ダイフルカンジェネリック 200mg/150mg

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥2,538(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥2,512(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥2,461(税込)
  • 商品コードダイフルカン・ジェネリック200mg 4錠
  • 定価(税込)¥3,990
  • 販売価格(税込)¥2,590
  • 在庫状態在庫有り

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥4,224(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥4,181(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥4,095(税込)
  • 商品コードダイフルカン・ジェネリック150mg 15錠
  • 定価(税込)¥5,870
  • 販売価格(税込)¥4,310
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

ダイフルカンジェネリック(diflucan-generic)200mg/150mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーは性病薬(STD)・感染症・抗生物質です。

ダイフルカンジェネリックの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:ダイフルカンジェネリック

英語表記:diflucan-generic

ブランド:シプラ

メーカー:Cipla Limited

内容量違い:ダイフルカンジェネリックは内容量違いがあります。

成分容量:200mg/150mgが含まれたお薬がございます。

内容量:ダイフルカンジェネリック200mg 4錠/ダイフルカンジェネリック150mg 15錠

有効成分はFluconazole(フルコナゾール)200mg/150mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

ダイフルカンジェネリックとは?ダイフルカンのジェネリック医薬品です。

日本ではダイフルカンジェネリックとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:タイフルカンジェネリック・ダイフルカンジェネリック・カンジダ薬

お薬ジャンル:不感症・性欲減退・濡れない女性・抗生物質・性病・感染症

こんな症状の方が使用:不感症・性欲減退・濡れない女性・抗生物質・性病・感染症

対象年令ターゲット・性別:10代・20代・30代の女性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約3日~4日

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり

ダイフルカンジェネリックの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

海外通販代理サイト薬蔵が紹介するダイフルカンジェネリック(diflucangeneric)は女性には厄介な性病であるカンジタを治療する抗生物質となっております。カンジタは健康な女性でも持っている常在菌です。ストレスや疲労など体が疲れを感じて免疫力が落ちてしまうと、カンジタは繁殖をし始めて症状を発症します。膣内から粘度の高いおりものやかゆみを感じ、性行為時に痛みを伴うこともあります。有効成分のフルコナゾールはアゾール系の抗真菌薬で真菌の発育を妨げる効果があるため、真菌に対する病気の進行を抑制し回復を早めることが可能となります。ダイフルカンジェネリック(diflucangeneric)を使用することで膣内を健康的に保つことができるため、膣内が潤いやすくなるため性行為時の感度を上げることもできます。濡れやすい膣内は男性の性的刺激も増加するためパートナーとの愛もより深まることになるでしょう。錠剤のため服用しやすく、ジェネリック医薬品のため同成分の医薬品より安く購入できるのもうれしいですね。

飲み方(使用方法):ダイフルカンジェネリックを1日1/2錠~1錠を服用してください。ピルカッターなどを使用すると錠剤が割りやすいです。ピルカッターはピルケースにすることにもできますので管理もしやすいです。膣内をきれいにしなければと思い必要以上に洗浄をしようと思われがちですが、洗浄をしすぎると常在菌の善玉菌も洗浄されてしまいますので注意してください。

使用するタイミング(時間):指定無し

服用間隔:1日に半錠~2錠まで

副作用/注意点:トリアゾラムやエルゴタミンなど併用禁忌薬などがあります。治療中の方やお薬を服用している方は医師に相談をしてください。妊娠又は妊娠の可能性のある方は禁忌となっております。副作用として発熱や発疹、下痢など一過性のものの報告があります。

ダイフルカンジェネリックが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

ダイフルカンジェネリックはフルコナゾールを主成分にする抗真菌薬です。性病で使用される場合はダイフルカンジェネリックが効かないこともありますので注意しましょう。性病の原因は細菌やウイルス、真菌など原因によって使用する治療薬の種類が違います。ダイフルカンジェネリックが有効な性病は真菌に対する性病となりますのでカンジタに有効になります。性病の症状がカンジタではなくクラミジアや淋病、ヘルペスだった場合は効果がありません。性病の症状がでた場合は、どのような性病に該当するかを知ってから使用するようにしましょう。また、通常の使用では成人の場合、1日1回50mg~100mgを服用することになりますが、重症化した場合は増量したほうがよいです。1日400mgまで増量できますので症状に合わせて変えることも早期治療に繋がります。症状が改善したといって安易に服用を止めてしまうと再発を繰り返したり治りにくくなってしまいます。治療の根治ができずに残った真菌は薬剤の成分に耐性を持ったりします。耐性を持ってしまうと長期治療になってしまいますので、症状が治まっても血液検査などを行い根治したことを確認するようにしましょう。