喘息のお薬や喘息予防、気管支炎、COPDに効果のある携帯できる吸入器を簡単に通販で購入出来ます!!薬局では市販されていない呼吸を落ち着かせ、喉の痛みを和らげるお薬を販売しています。勿論、即日発送でお届け中。メーカー正規品保証付きで安心です。

喘息薬(吸入器)/COPD

喘息薬(吸入器)・COPDのお薬の医薬品ランキング

 

喘息薬(吸入器)・COPDというジャンルに分類される医薬品の特徴

こちらは喘息薬(吸入器)・COPDのお薬一覧ページです。主に吸入器を販売しており、アドエアのジェネリックであるセロフロインヘラーは喘息予防や気管支炎、COPDなどの治療に使用される吸入器です。吸入する事で気管支を拡張させる役割をもっており、気道を確保して呼吸困難や炎症を抑える効果があります。喘息予防だけではなく、喘息による炎症も鎮めてくれるのはこのセロフロインヘラーだけで、サルメテロールという主成分の薬効が12時間以上も持続する事で大人気商品となりました。また、セロフロインヘーラーとは別にドライパウダー用の吸入器、ロタヘイラー吸入器も販売しております。当サイトでは効果が感じられないお薬・医薬品は販売しておらず、確かな効果が感じられるお薬・医薬品だけを厳選、業界の最安値の価格で通販購入が可能です。また、即日発送を心掛けているので、過去に他の個人輸入代行サイトで発送が遅く、長い間待たせられたというお客様でも安心してご購入頂けます。ぜんそくのお薬やアレルギーのお薬を購入するなら格安通販の当サイトにお任せ下さい。喘息はただ咳が多く出るだけの病気ではなく、悪化すると致命的な症状も出てしまう病気ですから、必ず体質に合った医薬品を見つけるようにしましょう。

喘息薬(吸入器)・COPDのお薬をお探しの方がよく検索するキーワード

喘息薬(吸入器)やCOPDに効果のあるお薬を検索している方は『喘息薬 市販』や『吸入器 購入』『吸入器 市販』などと検索をして喘息薬を購入する傾向にあります。 喘息薬や吸入薬は薬局や市販でも販売されておりますが、今では当サイトのような海外医薬品の個人輸入代行サイトでも通販購入できてしまうので『喘息薬 通販』『吸入器 通販』『喘息 吸入薬 通販』などと調べて通販での購入も増えています。喘息薬の中でも吸入薬のアドエアがとても有名で、一覧で記載すると吸入ステロイド薬やシムビコート、キプレス、シングレア、レルベア、ネブライザー、オムロンの携帯用吸入器、レルベア、スペーサー、メプチンなど、喘息薬の種類は一覧で見ても様々あるという事が分かります。 吸入器によって効果は様々あるので『吸入器 効果』と調べる方もたくさんいて、副作用についても『喘息薬 副作用』や『喘息 吸入器 副作用』『喘息 吸入薬 副作用』と他の医薬品同様に効果や副作用などはよく調べられているキーワードになっています。吸入器は携帯できるので『喘息 吸入器 携帯用』や『吸入器 持ち運び』などとよく検索され『吸入器 口コミ』『吸入器 比較』『吸入器 人気』などと調べ、価格も安くて確かな効果を感じられる吸入器を探している方が多く、やはり『吸入器 価格』や『吸入器 値段』というキーワードもよく検索されている傾向にあるといえます。 吸入器の使い方について、始めて吸入薬を使う方は使い方が慣れていないので『吸入器 使い方』『吸入薬 使い方』などと調べます。その他によく検索されるキーワードは『吸入器 種類』や『吸入器 医療用』など『吸入器 喉』や『吸入器 鼻』などの体の部位の複合キーワードが多い傾向にあります。 吸入薬はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の緩和などにも使われている喘息薬で気管支の収縮を抑制して気道閉塞障害を良くする事によって呼吸を楽にしてくれます。今の段階ではCOPD(慢性閉塞性肺疾患)を完治させ、綺麗な肺に戻す方法や治療方法はありませんが、早期の段階で適切な方法で治療を受けていれば健康状態の悪化も少なからず防げますし、日常生活においての障害をも防ぐ事ができるでしょう。 喘息薬がない時は当サイトのような個人輸入代行サイトで通販購入ができる為に、わざわざ病院にいって喘息薬を処方されるよりも通販で購入する方が増えているのが実情です。

喘息薬(吸入器)・COPDのお薬に関する歴史や称号(呼び名の由来)

