育毛剤や発毛剤として使われているおすすめのAGA治療薬ランキング

image1

昔から男性の薄毛は存在しており、男性は常に薄毛に悩まされております。
漫画でも波平さんに代表されるように、高年齢の男性は薄毛だという印象が強いと思います。
しかし、近年では薄毛治療がより本格的になり、薄毛の進行が抑制され増毛する方が増えてきました。その方たちはAGA治療を行うことで髪の毛が増加し、薄毛が改善された結果となっております。

 

薄毛の原因とは!?

rocketnews24_412202
薄毛になる原因は様々あり、男性だけでなく女性も薄毛にはなります
髪の毛は一生抜けないことはなく誰でも抜け落ちそして再び生えてきます。
髪の毛の寿命はおよそ5年前後となっており、その間に成長し、成長が止まり抜け落ちます。
もちろん成長期が一番長く寿命のほとんどが成長期となります。しかし、髪の毛が異常を感じとると成長期が止まったり成長期間が短くなったりしてしまいます。成長期間が短くなると髪の毛が抜け落ちるのが早くなりますので、新しく髪の毛が生えてくることが追い付かなくなり薄毛となってしまいます。

 
毛根の血流の悪化
aging2 

髪の毛は毛根から栄養が髪の毛全体に行き渡って成長していきます。毛根は頭皮の毛細血管から栄養も受け取っております。人がご飯を食べなくなると痩せるように、血流が悪くなり毛根に満足な栄養が来なくなると髪の毛は成長せず細い髪の毛になり成長せず抜け落ちてしまいます。

 
男性ホルモン
%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

男性ホルモンは髪の毛を成長させるための細胞分裂を抑制してしまう作用を起こします。全ての男性ホルモンではなく、DHTと呼ばれる男性ホルモンがこれにあたります。遺伝的な影響や女性の薄毛もこの男性ホルモンの影響だと言われております。

 
脂漏
WS000006頭皮の脂は毛根を詰まらせる原因となり、髪の毛の成長を止めてしまいます。頭皮を清潔にしていなかったり、食生活などの影響も脂漏となる原因となります。

 

 

AGA治療とは?

20160520
AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」と訳されます。
つまり成人男性にみられる薄毛のことを指し、その治療を行うことがAGA治療となります。
従来はAGAに対して大きな成果のある治療薬はなく、主に血行を促進させる外用薬のみでしたが、その後の研究成果によりAGAに効果のある治療薬が登場し始め現在ではAGA治療に効果のある治療薬が多数存在しております。

 
AGAの症状は進行します
AGAは待ってても治療することは困難で、放っておくとより症状は進行します。高年齢になればなるほどより薄毛の人が増えるのはAGAが進行している証拠にもなります。しかし、AGA治療薬を使用することで進行を抑制し、逆に髪の毛の発毛を促すことも可能です。薄毛の症状が進行してしまうとAGA治療薬でも効果が半減してしまいますので、AGA治療も早期治療が重要となります。

※主なAGA治療薬の作用機序は2種類で、血管拡張作用と男性ホルモンとなっております。

血管拡張作用
頭皮の血管を拡張させることで髪の毛の成長に必要な栄養を送り届けることを目的にした医薬品です。主な有効成分は「ミノキシジル」となっております。日本では「リアップ」という商品名で有名だと思います。ミノキシジルは高血圧の治療薬として使用されておりましたが、副作用として脱毛の改善がみられたことからAGA治療薬として開発がスタートしました。日本ではAGA治療薬の外用薬として認可されておりますが、内服薬では認可されておりません。しかし、世界では内服薬としての治療薬も存在しております。

男性ホルモン
男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)は成人にとってあまり良くない作用を行い、毛髪の薄毛進行や前立腺肥大などを起こします。DHTは体内で5-α還元酵素と男性ホルモンの90%以上を占めるテストステロンが結びつくことで生成されるため、この5-α還元酵素を阻害することで薄毛の進行を抑制させます。有効成分では「フィナステリド」があり、低用量のAGA治療薬としては日本でも認可されており「プロペシア」という商品名で発売されております。また、特許も満了となったため、ジェネリック医薬品も登場しております。その他、デュタステリドという有効成分もあります。

このように、AGA治療薬には2種類の作用機序があります。従来のように頭皮に直接塗布するタイプだけでなく、内服薬としても存在しており、体内からの吸収はより効果の発現が高くなります。

併用可能!?
血管拡張作用と男性ホルモンに影響を与えるこの2種類は作用機序が違うため、併用して使用することが可能です。併用することで相乗効果により薄毛の進行をさらに抑制することができますのでそれぞれで効果が現れなかった人は併用してみることも良いでしょう。

 

みなさんがどんなAGA治療薬を使用しているのか気になりませんか?
そんな方のためにAGA治療薬ランキングを作成いたしました。
今後の治療の参考にしてみてください。

 

AGA治療薬人気売れ筋ランキング

世界各国のAGA治療薬の種類は沢山あり、どれを使用していいか迷うところですね。

 
1位 フィンペシア1mg
フィンペシア(finpecia)1mg

AGA治療薬の1位となったのが「フィンペシア」でした。日本国内では有効成分フィナステリドを使用しているプロペシアが発売されていますが、フィンペシアはそのプロペシアジェネリックです。ジェネリック医薬品なので薬剤価格が安い事が人気の要因の一つだと思われます。また、製造するシプラ社は世界のジェネリック医薬品製造会社のトップ10に入る大手製薬会社なので安心感もあります。100錠で購入すると1錠あたりが50円ほどと病院で処方されるプロペシアの1/5~1/7、プロペシアジェネリックの1/3~1/5の価格で購入する事ができます。

名称未設定-2ffffff

 

 
2位 ロニタブ10mg/5mg
ロニタブ(lonitab)10mg

2位となったのが数多くのジェネリック医薬品を手掛けるインタスファーマ社「ロニタブ」です。ミノキシジルを有効成分にするAGA治療薬で、日本では認可されていない内服タイプとなっております。外用薬とは違い、体内から効果を発現させるのでより効果が高いと言われております。しかしその分、副作用も強く発現する可能性があるので注意しましょう。日本未認可ということで通販での人気も高く、AGAの治療として利用されております。

名称未設定-2ffffff

 

 
3位 ツゲイン10%/5%/2%
ツゲイン(tugain)10%

3位が1位フィンペシアと同じシプラ社が製造・販売する「ツゲイン」でした。日本のリゲインのジェネリック版の立ち位置となり、同じミノキシジルを有効成分に持つ外用薬となります。リゲインの価格の7割ほどで購入することができ、リゲインには無い高濃度の10%なども人気の要因となっております。また、低濃度の2%のタイプでは女性のAGA治療にも使用できるため、従来からある外用薬の中では人気が高くなっております。

名称未設定-2ffffff

 

1位は日本でも認可されている内服タイプのジェネリックにあたるフィンペシアでした。
有効成分のフィナステリドは男性ホルモンに働きかけるため遺伝的要素のAGA治療にも大きな効果があり、さらに価格が安いことで選ばれております。大手製薬会社ということも安心できますね。
また2位、3位は血管拡張作用のあるミノキシジルが有効成分のものが続きましたが、内服タイプは日本で認可されていないため、そういった点でも人気の理由になると思います。
3位のツゲインも日本には無い高濃度タイプや価格の安さから売れ筋として選ばれております。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

薬通販 クスリグラ