確かな効果を得られるAGA治療薬、薄毛対策の薄毛治療薬、育毛剤、育毛サプリ、発毛剤を海外医薬品個人輸入代行サイトの中でも限界最安値に挑戦中!!即日発送でお客様をお待たせ致しません!!正規品保証付きのAGA治療薬を簡単に通販で購入出来ます。

AGA治療薬(薄毛治療薬/育毛剤/発毛剤)

avodart

アボダート 0.5mg

¥6,450(税込)

ugaine

ウゲイン 10mg

¥7,300(税込)

tugain

ツゲイン 10%/5%/2%

¥3,200(税込)

finast

フィナスト 5mg

¥4,170(税込)

finax

フィナックス 1mg

¥2,730(税込)

fincar

フィンカー 5mg

¥2,100(税込)

finsava

フィンサバ 1mg

¥2,540(税込)

finpecia

フィンペシア 1mg

¥1,800(税込)

proscar

プロスカー 5mg

¥4,700(税込)

propecia

プロペシア 1mg

¥9,160(税込)

MorrF

モールエフ 5%+0.1%

¥6,130(税込)

lonitab

ロニタブ 10mg/5mg

¥2,910(税込)

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)のお薬の医薬品ランキング

 

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)というジャンルに分類される医薬品の特徴


AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)を海外医薬品個人輸入代行通販サイトで購入するなら間違いなく当サイトがオススメです!!AGA治療薬ランキングや口コミを元に商品登録を行い、確実に効果があるAGA治療薬を即日発送しております。薄毛や脱毛のお悩みは男性だけではなく女性にもあります。当サイトは女性にも使えるAGA治療薬を数多く販売しており、病院やクリニックに通わずに増毛、発毛、育毛を実感して頂く事ができます。AGAに効果のある医薬品は様々あり、ミノキシジルやフィナステリドという成分が入った育毛剤や発毛剤、液体ではないタブレットタイプのものから薄毛治療薬、抜け毛を防止するお薬まで、業界最安値の価格で販売しています。また、発毛や育毛や増毛を促してくれる正規品のプロペシアもお取り扱いは御座いますが、プロペシアのジェネリックも「価格が安い割には効果が明確で確かに効く」のでお勧めです。当サイトで取り扱いのある飲むタイプのAGA治療薬は殆どの塗るタイプのAGA治療薬と併用が可能になっており、継続して使用していく事により髪の毛がフサフサになり、効果を感じる事が出来ますので女性の薄毛や抜け毛、男性の若ハゲ、頭頂部や前頭部の抜け毛、薄毛が気になっている方にもとても好評の商品となっております。

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)のお薬をお探しの方がよく検索するキーワード


AGA治療薬はまたの名を男性型脱毛症治療薬は薄毛治療薬や育毛剤、発毛剤とも呼ばれている髪の毛の為の医薬品です。さて、AGA治療薬のよく検索されているキーワードはどのようなキーワードが多いのでしょうか。AGA治療薬を購入したいと思っている方は『AGA治療薬 購入』や『AGA治療薬 通販』『AGA治療薬 価格』『AGA治療薬 値段』『AGA治療薬 費用』などで検索を行います。

AGA治療薬の使い方や効果、副作用が気になる方は『AGA治療薬 使い方』『AGA治療薬 効果』『AGA治療薬 副作用』などで調べ、オススメやランキングという複合キーワードで使用した事がある方の意見を聞く場合もあります。また『AGA治療薬 口コミ』や『AGA治療薬 体験談』などでも調べ、使用後の効果や感想が気になる方も多いみたいです。

個人差もある医薬品になりますので効果や効き目は人それぞれだとは思いますが、やはり髪の毛が本当に生えてくるのか、抜け毛が無くなるのかどうか気になってしまうのは仕方がない事です。AGAは男性型脱毛症の事を指しておりますので『ハゲ』や『M字ハゲ』『薄毛』『抜け毛』というワードと一緒に良く検索されています。

