アイピル 1.5mg

i-pill

i-pill

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥2,068(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥2,047(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥2,005(税込)
  • 商品コードアイピル1.5mg 1錠
  • 定価(税込)¥3,330
  • 販売価格(税込)¥2,110
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

アイピル(i-pill)1.5mg

このお薬と同様のお薬カテゴリーは避妊薬・ピルです。

アイピルの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:アイピル

英語表記:i-pill

ブランド:シプラ

メーカー:Cipla

内容量違い:アイピルは内容量違いはありません。

成分容量:1.5mgが含まれたお薬がございます。

内容量:1錠

有効成分はLevonorgestrel(レボノルゲストレル)1.5mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

アイピルとは?ノルレボのジェネリック医薬品です。

日本ではノルレボ錠・アイピルとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は日本国内の薬局やamazon、楽天等の国内通販では販売や市販はされておりませんが、処方箋や診断書があれば処方されるお薬です。

別名称・間違い名称:iピル・aiピル・モーニングアフターピル・アフターピル・緊急避妊ピル・緊急避妊薬・避妊薬

お薬ジャンル:ピル・避妊薬・アフターピル・モーニングアフターピル・緊急避妊薬・避妊剤

こんな症状の方が使用:中出しされた・性行為の備えに

対象年令ターゲット・性別:10代・20代・30代の女性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):性行為後72時間以内(24時間以内なら効果大)

併用すると危険なもの:妊娠中の方

アイピルの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

コンドームを装着してしっかり避妊対策をしていても、コンドームが破れてしまった経験などはありませんか?コンドームを装着していての避妊失敗率はおよそ10%と言われています。もし破れてしまって中出しをしてしまった場合、次の生理がくるまで女性は不安で仕方がないと思います。そんなときに望まない妊娠を避ける方法が緊急避妊薬(モーニングアフターピル)を使うことです。アイピル(ipill)1.5mgは、緊急避妊薬であり、ノルレボのジェネリック医薬品です。避妊失敗がわかったときから24時間以内に服用することで95%の避妊効果があります。主成分のレボノルゲストレルは女性ホルモンである黄体ホルモンと同じ働きをします。排卵直前にはLHサージという黄体形成ホルモンが大量に分泌されます。この時に応対ホルモンが投与されるとLHサージが抑制され排卵が起こらなかったり遅らせることができます、これにより、精子の受精をさせなくさせ妊娠を回避させます。ジェネリック医薬品であるアイピルは先発薬であるノルレボよりも安く購入することができます。避妊失敗を避けるためにも事前に用意をしておきましょう。個人輸入代理サイト薬蔵では通販感覚で購入できるお薬が他にも多数用意しております。低用量ピルや女性用精力剤、アンチエイジングサプリなど色々とみて回ってみてください。

飲み方(使用方法):アイピルの服用方法は性行為72時間以内に水またはぬるま湯などで服用します。できるだけ24時間以内に服用することで避妊できる確率が上がり、24時間以内の服用では95%、72時間以内での服用の場合、58%の避妊効果があります。そのため、性行為が終わった場合できるだけ早めの服用をすることをオススメします。

使用するタイミング(時間):指定無し

服用間隔:性行為後72時間以内に1錠まで

副作用/注意点:ホルモンバランスを変化させるため、アイピルには吐き気、頭痛、下腹部の痛み、胸部の違和感、倦怠感、子宮からの出血などが報告されています。主な副作用は1~2日ほどの短期間で治まります。吐き気を抑えるためには空腹時を避けて食後に服用することが望ましいです。子宮からの出血は早い人で3~4日、遅い人で3週間くらいで起こります。これは人工的に生理を引き起こす「消退出血」と呼ばれるもので避妊できた合図にもなります。

アイピルが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

緊急避妊薬・モーニングアフターピルは使用方法を間違えてしまうと効かないことがあります。精子が卵子に受精し着床することで妊娠は起こります。緊急避妊薬の役割は排卵を抑制することで精子が卵子と受精しないようにすることと、受精した受精卵が着床しないようにするのが目的となります。つまり、受精し着床してしまった後では避妊の効果はなくなってしまいます。正しく使用する場合は72時間以内に服用することが一番重要となります。72時間以内に1度服用しその後12時間後にもう一度服用するタイプと72時間以内に1回だけ服用するタイプにわかれますが、アイピルは1回だけ服用するタイプとなります。72時間は精子の生殖能力のある時間となります。その間に受精するこになりますので、72時間以内の受精できる間に受精しないようにすることが必要となるためできるだけ早めに服用することが重要になります。72時間以降でも受精していたら必ず妊娠するとはかぎりません。受精卵が着床するまでの期間はおよそ7日間ほどありますので、受精卵が着床しにくい状態にすることで妊娠を回避することが可能となります。しかし、避妊できる確率は減少してしまいますので早めに服用するようにしましょう。

※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法や副作用、注意点などをご紹介しております。個人輸入代行サイトを介して購入した医薬品の使用は自己責任となりますので、服用や使用に関して当サイトは一切の責任を負い兼ねます。ご不安な方は必ず医師や薬剤師に確認をし、効果、効能、使用方法を十分理解されたうえで服用して下さい。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です