クラミジアや淋病(りん病)などの性病の症状は通販購入が可能な抗生物質で治療出来ます!!薬局で市販されていないクラミジアの治療薬を即日発送でお届け中!!性病をバレる事なく完治・治療したい方が多く購入されている安心・安全な医薬品通販サイトです。

クラミジア治療薬・淋病(りん病)の商品一覧

クラミジア治療薬・淋病(りん病)のお薬の医薬品ランキング

 

クラミジア治療薬・淋病(りん病)というジャンルに分類される医薬品の特徴

こちらのページはクラミジア治療薬・淋病(りん病)の商品一覧ページになっており、当サイトでは薬局には市販されていない病院でも処方される効果の高い抗生物質を取り扱っております。クラミジアや淋病という性病は性行為をした際に原因菌に感染をしてしまう事で発症する感染症です。自覚症状が軽いので腹痛や排尿痛など、女性の場合はおりものが増える傾向にありますが、気が付かない事も少なくはなく、クラミジアや淋病に感染していると知らずにパートナーに感染させてしまう事が多くなっています。クラミジアや淋病という性病は感染初期時、重症になる前に治療をする事で経口抗菌薬や抗生物質などの内服で簡単に治療する事が出来てしまいます。クラミジアや淋病は放っておいても自然治癒はしませんし、症状が進行してしまう事で女性は不妊症に繋がる危険性もありますので注意が必要です。当サイトではクラミジアや淋病の性感染症で悩んでいる方にとても効果的な抗生物質を業界最安値の価格で通販しております。有名な『レボフロックス』や『クラビットジェネリック』は2000円以下でご購入が出来るのでとてもお勧めの商品になっており、即日発送でお届けが可能なので、病院に行かずに誰にもバレる事なく性病を治したい方は是非当サイトのご利用をお待ちしております。

クラミジア治療薬・淋病(りん病)のお薬をお探しの方がよく検索するキーワード

クラミジア治療薬や淋病(りん病)治療薬を探す際によく検索されているキーワードはたくさん存在しています。 クラミジアと淋病を比べると、圧倒的にクラミジアの事を調べる方が多く、さすが国内で一番感染者数の多い性感染症という事が分かります。主にクラミジアの症状をよく検索されており『クラミジア 症状』や『クラミジア 肺炎』『クラミジア 喉』『クラミジア おりもの』などが調べられています。 『クラミジア 肺炎』についてはクラミジアによってなる肺炎という意味があり、38度ほどの熱が出て喉が痛くなり、鼻づまりや鼻水、乾いた咳が出るようになります。高齢者は重症化しやすく、感染経路は飛沫感染で咳でまき散らされたつば等で人から人に簡単に感染してしまうので注意が必要です。また『クラミジア 喉』については喉に感染してしまう咽頭クラミジアという症状があるのでよく検索されている傾向にあるといえます。 クラミジアは性器だけではなく喉にも感染してしまう感染症で、他にも喉に感染する性病はクラミジアの他に淋病や梅毒、性器ヘルペス、尖圭コンジローマなどがあります。喉の咽頭クラミジアは基本的には無症状で軽い風邪程度の咳が出ることもあるといわれており、咽頭クラミジアなのに風邪と勘違いしている方は多くいる傾向にあります。クラミジアの症状としてよく検索されている『クラミジア おりもの』ですが、女性がクラミジアに感染するとおりものに変化が見られます。色が黄色くなったり、臭いがキツくなったり、いつもと比べて量が増加したりします。 殆どの女性はおりものに変化があり、性感染症にかかっていると気が付くといいます。クラミジアは自然治癒はせず、放置する事で悪化し、女性の場合は不妊に繋がる事もあるので注意が必要です。他にも感染率を調べる方は『クラミジア 感染率』や潜伏期間を調べる方は『クラミジア 潜伏期間』などと調べており『クラミジア 検査 方法』や自分でクラミジアの検査が行える『クラミジア 検査キット』を調べている方も最近では少なくありません。(当サイトでも検査キットは今後販売を行う予定でいます。) クラミジアは男性、女性の両方に非常に感染しやすい性感染症です。性病の検査を行い、クラミジア発症の段階で薬(抗生物質)を服用すれば治る性病なので、当サイトのような海外医薬品の個人輸入代行サイトで誰にも知られずに抗生物質を通販購入する方も増えているせいか『クラミジア薬販売』や『クラミジア薬 通販』などと調べる方も多くなっている傾向にあります。

クラミジア治療薬・淋病(りん病)のお薬に関する歴史や称号(呼び名の由来)

