ゼニカル 120mg

xenical

xenical

セット割引
  • 2~2個で1個あたり ¥7,575(税込)
  • 3~4個で1個あたり ¥7,498(税込)
  • 5個以上で1個あたり ¥7,344(税込)
  • 商品コードゼニカル120mg 42錠
  • 定価(税込)¥11,200
  • 販売価格(税込)¥7,730
  • 在庫状態在庫有り

--- 特典 ---

・獲得ポイント3%

・送料無料条件 ¥10000以上

ゼニカル(xenical)120mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このお薬と同様のお薬カテゴリーはダイエット医薬品・ダイエットサプリです。

ゼニカルの通販に関しては副作用・使用方法などをよく御確認の上ご購入ください。

商品名:ゼニカル

英語表記:xenical

ブランド:ロシェ

メーカー:F. Hoffmann-La Roche

内容量違い:ゼニカルは内容量違いはありません。

成分容量:120mgが含まれたお薬がございます。

内容量:42粒

有効成分はOrlistat(オーリスタット)120mgです。

お薬の形状:カプセル(capsule)

※こちらのお薬は飲み薬です。

※こちらの商品は医薬品です。

ゼニカルとは?ゼニカルの正規医薬品(本物)です。

日本ではゼニカルとも呼ばれております。

日本での市販状況:こちらの医薬品は日本国内の薬局やamazon、楽天等の国内通販では販売や市販はされておりませんが、処方箋や診断書があれば処方されるお薬です。

別名称・間違い名称:ゼニガル・セニカル・ヤンヒー・サノレックス・マジンドール・ダイエットピル・ほんまでっかTVで紹介された食べたことをなかったことにする薬・肥満治療薬・ダイエット薬

お薬ジャンル:肥満・ダイエット・脂肪吸収抑制

こんな症状の方が使用:肥満・ダイエット・生活習慣病

対象年令ターゲット・性別:10代・20代の女性/40代・50代・60代の男性

発送国:シンガポール

効き目(接続時間):約6時間

併用すると危険なもの:併用禁忌薬あり

ゼニカルの使用方法(服用方法)・副作用・注意点

nomikata

ゼニカル(xenical)120mgは肥満治療薬として使用されるダイエット薬です。サプリメントなどとは違い医薬品ですのでダイエット効果が高く、海外通販のダイエット薬では一番の知名度となるのがこのゼニカルです。ゼニカルの有効成分オルリスタットは脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを抑制し、体内に消化される脂肪を吸収せずそのまま体外へ排出させる効果があります。体外へそのまま排出される脂肪はおよそ30%ほどとなっており、今までと同じように食事をしても、30%の脂肪を抑制することでダイエット効果を高めることができます。体に蓄積され脂肪となる物質は糖と脂質です。1gあたりのカロリーは糖は4kcalで脂質は9kcalです。圧倒的に高い脂質のカロリーを1gあたり6.3kcalと糖質と同じくらいのカロリーにすることができます。アメリカの治験結果では1年間の投与で5%の体重減が60%、10%の体重減が27%と高い実績から、アメリカ食品医薬品局(FDA)にも認可されております。海外通販代理サイト薬蔵でも人気のダイエット薬となっております。

飲み方(使用方法):食事に合わせて1錠服用してください。食事をしていないときや脂肪分の少ない食事の時に服用しても効果はありません。脂肪の吸収を抑制することで摂取カロリーを抑えるこができます。合わせてビタミンの吸収も阻害されてしまうため、食間などにビタミン剤などでビタミンを補給することを推奨します。

使用するタイミング(時間):食前

服用間隔:1日に3錠まで

副作用/注意点:脂肪分がそのまま体外へ排出されるため、便が軟便になりやすくなります。油がそのままでるようなこともありますので、女性の方ならナプキンを併用するなど、便意やおならを催すときには注意をしましょう。

ゼニカルが効かなくなる、効かない、効果がないと感じた方

有効成分のオルリスタットは食事で得られる脂肪分を体内に吸収される量を減らすことで摂取カロリーを抑制しダイエットに繋げるお薬です。しかし、使用方法をしっかりと守ることと仕組みを理解していないと服用しても効かないなどと思ってしまいます。オルリスタットは体内の分解酵素であるリパーゼに作用します。リパーゼは脂質を分解する酵素であるため、食べ物に含まれる脂質を約30%通常よりも体内に吸収する量を減らします。吸収できなかった脂質はそのまま便として排出されます。つまり、から揚げやかつ丼など、食べた食事に含まれる脂質が多いと体内に吸収されない脂質も多くなり効果を高めることになりますが、うどんやそばなど食べた食事に含まれる脂質が少ないものなどは排出される脂質も少ないためあまり効果はありません。食事と関連が深いお薬の成分ですので、食事に合わせて服用を変えるようにし、脂質が少ない食事や食間などは服用しなくても問題ありません。服用するタイミングも重要で、油っぽい食事を食べた後でも消化し終わった後では意味がありません。服用のタイミングは食事中や食後1時間以内の食べた脂質がまだ体内に吸収されていないときに服用するようにしましょう。