ハゲと一緒に良く検索されているのは『ハゲ 予防』や『ハゲ 髪型』『ハゲ 画像』などがあり、『ハゲ 原因』『ハゲ 対策』など様々です。また、芸能人がAGA治療を行ったとテレビで告白した事をきっかけに『AGA治療 岡村』やスカルプDで有名な『AGA治療 宮迫』更には『AGA 芸能人』というキーワードもよく検索されている傾向にあります。

AGAの治療薬は大きく二つに分ける事ができ、一つは『プロペシア』もう一つは『ミノキシジル』という成分です。

これらの成分が入ったお薬を主に薄毛治療薬や育毛剤、発毛剤というのですが、プロペシアとミノキシジルは全く別物の男性型脱毛症治療薬なので効果も違います。形状としては塗り薬や錠剤(飲むタイプ)があり、効果も様々です。

また、ミノキシジルを含むAGA治療薬は女性の薄毛にも効果があり、近年、抜け毛や薄毛でお悩みの女性が増えている事もあり、女性がAGA治療薬の事や薄毛の事を検索する機会も増えています。

女性が良く検索されているキーワードとしては『女性 薄毛』『女性 薄毛治療』『女性 薄毛対策』などがあり、男性だけではなく女性もAGA(FAGA)の事で悩みを持っている事がわかります。

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)のお薬に関する歴史や称号(呼び名の由来)


育毛の歴史は古く紀元前のエジプトや中国などですでに始まっておりました。当時はAGA治療薬など存在せず天然成分由来のもので髪を強く、たくましくさせるために使用しておりました。現在でも当時使用していた成分を漢方やサプリメントとして使用しているものもあります。AGA治療薬としては1980年代にアップジョン(現在のファイザー)が外用薬として「ロゲイン」の発売を開始しました。その後日本へも普及し1999年に大正製薬が一般用医薬品として「リアップ」の発売を開始し認知度が拡散しました。その後外用薬から内服薬の発売も始まり、日本では2005年にフィナステリドを成分に持つ内服薬が承認されました。世界登場は1997年でリアップの発売よりも早く認可されておりましたので日本での認可はまだまだ歴史が浅いものとなります。

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)のお薬を使用される方の年齢や性別


AGAに悩む方は40代から増加しはじめ加齢とともに増えていきます。しかし、20代や30代の若い男性にも増え始めてきいおります。AGAの治療薬は以前は頭皮の直接塗布するもののみでしたが、内服するタイプも増え始めてきたことで、毛髪が増加する方が増えてきております。こういったAGA治療薬は成人男性であれば年齢制限なく使用することが可能です。しかし、未成年の使用に関しては医療機関でも親の承諾書が必要となります。また、成長期には必要なホルモンを抑制することにもなるため安全性が確率されていない治療薬もあるため、できるだけAGA治療には成人になってから使用することがよいでしょう。また、女性に関しても胎児に影響を与える可能性が高いため使用できないものが多くなっております。

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)のお薬の効果効能・効き目接続時間等


AGA治療薬は長期間使用しなければいけません。1日の使用回数は外用薬では1日2回、内服薬では1日1回服用するタイプがほとんどとなります。最低でも4か月以上は毎日継続して使用することとなります。使用後、早ければ3か月ほどで発毛を実感する効果を感じたり、脱毛が少なくなるのを感じ始めます。6か月経過するあたりからより実感を感じることになります。効果を実感し毛髪が増加することで投薬の中止を考えることになると思います。しかし。AGAは進行する症状ですので、投薬を中止することで再び薄毛が進行してしまうことになります。そのため、効果を持続させるには継続して服用することが必要となります。このように薄毛を改善させ、増加した毛髪を維持するためにはAGA治療薬を服用をし続けることとなります。そのためランニングコストがかかってしまうため、新薬の使用よりも新薬よりも安いジェネリック医薬品を使用する方が増加しております。