クラミジアの治療には抗菌薬を使用して治療を行います。主な成分は「レボフロキサシン」で新薬として「クラビット」という名前で販売されております。クラビットという名前の由来は「Crave(熱望する)It」となっており、クラミジアだけでなく、多種に渡る抗菌薬として期待が込められた治療薬となっております。2008年にジェネリック医薬品の発売が開始され2014年には各社がこぞってクラビット錠の発売を開始しております。また「アジスロマイシン」を有効成分にする治療薬も「ジスロマック」という商品名で登場しており、小児への安全性から小児用の治療薬も登場しております。ジェネリック医薬品も登場しており、代表格として「アジー」があります。

クラミジア治療薬・淋病(りん病)のお薬を使用される方の年齢や性別

クラミジアの治療に使用される薬剤は抗菌薬となり性別関係なく使用することができます。一般的には内服薬として使用するため服用量を注意して使用することが重要です。抗菌薬としてクラミジアや淋病、マイコプラズマなどの菌類を殺菌することに効果があり、症状によって服用量が異なります。基本的には小児には使用できず、小児用の治療薬があるためそちらを使用することが望まれます。小児用専用のタイプでは苦味の少ない細粒となっており、体重1kgあたり10mgを1日1回3日間服用します。1日の最大量は500mgを超えないようにします。妊婦や授乳中の方の使用も胎児や乳児に成分が移行する可能性があるため使用は禁忌となっております。

クラミジア治療薬・淋病(りん病)のお薬の効果効能・効き目接続時間等

抗菌類の使用される成分は「レボフロキサシン」や「アジスロマイシン」などを使用します。どちらも症状によって服用量は異なりますが1日1回服用することが前提となります。「レボフロキサシン」はおよそ2週間、「アジスロマイシン」は3日間服用をし続けることでクラミジアなどは改善していきます。早い方で1週間ほどで症状が現れなくなりますが、細菌が体に残ったまま治療を中止してしまうと再発を繰り返す可能性が高いので症状が治まったからといって服用を中止しないようにしましょう。再発した菌は使用していた薬剤に耐性を持つ可能性が高いため、再発後の治療はさらに困難になります。そのため、完治の判断は病院で検査を受けて確認が必要です。治療の完治の確認のための検査は、症状が治まってから2週間~3週間経過後に行ってみましょう。クラミジアや淋病などの性病だけでなくマイコプラズマや肺炎球菌、歯周組織炎や気管支炎などにも治療効果があります。

クラミジア治療薬・淋病(りん病)のお薬に含まれる主成分や主な有効成分

クラミジアや淋病の治療に使用される治療薬は「レボフロキサシン」や「アジスロマイシン」などを有効成分にする抗菌薬を使用して治療を行っていきます。「レボフロキサシン」はニューキノロン系の抗菌薬です。抗菌力が強く色々な細菌に有効に働き、グラム陽性菌だけでなく陰性菌にも有効です。細菌のDNAに異常を与えることで複製し増殖することに阻害し殺菌させます。副作用も少なく、他の抗生物質にアレルギーがある方にも使用しやすくなっております。「アジスロマイシン」はマクロライド系の抗生物質で細菌内に取り込むことで蛋白質合成を阻害し静菌させます。高濃度で使用することで殺菌的に作用しますが、治療を途中でやめてしまうと耐性菌ができやすいことがあります。体内吸収がとてもよく、短期的な3日の服用で1週間~2週間作用することが得られます。抗菌作用以外にも抗炎症作用もあるため長期少量投与法などもの投与の仕方もあります。他の抗生物質に比べて副作用は少なくアレルギー反応も少ないのが特徴です。

クラミジア治療薬・淋病(りん病)に関するお薬の説明

有効成分レボフロキサシンを使用した抗菌薬は日本では「クラビット」という商品名で販売されております。多数のジェネリックがあり「レボフロックス」や「レボクイン」などがあります。幅広い抗菌性のためクラミジアや淋病だけでなく肺炎や気管支炎などにも効果があります。アジスロマイシンを使用した抗菌薬は「ジスロマック」という商品名で日本では販売されております。15員環マクロライド系はこのアジスロマイシンだけの新しい抗菌薬です。小児に対しての安全性があり細粒として販売もされております。クラミジアや淋病以外にも呼吸器系の抗菌薬としてよく利用されております。「アジー」などがジェネリック医薬品として登場しております。

クラミジア治療薬・淋病(りん病)に関するお薬の一般的な飲み方や服用方法

一般的な使用方法としてレボフロキサシンを有効成分に持つものは1日1回500mgを服用します。1日数回を同量服用するよりも1回に服用したほうが抗菌する作用が強いため1日の必要量を1回で服用することが望まれます。腸チフスやパラチフスには14日間服用します。アジスロマイシンの使用方法としては1日1回500mgを3日服用することが一般的となっております。少量長期投与は半分の用量を倍の日数で服用します。子宮頸管炎や尿道炎には1日1回1000mgを目安に服用することもあります。空腹時のほうが吸収がよいとされております。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

