販売中止のバリフが復活!?即日配送可能なおすすめ通販サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レビトラジェネリックの販売中止の話題が挙がってから早や半年が過ぎました。

製造中止により、多数のサイトで品切れ・販売中止が続いていたバリフが当サイトクスリグラで在庫復活となり、販売を再開しています。

バリフをはじめとしたレビトラジェネリックは確かに製造中止にはなりましたが、レビトラジェネリックの販売は禁止されていませんし、今回在庫としてご用意しているバリフも、メーカー保証付きの正規品です。

今回はバリフの販売を再開したサイトの中でも特にお買い得な通販サイト・即日発送、局留め対応が出来る通販サイトを徹底比較しました!

【2017年11月現在】販売中止になったバリフの在庫状況

薬局

クスリグラは、バリフの販売再開に伴い在庫数を大幅に増やしております

再開したとはいえ、まだまだ入荷が間に合っていない通販サイトは多く、未だに他のサイトでは販売中止となったままで購入が出来ない状態です。

「製造中止・販売中止と聞いて慌てて購入した」「ずっと愛用していたバリフがもう手元から無くなりそう」という方は、即日配送・局留め対応可能なクスリグラで是非ご購入下さい。

愛用者の方のまとめ買いはもちろん、バリフを未使用の方もこの機会にお買い求めください。

【在庫◎】バリフ20mg

バリフ(valif)20mg

言わずと知れた人気のレビトラジェネリック・バリフです。

アジャンタファーマ社が製造しており、価格も安く歴史の古いレビトラジェネリックなので安心して購入できるED治療薬です。

製造中止・販売中止となっていたレビトラジェネリックの中でも一番の人気商品であるバリフが今回復活となり、当サイトクスリグラでは大量の在庫を確保する事ができました。

クスリグラでは他のサイトと比べても大変お買い得な価格で販売を再開しております

お求め安くなったバリフを是非即日配送・局留め対応可のクスリグラでご購入下さい。

内容量:バルデナフィル20mg 10錠

飲み方:性行為の30分前を目安に水かぬるま湯で服用

副作用・注意点:脂っこい高カロリーな食事でなければ、食後でも服用が可能。副作用はめまいや頭痛、体のほてりなど


【在庫◎】ブリトラ60mg/40mg/20mg

ブリトラ(vilitra)20mg

ED治療薬のジェネリックを製造するセンチュリアン社のレビトラジェネリックブリトラです。

レビトラジェネリックの中ではバリフと人気を二分するものであり、今回のバリフやレビトラジェネリックの販売中止の影響を受けることになったED治療薬となります。

レビトラやレビトラジェネリックは、バルデナフィルの配合量が20mgとなっていますが、ブリトラは体格の大きい外国人向けに40mgと60mgも流通しています。

こちらもクスリグラでは60mg/40mg/20mg共に在庫を多数確保することが出来ましたので、早めに購入することをおすすめしております。

内容量:バルデナフィル60mg/40mg/20mg 10錠

飲み方:性行為の30分前を目安に水かぬるま湯で服用

副作用・注意点:1日20mgを限度に服用する。40mg、60mgを1錠そのまま服用すると効果が強すぎてしまうためピルカッターを使用する。副作用はほてり、めまい、頭痛など


【在庫◎】ジマトラ20mg

ジマトラ(ZIMATRA)20mg

バリフやブリトラなどの在庫がなくなった後に第一線で活躍していたレビトラジェネリックがこのジマトラです。

ジマーファーマ社が日本人向けに製造したレビトラジェネリックがジマトラですが、日本で流通されることが遅かったこともあり、ジェネリック医薬品の中でも注目の新参者となっています。