喘息の治療にはβ2刺激薬や抗コリン薬などの気管支拡張薬を中心に治療を行っていましたが1978年に吸入ステロイドが登場し医療機関でも大きく変化をもたらしました。1990年にイギリスで1991年にアメリカで喘息のガイドラインが発表され「喘息は慢性の気道炎症である」という意見の合意がなされたことで吸入ステロイドが普及し始め、2007年には日本でも吸入ステロイドと長時間作用β2刺激薬の合剤である「アドエア」が登場しました。2009年には小児喘息への適応も追加されエアゾールタイプも発売されました。クスリグラで取り扱っている吸入器もアドエアのジェネリック医薬品となっております。アドエアの名前の由来は「呼吸の改善」という意味合いを込めて「Advance(促進する)Air(空気)」、「Add(加える)Air(空気)」を掛け合わせた造語となっております。

喘息薬(吸入器)・COPDのお薬を使用される方の年齢や性別

喘息は呼吸器系の疾患で発症の原因は様々です。子供の頃に発症すると「小児ぜんそく」と診断されるが、大人になるとほとんどが治癒に向かっていきます。治療には長期的に使用を継続していく「長期管理薬」と発作を抑える「発作治療薬」に分かれます。できるだけ発作が起きないように長期管理薬を用い、もし発作が起きたときに対処できるように発作治療薬を使用しますが、できるだけ長期管理薬で発作を抑制することが最善となります。治療方法は主に経口薬として内服するものと吸入器を使って薬剤を直接器官へ噴射するものとなります。吸入器は直接吹き付けることで薬剤の量や副作用が少なくてすむため第一選択薬として使用されております。薬剤は液体にものや粉末タイプなどとなっており、乳児に使用する場合は粉末タイプの使用は控えたほうがよいでしょう。使用量も年齢や症状により変わってきますのでクスリグラでの取扱いのあるものも医師に相談して使用用量などを確認しましょう。

喘息薬(吸入器)・COPDのお薬の効果効能・効き目接続時間等

一般的な使用として吸入器を用います。使用する薬剤の種類によって使用時期が異なります。ステロイド薬や抗コリン薬、インタールなどは主に長期管理薬として発作が起こらないようにするために使用します。β刺激薬の場合は発作が起こったときに使用することで発作を抑制させることができます。また、長期管理薬としてβ刺激薬とステロイド薬を配合した合剤などもあり、重い喘息に対して有効に働きます。長期管理薬は気管支の慢性的な炎症を抑制させるために毎日使用することになります。年齢や症状によって薬剤の使用用量が異なりますが一般的には1日に1回~2回ほど使用することになります。12時間以上の間隔を空けることが望ましいです。子どもひとりでの使用は吸入回数に違いや吸い込む力などの調整などの確認ができないため親御さんが手伝いながら吸入させてあげましょう。使用頻度が高いと効き目が弱くなるかもしれませんので定期的に医師に指示に従うようにしてください。

喘息薬(吸入器)・COPDのお薬に含まれる主成分や主な有効成分

有効成分は長期管理薬としてのステロイド薬とβ刺激薬の合剤となります。ステロイド薬には「フルカチゾン」という成分を使用しており気道の炎症を抑える抗炎症作用があります。炎症を抑制させることで喘息の発作を発生しにくい状態に維持させます。他のステロイド薬よりも脂溶性が高いため組織への依存が長く作用も強力です。もうひとつの成分は長期的に作用するβ刺激薬である「サルメテロール」です。気管支拡張作用があり、気管平滑筋にあるβ受容体という交感神経を刺激することで気道を拡げ呼吸を楽にする働きがあります。この2つの成分が合剤として合わさっているためステロイド薬だけでは効果の弱かった方や喘息の状態が少し重たい方に対して効果的となります。2つの成分が合わさった初めての合剤です。作用時間も長いため吸入回数が少ないことも特徴です。2009年に小児喘息と慢性閉塞性肺疾患に対して承認されました。小児にはエアゾールタイプの使用が良いでしょう。

喘息薬(吸入器)・COPDに関するお薬の説明

「セロフロロタキャップ」は2つの成分フルカチゾンとサルメテロールが配合された合剤です。長期管理薬として使用することで喘息による発作を抑制し防止します。商品名として「アドエア」、「セレタイド」が有名です。セロフロロタキャップはこのアドエアのジェネリック医薬品となります。ジェネリック医薬品のため価格が安く、長期的に継続して使用しなければならない喘息の治療に対しての経済的負担を軽減することができます。この成分を使用するために吸入器があります。「セロフロインヘラー吸入器」は「セロフロロタキャップ」を取り付けて使用する吸入器です。「ロタヘイラー吸入器」も同じように使用する吸入器となっております。

