クラミジアや淋病(りん病)などの性病の症状は通販購入が可能な抗生物質で治療出来ます!!薬局で市販されていないクラミジアの治療薬を即日発送でお届け中!!性病をバレる事なく完治・治療したい方が多く購入されている安心・安全な医薬品通販サイトです。

ヘルペス治療薬

valtrex

バルトレックス 500mg

¥5,670(税込)

valcivir

バルシビル 1000mg/500mg

¥1,990(税込)

ヘルペス治療薬のお薬の医薬品ランキング

 

ヘルペス治療薬というジャンルに分類される医薬品の特徴


こちらはヘルペス治療薬の商品一覧ページです。ヘルペスは一概に性病とは言えず、色々な種類があります。先ず、単純ヘルペスウイルス1型と呼ばれるヘルペスの症状は「口唇ヘルペス」や「ヘルペス性歯肉口内炎」「カポジ水痘様発疹症」などがあります。そして単純ヘルペスウイルス2型が性病のジャンルに入る「性器ヘルペス」と呼ばれており、その他には帯状疱疹ウイルスや水痘などがあり、有名な水ぼうそうや帯状疱疹もヘルペスのカテゴリーに入ります。ヘルペスという感染症は誰にでも感染してしまう可能性がある身近な病気と言われており、最も多い症状としては唇の周辺に水泡(ブツブツ)ができてしまう「口唇ヘルペス」と男女の性器周辺にできる「性器ヘルペス」があります。ヘルペスの症状はブツブツができ、赤い水膨れになったり、痛みを伴うかゆみが出たりします。身体が疲れている時や免疫が低下しているとすぐに再発をする可能性もありますが、感染初期に治療を進める事で治りは比較的早いと言われています。当サイトで通販購入が出来るヘルペスの治療薬は業界でも最安値の値段で販売しておりますので、病院に行く時間が無い方や感染症を誰にも知られる事なく治療したいという方を当サイトは応援しています。

ヘルペス治療薬のお薬をお探しの方がよく検索するキーワード


薬局や市販では販売されていないヘルペスの薬を検索されている方はどのようなキーワードでよく検索をするのでしょうか?

先ずヘルペスには様々な種類が存在しています。ヘルペスウイルスは主に・単純ヘルペスウイルス1型・単純ヘルペスウイルス2型・水痘、帯状疱疹ウイルスの三つに分けられます。単純ヘルペスウイルス1型の中でも有名なのは口唇ヘルペスで唇の周りにできるヘルペスです。その為に『ヘルペス 唇』や『ヘルペス 口』『ヘルペス 鼻』『ヘルペス 顔』など、部位でのキーワードが良く検索される傾向にあります。

次の単純ヘルペスウイルス2型では主に性器ヘルペスなどがあります。性器ヘルペスは性器にできるヘルペスで『ヘルペス 陰部』や『ヘルペス おしり』などのキーワードがよく検索されています。そして最後に水痘、帯状疱疹ウイルスです。こちらは帯状疱疹や水ぼうそうが主で『ヘルペス 帯状疱疹』や『ヘルペス 水ぶくれ』『ヘルペス 水疱瘡』『ヘルペス 水泡』などとよく検索されています。

ヘルペス薬を病院の産婦人科で処方して貰う以外の方法としては、当サイトのような海外医薬品の個人輸入代行サイトから通販で購入する方法があります。その際によく検索されているのは『ヘルペス薬 通販』『ヘルペス薬 値段』などです。ヘルペス薬は市販薬では販売されておらず、薬局や市販では売っていません。ヘルペスの症状として一番重いといわれているのはヘルペス脳炎で急性の脳炎として知られています。

誰にでもかかる感染症としても有名なので『ヘルペス 脳炎』と調べる方はとても多いです。ヘルペスを早く治す方法としてはヘルペスの飲み薬を服用しますが、塗り薬も存在しています。基本的には飲み薬となる抗生物質などで治すのですが、ヘルペスを潰す方もいるので、跡が残ったりもしてしまいます。その際はニキビと同じように塗り薬を使用すると跡が消えたりするので効果的と言われれています。