初心者向けでありながら取扱いの無いサイトも数多く存在し、日本語の説明書付きなので今後さらに人気が上がり、集中して購入されることになるかもしれません。

英語や現地語ばかりのパッケージでは不安だと感じてしまいますが、ジマトラは日本語表記もされていたりするので少しほっとして使用しやすいED治療薬といえるでしょう。

内容量:バルデナフィル20mg 10錠

飲み方:性行為の30分前を目安に水かぬるま湯で服用

副作用・注意点:副作用はほてり、立ちくらみ、頭痛など。服用前後の飲酒や食事には注意すること


【在庫◎】サビトラ 20mg/10mg

サビトラ(savitra)20mg

レビトラジェネリックの成分バルデナフィルを20mgと10mgと2種類製造しているのがこのサビトラです。

こちらも日本登場がバリフやブリトラよりも遅かったこともあり、製造中止・販売中止になった中でもまだまだ在庫に余裕があるレビトラジェネリックです。

レビトラといえば、バイアグラやシアリスよりも即効性があり、勃起効果が高いと言われているED治療薬ですので、理論上同効果を期待できるレビトラジェネリックはとても人気です。

先発医薬品であるレビトラと同様の効果を得られる新しいジェネリック医薬品として今注目を集めているサビトラはクスリグラおすすめのジェネリック医薬品です。

内容量:バルデナフィル20mg/10mg 10錠

飲み方:性行為の30分前を目安に水かぬるま湯で服用

副作用・注意点:副作用は身体のほてり、目の充血、頭痛など。併用禁忌薬があるので他の薬を服用している場合は医師に確認を取ること。


販売中止のバリフが復活したサイトの中で一番安いのは?

あちこちの通販サイトでも販売中止から復活を始めているバリフですが、一番お買い得に購入できる通販サイトはどこなのでしょうか?

販売が再開されたバリフも、サイトによっては在庫僅少の為、価格が普段より高騰していたり、大手通販サイトでは、いまだに販売中止の状態となっております。

バリフの販売を再開したサイトの中でどこが一番お買い得なのか比較してみました。

サイト名 販売価格
大手A社 販売中止(2017/11現在)
大手B社 販売中止(2017/11現在)
通販サイトC ¥3,680(2017/11現在)
通販サイトD ¥2,500(2017/11現在)
通販サイトE ¥2,800(2017/11現在)
クスリグラ ¥2,150

同じ錠数でも、3,000円を超える価格で販売しているサイトもある中で、当サイトクスリグラはバリフ20mg 10錠を2,150円で販売しております!

さらにクスリグラは即日配送を心掛けており、さらに局留めでの配送にも対応いたしますので、安心してご利用ください。

▶ 在庫多数!大人気のレビトラジェネリック・バリフを今すぐ購入したい方はコチラ!!

販売中止・製造中止のバリフを購入しても問題ない?

「ところで、製造が中止になってしまっているバリフを購入することは法律上問題ないの?」

購入を考えている人は不安になってしまうポイントですが、実はこれ全く問題ありません。

何故かというと、バリフが市場からどんどん消えてしまったのは「製造中止」が理由となっていて、販売自体は禁止にはなっていないのです。

製造中止になっていたバリフを個人輸入で購入することは違法にならず、もちろん今まで通り、復活したバリフを使用することが出来ます。

通販サイトでの在庫がなくなり、取り扱い停止や販売中止になってしまったことを「販売自体が禁止になっている」と誤解している人も多いようです。

バリフがレビトラジェネリックの中でも人気な理由は?

おすすめの医薬品

製造中止・販売中止騒動が起きたレビトラジェネリックのバリフ。

今回の騒動を受けて、愛用者の方が悲鳴を上げる事態となりました。

このED治療薬が人気な理由は何なのでしょうか?

バリフの効果効能

バリフの人気の理由はその効果効能にあります。

レビトラや、バリフなどのレビトラジェネリックに含まれる有効成分「バルデナフィル」は即効性に長けている為、服用のタイミングを逆算して行動するといった必要が無く、初めてED治療薬を使用する人でも使いやすいというメリットがあります。

また、あまり高カロリーなものでなければ食事を摂っても問題なく効果が発揮できるので、デート中の使用も可能です。

さらに、早漏にも効果があるというメリットを持っています。

ED治療薬の成分と言えばバイアグラなどのシルデナフィル、シアリスなどのタダラフィル、レビトラやバリフなどのバルデナフィルが有名ですが、EDの症状を持つ人の多くは早漏にも悩んでいるというデータがあり、シルデナフィルやタダラフィルにも早漏の改善効果が含まれていますが、中でも特に早漏に効果を発揮するのはバルデナフィルと言われています。

バリフの口コミ・体験談での評価は?

