アシビルクリーム 5%

acivircream

acivircream

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥1,882(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥1,862(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥1,824(税込)
  • 商品コードアシビルクリーム5% 1本
  • 定価(税込)¥3,100
  • 販売価格(税込)¥1,920
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

アシビルクリーム(acivircream)5%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーは性病薬(STD)・感染症・抗生物質です。

アシビルクリームの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:アシビルクリーム

英語表記:acivircream

ブランド:シプラ

メーカー:Cipla

内容量違い:アシビルクリームは内容量違いはありません。

成分容量:5%が含まれたお薬がございます。

内容量:1本/5g

有効成分はAcyclovir(アシクロビル)5%です。

お薬の形状:クリーム・軟膏(Cream)

※こちらのお薬は塗り薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

アシビルクリームとは?ゾビラックスのジェネリック医薬品です。

日本ではアシクロビル軟膏・アシビルクリームとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:アビシルクリーム・ヘルペス治療薬・ヘルペス再発防止薬・帯状疱疹薬・水疱瘡の薬

お薬ジャンル:感染症・抗生剤・性病・STD

こんな症状の方が使用:帯状疱疹の方・口唇や性器ヘルペス治療・ヘルペスの再発防止

対象年令ターゲット・性別:10代・20代・30代の女性/10代・20代・30代・40代・50代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約4時間

併用すると危険なもの:併用注意薬あり

アシビルクリームの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

アシビルクリーム(acivircream)5%はヘルペスの症状が出てしまった患部に直接塗布するタイプのお薬です。ヘルペスは完治が難しい厄介な病気です。単純ヘルペスは体のどの場所にも感染し皮膚に水ぶくれを発生させます。主に唇周りに発生する口唇ヘルペスや性器周辺にできる性器ヘルペスなどが有名です。水ぶくれがいくつか重なり合うような症状になりジンジンと痛痒い状態が続きます。やがて、水ぶくれが破れてかさぶたになると2週間ほどで治ります。しかし、ヘルペス自体は体内からなくなりません。ヘルペスは神経細胞の中でじっと潜伏しており、体の体調不良などにより、免疫力が弱くなると再び再発します。また、発症中は人に感染させる力が強いのでできるだけ早い治療が必要です。アシビルクリームを使うことで、通常2週間ほど掛かる治療を強い殺菌力と治癒力により半分の1週間くらいに短縮することができます。ヘルペスウイルスは70%以上の人が持っていると言われます。症状が現れたときに素早く処置できるように常備しておきましょう。アシビルを切らしてしまったそんなときは、通販感覚で購入できる個人輸入代理サイト薬蔵が断然便利ですよ。

飲み方(使用方法):アシビルクリームはヘルペスの症状が出た患部に1日5回ほど直接塗布してください。発症初期に近いほど効果を発揮し早期回復に繋がります。再発時などは患部がジンジンし始めるなどヘルペスの兆候を認識しやすいので、その時期から塗布するのが効果的です。また、一週間ほど継続してし使用することも効果的です。綺麗な手で患部に塗布し、使用後は必ず手を洗うことで感染の予防になります。

使用するタイミング(時間):指定無し

服用間隔:1日に3~5回まで

副作用/注意点:患部に塗布する際、患部はウイルスを多く含んでいます。綺麗な手で使用することと、患部を触った後は綺麗に手を洗い感染させないように注意しましょう。手を拭く場合のタオルなどの共有も注意が必要です。副作用はほとんどありませんが、皮膚炎や皮膚乾燥、発疹などが出た場合は使用を中止し医師に相談しましょう。

アシビルクリームが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

ヘルペスは完治が難しい症状です。一度感染してしまうと症状に出なくても体内で潜伏しており、体の免疫が下がったときに発症をします。その発症をしたとき、初めて感染したときに使用するのがヘルペス治療薬ですが、使用方法を間違ってしまうと効かなかったり効果がなかったりします。性器ヘルペスの治療には発症したときの治療と再発を抑制する治療とは必要量が異なります。ヘルペスを発症すると1年以内の再発率は80%ほどと高いです。そのため再発を繰り返さないように再発抑制療法を行います。再発抑制両方ではアシクロビルではなくプロドラックとなるバラシクロビルを使用します。使用量は1回500mgを1日1回毎日服用します。期間は2か月~長くて1年ほど続けます。再発してしまった場合はアシクロビル、バラシクロビルどちらも効果はありますがバラシクロビルの場合は再発抑制療法とは服用量がことなります。アシクロビルの場合は200mgを1日5回服用、または外用薬を直接塗布します。バラシクロビルの場合は1回500mgを1日2回服用することになるので再発抑制のときよりも量が増えることになります。主に再発を開始してから5日間ほど使用することで早期治療につながります。