また、口唇ヘルペスの感染経路はキスからでも簡単にうつるので注意が必要です。元々感染力が強いので直接的に接触をしただけではなく、ヘルペスウイルスがついたコップやタオルなどからでも感染してしまいます。その為、ヘルペスの症状が出ている方との接触は避けた方が良いと言われています。ヘルペスの再発に関しては体が弱っているタイミングに再発しやすく、ストレスが溜まっている時や風邪をひいている時ほど再発しやすいです。そのため『ヘルペス 再発』や『ヘルペス 予防』といったキーワードもよく検索されています。

ヘルペス治療薬のお薬に関する歴史や称号(呼び名の由来)


ヘルペスはウイルスであるため、抗ウイルス薬を使用することで治療を行います。開発初期の段階の抗ウイルス薬はウイルスの増殖を抑えることだけえなく、人の細胞にも大きな影響を与えるものでしたが、「アシクロビル」の発見で人の細胞にほとんど影響を与えない「ウイルス特異的阻害薬」が開発されるようになりました。アシクロビルは1977年に発見され、現在でもヘルペス治療薬として使用されており、先述のように抗ウイルス薬の開発の発展に寄与しました。2007年には一般医薬品として外用薬として発売が開始され、アシクロビルのプロドラックとして「バラシクロビル」も登場しております。アシクロビルを使用した「ゾビラックス」の名前の由来は「Zoster(帯状疱疹)」と「Antiviral Agents(抗ウイルス剤)」から命名され、バラシクロビルを成分に持つ「バルトレックス」はアシクロビルのプロドラックという意味の「ACVのバリエステル」のValineから取って命名されております。

ヘルペス治療薬のお薬を使用される方の年齢や性別


ヘルペスの治療には性別に関係なく治療薬を使用することができます。しかし、使用する年齢には注意が必要です。高齢者が使用する場合は薬剤の成分排泄がスムーズに行われないことがあるためにできるだけ水分をしっかりと摂ることを意識しましょう。ヘルペスは子供も感染しやすい病気です。水痘や帯状疱疹などもヘルペスの仲間となりますのでペルペスと同じように治療を行っていきます。内服薬での使用は小児の性器ヘルペスの再発を抑制には40kg以下の小児には使用禁忌となっているため外用薬か医師に従って対応する内服薬を使用することになります。妊娠中の人が内服薬を使用する場合は注意が必要です。服用に際しては40kgの小児と同じように医師に相談することをお勧めします。

ヘルペス治療薬のお薬の効果効能・効き目接続時間等


クリームタイプの外用薬の場合は1日に数回水ぶくれが起きている患部に直接塗布します。通常、水ぶくれが出来た後は2週間ほどかかるところを半分の1週間ほどで患部を治癒させることができます。水ぶくれができた直後やひりひり感を感じた水ぶくれができそうな患部に塗るとより早期治療を行うことができます。内服薬の場合は症状が現れた、または感じたときに服用することになります。薬剤の効果は6時間~12時間ほどとなりますので、1日に2回~5回ほど服用することとなります。「アシクロビル」を有効成分に持つものは1日最大5回服用となり、「バラシクロビル」を有効成分に持つものは薬剤持続効果が長いため1日最大3回ほどとなります。5日ほど服用を継続していくことで症状が緩和していきます。もし症状の緩和がみられないときは医師に相談しましょう。「バラシクロビル」では性器ヘルペスの再発抑制にも使用できますが、ウイルスが活性化しないように長期的に使用することとなります。