クラミジア治療薬・淋病(りん病)のお薬の注意点・報告されている副作用等

レボフロキサシンの抗菌薬では小児には使用ができません。妊婦や授乳中にも禁忌となります。副作用として発疹や下痢、頭痛などがあり、重篤な副作用としてアキレス腱障害や低血糖、不整脈、臓器障害などがあります。高齢者の服用は成分の排泄が遅いため注意してください。アジスロマイシンの抗菌薬では腹痛や下痢などの胃腸障害が副作用であります。重篤なもので不整脈や肝障害、血液障害などがあります。作用時間が長いため、服用から何日か経過した後に発症しやすいです。どちらの成分も体調不良が続く場合や症状が重い場合は医師に相談を行いましょう。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な副作用や注意点をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

クラミジア治療薬・淋病(りん病)のお薬を使用する方の症状

クラミジアの感染は基本性行為によって感染する性病となります。女性の場合は潜伏期間が1週間~3週間となっており、その後発症します。おりものが増加し下腹部や排尿時に軽い痛みが伴うこともあります。症状が現れないことが多いのもクラミジアの特長です。しかし、症状が進行すると子宮頸管炎や尿道炎、腹膜炎などを発症し痛みが強くなります。オーラルセックスでも喉などに感染し喉の腫れや痛みを発症させることもあります。男性の症状では女性よりも症状が軽く気づかないことがほとんどです。症状が進行しにくいこともあり治療をあまりしない方が多いです。症状が出た場合は排尿時に軽い痛みや痒み、膿などがあります。女性と同じく喉への感染もあります。淋病の場合も男女とも症状を出さないことがあります。症状が出ると女性の場合はおりものの増加、悪臭、子宮に炎症などが起こります。男性の場合はクラミジアと違い激しい痛みと膿がでます。男性も女性も不妊症の影響を起こす可能性があります。

クラミジア治療薬・淋病(りん病)のお薬を使用する方の病名

「クラミジア」は眼の病原体として30年以上前に有名となりましたが、現在では眼の治療薬が多数開発されたことで性病にカタチを変えて発症していきました。1988年に性感染症と認定され現在では一番多い性感染症となり、発症の低年齢化が進んでおります。感染が多い理由は男女とも症状を発症しにくい病気であるため、気づかないうちにパートナーなどに感染させていることが原因となっております。「淋病」は性行為によって粘膜に感染する性感染症です。感染者は一時期減少傾向でしたが、ここ20年で感染者が増えております。同時にクラミジアを感染していることが多く感染率も30%と高い病気となっております。クラミジアの淋病も放っておくと重大な症状を引き起こすため、症状に気づいたり、パートナーが感染した場合は早期に対応するようにしましょう。

クラミジア治療薬・淋病(りん病)のお薬を製造しているメーカーや製薬会社の特徴

当サイトで取り扱いのあるクラミジア治療薬や淋病(りん病)の薬は殆どが『シプラ(Cipla)』という製薬会社で作られています。シプラという製薬会社はインドに本社を置いている製薬会社(メーカー)でクラミジアや淋病の薬以外にもAGA治療薬プロペシアジェネリックのフィンペシアや、インフルエンザの薬で有名なタミフルのジェネリック、アンチフルなどを製造しています。シプラで取り扱いがあるのは性病に効果のある抗生物質以外にも抗がん剤や喘息薬、抗エイズ薬、吸入器などがあります。インドではジェネリック医薬品の有名なメーカーという認識があり、低価格な後発医薬品を製造・販売している事でよく知られている製薬会社になります。

クラミジア治療薬・淋病(りん病)のお薬を使用した方の口コミや体験談、評判、感想等

風俗でクラミジア貰って最悪な事になった。残尿感は残るし、パンツに膿みたいなの付くし、尿道に酷い違和感。クラミジアになったらレボフロックスを飲んだ方が良い。レボフロックスって他のクラミジアの薬より安く通販で買えるし、淋病にも効果ある。クラビットって抗生物質が有名だけどレボフロックスはクラビットと同じ成分。クラミジアって気付いて抗生物質を飲んで大体1週間後くらいに治ったかな。自分がクラミジアや淋病になったって特に女子は気付かないみたいだから気を付けた方がいい。コンドームしてても咽頭クラミジアっていう口から感染するクラミジアもあるらしい。性病になっちゃったら絶対に治さないと大変だよ。放っておいてもクラミジアは治らないからね。

クラミジア治療薬・淋病(りん病)のお薬を購入予定の方から寄せられるよくある質問

Q1. クラミジアは性行為をしていなくても感染する性病なんですか?

