デパスの代わりになる薬やデパスの代替薬・効果が似ているお薬一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月14日から抗不安薬・抗うつ剤・安定剤である「デパス」が個人輸入する事ができなくなりました。

今までデパスやデパスのジェネリックを個人輸入していた人は通販で購入できなくなってしまったのですが、デパスを必要としている方は今後どうすれば良いのか、デパスが個人輸入禁止になった理由や当サイトの通販で簡単に購入できるデパス代替薬・デパスと非常に良く似た効果のお薬などをご紹介させて頂きたいと思います。

※当サイトは個人輸入代行業者で日本からではなく国外から発送される医薬品を取り扱っておりますので処方箋診断書などの提出義務は一切ありません。よって本来病院で処方されるお薬(デパスに効果が似ているお薬)も通販で簡単に購入出来てしまいます。勿論、メーカーの正規品保証も付いておりますので一切偽物の医薬品は発送しておりませんのでご安心してデパスの代わりになるお薬を当サイトの通販からご購入下さい。

デパスの代わりになる薬で口コミや体験談、2ちゃんねるで人気のお薬とは?

名称未設定-3

個人輸入ができなくなってしまったデパスやデパスのジェネリックですが、現在でも病院では処方して貰う事が可能です。しかし、病院に行ってわざわざ診療を受けるのではなく、個人輸入の通販で簡単にデパスを購入していた人は、価格の安さや通販で購入出来るという手軽さなどから通販という方法を選んでいたのだと推測できます。

今後デパスは病院の処方のみとなるので今までよりも薬剤価格の高騰や、処方までの時間も長くなる事が予想されているのですが、賢い方は皆、デパスの代わりになる薬を現在でも通販で簡単に購入しているのは事実です。

すでにデパスやデパスジェネリックの代替薬となる商品がないか2ちゃんねるでも討論が続いているようですが…

こちらではそんなデパスの代わりになる薬やデパスの代替薬にはどんな作用があるのかを、当サイトクスリグラで簡単に通販購入できる人気の商品と共にご紹介していきたいと思います。勿論、2ちゃんねるや口コミ、体験談でも今話題になっているデパスの代替薬を当サイトでは各種取り揃えておりますので、購入が可能なおすすめ商品だけをご紹介させていただきます。

 

【最安値】バスピン10mg/5mg(売れ筋のデパスの代わりになる薬

バスピン(BUSPIN)10mg/5mg

バスピンはデパスの効果と全く同じという口コミや体験談がある程、デパスに似ているお薬です。飲み方は1日2・3回、15mg~30mgの服用が一般的な用量です。10mgの扱いもあるため、含量を調整して服用できる方などは高含量を購入しコスト削減を行うことも可能です。

バスピンの有効成分ブスピロンは脳内にある神経伝達物質セロトニンを安定させドーパミンやノルアドレナリンの働きを良くし、心配な気持ちや不安な気持ちを軽減する効果があります。また、自分の感情をコントロールできない、不安が強いといった不安障害、うつ病、不安で寝つけないといった入眠障害の治療に使用される医薬品でもあります。

バスピンはデパスと非常に良く似た効果を持っていると評判です。

デパスやジェネリックのエチラームが厚生労働省から向精神薬指定を受けた事により、デパスを購入していた人にとっては大きな打撃となってしまいました。ですが、その代替薬というものは必ずあり、効果の似たお薬は必ず世に出回ります。今回、こちらで紹介したバスピンも同様にデパスに似た効果を持つお薬として使用できますので、デパスをわざわざ病院に行って処方されたくない通販で簡単に購入したいという方は是非、当サイトの通販での購入をお勧めさせて頂きます。

 

【最安値】バスパージェネリック5mg(大人気のデパス代替薬

バスパージェネリック(BUSPON)5mg

同じくバスパーのジェネリックであるバスパージェネリックもバスピンと同様の効果があります。バスパージェネリックは有効成分ブスピロンが含まれているセロトニン5-HT1A受容体部分作動薬として1986年にFDAに承認された抗不安薬です。2001年には特許が満了となり、バスパーのジェネリックとして世に登場しました。

中枢神経にあるセロトニン受容体に部分的に作用し、精神を落ち着かせ摂食の調整、体温調節、睡眠障害に作用します。日本では未承認の成分ですが、世界的には依存性のリスクも少ない事から承認されている国が多い医薬品で、デパスの代わりになる薬として使用されている方がとても多く、売切れになってしまう事もしばしばあります。

こちらのバスパージェネリックの効果もデパスと非常に良く似ており、とても人気です。

デパスが個人輸入で通販購入する事が出来なくなってからというもの、デパスの代替薬として購入される方が非常に多く、2ちゃんねるや口コミ、体験談などでもその効果効能は認知されており、当サイトクスリグラでも大人気のデパス代替薬となっています。デパスが簡単に通販購入出来なくなってしまい、お困りの方は是非、下記の購入ボタンからバスパージェネリックをお試し下さい。きっとデパスと似た効果に驚きを覚えるかと思います。