ヘルペス治療薬のお薬に含まれる主成分や主な有効成分


ヘルペスや帯状疱疹などの治療薬の有効成分は「アシクロビル」と「バラシクロビル」を使用します。「アシクロビル」はヘルペス治療に一般的に使用される成分です。ウイルスが感染している細胞内に侵入しウイルスが増殖することを抑制させます。帯状疱疹の患者さんへの臨床試験では半年後に痛みが残っている人の割合が半数に減少したという報告があります。副作用も少ないので幅広い年齢に対応する成分で内服用のほか、塗り薬や注射薬などもあります。「バラシクロビル」は代2世代抗ウイルス薬でアシクロビルのプロドラッグとなっております。プロドラックとは服用し体内で活性化される成分のことで、より成分が持続しやすくなります。そのため、バラシクロビルは体内でアシクロビルに変換されることでより吸収効率がよくなり服用する回数がアシクロビルより少なくてすみます。どちらの薬剤も白色~薄い黄色のような粉末状で味は少し苦味があります。内服薬は錠剤のカタチで飲みやすくしてあります。

ヘルペス治療薬に関するお薬の説明


アシクロビルを有効成分にもつ医薬品や2007年に一般用医薬品としてヘルペシア軟膏などが発売されました。一般医薬品での購入の場合は再発を目的にして購入することとなります。あ「アシビルクリーム」も同様となります。内服タイプでは処方箋医薬品として「ゾビラックス」が発売されており、ジェネリック医薬品も多数あります。「アシビル」などもジェネリック医薬品となります。バラシクロビルを有効成分にもつものも処方箋医薬品として内服タイプが発売されております。「バルトレックス」や「バルシビル」などが内服タイプとなります。アシクロビルを有効成分にもつ治療薬よりバラシクロビルを有効成分に持つ治療薬のほうが服用回数が少ないため飲み忘れ防止になりますが薬剤が高いためどちらが有効に使用できるかご自身の症状などに合わせて使い分けましょう。

ヘルペス治療薬に関するお薬の一般的な飲み方や服用方法


外用薬の使用は1日に3回~5回ほど水ぶくれが出来ている患部に直接塗布してください。またはヒリヒリやピリピリと感じている箇所に塗布します。患部に直接触って塗布した場合は手をしっかりと洗うことで感染防止になります。内服用を服用する場合は「アシクロビル」を有効成分にもつ治療薬は単純疱疹の場合は1回200mgを、帯状疱疹の場合は1回800mgを1日5回服用します。小児の場合は体重1kg/20mgを1日4回単純疱疹の場合は最大200mg、帯状疱疹の場合は最大800mgとして使用します。「バラシクロビル」を有効成分にもつ治療薬は単純疱疹の場合は1回500mgを1日2回、帯状疱疹の場合は1回1000mgを1日3回服用します。体重40kg以上の小児には大人と同様に使用します。
※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

ヘルペス治療薬のお薬の注意点・報告されている副作用等


成人の性器ヘルペスの再発抑制に使用する場合は「バラシクロビル」を有効成分にもつ治療薬を使用し、小児の性器ヘルペスの再発抑制に使用する場合は40kg以下の小児には使用しないようにしてください。高齢者が使用する場合は適切に水分補給を行い、薬剤の服用感覚を調整するようにしましょう。副作用の頻度は少ないですが、重大な副作用としてはアナフィラキシーショック、精神神経障害、肝機能障害などがあります。一般的は副作用としてはめまいや頭痛、発疹、消化不良などがあります、体調が優れなくなったときは医師に相談をするようにしてください。
※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な副作用や注意点をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

ヘルペス治療薬のお薬を使用する方の症状


ヘルペスに感染すると水ぶくれが大量にできます。感染場所にや症状によってウイルスが違いウイルスの種類は8種類あり体のいたるところに発症します。主に有名なものに唇や唇の周りにできる口唇ヘルペスや性器にできる性器ヘルペス、体の全体にできる帯状疱疹などがあります。通常は水ぶくれができる前に患部がヒリヒリやピリピリと疼き出します。その後水ぶくれが発症し徐々に数が増えていきます。その後つぶれて瘡蓋となり2週間ほどで治癒していきます。しかし、初めての感染の場合は重症化することも多く、発熱も伴ったりリンパ節が腫れて痛みを伴ったりします。性器ヘルペスの場合は排尿が困難になったりもします。繰り返し再発しやすく、疲労の蓄積や体調不良など体の免疫が下がったときに症状が出やすくなります。再発を繰り返すと徐々に重症化は抑制され、再発の回数も減っていきます。成人だけでなく、子供や高齢者なども感染しやくい病気となります。

