カンジダ症(カンジタ症)の治療薬は塗り薬と抗生物質に分かれますが、どちらも即日発送の通販でご購入頂けます!!本来カンジダの薬は薬局などでは市販されていませんが、当サイトでは処方箋や診断書無しで通販購入が可能!!カンジタ菌に感染したらコチラ。

カンジダ治療薬(カンジタ症)

カンジダ症(カンジタ症)のお薬の医薬品ランキング

 

カンジダ症(カンジタ症)というジャンルに分類される医薬品の特徴


こちらは感染症となるカンジダ症治療薬(カンジタ症)の商品一覧ページです。先ず第一に『カンジダ症は性病ではありません。』カンジダと聞くと性病と思い浮かべてしまいそうですが、カンジダは健康な女性の女性器(膣の中)にも存在している常在菌が、ストレスや体調の変化によって増え過ぎてしまう事で発生してしまいます。性行為によって感染をしてしまう事もあるので性病と間違えやすい病気と言われています。性器カンジダ症は女性の4人中3人が経験する感染症と言われており、この事から、どんな女性でもカンジダに感染する可能性があると言えるでしょう。当サイトはこのようなカンジダ症の治療薬を業界でもギリギリの最安値で通販購入可能で、当日発送も行っています。膣カンジダ症を治療したい場合は2000円以下の価格で購入出来る「ダイフルカンジェネリック」がオススメです。このダイフルカンジェネリックは膣や女性器の環境を正常な状態に整える効果がありますが、副作用として膣分泌量を増やす効果があるので、膣に潤いを与える作用を持っています。この事から性行為中の感度を上がり、不感症を改善してくれるとも言われています。正確なデータは御座いませんが、口コミなどでも評判が良く、女性用バイアグラとも呼ばれているくらい効果を発揮します。誰にも知られる事なく、産婦人科に行くが煩わしいと思っている女性は是非当サイトの通販をご利用下さい。

カンジダ症(カンジタ症)のお薬をお探しの方がよく検索するキーワード


カンジダ症(カンジタ症)のお薬をインターネットで探す際、どのようなキーワードが多く検索されているのでしょうか?

カンジダはカンジタとも呼ばれており、カンジタ薬を調べている方は男性、女性にも多いです。カンジダは病院の皮膚科や産婦人科、泌尿器科などを受診して処方されるのが一般的ですが、当サイトのような海外医薬品の個人輸入代行サイトで通販購入される方も多くなってきているのが実情です。その背景には忙しくて病院に行けなかったり、誰にもバレずにカンジダ症を治したいという方がいるので病院に通院ではなく、通販での購入が増えている傾向にあります。

購入方法としては『カンジタ 市販薬』や『カンジタ 薬 市販』『カンジダ薬 通販』などが検索されておりますが、カンジダの薬は薬局や市販では販売されておりませんので注意が必要です。カンジダの薬には塗り薬と飲み薬があるので『カンジダ 塗り薬』『カンジダ 飲み薬』というキーワードもよく検索されており、塗り薬では塗り方を、飲み薬では飲み方を調べる方がいます。

その他に『カンジダ 菌』から始まり『カンジダ腟炎』『カンジダ 性行為』と調べる方がたくさんいらっしゃいます。カンジタは性病ではないとも言われており、女性の膣内に存在している常在菌がストレスや体調不良が原因で増える事で誰でも感染してしまう感染症と言われております。女性だけではなく、男性も性器カンジダに感染してしまう事があり、男性器を清潔に保っていなかったり、カンジダに感染している女性との性行為で男性は性器カンジダ症に感染してしまう事があります。

女性も男性もよくカンジダの事を調べる際に『カンジダ 症状』や『カンジダ菌』『カンジダ うつる』『カンジダ 治療』というキーワードで検索を行っている傾向にあります。カンジダの治療薬はかゆみや痛みを無くす効果があり、当サイトでも塗り薬と飲み薬を通販にて購入する事ができるようになっています。カンジタの症状で多いのが『カンジダ おりもの』や『カンジダ 臭い』『カンジダ 皮膚炎』『カンジダ かゆい』などで、これらは症状としてよく女性から検索されている傾向にあります。

カンジダは主に女性が多く感染してしまう病気なので膣に関係するおりものがヨーグルト状になってしまったり、酒粕のようなカスになってしまう事がよくあります。そして膣カンジダに感染している女性の多くが膣カンジタは臭いといいます。その臭いはとても不快な臭いですが、抗生物質を服用する事で臭いはだんだんと気にならなくなり、症状も改善していくと言われています。

カンジダ症(カンジタ症)のお薬に関する歴史や称号(呼び名の由来)


