アンチエイジングに欠かせないホルモン剤を即日発送の通販で購入が出来ます!!女性ホルモン剤の副作用も明記しており、更年期障害の緩和に有効的です。加齢と共に女性ホルモンは減少するので、その補充にも効果的。是非、こちらから商品をご確認下さい。

ホルモン剤(男性用/女性用)

ホルモン剤(男性用・女性用)のお薬の医薬品ランキング

 

ホルモン剤(男性用・女性用)というジャンルに分類される医薬品の特徴

こちらはホルモン剤(男性用・女性用)の一覧ページです。人間には様々な種類のホルモンがあり、アンチエイジングやエイジングケア、若返りに効果のあるホルモン剤を業界最安値の格安価格で通販しております。当サイトで販売しているプレマリンは女性ホルモンのエストロゲンを補ってくれるホルモン剤で、女性機能の活性化や新陳代謝の活性化、更年期障害などにも効果があり、自律神経を安定させてくれる効能があります。主にプレマリンなどの女性ホルモン剤は産婦人科疾患を改善させる為のお薬で、膣の渇きや尿失禁などにも有効な成分が含まれており、膣炎の場合でも子供から老人まで多くの方に対して使用されている安全なお薬です。また、性同一障害の方が女性らしい体つきを目指す為にも使われていたりします。プレマリン以外にはHGAスプレーというホルモン剤も販売しており、こちらのスプレータイプのホルモン剤はヒト成長ホルモンのスプレーになります。成長ホルモンというホルモンは加齢と共に減少するもので、筋力や体力、髪や肌の若々しさ、記憶力にも関係しています。また、代謝を上げる効果があるので肥満対策やダイエットにも効果的と言われています。ホルモンのバランスが保たれていない方や更年期障害で悩んでいる方、快適な更年期を過ごしたいと考えている方が良く使用されている事でも有名になっています。

ホルモン剤(男性用・女性用)のお薬をお探しの方がよく検索するキーワード

女性用ホルモン剤と男性用ホルモン剤をよく検索されている方は『女性ホルモン 増やす』や『男性ホルモン 減らす』『男性ホルモン 増やす』などのキーワードで検索を行っています。女性ホルモンと男性ホルモンは女性ホルモン注射や男性ホルモン注射などで増やす事ができますが、当サイトでも販売しております女性用ホルモン剤などを服用しても増加させる事ができます。 また『男性ホルモン サプリ』や『女性ホルモン サプリメント』などを使用してのホルモン増加も可能になっており、女性ホルモン薬や男性ホルモン薬でもホルモン量を増やす事はできます。ホルモンとは体内に存在している細胞から作られる化学物質で、体内に約70種類以上も存在していると言われています。男性の体内にも女性ホルモンはありますし、女性の体内にも男性ホルモンは存在しており、どちらのホルモンも食べ物でも増やす事ができるといわれています。 男性ホルモンが増えるとニキビが出来やすいと言われていたり、男性ホルモンが多いとハゲる、ヒゲが多くなる、と言われていますが、男性ホルモンを抑える(減らす)事ができる方法も存在しています。逆に女性の場合は女性ホルモンが減ると様々な病気のリスクが増加してしまいます。その為、女性はホルモン量を増加させても特に男性にみられるマイナスな効果は現れませんから女性ホルモンは増やす方が良いと言われています。 女性ホルモンを検索している方がよく検索しているキーワードとしては『女性ホルモン 男』や『女性ホルモン 男 胸』『女性ホルモン 男性』『女性ホルモン 男 変化』などがあり、こちらの検索ワードとしては男性が女性ホルモンを増加させたらどうなるのかなど、男性が検索を行っている傾向にあります。 その他では女性ホルモンを増やす方法などを検索している方が多く『女性ホルモン ツボ』や『女性ホルモン を増やす食べ物』『女性ホルモン アロマ』『女性ホルモン 漢方』『女性ホルモン マッサージ』などと検索しています。 次は男性ホルモンの検索を行っている方がよく検索しているキーワードを見ていきましょう。先ずはペナルティのワッキーの『男性ホルモン受信中』というギャグがよく検索されており、その他では『男性ホルモン 抑制』や『男性ホルモン 多い女性』『男性ホルモン を減らす』などがよく検索されている傾向にあります。女性ホルモンではエストロゲンというホルモンや男性ホルモンではテストステロンというホルモン名が有名で、この二つのキーワードでもよく複合検索が行われています。