ヘルペス治療薬のお薬を使用する方の病名


ヘルペスはウイルスの種類によって発生個所や病名が変わってきます。単純ヘルペスウイルスのⅠ型は「口唇ヘルペス」「角膜ヘルペス」などがあります。単純ヘルペスウイルスのⅡ型は「性器ヘルペス」、水痘・帯状疱疹ウイルスは「水ぼうそう」や「帯状疱疹」などが一般的なものとなります。他にもエプスタイン・バーウイルス、サイトメガロウイルス、ヒトヘルペスウイルスの6、7、8、とあります。単純ヘルペスウイルスのⅠ型には日本人の70%以上の人が感染しており、性器ヘルペスなどのⅡ型なども10%近くが感染していると言われております。感染力が強く特に水ぶくれの中にはウイルスが大量に入っているため、水ぶくれがつぶれたときには他人に感染させないように注意しましょう。また、ヘルペスは完治できない病気と言われております。ウイルスは体の免疫が下がったときに発症をお越しますが、普段は神経細胞の憶測に潜んでおり、潜伏感染をしております。潜伏中のウイルスを完全に除去することは難しいため再発を繰り返しやすい病気となります。

ヘルペス治療薬のお薬を製造しているメーカーや製薬会社の特徴


口唇ヘルペスや性器ヘルペス、その他のヘルペスの種類に効果のある薬を製造している主なメーカー(製薬会社)はクラミジア・淋病の薬と同様に『シプラ(Cipla)』という製薬会社になります。その他には抗生物質のゾビラックスやバルトレックスを製造・販売している『グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline)』があります。グラクソ・スミスクラインという製薬会社はイギリスはロンドンに本社を置いている製薬メーカーです。国内にも日本法人であるグラクソスミスクライン社があり、その中でも有名な商品はシュミテクトやポリデントやポリグリップで、鼻孔拡張テープとして有名なブリーズライトなども販売、製造しています。

ヘルペス治療薬のお薬を使用した方の口コミや体験談、評判、感想等


30代の女子ですけど大体体調を崩すと口唇ヘルペスになってしまいます。これは昔からで免疫力が低い事も関係してると思います。唇の周りとかに赤い水ぶくれみたいなのができて痛かったりかゆくなってたりするんですが、飲み薬が良いのか塗り薬が良いのかずっと迷ってました。結果、アシビルクリームという塗り薬を通販で購入したんですがヘルペスがある所に夜寝る前に塗っておくと1週間くらいで治りました。ヘルペスの飲み薬は飲んだ事ないですが、ヘルペスと言ったら性病のヘルペスが先ず思いつくと思います。性器ヘルペスを治すには飲み薬が良いと思います。(私が使っていたアシビルクリームも使えるみたいです。)ヘルペスはよく予防をしておかないと結構な確率で再発してしまうので、普段からストレスとか疲労には注意して生活しています。

ヘルペス治療薬のお薬を購入予定の方から寄せられるよくある質問

Q1. 代表的なヘルペスウィルスの種類と主な病気を教えて下さい。

ヘルペスは体に水ぶくれが集まった状態のことでさまざまな場所に感染します。人間に感染するヘルペスは8種類存在し代表的なものに唇の周り、角膜や口内など顔の粘膜中心に口唇ヘルペスが代表的な症状となる「単純ヘルペス1型」、性器に感染する性器ヘルペスとなる「単純ヘルペス2型」、水ぼうそうや帯状疱疹など体全体に現れる「水痘・帯状疱疹ウイルス」、肺炎や網膜炎などの「サイトメガロウイルス」などがあります。ヘルペスウイルスは誰にでも感染している一般的なウイルスで単純ヘルペス1型は70%、2型は10%弱の方が感染していると言われております。ヘルペスウイルスは現代の最先端医療でも完治ができる病気ではなく、一生付き合っていく病気となります。再発した場合の重症化を防ぐために治療薬を使用して早期治療を行うことが一番です。

Q2. 性器ヘルペスは女性と男性の場合では症状が変わりますか?