カンジタの治療薬として使用されるのは抗真菌薬となっております。カンジタは常在菌であるため、健康な人にも存在している菌となります。ただ、体調不良などを原因として活性化し症状をあらわします。カンジタの有効な抗真菌薬の成分は「フルコナゾール」で「ダイフルカン」や「ジルフカン」という商品名で有名です。ファイザー社の製品で日本では1989年にカプセルと静注液として発売を開始しております。現在では各種ジェネリック医薬品も登場しております。「ジフルカン」の名前の由来は特にないようです。同じくアゾール系などの「クロトリマゾール」や「ケトコナゾール」を成分にもつ抗真菌薬もカンジタの治療に使用されております。

カンジダ症(カンジタ症)のお薬を使用される方の年齢や性別


カンジタ症の治療に使用される治療薬は抗真菌薬を使用します。真菌とはカビの一種です。人間の体内や表面には無数の常在菌が存在しており、カンジタも常在する真菌のひとつとなります。カンジタの治療薬は性別に関係なく使用することができるので、発症後速やかに使用することができます。小児へも使用することができるものもありますが、使用用量を減少させたりと慎重に使用することが必要となります。内服薬での使用の場合、妊婦への影響があるものが多いため、妊婦や授乳中の方の使用も小児と同じく慎重に使用することが必要です。また、高齢者の内服薬の使用も、薬剤の成分の排泄が遅れがちになるため用量を制限して慎重に服用しましょう。

カンジダ症(カンジタ症)のお薬の効果効能・効き目接続時間等


内服薬での使用は1日1回決められた期間服用していきます。薬剤は体内で3日ほど成分が残っておりますが継続して服用していきましょう、1週間ほど使用しても改善がない場合は他の薬剤を使用するようにしましょう。通常、1週間ほどで治癒していきますが、再発を防ぐためにもその後1週間ほどは服用することが必要となりますので医師に服用期間や症状などを相談しながら行いましょう。患部の塗布する外用薬の場合は6時間ほどの効果を持続しますので1日2回ほど使用しましょう。1~2週間ほどで改善に向かいますが、3週間ほど使用しても改善しない場合は医師に相談することが賢明です。治療効果を上げるためには女性の場合膣洗浄を行うこともあります。患部を清潔に保つことでカンジタが増殖しにくい環境をつくるためですが、洗浄しすぎたりすると善玉菌まで流れてしまうので注意しましょう。また、ビタミンが欠乏したことによる免疫力の低下が考えられるため、ビタミン剤を服用したり生活習慣の改善も早期治癒に繋がります。

カンジダ症(カンジタ症)のお薬に含まれる主成分や主な有効成分


カンジタの治療に使用される有効成分は「フルコナゾール」「クロトリマゾール」「ケトコナゾール」です。フルコナゾールはアゾール系の抗真菌薬で真菌の細胞成分のエルゴステロールの生成を阻害します。また真菌の細胞膜を変化させ増殖を抑制させます。内服薬として服用しますが副作用が少なく小児に対しても使用方法が設定されているため幅広く対応することができます。クロトリマゾールは外用薬として使用されることが多い成分です。イミダゾール系の抗真菌薬でエルゴステロールの生成を抑制させ殺菌させます。カンジタでの使用は液状よりもクリームタイプのほうが使用勝手がよいでしょう。ケトコナゾールはさまざまな形状の薬剤が多く、カンジタにはクリームタイプや内服タイプで使用されます。イミダゾール系の抗真菌薬のため、他の成分と同じように作用します。どのカンジタに有効な成分も適切に使用すれば完治ができますので、再発しないように適切に使用を行っていきましょう。

カンジダ症(カンジタ症)に関するお薬の説明


フルコナゾールを使用した薬剤は内服タイプのものとなっております。「ジフルカン」「ダイフルカン」などが有名で各種ジェネリック医薬品も登場しております。「ダイフルカンジェネリック」として販売をしております。クロトリマゾールでは「エンペシド」として外用薬が販売されております。WHOの必須医薬品モデルリストにも収載されておりジェネリック医薬品も豊富です。「クロトリマゾールジェル」や「カネステンクリーム」として発売されております。ケトコナゾールを使用した医薬品は「ニゾラールクリーム」などの外用薬や「ニゾラル」などの内服薬などがあります。脱毛改善としてケトコナゾールを含んだシャンプーなどもあります。真菌類を完治させるには症状が治まっても治療を継続することが重要となります。

