バイアグラが効かない理由を完全解明!バイアグラが効かないのは何故?

cc-library010010589

日本で一番有名なED治療薬といえば「バイアグラ」だと思います。EDの人もEDじゃない人も男性だけでなく女性も知っている医薬品だと思います。

 

実際に使用する可能性が高いバイアグラですが、実際に使用したことがある声の中には

 

「思った以上の効果がなかった・・・」

 

「全然効かなくてがっかりした」

075

なんて声もよく聞きます。ネットなどでもバイアグラが効かないなんてページもあるのですが、なぜバイアグラが効かなかったのかもう一度確認することで原因を調べてみました。

 

>効かないと噂されるバイアグラとは?

>バイアグラの効果と副作用とは?

>食事の摂取方法が問題でバイアグラが効かないと言われている!?

>バイアグラが効かない理由まとめ

 

効かないと噂されるバイアグラとは?

バイアグラ(viagra)50mg

バイアグラは世界で初めて認可されたED治療薬です。EDとは勃起不全のことで、満足な性行為を行えない状態のことを指し、なかなかペニスが勃起しないや、途中で中折れしてしまうこともEDに含まれます。

 

バイアグラの登場は1998年のアメリカです。日本に上陸したのが1999年と翌年になります。バイアグラ登場まではEDに有効な治療薬がなかったことから、「夢の薬」とバイアグラは言われました。同時期に男性型脱毛症に効果のあるリアップが登場したことで男性の生活改善薬は一気に脚光を浴びたことがバイアグラの地名を上げることになりました。

 

その後、日本では同じED治療薬であるレビトラやシアリスが登場したことで病院での処方も増加し通販でも購入がしやすくなりました。しかし、薬剤の仕入れ数の確保や病院での治療実績の長さから、日本でのバイアグラのシェアは落ちることなく一定のシェアを維持しております。

 

また、バイアグラはED治療薬以外にも肺動脈性高血圧症の治療薬「レバチオ」という名前でも発売され、新生児など多くの命を救ってもいる治療薬でもあります。

 

バイアグラの効果と副作用とは?

022

バイアグラは勃起不全を治療するものですが、性的に興奮する作用などはありません。バイアグラの主成分であるシルデナフィルは血管を拡張する作用があり、その作用によりペニス周辺の血流が改善され勃起を促します。強制的に勃起することではなく、あくまで性的興奮がないと勃起しません。つまり、バイアグラを服用したからといって勃起はせず、ペニスに触れられたり女性の裸を見るなど、性的興奮を脳が感じ取ることで初めて勃起することになります。

 

このバイアグラの血管拡張作用はPDE5という勃起を抑制する酵素を阻害することでおこります。PDE5は血管を拡張させる物質であるcGMPを分解する性質があるため、バイアグラはこのPDE5を働かなくすることでcGMPを活性化させ血管を拡張させます。

209 (1)

しかし、この血管拡張作用は副作用も伴います。PDEは全部で11あり、体の至るところに存在する酵素です。バイアグラの成分がPDE5を阻害するものですが、PDE5だけではなく他のPDEも阻害してしまうことで副作用を発症してしまいます。

 

一番多いのがPDE1で心臓や脳、血管、筋肉などに多く発現します。それによって、ほてりや動悸、頭痛などの副作用を発症します。その他PDE6は網膜に発現し、阻害してしまうことで光がまぶしく見える副作用を発症します。バイアグラの勃起効果は服用してから30分ほどで発現し5時間~10時間ほど持続するように、副作用を感じた場合でも同じように発現し治まっていきます。

 

食事の摂取方法が問題でバイアグラが効かないと言われている!?

177 (1)

バイアグラの服用には1回1錠までとなっており、1度服用すると連続服用はできず24時間感覚を空けて服用しなければなりません。また、服用するタイミングも重要で、食後に服用するとバイアグラの効果は半減してしまいます。

 

バイアグラの成分は腸などから血管内に吸収され体内に巡り効果は発現します。しかし、バイアグラは油に弱い性質を持っております。食後の胃や腸な内はきれいに消化されるまではべっとりと腸管内に付着しております。油は他の物質よりも消化が遅いのでより時間がかかります。そのため、食後の胃や腸の壁にべっとりと油の膜が付着したままだとバイアグラの成分がその油膜を通過することができずそのまま体外へ排出されてしまうため本来の効果を発揮することなく無駄となってしまいます。

C789_akaisyanpanglass_TP_V

 

バイアグラの効果を感じない人の8割がこの食後に服用したことによるものと言われておりますので、食後には服用せず、できるだけ空腹で服用するようにしましょう。バイアグラを服用後30分以上経過した後であれば食事をしても問題ありませんので、それまではできるだけ我慢しましょう。お酒も血管拡張作用により酔いやすくなりますので、いつもより控えめにしておきましょう。

 

バイアグラが効かない理由まとめ

1

バイアグラを服用したからといって勃起はせず、ペニスに触れられたり女性の裸を見るなど、性的興奮を脳が感じ取ることで初めて勃起する。

 

食後に服用すると効果は半減してしまう。

 

バイアグラの効果を感じない人の8割は食後に服用している。

 

このように、バイアグラの効果を感じていない人のほとんどは食後に服用しており、きちんとバイアグラの服用方法を守っていれば十分な効果を発揮することがわかりました。また、精力剤や興奮剤ではないので、脳が刺激を感じないとバイアグラを服用しても勃起しないこともわかりました。

 

バイアグラは他の病気を併発をしていない限りはほとんどの方が勃起をしEDを改善できる治療薬ですので、今後服用するときにはしっかりと服用方法を守って服用するようにしましょう。

 

 

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

薬通販 クスリグラ