ニコテックス 4mg/2mg

ニコテックス 4mg/2mg nicotex

nicotex

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥3,322(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥3,288(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥3,221(税込)
  • 商品コードニコテックス4mg 30粒
  • 定価(税込)¥4,900
  • 販売価格(税込)¥3,390
  • 在庫状態売切れ
売切れ
セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥3,234(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥3,201(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥3,135(税込)
  • 商品コードニコテックス2mg 30粒
  • 定価(税込)¥4,820
  • 販売価格(税込)¥3,300
  • 在庫状態入荷待ち
売切れ
--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

ニコテックス(nicotex)4mg/2mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーはチャンピックス錠・禁煙補助薬・禁煙サプリです。

ニコテックスの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:ニコテックス

英語表記:nicotex

ブランド:シプラ

メーカー:Cipla

内容量違い:ニコテックスは内容量違いがあります。

成分容量:4mg/2mgが含まれたお薬がございます。

内容量:ニコテックス4mg 30粒/ニコテックス2mg 30粒

有効成分はNicotine(ニコチン)4mg/2mgです。

お薬の形状:ガム(Gums)/チューイングガム(Chewing Gums)

※こちらのお薬は-です。

※こちらの商品は医薬品です。

ニコテックスとは?ニコレットのジェネリック医薬品です。

日本ではニコレット・ニコテックスとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は日本国内の薬局やamazon、楽天等の国内通販では販売や市販はされておりませんが、処方箋や診断書があれば処方されるお薬です。

別名称・間違い名称:ニコテクス・ニコレット・ニコッテックスガム・ニコチンガム・禁煙ガム・煙草がまずくなる・禁煙薬・禁煙治療薬・禁煙補助医薬品・禁煙できる薬

お薬ジャンル:禁煙・禁煙補助薬・禁煙治療

こんな症状の方が使用:禁煙したい

対象年令ターゲット・性別:20代・30代の女性/30代・40代・50代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約3ヶ月後

併用すると危険なもの:他の禁煙補助薬

ニコテックスの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

ニコテックス(nicotex)はガムタイプの禁煙補助薬でニコレットのジェネリック医薬品となっております。ジェネリックであるため、新薬であるニコレットと同じ有効成分でありながら価格が安いため通販でも人気の禁煙補助薬となっております。禁煙で一番大変なことは、吸いたい衝動に駆られるイライラなどの離脱症状が出ることです。禁煙ガムであるニコテックス(nicotex)はニコチンを含んでおり、タバコの代わり噛むことでニコチン不足で起こる症状を解消させます。普段の喫煙量に応じて含量を変え服用する回数も自身で選ぶことも可能であるため自分のペースで禁煙を行うこともメリットといえます。タバコと同じくニコチンを含むものですが、肺へニコチンを取り入れることがなく、タバコのその他の有害物質も体内に入れることがなくなるため、健康にも大きな違いがあります。最終的にはニコテックス(nicotex)も使用もなくなりますのでニコチンの摂取もなくなります。禁煙ガムや禁煙パッチなどのニコチン置換法によるニコチンの摂取はタバコに対し33,000人以上の心血管疾患のリスク上昇を抑制するとも言われております。

飲み方(使用方法):1日の喫煙本数が1箱20本以上の場合は4mgのほうが良いでしょう。タバコを吸いたいと思ったときにニコテックス(nicotex)をゆっくりと30分~60分かけて噛んでください。1日の使用最大含量を48mgとし、適宜増減してください。1週間ごとに使用個数を減らしていき、1~2個になった段階で使用を止めましょう。3ヶ月を使用期間としてください。

使用するタイミング(時間):指定無し

服用間隔:1日に2~6個

副作用/注意点:妊娠中・授乳中の方・他のニコチン製剤を使用している方・非喫煙者などは使用禁止となっております。動悸や口内炎、発疹などの副作用、3ヶ月以上の使用、他の医薬品を使用している方などは医師の診断を受けるようにしてください。

ニコテックスが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

禁煙補助薬などを使用して禁煙を目指す方は近年多くみられるようになりました。現状一番利用されている方法としてはニコチンを使用した方法となっておりますが、ニコチン以外を使用して禁煙治療を行う方法もあります。ニコチンを利用するものもニコチンを利用しないものも使用方法を間違えると成分が効かない、禁煙できないなどの確率が高くなります。すべての人が禁煙を成功できるものではありませんが、最大限禁煙できる環境を作りだしましょう。ニコチンガムなどで禁煙する場合は1日20本以上吸う方などは含量を多めにしましょう。また、1回の噛む時間はできるだけ長く30分~60分かけてゆっくり噛みましょう。ニコチンを使用しないタイプは服用量と禁煙のタイミングが重要です。最初の1週間は少ない薬剤とともに喫煙を行います。ここでしっかりと煙草をすうことを行うことで煙草は不味いものと感じさせます。服用してからすぐに禁煙してしまうと、この煙草の不味さを味合わないため、また吸いたいと思う気持ちが起こりやすくなってしまいます。禁煙を優位に働かせるためには脳に感じさせることが重要です。また、吸いたくなる気持ちは必ずおこりますので、我慢する気持ちも必要です。