実際にバリフを購入して使用した人の評価はどういったものなのでしょうか?

口コミや体験談から、バリフの人気について調べてみました。

【30代/男性/会社員/★★★★】

週末の嫁とのセックスがなかなかうまくいかなくなってきていました。30代後半であるという現実を自分に言い聞かせていたものの、嫁を満足させられない自分が情けなく感じてしまいました。
そんなとき、ネットでバリフの情報をみて、興味本位でバリフを購入。服用してから30分も経たないうちにセックスを始めていたのですがすぐに効果が現れたので驚きました。
嫁も喜んでいたしバリフは今後も使おうと思っていたのに、製造中止だとかで使っていた大きいサイトがどこも販売中止になったので、何とか安く売ってるところをイチかバチか探して購入しました。
(気持ちの問題だと思いますが、他のレビトラジェネリックよりバリフの方が好きなのでw)

【20代/男性/大学生/★★★】

20代前半なのにEDに悩んでて、こっそり購入できる個人輸入でバリフを買ってみました。初めてできた彼女とヤってみたんですけど、うっかり1錠そのまま飲んでしまったのでちょっと頭が痛くなってしまいました。
効果はちゃんと出てセックスもめちゃくちゃ楽しかったんですけど、副作用でヤったあと疲れてすぐ寝落ちしたので2回ヤれなかったのが残念。

【30代/男性/フリーター/★★★★】

自慰のし過ぎで彼女とヤってても全然イけなくて最近仲が悪くなってきてしまったのでこれではだめだと思い、レビューで高評価だったバリフを買ってみました。
安いし、効かなくてもそんなにがっかりしないかなってお試し感覚で使ったんですが、飲んですぐ効果が出て、久しぶりに彼女とヤってイけました。
会ってもあんまりセックスしたがらない彼女が最近は自分でゴムを用意するようになったのでちょっとうれしいwwww
バリフが販売中止になったと聞いたときはすごくこまったんですけど、今は復活したのでまた購入しています!

【30代/女性/会社員/★★★★】

旦那が年上なのですが、最近元気が無いのかセックスレスになっていたので、思い切ってバリフを購入して使ってもらいました!
最初は飲むのを躊躇っていましたが、効果が出るのが早くて、本人も気にいったようです。
ちょっと草食系の人だったので意外な一面を見れて惚れ直しました(笑)

【40代/男性/会社員/★★★★★】

子供も大きくなったので、久しぶりに妻とセックスしてみようと思ったら、以前よりたたなくて気まずくなりました。
気持ちを取り戻そうと、夜中にAVをこっそり見たのですが、やはり前よりも元気が無くて自尊心を失いました。。。
個人輸入で妻に内緒でバリフを購入して使ったところ、半錠でもばっちり勃起しました!
元気になりすぎたので妻にはバリフを買ったことがばれましたが、妻も興味を持ってくれたようで、最近では妻も女性用のバイアグラを買って飲んでいました(笑)
普通にレビトラを買うよりも断然安いから定期的に購入していたので、販売中止だったバリフが復活してよかったです。

バリフは効果もさることながら、ジェネリックであるために安価で購入できるという理由もあって、愛飲者が多いようです。

ピルカッターで錠剤をカットしてから服用する人も多く、コスパがさらに良くなるので、惜しげもなく使えるというのもバリフの魅力の一つだと言えると思います。

バリフ販売中止の理由とは?

売り切れ

レビトラジェネリックやバリフの販売中止の影響を受けて、個人輸入通販サイトではレビトラジェネリック・バリフの品切れが続出しております。特に大手個人輸入代行通販サイトではバリフを置いていないところも出ていました。2017年11月現在も取り扱いが停止・販売中止となっているサイトが多くあります。

バリフの販売中止の理由とは何なのでしょうか?

ED(インポ)が原因でペニスが起たない方が今後、レビトラジェネリックや、バリフを購入できなくなるなんて噂も立ちました。

愛用者も多くユーザーからの支持も高いバリフに、どうしてそんな騒動が起きたのでしょうか?