ホルモン剤(男性用・女性用)のお薬に関する歴史や称号(呼び名の由来)

ホルモンは興奮させるや刺激するといった古代の言葉を語源に20世紀の初頭に命名されました。ホルモンの特長として生物の成長進化の段階によって同一の個体であっても特性などが変わる事があげられます。特に女性の妊娠に関係する事柄については、体内の特定器官の働きなどを様々に調節する重要な情報伝達を行う物質となっています。その他にも他の栄養素などとは違い体液中のホルモンの濃度は非常に少ない事が常です。ホルモンは健康的な代謝を行う上で特に重要な存在なので、美容やアンチエイジングに興味のある方達に注目されています。又、最近では不足したホルモンを効率よく補充する療法など医療の分野での活用も目覚ましいものがあります。

ホルモン剤(男性用・女性用)のお薬を使用される方の年齢や性別

女性は10代頃から、おおよそ小学生の高学年または中学生の頃から、その方の個人差がとても大きいですが、月経が始まります。この月経に関しては、閉経が終わるまで、または妊娠している最中などを除いて、おおよそほぼ毎月くるものであり、中にはそのあまりの痛みに「鎮痛剤」などが必要な方もおられます。この痛みどめを服用されている方の中には、あまりの生理の重さに、このような名前が付けられることがあります。それが「月経困難症」と呼ばれるものであり、まったく痛みを感じない人からは分からないほどの激痛が生理中に起こります。そのため、治療としては、「低用量ピル」というものを処方されて、こちらを使うことにより、ホルモンバランスを整えていく、ということになります。ただ、他にもお薬などを処方されている場合などには、こちらの低用量ピルが合わないなどのケースもあり、同時に個人差が大きいため、まったく身体に受け付けず、吐き気などが酷くなってしまう人もおられます。このため、効果が実感できる方と、そうでない方の2パターンに分類されます。また、こちらの低用量ピルは管理が厳格に行われるべきもの、として有名であり、必ず医師からの説明がしっかりと実施されます。

ホルモン剤(男性用・女性用)のお薬の効果効能・効き目接続時間等

婦人系の病気を治療するためには時と場合によって様々な薬剤が用いられるのですが、その中にホルモン剤が存在します。効果について正しく理解していない方も多いので、使用について不安視する方も多いのですが、女性ホルモンの活発化させる効き目があると知ると不安が払拭できるでしょう。近年では、若返りを目的として定期的に用いる方も多いのですが、一般的な方々にとっては辛い更年期障害などの症状を緩和させる目的で使われるものです。こうした薬剤は、個々の体質に左右されるものの、体内に摂り込む時間によって効き目が強く得られやすい場合と、あまり効果的ではない場合に分かれます。当然、あまり効果が感じられない時間に飲用してしまうと、接続時間についても短くなってしまうので良い効果が感じられることが少なくなります。そこで、接続時間を長くするために、まずは自分の体内時計に着目し、時間治療を行えるようにすべきです。そして、最も良い効き目が得られる時間を見つけ出すことができた場合、一度の服用により一日中効き目を感じることができるほどです。一度の服用で長く効果が感じられるという事は、身体に対する負担が軽減させられるという意味合いもあります。

ホルモン剤(男性用・女性用)のお薬に含まれる主成分や主な有効成分

更年期障害治療などに用いられるホルモン剤は、性ホルモンやそれに類似した作用を発揮す成分を配合しています。具体的には、男性用であればテストステロン、女性用であればエストロゲンで、特に後者の場合はPhytoestrogensと呼ばれている植物由来の成分で似た分子構造を持つものがあるので、それらが代用されるケースも少なくはありません。この内で、最も広く知られているのが、豆腐や納豆などの大豆系の食品に多く含まれているイソフラボンというポリフェノールの一種です。この成分は、エストロゲンと分子構造が極めて類似しており、同様の作用を発揮すると考えられています。このために、エストロゲンの分泌量に伴う心身の不調に対しての改善効果を期待できます。一方、テストステロン様作用を発揮するものとしては、アナボリックステロイドが有名です。こちらは、治療目的というよりも筋肉増強剤として利用されることが多いホルモン剤で、ドーピング薬物としても知られています。具体的な作用は、摂取したタンパク質を主に筋肉において細胞内組織に変えるというもので、これによりナチュラルでは出来ないレベルの筋肉の発達を実現することが可能となります。