カンジダ症(カンジタ症)に関するお薬の一般的な飲み方や服用方法


「フルコナゾール」をカンジタに使用する場合は成人には50mg~100mgを1日1回服用します。1日の最大は400mgとして使用します。小児への使用は体重1kgに対し3mgを1日1回服用します。「クロトリマゾール」の外用薬の場合は1日に朝と晩の2回患部に塗布してください。患部はお風呂上りに使用することが望ましいです。「ケトコナゾール」な内服薬の場合は1日1回400mgを服用します。それぞれの内服薬の場合薬剤の成分量が使用量と合わない場合、ピルカッターなどで錠剤をカットすることで調整を行ってください。
※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

カンジダ症(カンジタ症)のお薬の注意点・報告されている副作用等


「フルコナゾール」の内服薬の場合、妊娠や妊娠の疑いのある方の使用は禁忌となっております。副作用として吐き気や腹痛などがあり、頻度は低いですが重篤なものにショック状態、血液成分の異常、肝臓障害などがあります。「クロトリマゾール」の外用薬にはほとんど副作用はみられませんが患部に刺激感を感じることがあります。「ケトコナゾール」を使用した内服薬の場合は頭痛やめまい、消化不良などの副作用があります。重篤なもので肝障害などの報告があります。どの成分でも他に治療薬を使用している場合は併用に注意が必要な薬剤かもしれませんので医師に相談をしましょう。
※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な副作用や注意点をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

カンジダ症(カンジタ症)のお薬を使用する方の症状


カンジタは女性のほうが男性よりも症状が出やすい病気です。女性の場合、強い痒みが発生します。外陰部や膣部に感じられ、あまりにも痒みがひどいためかきむしってしまうこともあります。また、おりものの形状が変わってよく分泌されます。ヨーグルト状やオカラ状などの固形化した白いおりものが分泌されます。他、性交痛や排尿障害がおこり、放っておくと慢性化してしまいます。男性の場合、発疹や白いカスが亀頭や陰嚢の出やすいです。包茎の方は亀頭が外部に触れていないため内部で発症しやすいです。口腔内にもカンジタは発症しやすいです。口腔内に白いカビのような感じで発生しこの白い分泌物を取り除くと患部が赤く発疹していたりもします。

カンジダ症(カンジタ症)のお薬を使用する方の病名


カンジタは女性の性器に多く発症しますが男性にも感染します。性器に感染した場合、「性器カンジタ」として呼ばれ、その他、口腔内に感染する「口腔カンジタ」などが多いです。カンジタ菌は人間の体内や表面に常在する常在菌で普段は人の免疫力が勝るため繁殖はしないのですが、体調不良やストレス、妊娠中や月経などのホルモンバランスの変化、性行為により感染し発症します。再発を繰り返しやすいため慢性化しないように適切な治療を行うことが必要です。抗真菌薬のほか、ビタミンを補給したり、生活習慣の改善、患部の清潔などが慢性化させない改善方法となります。妊娠中はカンジタを発症しやすいため妊婦健診で感染しているか確認するようにしましょう。

カンジダ症(カンジタ症)のお薬を製造しているメーカーや製薬会社の特徴


当サイトで取り扱いのあるカンジダ症(カンジタ症)のお薬を販売や製造しているメーカーは様々あります。有名なカネステンクリームは『バイエル(Bayer)』が製造しており、クロトリマゾールジェルは『グレンマーク(Glenmark)』、ニゾラルは『ジョンソンアンドジョンソン(JanssenCilag)』、ダイフルカンジェネリックは『シプラ(CiplaLimited)』になります。バイエルという製薬会社は勃起薬のレビトラを製造していたり、妊娠検査薬や低用量ピルのヤスミン、ヤーズなども製造しているメーカーです。日本にあるバイエルは日用品に多く使用されているポリウレタンなど、薬以外にも様々なものを製造しています。

カンジダ症(カンジタ症)のお薬を使用した方の口コミや体験談、評判、感想等


性行為とは無縁の私ですが性器カンジダ症にかかってしまいました。性行為なんてもう何年もしていなかったのに?なぜ?調べてみると性行為をしなくてもカンジダ症にはなってしまうとの事。おりものが普段と明らかに違ってかゆくなったり炎症を起こしたりしてました。性行為をしていないので性病ではないと思って色々調べた結果、絶対にカンジダ症だと思いました。病院いきたくないのでネットでカネステンクリームという薬を買って使いました。水虫にも使えるって書いてあって心配でしたけど、カンジダ症って性器の水虫みたいなもんなんだと思いました。クリームを付けてるとかゆみも収まってきて段々と症状が治まっておりものも普通に戻りました。塗った時は下着におりものシートを付けているので下着は特に汚れたりしません。普段から清潔にしていたらカンジダ症にはあまりならないみたいです。

カンジダ症(カンジタ症)のお薬を購入予定の方から寄せられるよくある質問

Q1. カンジダは性病ではないと聞いた事がありますが、本当なんですか?

