ミノキシジルの効果・作用とは?有効成分のミノキシジルランキング

prod_main

日本で一番有名なAGA治療薬といえば、大正製薬の「リアップ」ではないでしょうか。1999年に発売を開始し、有名な芸能人を使用しCMを行うことで知名度は一番となっております。2005年には女性用の「リアップレディ」も発売を開始しており、AGA治療は男性だけではないことも広めることとなりました。

育毛剤男性

リアップの有効成分は「ミノキシジル」と呼ばれる成分で、外用薬として薬局などでも販売されております。日本での認可は外用薬のみであり内服薬では認可されておりません。しかし、世界に目を向けると内服薬もあり、外用薬も価格の安いジェネリックも登場しております。

今回はリアップと同じ有効成分であるミノキシジルを使用した人気売れ筋のミノキシジルランキングを紹介いたします。

有効成分ミノキシジルとは?

pixta_8888151_M元々は高血圧を治療する内服薬として使用されていましたが、髪の毛の環境を改善させる効果が認められたために1980年代に外用薬としてミノキシジルを2%配合した「ロゲイン」が発売されました。日本では10年以上経過した1999年に大正製薬がミノキシジルを1%配合した「リアップ」を発売しその後2005年に「リアップレディ」、2009年にミノキシジル5%の「リアップX5」を発売しました。

毛根のイラスト

ミノキシジルは毛を生み出す毛包に直接作用する事で、髪の毛の細胞分裂を活性化させ髪の毛の成分であるタンパク質の合成を促進させ発毛を促します。ミノキシジルの成分によって毛包はより大きく成長し太い髪の毛を生成し抜けない髪の毛を作りだします。

外用薬としてのミノキシジルの臨床結果では、1年間の使用で9割以上の人が改善をしていますが、増毛しフサフサする程の結果は1割程度となっています。つまり、発毛効果が顕著であるというよりも今ある髪の毛を太く長く成長させる効果は高い事が言えます。また、1%よりも5%の高濃度のほうが1.5倍ほどの効果がある結果も出ています。

日本では外用薬のみが認可されておりますが、内服するタブレットタイプもあります。ミノキシジルタブレットは体内から吸収されるためより毛包に栄養を送り込むことが可能となります。
そのため、外用薬よりもより毛髪環境を改善することが可能となります。

ミノキシジルは女性にも効果があるって本当?

薄毛に悩む方は男性だけではなく女性も多くみられます。いつまでも美しくありたい女性には髪の毛の悩みはとても大きいと思います。AGA治療薬の多くは男性用ですが、そんな中、ミノキシジルは女性にも効果があります。

 

ツゲインフォーム(tugain-foam)2%

 
FAGA(女性男性型脱毛症)
女性の薄毛の原因は過度のダイエットや精神的なものなどいろいろとありますが、ホルモンバランスの影響でも薄毛の原因となります。加齢によって女性ホルモンが減少すると発毛が抑制されてしまいます。女性にも男性よりは少ないですが男性ホルモンがあるのですが、女性ホルモンが減少することで男性ホルモンとのバランスが崩れ男性と同じような薄毛が進行することがあります。更年期などで悩んでいる方は薄毛になりやすいです。主に頭頂部や分け目などが薄くなることが多く、生え際などはあまり後退しないのが特徴でもあります。このようにホルモン異常によっておこる脱毛症などはミノキシジルの効果は高いですので、女性の方でも効果を感じることでしょう。

 
女性用ミノキシジル製剤を使用すること
ツゲイン(tugain)2%

 
女性用のミノキシジル製剤は男性用よりも濃度が低く配合されております。もともと男性とはホルモンバランスが違うため、低濃度でも十分な効果を感じることができるはずです。逆に女性の方が高濃度のものを使用してしまうと体毛の増加など副作用が強くみられる可能性があります。髪の毛は一日で急激に伸びるものではありませんので、最低6か月は低濃度のミノキシジル製剤を継続して使用していきましょう。

 
使用できない女性とは
ダメを伝える女性

ミノキシジルは低濃度であれば女性でも使用できるものですが、使用できない女性もおられます。妊娠中や授乳中の方、未成年の方は使用することができません。また、65歳以上など高年齢の方は効果が発揮されない場合もあります。脱毛があるといって、FAGAなどの壮年性脱毛症以外が原因の脱毛症にも効果はありませんので使用を控えるようにしましょう。

ミノキシジルとプロペシアを併用すると育毛効果や発毛効果は変わるのか?

 
 
ミノキシジル以外に有効成分でAGA治療薬として代表的なものがプロペシアの有効成分である「フィナステリド」になります。プロペシアとミノキシジルは作用機序が違うため併用して使用することができます。
 
 
ミノキシジル
ウゲイン(ugaine)10mg

 

ミノキシジル成分が毛包に直接栄養を送りこむことで、髪の毛の細胞分裂を活性化させより太く強く長く抜けない髪の毛を作りだします。外用薬が一般的ですが、内服薬として使用することでより強く活性化させることができます。

 
 
プロペシア
プロペシア(propecia)1mg

有効成分フィナステリドは男性ホルモンの一種であるDHTを生成することに必要な5-α還元酵素を阻害をします。成人男性のDHTの作用はニキビ、体毛の増加、前立腺肥大、AGAとされており、頭皮環境を悪化させ脱毛を促進させてしまいます。そのDHTの生成を抑制することで髪の毛の環境を正常化させることができます。内服薬として使用します。

