イミグラン 100mg/50mg

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥4,008(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥3,967(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥3,886(税込)
  • 商品コードイミグラン100mg 2錠
  • 定価(税込)¥5,760
  • 販売価格(税込)¥4,090
  • 在庫状態在庫有り

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥4,714(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥4,666(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥4,570(税込)
  • 商品コードイミグラン50mg 2錠
  • 定価(税込)¥6,420
  • 販売価格(税込)¥4,810
  • 在庫状態売切れ
売切れ
--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

イミグラン(imigran)100mg/50mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーは頭痛薬(偏頭痛)・痛み止め薬(鎮痛剤)です。

イミグランの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:イミグラン

英語表記:imigran

ブランド:ジーエスケイ

メーカー:GSK

内容量違い:イミグランは内容量違いがあります。

成分容量:100mg/50mgが含まれたお薬がございます。

内容量:イミグラン100mg 2錠/イミグラン50mg 2錠

有効成分はSumatriptan succinate(スマトリプタン)100mg/50mgです。

お薬の形状:錠(pill)/錠剤(Tablet)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

イミグランとは?イミグランの正規医薬品(本物)です。

日本ではイミグランとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は日本国内の薬局やamazon、楽天等の国内通販では販売や市販はされておりませんが、処方箋や診断書があれば処方されるお薬です。

別名称・間違い名称:イミクラン・頭痛の薬・頭痛薬

お薬ジャンル:頭痛薬・鎮痛剤・片頭痛緩和・慢性頭痛抑制

こんな症状の方が使用:片頭痛・慢性頭痛

対象年令ターゲット・性別:20代・30代・40代・50代の女性/20代・30代・40代・50代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約1時間

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり

イミグランの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

海外通販代理サイト「クスリグラ」が紹介するイミグラン(imigran)は片頭痛を緩和する頭痛薬です。片頭痛を起こす理由はさまざまあり、アレルギー反応で起こったり、睡眠不足や食事を抜くことなどの不規則な生活、喫煙や香水の匂いなどで起こったりもします。脳内の血管が拡張したり収縮を繰り返すことで神経を刺激し痛みを伴い片頭痛を引き起こしており、イミグラン(imigran)の有効成分であるスマトリプタンは血管内のセロトニン受容体に作用し拡張した血管を収縮させ片頭痛を和らげます。また頭部の三叉神経にも作用し炎症を起こしている神経を抑制させます。スマトリプタンはトリプタン系に分類される薬剤で日本ではトリプタン系初の頭痛薬となっております。頭痛を予防する予防薬の役割はなく、あくまで頭痛が発生したことによるものの頭痛薬となります。高山病の予防にも効果的です。服用後は眠気を催しますので自動車などの機械類の運転は控えるようにしてください。海外通販代理サイト「クスリグラ」ではイミグラン(imigran)の他にも違う作用効果のある頭痛薬もございます。いろいろとあなたの症状に合わせてチェックしてみてください。

飲み方(使用方法):通常、成人の場合、1回50mgを片頭痛時に使用します。最大で100mgまで増量できますが、追加服用の場合は2時間以上の間隔を空けて服用するようにしてください。50mgで効果が不十分であった場合は次回から100mgを服用することが可能で、最大200mgまで可能です。服用量は自身で判断せず、医師の指示に従って服用するようにしましょう。

使用するタイミング(時間):指定無し

服用間隔:1日に2錠まで

副作用/注意点:主な副作用は動悸、眠気、めまい、体の痛み、倦怠感などがあります。ごくまれな重篤な副作用として心臓異常、アナフィキラシー、発作などがあります。服用に際しては医師に相談してください。妊婦または授乳中の方には特に服用に注意が必要です。

イミグランが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

トリプタン系の頭痛薬は今までになかったタイプの片頭痛薬で血管の収縮と炎症を同時に和らげることができるので効果がとても高いです。しかい効かない方もいるようです。一部の方には全く効かないかたもおられますが、服用するタイミングをしっかりと理解すれば効果は上がると思います。よく痛みがピークになるまで耐えてしまい、どうにもならなくなってから使用する方が多いと思います。しかし、痛みがピークの時に使用するのでは遅すぎで、できれば痛みが発症するとき、若しくは前兆があった場合は、ちょっとこれはあやしいなと思ったときに服用するようにしましょう。同じトリプタン同士であれば、服用して2時間ほど間隔をあければ再度服用することも可能ですので、ピークになる前にピーク状態を抑えることが一番となります。違うトリプタン同士を併用する場合は24時間以上間隔を空けて使用するようにしましょう。トリプタン系はリザトリプタンやスマトリプタン、エレトリプタン、ナラトリプタン、ゾルミトリプタンと5種類あります。それぞれ特徴があり、人によって効果が違ったりしますので、なかなか効かない方などは違うトリプタンを試してみることも良いでしょう。