 

上記2つの医薬品はバスパーのジェネリックで有効成分ブスピロンを使用している抗不安薬です。

睡眠作用の効果もあるため、リラックスして落ち着いて眠りたい方や心の安定を求めている方にはデパスの代替薬として使用できるお薬となります。デパスが簡単に通販で購入出来なくなってから大変人気の商品となっております為、在庫がある内にご購入をおすすめしております。

 

何故、デパス(エチラーム・エチゾラム)は個人輸入禁止になったのか?

pixta_30440739_M

厚生労働省により行われたパブリックコメントによって、2016年10月14日から個人輸入できなくなった医薬品があります。それが「デパス」「アモバン」です。

特にデパス(エチラーム)は日本で大変人気のある抗不安薬・精神安定剤であった為、各サイトで取り上げられるほど今回の法規制は注目を浴びました。

実際にデパスを通販で簡単に購入出来なくなってしまい、お困りの方はまだたくさんいると思います。

・厚生労働省のパブリックコメントとは?

行政機関が政令や省令などの法規制を行う際に、その案について国民に意見の募集を行う事です。原則30日間意見の募集を行い、行政の行う運営の公正さや国民の権利を守るために行う方法です。しかし、パブリックコメントはデパスを使用されている方に知らされる事もなく、厚生労働省のホームページを見ている方しか意見募集を行えません。

パブリックコメントという言葉も今初めて聞いた方は多いのではないでしょうか?デパスが必要な方には意見の募集が行われず、デパスは不要だと思っている第三者の意見のせいでいつの間にかデパスは向精神薬指定を受けているのが現状です。

今回で言えば、抗不安薬である「デパス」を厚生労働省は向精神薬として指定し、輸出入を制限しましたがみなさんはどう思いましたか?2016年7月19日から30日間パブリックコメントが受け付けられ、その結果、デパスは法規制されて向精神薬として指定されてしまいました。こちらにより現在でも個人輸入は禁止されている状態で、今後、もう一度個人輸入の通販でデパスを購入出来るという日は絶対に来なくなってしまいました。

・有効成分「エチゾラム」が向精神薬に指定へ

pixta_18793202_M

デパスの有効成分である「エチゾラム」は国際的には使用の乱用が問題とはなっていないのですが、日本の乱用症例で3位と高い乱用のリスクがある事が分かっています。デパスやエチラームを使用している国は少ないことから国際的には大きな問題となっていないのですが、日本では病院で第一選択薬で使用されることも多く、特に規制が無かった為に今まででは重複処方を受ける事も可能になっていました。

今回は乱用を抑制させる為に向精神薬として、勝手に国がデパスを指定をしてしまったという見方もあると言われています。

 

抗うつ剤や精神安定剤とは別にデパスには催眠効果もあった事が人気の理由

デパスの人気の理由のひとつに幅広い薬剤効果があります。

日本では1984年にデパスの発売が開始され、チアノジアゼピン系の抗不安薬でベンゾジアゼピン系とほぼ同様の作用を持つ事で一気に人気のお薬となりました。ちなみに『ベンゾジアゼピン系』というのは作用時間が短い睡眠薬に多く、代表的な睡眠薬の薬名はハルシオンロヒプノールレンドルミンエリミンなどがあります。

それでは、デパスの効果、効能には一体どんなものがあるのか見ていきましょう。

デパスの効果・効能には『抗不安作用』があります

pixta_28674511_M

穏やかに作用して不安や緊張を和らげる効果があります。

仕事などの場面では、朝礼のあいさつやプレゼンテーションなど人前での発言やプレッシャーのかかる場面などに気持ちを落ち着かせ冷静になることができ、パニック障害などを抱える方がいきなり不安発作が出た時などに心を落ち着かせる為に使用されています。

主に頓服として使用される方が多いです。


デパスの効果・効能には『抗うつ作用』があります

pixta_19441988_M

抗うつ薬ではありませんが、症状を判断する事が難しいうつ病の第一選択薬として使用されることもあります。イライラ感やパニック障害など精神を安定させる効果があり、デパスの添付文章にある効果、効能には『うつ病における緊張、不安、睡眠障害』と記載されています。

抗うつ剤には様々な系統があり、三環系や四環系、SNRI、NaSSA、抗不安薬などに分かれます。デパスやエチラームはこの中の『抗不安薬』に分類され、心に抱えている不安や心配を和らげる事で重宝されていますが、作用が強くなる程『依存性』を起こし易いと言われています。