バリフ・ブリトラ等が一時的に販売中止に


薬×

バリフなどのレビトラジェネリックとは、レビトラの後発医薬品、つまりレビトラの特許が満了した後にレビトラと同じ成分で販売される医薬品というものに分類されます。レビトラの成分をそのまま使用することになるため、開発段階での費用がかからないこともあり、レビトラよりも安い価格で販売されることとなります。これは、レビトラだけでなく、バイアグラなどの他の成分のジェネリック医薬品もほぼ同じといっていいでしょう。

しかし、レビトラの特許は未だ満了していません。そのため日本製のレビトラジェネリックは存在しておりません。では、何故レビトラジェネリックが存在するかというと、それは、インドの特許が日本や世界と違った特許の仕組みであったため、そのためインド製のレビトラジェネリックが多数存在することとなっていました。ちなみにこれはレビトラ以外のジェネリック医薬品にもいえることです。

そんなインドも2005年以降には世界とほぼ同様の特許へと変わったため2005年以降に発見された成分などに関してはジェネリック医薬品の登場はほぼないと思われますが、レビトラの特許のひとつである物質特許は1998年に出されおり2005年よりも前であったため、今までインドではレビトラジェネリックを特に問題なく販売していたのです。

それが、この2017年になってレビトラジェネリック販売中止となっていた背景はこんなことが考えられると思います。

【販売中止の理由】1.バイエル社による圧力

ぺこぺこする男性

バイエル社といえば、レビトラを製造する製薬会社であり、ドイツの本社を構える世界有数の製薬会社でもあります。

他の国では特許により守られている成分なのに、インドだけは販売できるということはバイエル社だけでなく、どこの企業でも不平等と思うことでしょう。そのため、レビトラジェネリックを製造するジェネリック製薬会社にバイエル社が圧力をかけて製造中止・販売中止をしたことが考えられます。

個人輸入代行通販サイトで一番人気だったバリフが最初に品切れ状態になったのも、売上が高いバリフを製造するアジャンタファーマ社から最初に圧力をかけたことが原因だったかもしれません。


【販売中止の理由】2.新しい特許開発により製造中止となった

薬を調べる研究員

もうひとつ考えられるのが、新しい特許が認められたことにより、レビトラジェネリックを製薬する製薬会社が製造中止・販売中止になっていたことも考えられます。

前述したように、レビトラの成分であるバルデナフィルの物質特許は1998年に日本で特許出願されました。特許については詳しくありませんが、もちろん世界的にも同時期に特許出願されているはずです。また、バルデナフィルを使用して製造するための特許も2003年に出願されております。この2つの特許によりレビトラは守られているのですが、2005年までは特許の違うインドでは特に関係はなく、また、製造特許の場合、別の方法で製造することができれば問題はありません。

しかし、レビトラの製造特許と思われる特許はその後も継続的に出されており、日本の特許情報を調べてみると、2005年以降にも6件ほどレビトラの成分バルデナフィルについて特許を出願しており、最新の特許出願日は2012年10月となっております。

それを考えていくと、バルデナフィルを使用し様々な製造方法がバイエル社の特許となり、その特許にひっかかってしまうレビトラジェネリックが販売中止・製造中止になったのかもしれません。


【販売中止の理由】3.物質特許満了に伴う一足先の休息

在庫管理する男性

前述したように、レビトラの物質特許は1998年に出願されております。そして、日本での特許満了がとなるのが2018年10月であるため来年となります。この特許満了日は世界的にみてもあまり大差はないと思われます。(憶測です)

特許満了となれば、大手製薬会社もレビトラジェネリックを製造することとなり、日本製レビトラジェネリックも登場するかもしれません。とはいっても満了後すぐに販売することはできないでしょう。

そこで、現在レビトラジェネリックを製造するインドの製薬会社がレビトラの特許満了のニュースに乗っかるカタチで販路を拡大させるために、あえて1年間の充電期間を設けるため、レビトラジェネリック販売中止をしていた可能性も考えられます。

そう考えると、満了と同時のタイミングでバリフを製造するアジャンタファーマ社からバリフとは違った名前でレビトラジェネリックが日本に登場するかもしれませんね。

関連BLOG

このエントリーをはてなブックマークに追加