性器やお尻周辺に水ぶくれができる性器ヘルペスは単純ヘルペス2型となります。性行為によって感染しやすく4日~10日の潜伏期間を経て発症します。初感染時は女性のほうが重症化しやすいので注意しましょう。男性では亀頭や陰茎に発症する場合が多く肛門の周囲や太ももなどにも水ぶくれを発症します。はじめはヒリヒリ感などを感じその後かゆみを伴った水ぶくれがでます。水ぶくれが破れて潰瘍ができるとしみたり痛みを伴います。女性の場合は外陰や膣の入り口やおしりに発症しやすく、子宮頸管や膀胱など内部にも発症する場合もあります。水ぶくれができ強い痛みを伴うことがあり排尿が困難な場合もあります。性器ヘルペスを発症した場合は1年以内に80%ほどと高い確率で再発をします。体調管理に気を付け再発した場合に早期治療できるように準備しておくことがよいでしょう。

Q3. ヘルペスが再発する兆候ってありますか?ヘルペスの予防をしたいです。

ヘルペスは一度発症した後、身体に免疫ができても再発を繰り返しやすい病気です。ヘルペスウイルスが体内に入り込むと神経細胞に潜伏し潜伏感染を行います。普段は何も悪影響を与えないのですが、風邪を引いたりストレスなどで体内の免疫力が弱くなると一気に活性化され再発を行います。特に女性はホルモンバランスが整いにくいことが多いため注意が必要です。再発する前には患部がムズムズと疼きだし水ぶくれができる感じがだんだんと強くなります。1日~3日ほどで水ぶくれとなり再発します。再発を繰り返していくと次第に症状は緩和しやすいですが、アトピー体質などの方は重症化する可能性もありますので注意しましょう。風邪やストレス、ホルモンバランス以外にも紫外線や極度の疲労、寝不足なども再発する誘因となりますので、生活習慣の改善をすることがヘルペスの予防にも繋がります。

Q4. ヘルペスはどのようにして他人に感染してしまうのでしょうか?

ヘルペスは感染力が強い病気で、直接手に触れたり患部に触れる、キスするなどの直接感染だけでなく、使ったタオルやコップなどの間接的にも感染します。特に水ぶくれができているときは多量のウイルスを患部に保持しているため感染力が高く、水ぶくれが破れた患部や液を触れた場合は手洗いをきちんと行わないと数時間後に感染する可能性が高いです。症状が出ていない場合でも唾液や体液にウイルスが紛れ込んでいることがあり、キスや性行為でパートナーに感染することもあります。肌に傷や湿疹があったり、アトピー性の方や風邪を引いているなどの方はさらに感染しやすい状態でもあります。免疫を持っていない方や皮膚の免疫が弱いアトピー性の方は重症化しないように注意が必要です。

Q5. ヘルペスの外用薬と飲み薬ではどちらの方が効果は高いですか?すぐに治したいです。

ヘルペスの早期治療を考えている場合は外用薬と飲み薬を併用するほうが良いでしょう。外用薬の使用は再発レベルが頻繁でない方が症状をそれ以上広がらないように抑制するために使用します。患部に一日数回塗布することで水ぶくれを抑制しウイルスを拡散することも予防します。使用後はウイルスを拡散させないように手をきれいに洗いましょう。内服薬の場合は神経細胞内のウイルスにも効果があるため、ウイルスの増殖を抑制し重症化を防ぎます。特に内服薬はムズムズ感など発症する予兆段階で使用することで早期回復に繋がります。また、1年に何度も再発を繰り返してしまう方には「再発抑制療法」としてバルトレックスを飲み続けることで症状があらわれる前にウイルスの増殖を抑え再発を予防する方法もあります。