ビーファット 120mg

vyfat

vyfat

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥3,479(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥3,444(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥3,373(税込)
  • 商品コードビーファット120mg 10錠
  • 定価(税込)¥5,150
  • 販売価格(税込)¥3,550
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

ビーファット(vyfat)120mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーはダイエット医薬品・ダイエットサプリです。

ビーファットの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:ビーファット

英語表記:vyfat

ブランド:インタスファーマ

メーカー:intas

内容量違い:ビーファットは内容量違いはありません。

成分容量:120mgが含まれたお薬がございます。

内容量:10粒

有効成分はOrlistat (オーリスタット) 120mgです。

お薬の形状:カプセル(capsule)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

ビーファットとは?ゼニカルのジェネリック医薬品です。

日本ではゼニカル・ビーファットとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は厚生労働省の承認を受けておらず、日本国内の薬局や楽天、amazon等の国内通販では販売や市販はされておりません。

別名称・間違い名称:ヒーファット・ビーファト・オルリスタット・オーリスタット・ヴィーファット・ビファット・肥満治療薬・ダイエット薬

お薬ジャンル:肥満・ダイエット・脂肪吸収抑制

こんな症状の方が使用:肥満・ダイエット・生活習慣病

対象年令ターゲット・性別:10代・20代の女性/40代・50代・60代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約6時間

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり

ビーファットの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

ビーファットとは、インドのインタス社が製造販売するオーリスタットを有効成分とする肥満治療薬です。 オーリスタットの先発品はスイスの製薬会社エフ・ホフマン・ラ・ロシュ社が開発した製品で「ゼニカル」です。すでに世界17ヶ国で発売されており、たいへん多くの人に使用されています。 肥満の原因は、脂質の摂取量が多いことも一因と言われています。 ビーファットの有効成分であるオーリスタットは、食事から摂取する脂質を分解する酵素「リパーゼ」の働きを阻害する作用があります。この酵素阻害作用により、食事由来の油分や脂肪が腸から吸収されることを防止し、体にたまることなく便として排泄されていきます。 このため、ビーファットにはダイエット効果があると言われています。 また、ビーファットは脂質以外の栄養素である糖質およびタンパク質の吸収を阻害することはないため、健康的なやせ方ができるのです。 ビーファットは食事の摂取量を減らしたり、食事の内容を考えたりする必要もなく、通常の生活を保ったままダイエットすることができるため、ストレスを感じることもありません。 精神的な負担もないので、リバウンドがおこる恐れもありません。 この薬は、余分な脂質を体内に取り込むことを防ぎ、排出を促進するタイプなので、負担が少なく、長く続けていても安心です。

飲み方(使用方法):毎食の食事に合わせて1カプセルを水もしくはぬるま湯と一緒に服用します。1日最大3回まで服用することができます。 またこの薬は空腹の時には効果が出にくいと言われています。 このため、食事中もしくは食後に服用すると効果的です。 飲み忘れに気がついても、一度に2カプセル以上をまとめて飲むことは避けてください。

使用するタイミング(時間):食前

服用間隔:1日に3錠まで

副作用/注意点:副作用として便がやわらかくなることがあります。 おならが頻繁にでたり、便の回数が増えることもありますので、症状が気になるようでしたら、服用を中止して様子を見てください。 また、便が柔らかくなりすぎることで、便失禁を起こすこともあります。下着を汚さないように、カバーをしてください。

ビーファットが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

有効成分のオルリスタットは食事で得られる脂肪分を体内に吸収される量を減らすことで摂取カロリーを抑制しダイエットに繋げるお薬です。しかし、使用方法をしっかりと守ることと仕組みを理解していないと服用しても効かないなどと思ってしまいます。オルリスタットは体内の分解酵素であるリパーゼに作用します。リパーゼは脂質を分解する酵素であるため、食べ物に含まれる脂質を約30%通常よりも体内に吸収する量を減らします。吸収できなかった脂質はそのまま便として排出されます。つまり、から揚げやかつ丼など、食べた食事に含まれる脂質が多いと体内に吸収されない脂質も多くなり効果を高めることになりますが、うどんやそばなど食べた食事に含まれる脂質が少ないものなどは排出される脂質も少ないためあまり効果はありません。食事と関連が深いお薬の成分ですので、食事に合わせて服用を変えるようにし、脂質が少ない食事や食間などは服用しなくても問題ありません。服用するタイミングも重要で、油っぽい食事を食べた後でも消化し終わった後では意味がありません。服用のタイミングは食事中や食後1時間以内の食べた脂質がまだ体内に吸収されていないときに服用するようにしましょう。