喘息薬(吸入器)・COPDに関するお薬の一般的な飲み方や服用方法

薬剤を吸入器に取り付けてください。息を吐いたらマウスピース部を口にくわえ一気に勢いよく息を吸い込みます。吸入器から口を離して10秒間息を止めます。吸入後はうがいをして口の中の薬剤を洗うようにしましょう。喘息の症状がなくても使用し発作が起こらないように防止しましょう。うがいができない小さい子どもは水を飲ませたり食事をするなどしましょう。うがいは口腔カンジタや声のかすれの繁殖を防止します。1日に2回使用することが一般的ですが、主治医に判断によって使用回数などを確認しましょう。できるだけ顔を上げて吸入することで薬剤が気管支まで到達しやすくなります。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

喘息薬(吸入器)・COPDのお薬の注意点・報告されている副作用等

経口薬に比べ薬剤が体内すべてに行き渡るのもではないため副作用などは少ないないでしょう。うがいなどが不十分な場合は口腔カンジタなどを発症したり声がかすれたりと喉の不快感を感じたりします。薬剤に過敏に反応し頭痛や吐き気があるかもしれません。小さい子供にはエアゾールタイプなどを使用し主治医に判断で薬剤の量や種類を選びましょう。長期的に使用すると成長遅延や骨粗しょう症、白内障、緑内障などの重篤な副作用が起こる可能性があります。定期的に医療機関で検査を受けておきましょう。副作用など体調が思わしくないときは医師に診断を受けてください。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な副作用や注意点をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

喘息薬(吸入器)・COPDのお薬を使用する方の症状

喘息の症状は刺激の強い臭いや煙草の煙、ハウスダストやストレスなどを要因に起こりやすいです。また就寝時や季節の変わり目天候の変化などや体の免疫が弱いストレスがあるときや風邪を引いているときなども注意が必要です。症状は息苦しさやせき込み、呼吸時にピューピューと音が出たりします。就寝時には呼吸困難で目が覚めたり運動中に息苦しさを感じたりします。症状が弱い場合は発作の治まりも早いですが、重症化すると日常生活をするのも困難となり呼吸困難で動けなくなったりします。喘息を診断された場合は発作が起こらないように長期的に発作防止薬を使用し発作を抑制させましょう。発作が起こった場合は急性用の治療薬を使用し発作が治まるのを待ちます。治まらない場合は医療機関で受診することとなります。

喘息薬(吸入器)・COPDのお薬を使用する方の病名

「喘息」は「気管支喘息」とも呼ばれ気道が炎症することで腫れ上がり空気が通りにくくなり呼吸がしにくくなります。原因物質となるアレルゲン物質や煙などは気管支を刺激し炎症を起こします。炎症が慢性化すると治癒することが難しくなり気管支が閉じ呼吸困難となります。喘息の検査では呼吸機能検査や気道過敏性試験。血液検査などがあります。息を吐くスピードを測定(ピークフロー測定)することで気道の広さや肺活量などで喘息の症状なのか測定します。血液検査では何に対してアレルギー反応があるか確認し普段の生活習慣の改善や有効な薬剤などを確認します。気道過敏性試験では発作のレベルを測定し気道の過敏さを確認し治療の必要性を把握します。

喘息薬(吸入器)・COPDのお薬を製造しているメーカーや製薬会社の特徴

当サイトで販売している喘息薬(吸入器)やCOPDを改善するお薬を製造しているメーカー(製薬会社)で有名なのは『シプラ社(Cipla)』になります。セロフロインヘラー吸入器やロタヘイラー吸入器、セロフロロタキャップなどを当サイトで通販購入が可能ですが、メーカーは全てシプラ社の製品となっています。シプラはジェネリック医薬品(後発の医薬品)の筆頭格のメーカーとしてとても有名な製薬会社で、代表的な製品としてはタダラフィル(シアリス)などがあります。その他では主に一般的な医薬品から喘息の薬、抗生物質、処方薬、糖尿病の薬、抗がん剤、心疾患薬、動物用のヘルスケア用品など様々な医薬品を製造、販売しております。

喘息薬(吸入器)・COPDのお薬を使用した方の口コミや体験談、評判、感想等

私は小さい頃から喘息だった訳ではなく、大人になってから喘息になってしまったのですが、最初は病院で処方されたアドエアという吸入器を手放せませんでした。病院にはずっとかかっていたのですが、喘息が落ち着いてからは病院に行かずアドエアもジェネリックのものを買って(セロフロ)使用していました。アドエアのジェネリックだけあって効果も全く同じです。発作が起こった時は少し心配になりましたが基本的にアドエアと何ら変わりはない吸入器です。病院に行かなくても通販で購入できるという点、アドエアよりも安く手に入るという点で今でもセロフロの吸入器を愛用しています。無くなりそうになれば追加で購入して必ずストックしていますし、通販でこういう医薬品を購入できるのは本当に便利だと思いました。