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)のお薬に含まれる主成分や主な有効成分


AGA治療薬の有効成分は主に2種類に分かれます。まずはミノキシジルという物質を使用しているものです。日本ではCMなどでも放映している「リアップ」などが有名なものです。日本で認可されているものは外用薬のみですが、海外では内服タイプのものもあります。使用することで血管が拡張されることで毛母細胞が活性化され発毛を促進し薄毛を抑制させます。内服薬はもともと高血圧の治療薬として使用されていたものでその後、薄毛の治療薬として研究され発売されました。もうひとつの成分はフィナステリドという物質です。基本的には内服薬として使用し体内に吸収させます。薄毛の原因となる男性ホルモンDHTの生成を抑制し毛髪の成長サイクルを正常に戻します。DHTは同じ男性ホルモンであるテストステロンと5-α還元酵素が結びつくことで生成され、フィナステリドはこの5-α還元酵素を阻害する働きがあります。毛髪の成長は遅く、1日に何十センチも伸びることはありません。そのため毛髪の成長サイクルを改善させて毛髪の増加を促すことにも時間がかかります。

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)に関するお薬の説明


AGA治療薬は1999年に日本でミノキシジルを使用したAGA治療薬が登場したことで一気に拡がり始めました。同時期にED治療薬であるバイアグラが登場したこともあり、生活改善薬として認知度も上がることとなりました。その後、2005年には内服薬としてのフィナステリドが認可されたこともあり、薄毛への改善がより大きく実現していきました。当時から海外製品の個人輸入はありましたが、現在では多くの製薬会社がジェネリック医薬品を製造・販売しており、AGAの認知度もさらに向上し治療方法がよりわかりやすくなったことで使用者が増加しております。今後も新しい有効な成分が開発されることへの期待度もとても高い治療薬となります。

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)に関するお薬の一般的な飲み方や服用方法


外用薬の使用の場合は清潔な頭皮に1日2回ほどマッサージをするように塗布します。外用薬は液体タイプの他、垂れにくいスプレータイプやムースタイプのものもあります。内服薬の場合、1日1回服用していくタイプとなります。1錠に含まれる含量が多い場合もあるため、そのようなときはピルカッターなどで錠剤を割って服用するようにしましょう。ミノキシジルを使用したものとフィナステリドを使用したものを併用して使用すると相乗効果により薄毛治療の効果がより改善されることに期待できます。しかし、ミノキシジルの内服薬は副作用が強いため、最初は外用薬から使用するようにしましょう。
※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な服用方法をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)のお薬の注意点・報告されている副作用等


ミノキシジルを使用した外用薬の場合、頭皮のかゆみや発疹、頭痛、動悸などの副作用が起こる可能性があります。内服薬の場合。多毛症や手足のしびれ、むくみ、性欲減退などの副作用の報告があります。フィナステリドを使用した場合、頻度は低いですが胃部の不快感や性欲減退。頻度不明では重篤な症状で肝機能障害を起こす可能性があります。女性や未成年は基本的に使用することはできません。特にフィナステリドを使用した治療薬は乳幼児や胎児、思春期には必要なホルモンを阻害してしまうため、薬剤に触れるなども禁忌となります。高齢者の使用や他の医薬品を使用している方、重い持病のある方などは使用に際し医師に相談をしましょう。
※最後にこちらの説明はこのお薬の一般的な副作用や注意点をご紹介しております。各お薬ごとに異なる場合がございますので、詳しくは商品ページでご確認ください。

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)のお薬が効かない、効果がないと感じた方


AGA治療薬を使用してもなかなか髪の毛が生えてこないや効果を感じない、逆に抜け毛が増えてしまった方もおられます。まずはAGA治療薬の効果をもう一度確認することが重要となります。AGA治療薬の場合、効果が発現する2週間~3ヶ月ほどの初期段階で初期脱毛が起こることがあります。これはAGA治療薬の効果により新しく髪の毛が発毛しようとする効果のため、現在休止期間に入っている髪の毛と入れ替わるときに起こります。下からの新しい髪の毛に押された髪の毛が抜けてしまうことで起こるのがこの初期脱毛となります。残っている休止期間の髪の毛は人によって異なるので、初期脱毛があるかたとないかたとに分かれます。また、薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)でない方にも効果はありません。円形脱毛症や精神疾患での脱毛、特に女性に多いホルモン量が原因のびまん性脱毛症などではAGA治療薬を使用しても効果がないことがありますので、薄毛の原因が何であるかを確認することも重要であります。AGAと判断されてAGA治療薬を使用していく場合でも短期間に発毛することはなく、6ヶ月~1年間は使用を継続して効果の発現を確認することが必要です。