ホルモン剤(男性用・女性用)に関するお薬の説明

プレマリンとはエストロゲンの一種で、天然ホルモンの事を指します。ファイザー株式会社等から錠剤薬等として販売されており、更年期障害でエストロゲンの分泌が少ない時にその補てんの為に処方される他、不妊治療等にも用いられています。女性用ホルモン剤、結合型エストロゲン、卵胞ホルモンとして分類されております。エストロゲンと言いますのは、卵巣中で卵胞が発育して分泌されるホルモンの事で、閉経等何らかの原因によって体内量が低下してしまった場合、のぼせや多発汗、冷え、動悸等として体に不調が出てきます。症状には個人差があり、酷い苦痛になってしまうケースもあります。そこで、プレマリンを決められた少量ずつ服用する事によって、先に挙げた様な女性ホルモンの減少によって生じる諸症状に効果があると言われています。そんなプレマリンですが、効果が期待出来る反面、副作用が生じる場合等リスクも孕んでおります。例えば、悪徳な個人事業者が独自に海外から輸入代行して販売されているプレマリンもあり、よく調べないで購入してしまった場合に、効果が出ない、重大な副作用が出てしまう、偽物が送られてくるといった事も有り得ます。また、服用制限もあり、乳がんや子宮がんを罹患した方等に対しては症状によって禁止、あるいは、慎重に服用する旨が説明書に定められています。また、こちらはジェネリック医薬品であり、安全性の評価がされていない等の諸注意も留意しておく必要があるでしょう。

ホルモン剤(男性用・女性用)に関するお薬の一般的な飲み方や服用方法

男性ホルモンのテストステロンや女性ホルモンのエストロゲンは、年齢を重ねるにつれて分泌量は低下します。このために、中年以降には様々なトラブルが発症しやすくなってしまいます。特に、後者の場合は顕著で、女性の約30パーセントが悩みを抱えていると報告されています。このような状況を改善することを目的としたホルモン療法は、テストステロンやエストロゲンを直接服用するという内容の治療です。ちなみに、投与ルートには、経口と経皮とがあり、後者の方がより強力に作用します。重度の症状の場合は、エストロゲンと男性ホルモン、黄体ホルモンの合剤を投与するという方法が選択されます。なお、服用の場合は、周期的投与法という方法が最もポピュラーです。この治療法の具体的な飲み方は、1か月間エストロゲンを内服しながら、さらに12日間プロゲステロンを内服するというものです。プロゲステロンの内服が終わる頃に、月経様の出血が見られることになります。一方、テストステロン療法は、LOH症候群という症状を改善するために行われており、注射と外用薬が用いられています。具体的には、1週間から4週間に1度というペースで、症状を見ながら分量を調節します。なお、抗凝血剤と併用すると作用を強化する危険があるので、注意が必要とされています。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

ホルモン剤(男性用・女性用)のお薬の注意点・報告されている副作用等

ホルモン剤は婦人科特有の疾患や不妊治療、男性では精力増強や毛髪を濃くするためなどに用いられますが、それ以外にもバストアップや肌の艶を良くすることが知られているため、美容などでも利用されることがあります。しかし、ホルモン剤が美容に良いということで個人輸入などを使って手軽に入手する人もいますが、本来は治療目的で使用するものなのでホルモン補充をする際には十分に注意する必要があります。ホルモンは人間の精神や体調を整えるために必須の物質で、過剰に吸収して偏ってしまうと体調不良に陥ってしまいます。まず、SSRIなどの抗うつ剤や向精神薬は作用を減衰させてしまうことがあるので併用ができませんし、白血球減少や血小板減少といった血液異常の症状がある人は慎重に投与しなくてはいけません。急激にホルモンが増えることによって吐き気や目眩などの軽い症状から、血液凝固による血栓が生まれたり、視力の低下、女性は子宮筋腫といった副作用が起こる可能性もあります。そのため、持病のある人や妊娠中、もしくはその可能性のある人などは使用する前に医師に相談する必要があります。服用することで起こり得る副作用や注意点などを聞いておかないと、万が一にも起こる問題に対処することが難しくなってしまいます。 ※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な副作用や注意点をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