クラミジアは日本では100万人の患者数がいると言われるもっとも感染数の多い性感染症です。しかし、プールや温泉での感染、回し飲み、トイレ、空気感染などでは感染はせず、性行為以外の感染はほぼないと言われております。クラミジアはクラミジアトラコマティスという細菌によって感染します。感染経路は感染者の粘膜や体液が相手の口や性器の粘膜に触れることで感染します。1回の性行為でも感染しやすい感染力が非常に強い性病でもあります。コンドームで感染予防をしやすいですが、オーラルセックスでのコンドームの使用は少なく、オーラルセックスを行う方は7割以上いるのに対しその際にコンドームを使用する方は2割ほどとなっており、オーラルセックス時に喉の粘膜に感染し喉頭炎など喉に発症しやすいです。男性が感染していた場合、性行為じにはコンドームを着用していてもオーラルセックスでのコンドーム不使用で女性に感染し、感染した女性が別の男性と性行為を行うときにはコンドームを着用するがオーラルセックス時には使用していないことで感染と徐々に感染する人が拡がっていきます。

Q2. クラミジアと淋病の潜伏期間があれば教えて下さい。

クラミジアも淋病も感染から発症するまでの潜伏期間が存在します。クラミジアの潜伏期間はおよそ1週間~3週間となっておりその後発症します。淋病の場合は2日~5日ほどの潜伏期間の後発症します。しかし、クラミジアは症状が出ない人が多いためいつまでが潜伏期間なのか、いつからが潜伏期間なのかわかりにくい性病でもあります。男性の場合は発症率は50%ほどとなっております。発症すると尿道のかゆみや不快感があり膿がでることもあります。また、淋病との混合感染も多いです。淋病は潜伏期間が短くほとんどの男性が発症します。またクラミジアと症状が似ていることから淋病の治療のみを行い発症の少ないクラミジアの治療をしないことも多いので注意が必要です。女性のクラミジア発症率は男性よりも低く80%は無症状です。発症した場合はおりものの増加や下腹部の痛み不正出血などがあります。女性によくある体調不良と症状が似ていることもあり発症してもクラミジアと判断するのが遅れがちになりやすいです。女性の淋病は男性の淋病と違い発症しにくいです。また、発症してもクラミジアと症状が似ており判別がつきにくいこともあります。また、男性と同じくクラミジアとの混合感染しやすいです。

Q3. 自分のせいでパートナーに感染していないか心配しています…

クラミジアや淋病は感染力がとても強いため1回の性行為でも感染する可能性がとても高いです。もし、自分に性感染症の症状が出ていたり医療機関で感染していることが分かった場合はパートナーにも報告をすることが重要となります。しかし、相手に伝えることや相談することはとても難しいことだと思います。まずはお互いが世間話などをしているときに性病の症状について話し合うのが良いのではないでしょうか。性行為以外からも感染経路があることや自覚症状がないことなどもありますのでそういったことをきっかけに簡易検査などから初めてもよいと思います。簡易検査でお互いの感染を確認しパートナーが感染していた場合はお互いを尊重し二人で医療機関へ行き改善に向かうことがよいと思います。

Q4. クラミジアや淋病を治療せずにそのままにしていた場合、どうなりますか?

クラミジアや淋病は症状がでない場合もあり、そのまま放置になりやすい性感染症でもあります。また、医療機関に行きたくないからといって症状があっても放置していた場合、さまざまな危険性を伴います。まずはパートナーへの感染です。クラミジアや淋病は性行為での感染が一番高く、また感染力も強いためパートナーへの感染はとても高くなります。コンドームを着用することで予防にはなりますが完全に予防することは不可能ですので早めに治療を行うことが一番です。そして症状が悪化すると男女とも不妊症になりやすく、またHIVの感染率も高まります。男性は尿道炎が悪化し精巣上体炎が起こり、無精子症へと発症する可能性があります。女性では子宮頸管炎から排卵傷害が起こり卵管の通過障害となり不妊症のリスクが高まります。

Q5. 妊婦です。クラミジアの可能性があるのですが、子供に影響はありますか…?

妊婦の方がクラミジアに感染していると胎児にも影響が起こります。菌が子宮の入り口から羊膜まで菌が達してしまうと陣痛前の前期破水を引き起こしてしまいます。また、出産時に胎児が産道を通過する際にクラミジアに感染してしまうと結膜炎や肺炎といった病気を発症してしまう可能性があります。妊娠中にはさまざまな感染症の検査を行いクラミジアの検査も行います。かならず検査を行いパートナーとともに改善に向かいましょう。