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)のお薬を使用する方の症状


初期症状としては硬い毛髪がだんだんと柔らかい毛髪に変わっていきます。抜毛が増加し毛髪のボリュームがなくなり、ヘアセットに時間がかかるようになります。薄毛は額の生え際がだんだんと上へ後退していくタイプや頭頂部から生え際に向かって薄毛が進行するタイプ、コメカミから反りこみがより進行していくタイプなどに分かれます。1日で毛髪が抜けきるのではなく、徐々に薄毛が進行していき、毛髪がない部分が増えていきます。原因はいろいろとあり、遺伝による原因、男性ホルモンによる原因、毛髪環境の悪化により毛髪の成長サイクルが乱れることの原因、食生活や喫煙などによる原因などがあり、それぞれの原因が複合することでより薄毛になりやすくなります。

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)のお薬を使用する方の病名


AGAは男性型薄毛症のことを言い、Androgenetic Alopeciaの略になります。最初に薄くなる箇所によりA型、O型、M型などとタイプが分かれます。男性ホルモンであるDHAは毛乳頭にある男性ホルモン受容体と結びつくことで発毛が抑制され薄毛となっていきます。これは遺伝にも影響があると言われており、受容体との結合能力やDHAの生成量などは遺伝との兼ね合いが強いと言われております。毛髪の成長には頭皮の毛細血管から毛母細胞へ栄養が必要です。喫煙やストレスは血流を悪化し、頭皮の不衛生は毛根を詰まらせ成長を妨げることとなります。DHAや毛髪環境が悪くなると毛髪の成長サイクルは乱れてしまい髪の成長期が短くなり毛髪の寿命が短くなります。新しい毛髪も生えにくくなっているため薄毛はどんどんと進行していきます。

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)のお薬を製造しているメーカーや製薬会社の特徴


AGA治療薬と呼ばれる薄毛治療薬や育毛剤、発毛剤を開発、製造している主なメーカーは『シプラ(Cipla)』や『ドクターレディ(Dr.Reddy)』がありますが『メルク(MERK SHARP &DOH)』や『インタスファーマ(Intas Pharma)』『サバ メディカ(Sava Medica)』『アルムス(ALUMS)』などからも販売されています。AGA治療薬はED治療薬とは違って、製薬会社の名前も変わってくる所が特徴です。中には勃起薬と同じメーカーから出ている薄毛治療薬も存在しています。※当サイトは全ての医薬品が各メーカー保証付きなので偽物は一切なく、正規品100%のお薬をお届けしております。

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)のお薬を使用した方の口コミや体験談、評判、感想等


AGA治療薬って使った事無かったんですが、薄毛が気になってきて会社の若い女子社員の目も私の髪を見ているような気がして・・・妻にも何回も抜け毛の事で指摘されていました。クリニックや病院もわざわざ行きたくないので個人輸入代行サイトの通販でAGA治療薬を購入しました。私は錠剤とかタブレットとか飲むタイプのものではなく、CMでよくやっているリアップのような髪の毛に直接塗るタイプのAGA治療薬を選びました。色々なランキングや口コミ、体験談を見て選んだのですが継続的な使用が必要みたいで、数か月決まった時間に朝と夜塗ってました。効果としては薄毛は目立たなくなりましたが、妻にはもっとフサフサにならないの?と言われました。AGA治療薬を使って髪が何センチも伸びたらカツラは要らなくなるでしょうね、取り合えず自分としては薄毛が気にならなくなったので良しとしました。

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤・発毛剤)のお薬を購入予定の方から寄せられるよくある質問

Q1. そもそも何故AGA(男性型脱毛症)になってしまうのですか?

