期で飲んでると不安も出てくる事ありますが、避妊もできるし女性ホルモンも含まれてるのでピルを飲んでなかった時に比べてお肌の質も全然変わってます。女性ホルモンを取る為だけにピルを飲んでる人もいるくらい。私がピルを飲み続ける理由は女性の悩みの中でも色々な事に効果があるから飲んでます。一石二鳥というか得な事しか無いと思う。ピルを飲んでたら体に悪いとか思われがちですけど、将来ちゃんと妊娠もできるし、副作用も少ないからこれからもピル無しでは生きていけないかもしれません。あとは通販で買えてしまうので病院にいって処方受けなくても良いのがポイントです。

低用量ピル(低容量ピル)・避妊薬のお薬を購入予定の方から寄せられるよくある質問

Q1. 低用量ピルを飲んでいれば性感染症(性病)を防ぐ事はできますか?

低用量ピルとは女性ホルモンである成分を少量ずつ服用することで身体を疑似妊娠状態にして妊娠を回避する薬剤となります。その他、生理痛の減少、生理周期の安定などの女性にはうれしい副効果がありメリットが大きいのですが、性病を防ぐ効果はありません。性病の原因は性行為によって微生物が感染することによって起こります。そのため、ホルモンバランスを変化させる低用量ピルには感染した微生物を殺菌させる効果ありません。性病を防ぐには性行為を行わないことが一番ですが、不特定多数の異性と性行為を行わないことやコンドームを使用し病原菌を防止する、性行為前にシャワーを浴び清潔にするなどが予防法となります。また、性病の症状が出てしまった場合は症状により真菌薬や抗ウイルス薬などを使用して治療を行いましょう。早期治療を行うことでパートナーへの感染予防にもなります。

Q2. 低容量ピルを服用していますが、生理が来ません。何故ですか?

低用量ピルを服用しているのに生理が来ないことは良くあります。低用量ピルを服用することで子宮内膜が生成されるのを抑制することとなります。そのため、生理時に出血が少なくなり、人によっては全く出血がないこともあります。このことを「生理が飛ぶ」と言います。健康な方でも普通にみられることですのであせらないようにしましょう。焦って低用量ピルの服用を中止してしまったり、多量に服用してしまってはその後の避妊効果や副作用の影響が考えられますので落ち着いて行動をしましょう。しかし本当に生理が飛んだ現象なのかはわかりません。念のために妊娠検査薬での確認や医療機関で相談することを行いましょう。また、妊娠してしまった場合の原因としては、生理初日に合わせて服用していない場合(サンデースタートなどのは服用開始2週間は妊娠の確率が高まります)、毎日服用しなかった場合、ホルモン量を変化している3相性などの低用量ピルを順番に服用しなかったなどが考えられます。

Q3. ヘビースモーカーですが、低容量ピルを飲んでいる時に煙草は吸っても良いですか?

タバコと低用量ピルはとても相性の悪いものとなります。そのため低用量ピルを使用する場合はできるだけ禁煙を行い本数を減らしましょう。医療機関や低用量ピルの添付文章でも1日15本以上の煙草を吸う方の低用量ピルの使用は禁忌(特に35歳以上)となっております。低用量ピルと煙草を併用するで心筋梗塞などの心血管系疾患の影響が高くなります。また、低用量ピルの重大な副作用のひとつである血栓症のリスクも高まります。血栓症とは血管内に血栓ができ血液の流れを止めてしまう症状を言います。血液が流れなくなることで脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。もともと煙草は身体に良くないものです。10万人に対する死亡率で健康な方のピルが原因とする死亡率を1とすると、煙草が原因の死亡率は167と圧倒的に高いです。ご自身の健康のため、できるだけ禁煙を行ってから低用量ピルを服用するようにしましょう。

Q4. 1歳の子供がいるのですが、授乳中です。ピルを服用中に授乳はできますか?

ピルに含まれる女性ホルモンであるエストロゲンには女性らしい身体を形成するのに必要なホルモンですが、母乳の出を悪くしてしまう作用があります。また、母乳からピルに含まれる成分が乳児に移行され黄疸や乳房肥大などを起こす可能性があります。そのため母乳で育てている間の避妊には別の方法で避妊することをお勧めします。また、完全に母乳を与えていない場合は出産後3週間経過後からピルを服用することが可能となります。

Q5. 低容量ピル以外の避妊方法は何かありますか?

一般的に一番利用されている避妊方法はコンドームの使用だと思います。男性性器に装着することで使用する男性側の避妊道具といえます。気軽に購入しやすく性病予防にもなりますが、男性側の協力と破れるなどの避妊失敗などのリスクがあります。しかし、その他にも避妊方法は存在します。女性用コンドームは膣内に装着することで避妊効果を発揮しますが、男性コンドームより価格が高く違和感が大きいため現在ではあまり使用されておりません。もうひとつ避妊リングというものもあります。避妊リングは子宮内に装着することで受精卵の着床を防ぎ数年間避妊効果があります。また、ピルのように毎回薬剤を服用することはないので管理が楽です。避妊リングを除去すればまた通常に妊娠することが可能です。しかし、5年間で2%未満の妊娠確率であるため100%の避妊効果はありません。また、装着・脱着は医療機関でする必要がありコストも掛かります。性病の予防もできませんので欧米に比べればまだまだ普及率は低いです。