ホルモン剤(男性用・女性用)のお薬を使用する方の症状

ホルモン剤は、体内で分泌されるホルモンの作用を利用して病気の治療を行う際に用いられる医薬品で、様々な疾患の治療で用いられています。例えば、更年期障害の症状がでている女性に対しては、症状が起きる原因となっているエストロゲン(卵胞ホルモン)の不足を防ぐために、合成卵胞ホルモン剤を投与する方法や、この合成ホルモンと合成黄体ホルモン剤の合剤を投与する方法がよく用いられています。黄体ホルモンと卵胞ホルモンの合剤の投与は、月経困難症などの治療にも用いられることがあります。また、がんの治療でもホルモン剤はしばしば用いられています。がんの種類のうち、特定のホルモンの作用によって活性化されるものに対しては、体内のホルモンの量を調整することでがん細胞の増殖を抑える治療が行われることがあります。例えば、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンの作用が細胞の増殖に関与する前立腺がんの場合、患者には化学合成された女性ホルモンや副腎皮質ホルモンが投与されており、逆に女性ホルモンの作用が症状の進行に関係する乳がんでは、合成男性ホルモンや合成黄体ホルモンが患者に投与されています。ホルモン剤は精神的な症状が出ている場合にも用いられます。例えば、性同一性障害の場合は、心理療法を実施しても精神的な苦痛がなくならない患者に対して、患者の望む性別に身体を近づけるためにホルモン剤が投与されることがあります。

ホルモン剤(男性用・女性用)のお薬を使用する方の病名

更年期障害や乳がん前立腺がん、子宮がんなどは、ホルモンが密接に関連しています。乳がんは、卵胞ホルモン、前立腺がんは、男性ホルモンよって、がん細胞の増殖が促進されます。ホルモンに関係している場合の治療には摘出手術を行うほかに、直接抗がん作用を持たないホルモン剤拮抗作用によって治療の効果が現れます。生殖器に発症するものに対しては、化学療法に比べて副作用が少なく、高い治療効果得られて、かつ持続性があるということから、ホルモン療法が最優先で実施されます。ホルモン剤は、標的の細胞資内の受容体と結合して、細胞に直接的に作用したり、視床下部や下垂体刺激ホルモンへの作用を介し、間接的な効果を発揮します。更に、効果を高めるため、他の療法と組み合わせ治療することも行われています。

ホルモン剤(男性用・女性用)のお薬を製造しているメーカーや製薬会社の特徴

東京都にある、「富士製薬工業株式会社」は、ホルモン剤の製造メーカーです。ここでは、優れた医薬品を通じて人々の健やかな生活に貢献するため、日々難題に挑み続けています。また、医療における製薬の仕事を通じて、みんなともっと成長できる機会と場を創り続けることを最優先しています。主要製品は症状の比較的激しい時期に行う「急性期医療」と、産婦人科領域を中心とする「女性医療」を支えるホルモン剤で、様々な視点からより良い医療を支えるものを提供しています。また、国内の医療機関だけでなく、東南アジアなど海外の医療機関にも貢献の幅を広げているのも大きな魅力です。国外では『アイファイブ(Eye Five)』や『ワイス(Wyeth)』などが有名な製薬会社(メーカー)になります。

ホルモン剤(男性用・女性用)のお薬を使用した方の口コミや体験談、評判、感想等

48歳の時に月経が無くなり、1日中イライラと頭がのぼせた不快感に悩まされていました。インターネットで調べると更年期特有の症状だとわかり多くの女性の体験談を読んでいました。症状改善にはホルモン剤を使うのが良いという口コミが多く、私も近所の婦人科を受診してホルモン剤を投与する治療を受けました。始めた時は何も変化を感じませんでしたが、治療から1ヶ月が過ぎた頃から日中のイライラした感情が無くなり快適な生活を送れるようになりました。更に、閉経していたはずが月経も少量とはいえ始まりホルモン剤の効果を実感しました。先生に聞いたところホルモン剤でエストロゲンを補充するので30代女性並みの体調に戻っていました。若さを保つ上で何も副作用もないホルモン剤はとても良いもので今後も使用し続けます。

ホルモン剤(男性用・女性用)のお薬を購入予定の方から寄せられるよくある質問

Q1. 女性用ホルモン剤って一体どんなお薬なんですか?