AGAで悩む人は日本全国で1,200万人以上いると言われており、成人男性の4人に1人の割合となります。AGAの主な原因は男性ホルモンが影響しております。男性ホルモンの90%以上を占めるテストステロンは5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつくことでDHA(ジヒドロテストステロン)という別の男性ホルモンに変換します。このDHTは幼少には男性器の形成に重要な役割を行いますが、思春期以降にはAGA、前立腺肥大、ニキビなどの原因となってしまいます。DHAは毛髪の毛乳頭にある受容体と結びつくことで発毛の成長サイクルに異常をきたし、毛髪の成長期が衰退し脱毛を促進させてしまいます。自分ではコントロールができないのでとてもやっかいな原因となります。その他、ストレスなどの自律神経の乱れや普段の食事などの生活習慣の悪化、頭皮の外敵ダメージもAGAを進行させる原因となります。

Q2. AGA治療薬はいつ飲めば良いですか?飲むタイミングを教えて下さい。

経口服用タイプのAGA治療薬は1日の1錠服用するタイプが多いです。1錠に含まれる含量によって自身の症状に合わせて増減してください。できるだけ24時間の服用間隔を意識して服用したほうがAGAの有効成分の体内濃度が常に一定に近い状態になりますので効果的となります。外出が多い時間帯に服用をするよりも、朝起きてからや夜寝る前など服用を忘れない時間帯が一定の時に服用するようにしましょう。また、食事の影響はありませんのでED治療薬のように食事を意識する必要はありません。頭皮に直接塗布するタイプのAGA治療薬は頭皮が清潔な状態で1日2回使用することとなります。頭皮に吸収されるまで5~6時間ほど掛かるため、朝、晩の2回が効果的に良いでしょう。

Q3. AGAの治療薬を飲み始めてどれくらいで効果が現れ始めますか?

最低でも3か月~6か月は効果が現れるまで必要となります。髪の毛の伸びる成長スピードも緩やかといこともあり、AGA治療薬自体も即効性のある治療薬ではありません。AGA治療薬の有効成分であるフィナステリドの国内試験によると、98%の人に毛髪の現状維持以上の効果があり、半年使用で48%、1年使用で58%、2年使用で68%、3年使用で78%の人に毛髪が増えていくという結果がでております。6か月を過ぎた頃から治療の効果は一気に上がりますので継続的に地道に使用していきましょう。AGAは進行する症状となります。服用したことで発毛の効果を体感してもAGA治療を中止してしまうと脱毛は進行してしまいます。一度に多量に服用するものではなく継続的に服用していきましょう。

Q4. 10代や20代でもハゲで悩んでいたらAGA治療薬を使っても良いでしょうか?

医薬品となるAGA治療薬の有効成分は頭皮の血管を拡張させ毛乳頭を活性化させるタイプと薄毛の原因である男性ホルモンのDHAの生成を抑制させるタイプとに分かれます。どちらも身体に影響する作用が強いため、身体がまだ発達しきっていない、頭皮の皮膚が敏感な未成年の方は使用を控えたほうが良いでしょう。特にDHAを抑制するタイプは服用しないほうが賢明です。DHAの幼少期の働きは男性器の形成に大きく関わりますので思春期までは大事なホルモンとなります。また、日本の医療機関でのAGAの治療は自由診療となります。保護者の同意なしに治療は受けらいことが多いので、植物性の成分を中心にした育毛剤や食生活の改善、ストレスの発散などを行うことが良いでしょう。10代で脱毛が気になる場合は、保護者同意のもと医療機関で頭皮チェックを行い20歳以降に治療薬を使用していきましょう。

Q5. AGA治療薬はジェネリックが豊富と聞きました。先発医薬品とどちらが安いですか?

ジェネリック医薬品は新薬として開発された先発医薬品が保持する特許が満了になった後に発売される医薬品のことを言います。医薬品の開発には何十年にも及ぶ長期的な時間とコストを要します。掛かった開発費はそのまま薬剤の価格に上乗せされることとなります。しかし、ジェネリック医薬品はすでに開発された薬剤の成分を使用するため、先発医薬品である新薬よりも開発コストが安く、時間も掛かりません。そのため、上乗せされる開発コストが少しですむことになりますので薬剤の価格が安くなります。また、ジェネリック医薬品が豊富になると製薬会社間での薬剤の価格競争にもなります。そうなるとせっかくジェネリック医薬品を開発しても価格が高ければ売れませんので薬剤の価格がより下がることにもなります。