喘息薬(吸入器)・COPDのお薬を購入予定の方から寄せられるよくある質問

Q1. 大人になってから喘息になりました。喘息の特徴があるなら教えて下さい。

喘息の原因は気道が健康な人に比べて狭くなっており吸い込んだ空気が通りにくいことで起こります。症状が出てないときでも炎症を起こしており敏感になっているため、埃や煙草、ストレスなどの正常の人ではなんともないわずかな刺激でも発作が起きてしまったりします。ダニやハウスダスト、ペットの毛や花粉、カビなどはアレルギーを起こすアレルゲンとして、煙草や風邪、ストレスや運動などによるアレルゲン以外の要因とにわかれます。これらの要因の複数が絡み合って発作が起こったり、どれかひとつにが誘因になることもありますので、できるだけこれらの誘因から遠ざける生活を送ることが喘息を発症させる予防にもなります。

Q2. 急に発作が出る時があります。発作が出てしまった時の対処法はありますか?

喘息の発作はとても辛いと思います。激しい咳や呼吸困難をお越しひどいときには意識がなくなってしまうこともあります。発作時の状態をしっかり把握することが重要でそれに合わせて対処していきましょう。呼吸状態や普段通りの生活が送れるか、息を吐いたときの速度であるピークフロー値の低さなどを確認します。支障が少ない状態であればサルメテロールなどを配合したβ2刺激剤などを吸引し症状が緩和するのを待ちましょう。2時間ほど経過しても発作が続く場合は医療機関を受診しましょう。多少生活に支障がある中程度の発作の場合も吸引器を使用し30分ほど発作の程度を経過観察しましょう。どうすることもできないほどの発作の場合は吸引器を使用しながらそのまま医療機関へ向かうようにしましょう。急な発作を対処するためには身近な場所に必ず吸引器を用意しておくことが発作を改善させる方法といえます。

Q3. 喘息は一生治らない病気なんですか?

喘息はなかなか治ったという完治の表現がむずかしい症状であります。発作が一時期治まってもまたぶり返したりすることを繰り返してしまうため、発作が起こらなくなってもいつ治まったのかが分かりにくいことも完治しないと思われる所以でもあります。しかし、発作が起こらず日常生活に支障をきたさないようになる方はとても多くおられますので喘息になったからといって諦めずに治療に励みましょう。喘息の発作が起こらなくなった方の多くは炎症状態を放っておかず治療に専念したかたです。小児喘息の場合、大人になるまでに自然治癒することは多々あります。大人の場合は治りにくいと言われておりますが自然治癒する方もおられます。発作の対応は吸入器を使用し、普段の生活習慣でアレルゲン物質を排除し、喫煙を行わない、食生活に気を付けることを行うことで徐々に治癒に向かうこととなります。

Q4. 友人にCOPDかもしれないと言われました。COPDとは一体どんな病気ですか?

COPDは世界的にみても死因の原因が高い症状で2012年の世界の死因の6%がこのCOPDで亡くなられております。COPDは慢性閉塞性肺疾患のことで気管支喘息もそのひとつとなります。主要な原因は煙草となっており、その他大気汚染や職業病として患うこともあります。喫煙中に発生する燃焼物質であるオキシダントやバイオマスなどが外因性因子となっており、喫煙者の発症リスクは非喫煙者の6倍ちう報告もあります。また、高齢になるほどCOPDを発症しやすくもなります。気管支が炎症を起こし進行すると肺にある肺胞を破壊し気腫化が起こります。初期症状は無症状の場合がほとんどですが、呼吸力が弱くなり日常生活にも支障をきたすレベルにまでなります。炎症は気管支だけに囚われず、全身の炎症や骨粗しょう症、虚血性疾患などを併発することもあります。COPDの診断にはスパイメトリーという機械をくわえ吸い込んだ空気をできるだけ速く吐くことを行います。最初の1秒間で吐き出せた量を全部吐き出した量から割り出し、70%未満の場合はCOPDの可能性が疑われます。

Q5. COPDになってしまった場合、必ず煙草を止めないといけないのですか?

COPDの主な原因は煙草となりますので禁煙をすることが治療を早める第一歩となります。喫煙が要因ではないCOPDの場合でも今後の改善を早期に行うためには禁煙をしたほうが良いです。COPDによって害を受けた肺などは元に戻ることはありません。そのためCOPDの治療はできるだけ重症化しないように早期発見、早期治療を行い進行を食い止めることが目的となります。薬物治療では気管支拡張薬を使用することで呼吸困難となる発作などの発症を食い止めます。抗コリン薬やβ2刺激薬などを使用し改善させます。症状の改善がみられない場合は極度に破壊された肺の一部を外科手術によって切除する方法も行います。しかし、これも完治を目的としている方法ではありません。