デパスの効果・効能には『筋肉の緊張緩和作用』があります

pixta_25594848_M

筋肉をほぐす効果がある為、肩こりが酷い方や腰痛、緊張型頭痛などを和らげることができるので、整形外科などでも普通に処方されることがあります。椎間板ヘルニアなどの患者さんにも使用されており、身体の強張りを取る作用を狙って服用している方も多いです。

体中の筋肉のコリなどが和らぎ、軽くなるので肩こりにはもちろんの事、目の奥の疲れなどにも効果が現れます。抗けいれん作用もあり、ベンゾジアゼピン系のお薬には同様の作用があります。


デパスの効果・効能には『催眠作用』があります

pixta_28080499_M

うつ症状などのイライラや興奮などの気持ちを落ち着かせ寝つきを良くします。テスト前日や試合前日、大事な会議の前などで眠れない時などは睡眠薬替わりとして使用している方も非常に多いです。

このように精神疾患から筋肉の弛緩作用、睡眠作用など様々な生活のシーンで使用することができるのがデパスです。また、用量・用法を守って使用すれば重い副作用も少ないことから、各分野の第一選択薬として使用されることが多いのも人気の要因となっているのでしょう。

   

その他、デパスの代替薬としての治療薬とは!?

※クスリグラではバスピンやバスパージェネリック以外にもデパスの代替薬になるお薬を多く取り扱っております。

上にも紹介したデパスの代わりになる薬としてバスピンやバスパージェネリックがありましたが、今回こちらで紹介するお薬はデパスに似ている作用はありますが、バスピンやバスパージェネリック程デパスの効果に近いものではありません。催眠効果が無かったりするお薬もありますが、主にうつ病に効果のある有名なお薬を集めました。

 

・シタロプラム40mg/20mg

シタロプラム(CITALOPRAM)40mg/20mg

日本では4番目となるSSRIとなるレクサプロのジェネリック医薬品

うつ病や不安障害の治療に用いられ、SSRIは抗うつ薬の種類の中では比較的副作用が少ないのも特徴です。

うつ病や不安障害以外にも強迫性障害やパニック障害、精神的なストレスを治療する為に使用されています。

また、月経前症候群や糖尿病性にも効果があると言われているお薬で、デパスの代替え薬として使用している方も実際にいます。

 

・ゾロフト100mg/50mg

ゾロフト(Zoloft)100mg/50mg

ゾロフトもSSRIで、日本では3番目のSSRIとなります。

有効成分のセルトラリンは、マイナスなイメージの気持ちを前向きにする事で不安や緊張をほぐし気持ちを落ち着かせてくれます。

大手の製薬会社ファイザーが手掛けている医薬品なので、使用やその効果についても安心する事ができ、主にうつ病やパニック障害、外傷後ストレス障害を治療する為に使われているお薬になります。

セロトニンの再取り込みを阻害してドーパミンを大量に増やしてくれるので、うつ病以外の方が服用すると明らかにおかしいテンションになってしまう可能性があるので、必ず正しい服用方法でご使用下さい。

 

・ルボックスジェネリック100mg/50mg

ルボックスジェネリック(Luvox-generic)100mg/50mg

日本で最初に認可されたSSRIのルボックスのジェネリックもデパスの代替薬として精神を安定させる同じ効果があります。

うつ病や強迫性障害、社交不安障害などに適応があります。

SSRIについては、うつ病からくる気分の落ち込みや下がった意欲を上げ、うつ症状や不安障害を改善するので選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれる事もあるお薬です。

ルボックスジェネリックの副作用は他のうつ病の薬と多少違う面がありますので、購入の際は使用方法を良くお読みください。

 

・アナフラニールSR75mg/25mg

アナフラニール(ANAFRANIL)SR75mg/25mg

第一世代の三環系抗うつ薬で昔からうつ病の治療に用いられていた有名な抗うつ剤がこのアナフラニールです。

頭痛や神経痛、遺尿症やナルコレプシーなどに伴う情動脱力発作などにも適応があり、その他、パニック障害や過食症、遺尿症、心の症状に非常に効果的と言われています。

抗うつ効果はとても強いのですが、副作用も強く、併用禁忌となるお薬もたくさんある為に服用する前に必ず使用方法をご確認してください。

うつの万能薬と言われている程に抑うつ状態に効果が高いので、デパスがうつに効かなかった方は是非お試し下さい。

   

デパスの他の代替薬としては各種抗うつ薬が対象になっています。抗うつ薬には三環系や四環系、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)など種類は豊富ですが、効果と副作用のバランスが良いSSRIがデパスの代替薬として選ばれています。

今回取り上げたお薬はデパスの代替薬やデパスの代わりになる薬として使用する事ができますが、用法・用量はデパスとは異なりますので、使用については注意点を良く守り服用するようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です