はい。性行為によって感染するということが性病いえばカンジタの発症は性行為によって発症する確率はとても低いですので性病とはなりません。性器に発症しやすく症状も他の性病とよく似ているため、性病と同じようなカテゴリーに分類されていることが性病といわれることとなります。カンジタとは水虫などと同じ真菌類になります。もともとカンジタ菌は常在菌として存在しており、特に女性の性器や消化管などに多く存在しています。日常の生活を普通に送ることで発症はしないのですが、身体の免疫が低下してしまうと一気に活性化され発症します。この点では性器ヘルペスとはよく似ていますが性器ヘルペスの場合、最初の感染が性行為の可能性が高いためカンジタとは別となります。

Q2. カンジダ症になって治療を始めたらどれくらいで治りますか?

体の常在菌であるカンジタ菌は普段の生活習慣が安定していれば発症は少ないですが、体調不良、ストレス、ホルモンバランスのくずれ、不衛生などを発症の原因として発生します。発症すると女性の場合、性器から白い塊状のオリモノが出るようになります。豆腐をくずしたようなカッテージチーズのようなものですので通常のオリモノとは違いわかりやすいでしょう。またかゆみも伴いますのでムズムズと性器が感じます。治療法には外用薬や内服薬、膣へ挿入する錠剤などがあり、治療を始めると2週間ほどで完治に向かいます。しかし、治療の途中で症状が緩和したからといって治療を止めないようにしましょう。再発が激しい病気ですので完治するまでは根気よく治療を継続しましょう。

Q3. カンジダ症は自然治癒するんですか?それなら薬を使う必要は無いのでは?

カンジタ症は自身の免疫力が低下した状態のときに感染しやすい日和見感染の症状です。そのため、体が回復し免疫力が上がることで徐々にカンジタ菌の発症が抑制され完治に向かうことがあります。しかし、完治に向かう場合は何回も感染経験のある方や症状が軽い方、日ごろの生活週間で免疫力を高める食生活や睡眠、運動を行っている方となり、ほとんどの方は自然治癒せず、症状がどんどんと重くなりかゆみも激しくなってしまいます。慢性的な炎症を起こしてしまうと痛みが強くなります。妊娠中ホルモンバランスの影響でカンジタが発症しやすい状況ですが、そのまま出産してしまうと母子感染の危険性が高く赤ちゃんが口腔カンジタや先天性の皮膚カンジタを発症するかもしれません。そのため症状を発症した場合は早期に治療を開始し完治するまで根気よく治療を継続していきましょう。

Q4. カンジタは再発しますか?もし再発するのであれば予防をしておきたいです。

カンジタ症は自己感染ですので一度感染した場合は、同じ生活環境を続けると再発を起こしやすくなります。生活のリズムが体のリズムとあっていないと免疫力が下がりやすくカンジタが発症しやすい身体となってしまいます。そのため、一度カンジタを発症した場合は感染した原因を振り返り、生活環境の改善が必要ならば行うようにしましょう。また、一度感染してしまうと、再発をしないように考えるため、必要以上に性器を綺麗に洗ってしまったりします。実はこれも再発する原因と言われており、必要以上に洗ってしまったことにより、体を守ってくれる善玉菌なども洗い流してしまい、逆にカンジタ菌が活発にはたらく環境を作ってしまうこととなります。市販薬を使用する場合は再発した人のための治療薬となります。初めてかかったときはカンジタか他の病気かの区別がつきにくく、他の病気で市販薬を使用した場合、症状が悪化することもあります。

Q5. カンジダは女性に多い病気なんですか?男性はカンジタにならないのですか?

カンジタ菌は腸管内や膣内などに多く存在するため男性よりも女性に発症しやすい病気となります。それは性器のつくりが違いにあり、男性は外に突起していることで外気に触れやすく洗いやすいため菌の温床する場所がありませんが、膣内は体内となっておりカンジタ菌が常在しやすい環境であることもいえます。しかし、男性でも包茎などの場合は亀頭が外気に触れない状態であるため菌が繁殖しやすいといえます。発症の原因は女性と同じで体の免疫力の低下が一番の原因となります。また、性行為時にペニスを洗わずにそのままにしていると感染し発症することもあります。発症すると亀頭部にかゆみやただれ、白いカスが出やすくなります。発症初期は痛みを伴うことははほとんどありませんが、尿道炎の原因にもなりますので早期治療が必要です。