 
 
このように、ミノキシジルとプロペシアは作用機序が異なるため、併用して使用することが可能となります。また、それぞれの役割で髪の毛の環境を改善させることにもなりますので相乗効果により、より発毛を促進させることができます。ミノキシジルだけでは効果弱かった人も併用することで驚く効果を感じることかもしれません。

 

ミノキシジルの副作用が怖い・心配・不安と思っている方へ

ミノキシジルはAGA治療に効果がありますが、副作用もあります。しっかりと用法・用量を守って正しく使用し、副作用を感じた場合は使用を中止し医師に相談しましょう。

 
外用薬タイプ
外用育毛剤をシュッ

外用薬での主な副作用は頭皮に直接塗布するため、皮膚の発疹やかゆみ、かぶれなどがあります。その他、頭痛やめまいなどの神経系、胸の痛みなどの循環器系、手足のむくみなどの代謝系などにみられます。

 
タブレットタイプ
薬を飲む男性

内服するタブレットタイプは体内から発毛を促進させるため外用薬よりも発毛効果が高いです。しかしその分副作用も起こりやすくなります。外用薬にみられる副作用のほか、血圧の低下や血圧低下に伴う眠気、心拍数の増加、吐き気、多毛症などがあります。もともとが高血圧の治療薬として使用されていたものですので、血圧の低下は起こりやすいと思います。そのため、高血圧の治療中の方で降圧剤などを使用している方は併用してしまうと血圧が下がり過ぎて危険ですので併用しないようにしましょう。また、外用薬の場合は薄いと思われる部位に直接塗布することができますが、タブレットの場合は部位を限定することができないため、体毛の毛包にも影響し多毛症の副作用も現れることになります。

 

高齢になればなるほどAGA治療薬を使用することが増えますが、症状が進行している方や高齢の方などはあまり効果を発揮しないため、より強いものを選ぼうとしてしまいます。しかし、効果が強くなるほど副作用も強くあらわれますので、他のお薬を使用されている方や持病のある方などは医師の相談してから使用を開始するなど対策を行いましょう。

 

ミノキシジル人気売れ筋ランキング

ミノキシジルの人気売れ筋ランキングをまとめてみました。価格が安いものや、日本では未認可のタブレットタイプなどが人気となっております。

 
1位 ロニタブ10mg/5mg
lonitab-300x262

1位はミノキシジルタブレットのロニタブとなりました。日本では未認可であるタブレットタイプですが、発毛効果が外用薬よりも高いため、より高い頭髪改善を求める方には人気があるようです。1錠あたり300円~500円ほどとなっておりますが、10mgをピルカッターで割って使用することで5mgを購入するよりもコストパフォーマンスが上がるためそういった使用方法の方もおられるようです。


 
2位 ツゲイン10%/5%/2%
ツゲイン(tugain)10%

リアップと同じ成分である外用タイプのツゲインが2位となりました。リアップの金額よりも7割程度の価格で購入できることが人気の要因となっております。また、リアップにはない高濃度の10%も人気の秘密だといえます。臨床結果では1%よりも5%のほうが効果が1.5倍ほど高いこともあるため、10%の期待も高くなります。また、女性が使用できる低濃度の2%もあり、男性だけでなく女性の方が使用できるのも人気の要因となっております。


 
3位 ツゲインフォーム5%/2%
ツゲインフォーム(tugain-foam)2%

3位になったのが2位のツゲインの改善版のツゲインフォームです。10%の高濃度はありませんが、ムースタイプのため液だれせずに使用できることが3位の要因だと思われます。価格は2位のツゲインよりも若干ではありますが高くなっておりますがそれでもリアップよりも安く購入することができます。女性の方が使用できる2%もあるのはうれしいですね。


 

ランキングの結果をみて、価格が安いものが上位にランキングされていることもありますが、それよりも頭髪環境を改善させる効果が高いものがランキングの要因となっているようです。ミノキシジルタブレットは外用薬よりも改善効果は高く、また外用薬でも高濃度のほうが改善効果が高いこともあり、高濃度を扱う商品が人気となっております。

 

ミノキシジルの使用方法とは?

AGA治療薬であるミノキシジルは、毛髪の成長に合わせて長期的に使用することが前提となります。最低でも4か月~6か月は使用を継続しましょう。また、頭髪環境の改善がみられても、使用を中止してしまうとAGAが進行してしまう可能性が高いのでその後も経過もしっかりと注意しておきましょう。

 
外用薬の場合
頭皮マッサージ

1日2回気になる頭皮に直接塗布しましょう。朝と夜の洗髪をし乾かした綺麗な状態でマッサージをするように塗り込みます。整髪料などはマッサージ後乾いた後に成分が乾いた後であれば使用することができます。女性の方は2%以下の低濃度のものを使用することができます。

 

 
タブレットタイプの場合
薬を服用する女性

 

内服するタブレットタイプの場合は毎日1回1錠以下を水などで服用します。一度に多量に服用しても発毛効果を劇的に上げることにはなりませんので、継続的に使用していくことが重要です。

 

このようにミノキシジルはAGAの治療に有効な治療薬となっております。男性だけでなく低濃度のものであれば女性にも使用することができるので、更年期などのFAGAに悩んでいる方にはうれしい治療薬となります。人気の売れ筋のものは効果が高いタイプのものとなっており、安さよりも結果が重要視されていることとなりました。是非、今後の購入の参考にしてみてください。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です