女性が健康的に生活を送っていくためには女性ホルモンは欠かせない物質と言われています。女性の体内にはエストロゲンとよばれるものとプロゲステロンと呼ばれる2種類の女性ホルモンが存在しており、加齢ととも減少していきます。思春期に入ると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が加速し、女性らしい体つきに発達していきます。月経が始まり妊娠できる体になるとホルモンは月経周期に合わせて安定して変化していきます。40代ごろになると、このホルモンの分泌が減少してしまい閉経を迎える心には一気に減少していく事になります。エストロゲンは女性らしい体づくり以外にも中枢神経や循環器や骨や皮膚の代謝にも大きく関わる物質であるため、減少によってこれらの器官に影響を及ぼしてしまいます。これらの影響での体調不良として更年期障害があります。急激なホルモン減少に体が慣れていかないことで月経異常や精神的な不安などを起こします。女性用ホルモン剤を使用することでこの急激な女性ホルモンの減少が抑制され、体の影響を緩和させる働きを見せてくれます。それにより更年期による症状を緩和し、改善に向かうことが可能になっています。

Q2. 男性用ホルモン剤って一体どんなお薬なんですか?

男性ホルモンも女性ホルモンと同じように男性の体内に存在しております。それぞれのホルモンは異性側にも存在をしておりますが、ごくわずかとなります。男性ホルモンのほとんどはテストステロンという物質となっており、精力増大や骨格・筋肉の発達、身長の成長など男らしい体づくりに必要となっております。男性ホルモンも女性ホルモンと同じく思春期から分泌が増加し始め、加齢とともに減少していきます。しかし、女性の女性ホルモンの減少よりは緩やかに減少していくために更年期障害などの症状は少ないと言われておりますが、完全に無いというわけではありません。更年期としての症状は性欲減退やED、不安、イライラなどがあると言われており、男性ホルモン剤を使用することで女性と同じように更年期障害の症状を緩和することが可能です。EDや不妊症、精神の安定、筋肉の増強などに作用します。

Q3. ホルモン剤はどのような時に飲むのが効果的なんでしょうか?

体内のホルモンのバランスや減少が著しくなりそうなときに現れる症状を緩和する時にホルモン剤を使用すると良いでしょう。最初に使用されることが多いのが月経不順や月経前症候群などの際に治療目的で使用されます。一般的にピルと呼ばれているものが該当し、避妊効果以外にも使用されていたりします。ピルとは逆に不妊治療にもホルモン剤は使用されます。排卵を促したり着床しやすい体に改善させる事により、妊娠する確率を上げてくれると言われています。更年期障害ではのぼせやほてりなどが一番の効果を実感でき、自律神経の安定を計ってくれます。その他に乳がんや子宮がんにもホルモン剤を使用する療法があります。男性の更年期である使用では陰嚢部分に塗りこむクリームタイプの外用薬や男性の筋肉増強として男性ホルモンを投与したりする事があります。

Q4. 男性が女性用ホルモン剤を使用したらどうなってしまいますか?

男性が女性ホルモン剤を使用することで徐々に女性化していくと言われています。先ず始めに胸に影響を与え、少し胸に膨らみが出始めます。そして性欲が減退し始めます。性行為を行うことの欲求がなくなっていき、次第にEDにもなっていきます。髪の毛も増加し顔などもふっくらと女性化していきます。その他の副作用としては吐き気や乳房痛、頭痛なども起こり易くなります。このように女性化していくために、性同一性障害の方が使用することも多いですが、一般的な治療にも使用されます。男性ホルモンのテストステロンにより、増殖する前立腺がんは治療に女性ホルモン剤などを使用されることもあります。

Q5. 女性が男性用ホルモン剤を使用したらどうなってしまいますか?

女性が男性ホルモン剤を使用すると男性のような体つきに変わっていきます。しかし、骨格や乳房が大きく変わることは無いといわれており、その代わりに体毛が濃くなり、筋肉がつきやすく力強くなります。女性の生殖機能も徐々に失われていく事になります。性同一性障害の方には使用することで男らしい身体付きに変化していくため、男性用ホルモン剤を使用されることが多いですが、女性の一般的な治療に男性ホルモン剤を使用することもあります。女性ホルモンであるエストロゲンにより増殖が促進される乳がんなどの治療では、増殖を抑制させるために男性ホルモン剤を使用することもあります。